片付けられない女の夫
[ホームページに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
参照先
パスワード (記事メンテ用)




 僕が結婚した相手は一般的に言う「片付けられない女」です。インターネットで検索したところ、本人の自助的なページは多くありましたが、その家族の悩みについてはあまり見つかりませんでした。そこで、「片付けられない女を家族に持つ人」としての悩みの語り合いができれば、仮に現状が変わらなくても何らかの意義をもつのではないかと思って、本人に承諾を得た上でこのページを作りました。(03.8.9記)



カウンタ設置05.8.29


投稿のルール:りんご@管理人

・ここは心置きなく嘆く場所と御理解下さい。
・批判的、否定的、指示的、差別的な発言はしないで下さい。
・状況の説明よりも、ご自分の抱える感情を吐露して下さい。
・アドバイスしあうよりも、出来るだけ悩みを聴き合う場にしたいと思っています。
・管理者の判断により書き込みを編集あるいは削除することがあります。

・広告投稿を防ぐ為、アクセス制限をしています。




[308] はじめまして 投稿者:TAKA 投稿日:2004/10/13(Wed) 19:37  

はじめまして。私の妻も片付けが苦手?下手?の女です。
いつも「後でするから」の繰り返しで全然片付けない。
たまの来客のときだけきれいになるが、次の日はまた元通り。
妻の口癖は「後でやる」。仕事で疲れて帰ってきても、家の悲惨な状態でまた疲れる。
妻がきれい好きな奥さんになったら、今よりやさしくなれるし、もっともっと好きになると思う。その分マイナス面が大きいのかな。
きれいな部屋でくつろげる日が来るのはいつだろう。


[307] 今日ペンキ屋が 投稿者:TAMA 投稿日:2004/10/12(Tue) 00:45  

今日、マンションの定期補修にて、ペンキ屋が玄関ドアの枠の塗り直しに来た。

通達はきていたが、よく読まずにいたものだからペンキ塗るのにドア全開。
玄関付近にあるペットボトルのお茶の山、一つの部屋に入りきらなくなった食料品のスーパー袋の山。廊下の約半分占領。

ペンキ屋のおっさんのそれを見た時の顔。
目が一瞬見開いたのを私は見た。
何も言わずに、黙々と仕事をしていったが恥ずかしかった。

明日もベランダのペンキ塗りに来る。
すべての部屋の惨状が見られてしまう。

本日、女房殿検定試験とやらで朝からお出かけ。
ペンキ屋の件知っているから、お帰りは夜。
片づけから逃げているだけ。
テレビ見てゲラゲラ笑っている暇あるのなら、玄関のペットボトルなんとかしろ。

人の立場に立って物事を考える事ができない。
同居している人間の気持ちなんて何もわかんないんだね。
子供部屋だってあるのに、荷物で一杯。
自分の部屋でいちども勉強した事のない子供。
子供にいつも言い訳している、・・・・・(女房)。

アパート住まいの時、「子供部屋が無ければ勉強できない、
子供が可愛そう」と言ったのはだれだ。
もう、私は誰も信用しない。何も信用しない。
あなたが、そうさせたのだから。

この、パソコンがある部屋も荷物が一杯。
衣類と缶詰が一緒に置いてあったりして、窓も2カ所もあるのに荷物が一杯で、7年位窓開けたことない。
昼間から蛍光灯つけてパソコンやっている。

もう、私がいったん外に出て離婚調停なんだね。




[306] Re:[305] [251] 三沙 さん、ようこそ 投稿者:でも姑が好き/管理人が一部削除しました 投稿日:2004/10/11(Mon) 09:15  

> 一ヶ月もしないうちに、元に戻ってしまう

姑の家もそうです。一部きれいにして帰ってきても、次に行ったときには元通り。それどころか、わたしが片付けて一時的にスペースが空いた直後に安物のカラーボックスや「衣装ケース激安5点セット」などを買ってきて置いてしまうので、前よりモノが増え、片付けにくい状態になります。

> 一体なにが原因?
これについて論じることは掲示板の主旨とずれてしまいますが、「なぜ?」「どうして?」と思うのが家族の気持ちですよね。 「病気だから」と見ている人もいるようですが、わたしは姑の「障害」と受け止めたときに少し気持ちが楽になりました。足の不自由な人の障害は目に見えますが、片付けられないという障害は、---------この箇所を削除しました。-------------。

> いっそ業者の方に来て貰ってやってもらうしか考えられないですよね

わたしも検討中ですが、高額を支払っても数ヶ月で元通りになるような気がするので、決めかねています。


-----------管理人より-----------------
書き込みありがとうございます。差別的あるいはそれを助長するような表現には気をつけて下さい。


[305] Re:[251] 三沙 さん、ようこそ 投稿者:三沙 投稿日:2004/10/11(Mon) 05:26  

はじめの投稿からはや3ヶ月がすぎてしまいました
あれから3ヶ月・・・まったく変化のないのが現状です(TT)部屋の片付けの事で喧嘩は出来るだけしたくなのが現状なんですよね
本人の意志に任せて置きたいのですが、私の身体の事もあってなんだか鬱になってしまいそうな気分です。
それもあってかあまり言えないのが事実なんですよね、私・・・(性同一性障害なんです)そう見た目も女性に見られますが、心の中もなんですよね・・
離婚って道を選ぶのか、別居って形で考えるのか。。複雑。

