ホミニス便り2004年1月号



祈りの掛け橋 学園長 小堀俊二

 2003年のクリスマス会のテーマは「祈り」です。クリスマスの準備をしながら、自分達の在り方の根底に気づけたことは、大変感謝なことでした。
 これまでのクリスマス会と言えば、讃美歌を歌ってはいましたがどちらかと言えば音楽を楽しむ会であり信仰的側面は弱く、更に遡ればプレゼントをもらうためのお楽しみの会でした。やっと本質的テーマに辿り着くことが出来たと思います。
 21世紀を迎えた私達は、その当初は、過ぎ去った戦いの世紀を繰り返してはならない、と新しい世紀を展望していましたが、御承知のようにアメリカとアフガニスタンやイラクとの戦争、我が国においては自衛隊の派遣、平和憲法の改正論と、戦争参加へ崖っぷちのところまできています。
 文化の多様性を認めあうことが叫ばれる一方で自爆テロは絶えることはありませんし、暴力の連鎖性は疑う余地はないのに、力には力の論理がまかり通っています。強者の支配の裏には、必ず弱者の叫びがあります。
 私達は、その犠牲者達の為に祈ります。戦火の中の人、家族や愛する人を失った遺族、自らの考える力を奪われ自らの命を投げ出す人、貧しさから兵役以外に選ぶ道がなかった人‥‥。
 私は様々なものを分かち合うことが大切だと思います。富みや力だけでなく、弱さ、嘆き、苦しみ、叫び。それを皆で負い合えたなら、どんなに良いだろうと思います。そして私達の願いは究極的にはここに集約されるとすら思えるのです。
 そしてこの祈りに導かれ、利用者達と一緒に祈れること。これは圧倒的に感謝な出来事です。聖書は「隣人を愛しなさい」即ち、互いに祈り、分け合い、赦し合いなさい、と私達に語ります。キリストの誕生を祝う季節に、神への願いと感謝を覚えて、それを新年への掛け橋にしたいと思います。


カウンセリングで学んだこと生活指導員:竹田朝子

 私は今ロ−ルプレイを通してカウンセリングを勉強しています。先日、勉強会にてそのロ−ルプレイの振り返りをしました。「クライエント(話をしてくれる人)の感情に関心、や目を向ける」事がカウンセリングでは大切にされています。私はそれを頭では十分理解しているつもりでした。
 しかし実際は違っていたのですね。話を聴く時の私のその時の関心事といったら「クライエントの言っていることをなんとか頭で正しく理解をしなくては」だったと思います。 でも例え、クライエントが何を訴えているのかよく理解出来なかったとしても、一生懸命話を聴いてその結果自分の心に響いた、苦しい、悲しい、つらいといった「感情」をクラエイエントに反復するという事を学ばされました。
 人の話を聴くという事は私にとって本当に難しく険しい道程ですが、その一方で思わずハッさせられる事も沢山あり、実感を持って学べる事は大きな収穫だと感じました。


お知らせとお願い

利用者による物品の破損などの賠償について

 施設利用者が施設内の物品を破損した場合、AIU保険を積極的に活用する方針としました。
 既に今年度に2件の利用をしています。利用者間の不公平をなくすため、極力、保険に加入して頂くことをお願いすると共に、利用者により物品の破損、怪我、などは利用者及び保護者に負担して頂きます事を、お願いいたします。
 近年の利用者数の減少に伴う収入減により経済的合理化が迫られています。御理解御協力をお願いします。


~~5タラントの会報告(11月28日)~~

祈りのテーマ 発題者:小堀俊二

 12月18日のクリスマス会に向けて、今、私達は何を祈るべきかを話し合いました。
 病気の人、戦場にいる人、施設利用者の為などの願い、自分達が置かれている状況に対する感謝など、様々な意見が出されました。
 しかし、私達の歩む道のりが、あくまで神の御手の中、すべては神の計画の出来事であることを忘れてはなりません。神が私達の願いを叶える道具になってしまう危険もあります。神に私達を用いて下さいと祈ります。

-------------------------------------------------

 キリスト教主義のボランティアグループ、5タラントの会では、毎週土曜日に、勉強会、懇談会、音楽教室、その他の活動を行っています。

〜〜今月の苦情〜〜

*決算書を公開して欲しい。

 この要望は、利用者数減に伴う大幅な経営困難の事情を説明している中で申し出がありました。今年度決算から分かりやすく解説、編集した決算書をホミニスだよりに添付することとしました。また、会計は勿論、すべての書類は個人情報に関わるもの以外は、いつでも閲覧可能となっています。

苦情解決委員会責任者 小堀俊二


*施設を利用していて疑問に思うこと、要望などお気軽にお話し下さい。また、苦情、要望など、直接申し出難い場合は、以下の窓口を御利用下さい。
・第三者委員
  日本キリスト教団戸塚教会
  尾毛佳靖子牧師 (045-881-3416)
・福祉サービス運営適正化委員会 (045-317-2200)
・権利擁護センター「アシスト」 (045-312-1121)



1月の予定

9日 3学期始業式(半日)
14日 防災訓練
22日 お楽しみ会
29日 誕生会

2月の予定

18日 防災訓練
19日 お楽しみ会
26日 誕生会




やろうね

やろうね 音楽やろうね
音楽と買い物 
木曜日
      荒木賢一郎


1月の歌 賛美歌23番


くるあさごとに あさ日とともに

かみのひかりを こころにうけて

あいのみむねを あらたにさとる




編集後記

 ホームルームで聖書を読み始め、いつまで続くかなと思いながら1年が経ちました。家でその準備をしている時、必ず心に引っ掛かる聖書の箇所があり、神が導いて下さることを感じています。(小堀)


発行:社会福祉法人ホミニス会ホミニス学園
電話 0467-53-2980 ファックス 0467-52-4160

ホミニス学園のページへ

誰も乗り遅れないバス のページへ