日ごろから県政にご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げ ます。
 このたびは電子メールをお寄せくださいましてありがとうござい ました。ご意見につきましては次のとおりお答えいたします。

 昨年6月11日に貴法人理事長より提出されました「施設経営救 済の願書」に関しましては、福祉部内で回覧を行ったうえで、対応 について検討いたしました。その後の対応につきましては、貴殿も ご存知のとおり、本県から関係機関への聞き取りによる状況確認ま たは貴施設において行われた茅ヶ崎市との話し合いや県教育委員会 も含めた茅ヶ崎養護学校との話し合いを行ってまいりました。
 これらの経過をふまえ、本県といたしましては、貴殿がご指摘す るような関係機関による恣意的な対応はないものと認識しています が、茅ヶ崎市をはじめとする各市町村が制度を円滑に行えるよう指 導・支援していくという県の役割については、引続き担っていく必 要があると考えています。また、養護学校における貴施設について の情報提供に関しましては、現在でも他施設との公平性に配慮しな がら行っているところですが、今後より一層の情報提供の充実に向 けて検討していく必要性を認識しています。
 貴施設は、茅ヶ崎市を中心とした地域で生活する知的障害者に とって、貴重な社会資源であると考えています。ご存知のとおり、 支援費制度においては、事業者と対等な関係に基づき障害者自らが サービスを選択し、契約によりサービスを利用する仕組みとなって おり、貴施設自らも施設の特徴などの情報提供等に努められること を期待しています。

 なお、今回回答いたしました事柄につきまして、さらに詳しいお 問い合わせがある場合には、保健福祉部障害福祉課施設福祉班(電 話045-210-4724)で担当しておりますことを申し添えます。

 県では、神奈川の新しい時代を切り開き、活力ある地域社会をつ くるため、さまざまな課題に取り組んでおります。
 これからも、あらゆる機会をとらえて県民の皆様のご意見をおき きし、明日の神奈川づくりを皆様とともに進めてまいりたいと考え ております。
 陽春の候、ご健康に留意され、お過ごしください。

  平成17年4月18日

  小 堀 俊 二 様


             神奈川県知事   松 沢 成 文



          整理番号 ?A−16−03−281
          県民部広報県民課わたしの提案班 加賀美
          〒231−8588 横浜市中区日本大通1
          電話(045)210-1111 内線3672・3673
          ファクス(045)210-8833



戻る