一度はあまりにひどいのでしっかりと一部綺麗に片づけしたのですが、一ヶ月もしないうちに、元に戻ってしまう、一体なにが原因?って思いますよ。
いっそ業者の方に来て貰ってやってもらうしか考えられないですよね、結構お金掛かりますが、それ以上に精神的に参ってしまいそうです。
HPリンク張って置きますが理解出来る方のみと言う事で

http://3w.to/misain


[304] Re:[303] [302] [301] 何も変わらない 投稿者:でも姑が好き 投稿日:2004/10/07(Thu) 16:25  

質問にお答えします。結論から言うと「基本的にあきらめているものの、たまに我慢の限界がきて怒る」ですね。もう高齢なので、いわゆるキレたような怒り方はしませんが。

舅が姑に対し「もう少しなんとかしろ」と文句を言っている場面は何度も経験しています。
先日私が訪ねたときは、姑が「今、ちょっと、芝居小屋みたいになっちゃってねえ」と自嘲しつつ自分の気まずさをごまかそうとしたら、舅が「芝居小屋だってここよりゃあずっとましだ!」って突っ込んでました。芝居小屋って言われても「???}ですが、昔の芝居小屋ってちらかってたんでしょうか?

一方で、私のような第三者に対して、自分の妻が片付けられないことを弁護するようなこともありました。姑が席をはずしているとき「ああなったのは仕事を辞めてからだな。いつでも掃除できると思うから、かえってできんのだ」などと。半ば自分に言い聞かせているようだったので、これはあきらめの気持ちに近いと思います。


[303] Re:[302] [301] 何も変わらない 投稿者:TAMA 投稿日:2004/10/07(Thu) 12:35  

でも姑が好きさんに質問です。

姑さんと一緒に生活されているお義父さんは、
姑さんのことを、どのように思っているのでしょうか。?

やはり、何を言ってもダメだ。と言うようなあきらめの
気持ちなのでしょうか。


[302] Re:[301] 何も変わらない 投稿者:でも姑が好き 投稿日:2004/10/02(Sat) 17:15  

もうどうしていいかわからない、という気持ち。
私も何度も味わっているのでお気持ちお察しします。

> 何故、整理して捨てる物は捨てないのだろう。
> 自分ができない人間ならば、なぜ私はできないといわないのだろう。

片付けられない姑に対して、私も何回同じ疑問を持ったことでしょう。
姑の場合「いつかやる」(いざとなったら自分はできる)と思ってます。
だから「私は整理できない」とは絶対言わないんですね。
本人にしてみれば、「今は」たまたましていないだけ、なんですから。
姑の家はこの10年間で極度に悪化していますが、
いつも「今、ちらかっている」理由がありました。
先日訪問したときも
「今ちょっと、家の中が大変なことになってるけど」って。
お義母さん、10年前からすごく大変なことになってるんですってば。


[301] 何も変わらない 投稿者:TAMA 投稿日:2004/10/02(Sat) 15:21  

相変わらず、家は何も変わらない。
物が増えていくだけ。

何故、整理して捨てる物は捨てないのだろう。
自分ができない人間ならば、なぜ私はできないといわないのだろう。

35年ローン 8年払ってきた。 毎月大きい金額である。
8年で、約1300万払った事になる。
貴方も、家事・育児をしながら契約社員から始まり2000人以上
の会社の正社員になった努力はすごいと思う。
だが、何で、夫婦別財布 貴方ローン払う人・私お金貯める人
なのだろう。
私の推定で、2000万以上もっているでしょう。
なぜ、ローンの一部負担しないのだろう。
この、どうしようもない家のローンを人に押しつけ、私は貴方
の踏み台ではない。

今、何の為に働かなくてはならないか、わからない。
私は、もうお金が無い。ローンの為に借金もしだした。

また、鬱がぶり返してきたようだ。
もう、いつ人生を終えてもいいと思う。


[300] ユーモア 投稿者:でも姑が好き 投稿日:2004/09/26(Sun) 00:14  

ユーモアで救われる、という話に戻ります。

片付けられない姑のいる家が、万が一大きな地震に遇ったら。。。
という私の真剣の悩みについてはすでに書きましたが、
そのようなことを同年代の友達に話していたとき、彼女が言ったこと:
「でもさあ、モノが多すぎて、そのおかげでタンスとかが倒れなくて
命が助かる、ってこともあるかもしれないよ」
一瞬目が点になったのですが、
たしかにあり得ることです。グラッときたとき、
無数の「ゴミ」がドサドサと雪崩のように落ち、
それがクッションとなって大きな家具の転倒を遮り、
舅と姑は怪我もなく、
ゴミの隙間で呼吸を確保しながら生き延びて助かる、
というシナリオ。

本当にそうなるように祈るのみです。


[299] 沙織さん、書き込みありがとうございます 投稿者:りんご 投稿日:2004/09/25(Sat) 21:03  

>しかし、片付けられないのもまた女性に多いとしたら、
>どういう原因があるのでしょうか。

 ごめんなさい。この話題は続けない下さい。何故かというと、この掲示板の主旨と大きくずれてしまうのです。分析は治療の為にあります。むしろ、治療より、現状のままで嘆きながら、問題と痛みを共有しながら、励ましあいながら、その日その日をやり過ごそう、というのが主旨なのです。

 もしも専門的見解が知りたい人は、そのようなページを探して頂きたくお願いいたします。

 せっかく書き込んでくれたのに、文句つけてご免なさい。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -