片付けられない女の夫
[ホームページに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
参照先
パスワード (記事メンテ用)




 僕が結婚した相手は一般的に言う「片付けられない女」です。インターネットで検索したところ、本人の自助的なページは多くありましたが、その家族の悩みについてはあまり見つかりませんでした。そこで、「片付けられない女を家族に持つ人」としての悩みの語り合いができれば、仮に現状が変わらなくても何らかの意義をもつのではないかと思って、本人に承諾を得た上でこのページを作りました。(03.8.9記)



カウンタ設置05.8.29


投稿のルール:りんご@管理人

・ここは心置きなく嘆く場所と御理解下さい。
・批判的、否定的、指示的、差別的な発言はしないで下さい。
・状況の説明よりも、ご自分の抱える感情を吐露して下さい。
・アドバイスしあうよりも、出来るだけ悩みを聴き合う場にしたいと思っています。
・管理者の判断により書き込みを編集あるいは削除することがあります。

・広告投稿を防ぐ為、アクセス制限をしています。




[288] みなさんありがとうございます 投稿者:太助 投稿日:2004/08/24(Tue) 13:06  

元気な時には、母の心中も察しながら片付けにとりかかれますし、妹と「私たち何でも屋(汚部屋片付け代行?)になれるよね」と微妙な笑いを飛ばすことも出来るんですが・・

そうでない時にはここまでにしてしまった自分への責任も感じますし、母がどうと言う以前の家族関係の問題も根本にはありますから、真っ暗闇です。

自分ではどうしようもないことってあると思います。

片付かない部屋と片付けられない家族とそれをなんとか出来ない自分。

でもなんとかしたいんです。
きっとたくさん話をしたり、泣いたり笑ったりしながら、少しずつでも折り合いがつけられると思っています。
(今は先日の大掃除で少しましな状態なので、元気だからですね^^)


[287] Re:[285] 管理人様へ 投稿者:りんご 投稿日:2004/08/23(Mon) 21:17  

みきさん、書き込みありがとうございます。

> やはり自分の思いを吐露していると若干感情的になったり、
>誰かを非難してしまうのは仕方が無いと思います。

おっしゃられる通りだと思います。しかし、他の誰かが痛みを受けるような発言はこの掲示板ではお控え願いたく存じます。

この場所は、嘆く場所、です。責めたり攻撃したり非難したり差別したりは、紙一重ですが明確に異なります。

>よろしければ、投稿のルールにて、具体例を挙げつつ、もう
>少し「望ましい投稿方法」について指南してくださるとあり
>がたいです。そうすれば、投稿者にもわかりやすいのではな
>いでしょうか?

既に書き込まれている投稿を読んで参考にして下さい。(何らかの事情で長文を読むことが出来ないときは、その旨書き添えて下さい。)

自戒も含めて御返答させて頂きました。これからもこの掲示板を宜しくお願いいたします。

PS:後はほんのわずかのユーモアかな。(これまた自戒を込めて)


[285] 管理人様へ 投稿者:みき 投稿日:2004/08/23(Mon) 14:23  

私は282の投稿は見ておりません。でも、やはり自分の思いを吐露していると若干感情的になったり、誰かを非難してしまうのは仕方が無いと思います。そうすることなく吐露するのは難しいです。よろしければ、投稿のルールにて、具体例を挙げつつ、もう少し「望ましい投稿方法」について指南してくださるとありがたいです。そうすれば、投稿者にもわかりやすいのではないでしょうか?


[284] 282を削除しました 投稿者:mist 投稿日:2004/08/23(Mon) 07:19  


ただ 心の内を吐き出すつもりが適切でない表現になったみたいで・・ごめんなさい




[283] 鈴さん、mistさん、書き込みありがとうございます 投稿者:りんご 投稿日:2004/08/22(Sun) 23:30  

 まとめレスで失礼いたします。心中、お察しいたしますが、幾つかお願いがあります。

1 多少感情が入ってしまうのは仕方ないことなのですが、表現が(誰に向かっても)暴力的だったり差別的だったりしないように気をつけて下さい。
2 この掲示板に解決の方法を求めないで下さい。答えはケースバイケースで、本当に人それぞれで定型化されるようなものはないからです。

