5タラントニュース 2012年9月号(No72)




イエス様ならどうするだろうか   小堀俊二

 娘がかんしゃくを起こすとき、決まって昔の話をします。昔、誰かに意地悪をしたり、何か悪いことをしたというのです。その意図は完全には分かりませんが、良心の呵責もあるのでしょうか。
 その度に、私はどう返事をしようか迷います。勿論キリスト教の教義などを持ち出しても通じるはずもありません。
 ただ、過去の記憶に悩み、それを誰かに叫ばずにはいられない、という事実は明快で、その意味からするなら、何かを返答するより、しっかりと聞き続ける、根気の勝負なのかなと思います。
 そして、この養女との巡り合わせに、私は神の導きと使命感を覚えるのです。


5タラントの会
神奈川県中郡大磯町東小磯657
電話:0463-80-6133