JK1FPVの最初のページに戻る




 枕元に置いているラジカセの周波数表示部にLEDを取り付けました。昔スカイセンサーでそうしていたように、眠れないときに真っ暗な部屋でチューニングするためです。(10.5.17)



 電子負荷を作りました。電流計と組み合わせて自作電源のリップルを計りました。リップルはコンデンサーを介しカセットデッキに入力して計りました。負荷の変化とリップルの関係が分かり、本格的な実験の気分を味わえました。(10.3.17)



 自作のケースに電流計を入れました。(10.3.16)



 エレキーを自作のケースに入れ直しました。ふたの部分は食材用の容器を切り開いた薄い部材ですが、全体が小さいこともあり、思ったよりしっかり出来上がりました。もう少しケース作りを練習したいと思います。(10.3.4)



 ジャンクパーツを使って安定化電源を作りました。ケースはビデオデッキのケースを元に作りましたが、金属加工の難しさを再認識しました。もう少し小さなもので練習しようかなと思います。(10.2.26)



 IC-370Aの動作が変なので、コントロールユニットの電解コンデンサーを全部交換してみました。(10.2.7)



 パドルを作り直しました。ピアノの鍵盤のような上下の動作より、市販品のように左右の方が使いやすく感じました。左右が真逆の動作であることが良いのかも知れません。
 少しづつ和文が聞けるようになってきたので、送信練習を始めました。(01.1.3)



 144MHzの6エレ八木アンテナを上げました。今回はコネクタを使わず、ケーブル同士をハンダ付けして部屋まで引きましが、初冬の晴れた日の屋根の上でのハンダ付けはとても気持ち良かったです。軒下の3エレより多少ゲインが高いことが確認できました。(09.11.21)



 ルーフタワーと11エレの八木アンテナを上げました。自分の部屋の窓に設置していましたが、すぐ隣に家が建ったので屋根の上に土俵を移しました。出来上がってみるとちょっと大げさかなという感じですが、まあ深く考えず楽しんでいこうと思います。結構手間がかかったので達成感に浸っています。(09.10.25)



 ホームセンターの短波ラジオのBFOを作り直しました。本当は内蔵させたかったのですがスペースが足りず、基板をケースに貼り付けて電源も本体からとりました。(09.9.12)



ホームページに戻る