5タラントニュース 2012年8月号(No71)




もう学校なんかいらない   小堀俊二

 昨今報道される学校についての報道は、言葉にならない程の心の痛みと憤りを覚えます。言うまでも無く、報道されるものは氷山の一角でしょう。
 職員と生徒、保護者だけの閉鎖性と、生徒と保護者は3年毎に順次入れ替わるという構築性の無さが、本質的な問題です。良いことも悪いこともただ繰り返す、つまり学校は「良くなりっこない」宿命にあるのです。
 いっそ学校なんか要りません。インターネットの時代ですから、知識習得はパソコンで十分です。そして学校に通う代わりに地域社会で活動するのです。そうすれば、社会の目が生徒たちに届きます。
 いつの日か、そんな生徒たちが5タラントの会に来たなら、何と素晴らしいことだろうと思います。


5タラントの会
神奈川県中郡大磯町東小磯657
電話:0463-80-6133