JK1FPVの最初のページに戻る




八木アンテナは真鍮の棒と鉄の針金で作り直しました。全部鉄線の時は受信はできるが電波が出ないという不思議な状態(受信できるダミーロードのような感じ。マッチングはとれたが給電点は指定より大きくずれていた)だったので、輻射エレメントのみ真鍮にしました。結果は良好で、エレメントの太さと材質は設計に大きく影響するということが分かりました。給電部には適当なケースを付けて防水しましたが、防水も難しいポイントだと思いました。ただ、軒下なので多少気楽ではあります。(07.08.18)



カラフルな八木アンテナです。余ったワイヤーを使い、こちらこちらのページを参考にして作りました。元の設計とワイヤーの太さが違うせいかマッチングが今一つ落ちません(1.5)が、取りあえず様子を見ようと思います。当然ですが、グランドプレーンとは耳の差は歴然です。開発者や紹介してくれた方々に感謝します。(07.08.15)



ダミーロードを作りました。同軸ケーブルの先に100オームの抵抗を二つ付けただけですが、十分実用になるようです。http://www.ddd-daishin.sakura.ne.jp/ddd/ のページを参考にしました。自分の変調を確認したいとき、144で電波を出し、その3倍の高調波を430で聞きます。その時にこれを使います。

IC-W2は点検から戻ってきました。あれこれと手を入れてくれましたが、完全には治っていないことと修理に時間がかかったことを理由に無料でした。良心的なメーカーだと思いました。ただ、144のTVIについては異常なしとのことでそのまま戻ってきました。やはり特定のチャンネルにTVIが出ているし、逆に家電からのノイズもかなりのレベルなので、144は断念寸前です。(07.08.14)



キットの受信機をケースに入れました。本当は缶にしたかったけど適当なのがなかったので段ボール製です。また、設計者に相談してBFOのスイッチを増設してあります。アマチュア無線だけでなく海外からの放送も楽しめます。

IC-W2はメーカーに点検に出します。しばらく交信はお預けです。(07.07.20)



7MHz用の受信機のキットを作りました。CWの受信練習に使います。難しかったけど動作して良かったです。(07.07.16)



144MHZ用のアンテナを立てました。手すりに引っ掛けてあるだけなので取り外しが可能です。

ところが、どんなに調整してもTVIが止まらず、電波が出せません。無線機に問題があるのかも知れないので、メーカーに問い合わせ中です。(07.07.14)



段ボール箱で外部スピーカーを作りました。(^o^)v

少しづつ電波を出し始めました。(07.07.07)



1/4波長のグランドプレーンを作りました。(07.06.10)





あり合わせの材料で軒下用のアンテナベースを作りました。土台の部分はテレビアンテナ用の市販品で、ステーの部分はアングルとバイクのハンドルを組み合わせました。ステーを締め付けるボルトには適当な部材を溶接して、工具不要にしました。

長く無線から離れていましたが、再開局に向けて準備中です。(07.06.02)



ホームページに戻る