 ただ、嘆く分には十分に嘆いて下さい。この問題を抱えているのは決して一人ではないし、みんな、ちゃんと聴いてくれます。


[281] はじめまして 投稿者: 投稿日:2004/08/22(Sun) 06:16  

夫の異常なだらしなさに悩んでここに着ました。
言葉は悪いですが(不快な思いをさせたらすみません)痴呆老人と暮らしているようです。
社会的には認められる仕事をしていて外面はいいのですが、流しに紙くずを捨てる、何か食べたら入っていた袋などを床に放置する。爪きりや耳掻きなども、定位置に戻す事など皆無です。そのくせいきなり思い立ったら何でもかんでも引き出しやゴミ箱につっこみ、大切な書類なども捨ててしまいます。
ただでさえ子どもが小さくて散らかりがちなのに・・・。
今日は出張なのでほっとしています。彼が居ないと散らからないからです。
モノも捨てませんね、ホント。枕を気に入らないといって3度も買い換えたのに、古いのを捨てようとしません。(黙って捨ててやりました)服なども、ちゃんとしたものがあるのにも関わらず、穴が開いてしまったり、汚れてしまったものの方をわざわざ着るのです。指摘すると「俺は病気だから」と開き直るのですが、受診した事など一度もありません。
散らかされると、余計な仕事が増える。人も呼べないし。
子どもが成人したらリコンしたいです。拒否されたら別居する。
親がそんななので、子どもも何でも出しっぱなしにします。私が注意しても、父親が目の前で床にアイスクリームの棒を放置しているのですから説得力なんてないです。
もう本当にいや。
実は実家の母(絶縁中)も片付けないオンナです。おまけに買い物魔でアル中です。勿論、友達を家に呼ぶなんて出来ませんでした。尋常ではない散らかり方(というか、家の中がゴミ箱と化していました)でしたから。
もううんざり。
誰かを支える私、という役割からは開放されたいです。
今日は一日中好きに使えるので、入らないもの全て、ゴミ袋に入れるつもりです。



[280] 迷える子羊さん、書き込みありがとうございます 投稿者:りんご 投稿日:2004/08/21(Sat) 21:08  

 置かれた状況を冷静にとらえ直すことが出来たら、どんなに良いかと思います。相手を許すこともそうですし、僕の場合、どうにかしなければならない、と自分を責め立てていると思います。
 なんか、もっと楽に生きたいな。

 実は今日、職場の庭の草刈を草刈機でやりました。あんな感じでばっさばっさと台所がきれいになったら良いのに。誰か発明してくれないか。(すんごい売れるだろうな)


[279] 心中吐露させてください 投稿者:迷える子羊 投稿日:2004/08/20(Fri) 17:09  

太助さん、悩みはつきないですよね。
それから、お母様に泣かれてしまうこと、心中お察しいたします。
私も母を何回も泣かせました。今も泣かせてしまうことが時々あります。
正直、親に泣かれてしまうのって、うまく言葉がみつからないのですが、精神的にとってもつらいものがあると思います。
それから、りんごさんが書かれているように、私も、みんな書ききれない思いを抱えていると思います。それでも、こういった掲示板に心中をちょっとづつ吐露するこで、頑張ろう!という気持ちを育んでいる方も多いのではないでしょうか。

私、メディアで「片付けらない女たち」ということが言われるまで、随分悩んで苦しみました。「どうしてこうなの。どうしてできないの。どうにかならないの。どうすれば変ってもらえるの。」と。でも、ADHDを知って「病気なのか。」って思ったら、少し許せるようになりました。(少しですよ。全部を受け入れるなんてできません。)
それでも、どうにか割り切ってこの汚い状態を受け入ようと、努力しているところです。(でも先日も、また色々買い込んでいた母に「足ることを知りなさい」と一喝してしまった・・・)

話は変わりますが、近頃思うのです。
実家は片付いている部屋が一つもないのですが、洋服を初めいろいろなものがどれほど散らかっていようが、どれほど山のように積まれていようが、腐らない。虫がつくことはあっても異臭は放たない。でも、食べ物は腐るし虫は湧くし、ものすごく強烈な臭いを放つし。せめて、食べ物だけでもどうにかならないかって。
やはり、みなさんキッチンのお話しって多いですよね。
私は怖くて、ここ2ヶ月ほど実家の冷蔵庫が開けられません。去年は冷蔵庫の中で蝿が育っていたし。涼しくなったら、覚悟をきめて掃除するつもりでいます。

それから、最後に一言いわせてください。
「お母さん、お願いですから、肉や魚は買い物袋に入れたまま放置せずに、せめて冷蔵庫の中に入れてね。」


[278] Re:[277] 書ききれません 投稿者:りんご 投稿日:2004/08/19(Thu) 21:26  

太助さん、ようこそ。

大丈夫。一人じゃありません。みんな書ききれない思いを抱えています。

いつでも書き込んで下さい。


[277] 書ききれません 投稿者:太助 投稿日:2004/08/19(Thu) 13:00  

私のような家庭では、1度どうしても酷い有様の家をひっくり返し、
汚臭や虫や途方もないゴミなのかわからないナニかの山と格闘するところからはじめなければなりません。
タダの片付けや掃除とは違います。
これは普通の家庭にいれば、しなくていい労力です。耐え難い苦痛です。
片付けようと奮い立って台所に立ったところで、どうしようもない暗い気持ちになって、
天を仰いで泣きたくなることしばしばです。

それでも、洗い物と生ゴミと腐った水がいっぱいで、異臭を放つ流しに手を突っ込み、
捌ききれない食器を風呂場に運び、何度片付けたか知れませんが、3日で流しは元通り。
片づけをしないなら、料理を作らないでくれと懇願し、何度も泣かせ、何度も泣きました。
もう本当に分かり合えないし、どうしようもないと思うこともあります。
ここには書ききれないような腹立たしい事件がそれこそ腐るほどあります。

しかし母にも言い分はあり、私たちの援助は母の思うようなものでなかったのかもしれません。
実際母を精神的に追い詰めてしまっているのかなと感じることもあります。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -