5タラントニュース 2014年12月号(No99)




この世の旅   小堀俊二

 福祉事業に限らないと思いますが、働いていて辛いなと思うのは「これがいつまで続くのだろう」と思うときです。この感覚は施設勤務時代から何度も味わってきました。激しいこだわりで中々帰宅できない利用者に毎日遅くまで付き添ったり、授業をやろうとしても利用者に邪魔された時など、いつも思っていました。
 でもそれらの殆どは気が付くと終っていました。こだわりの利用者はそのこだわりにより通所出来なくなったし、施設は閉じたから、昔のように大勢を相手に授業をやることもありません。
 辛くても気長に待っていればいつか終わるんだな、などと考えていたら、そもそも人生自体が限りがあるものだし、聖書にもこの世の生は故郷を目指す旅のようなものだと書いてあることを思い出しました。


5タラントの会
神奈川県中郡大磯町東小磯657
電話:0463-80-6133