ホミニス便り2005年11月号



意外な勘違い  学園長 小堀俊二

 自分で信じ込んでいることを振り返るのはとても大切なことです。最近、二つの過ちに気付いたのでそのお話しをします。一つ目は、自己決定という概念についてです。これは平田厚弁護士の著書を読んで気付かされたことですが、自己決定とは本人に向けてではなく、本人に対して権限を持つ周囲の人への戒めだということです。如何に非合理に見えたとしても、本人がその主観により決めたことは、余程の理由がない限りはそれを妨げてはならないのです。保護という名の元に本人の意思即ち人格を無視し続けてきたことへの反省が自己決定の出発点だからです。選択の自由を取り違えて「選択しなければならない」などと強制することは勿論誤りです。
 もう一つは、他所で断られた人こそホミニス学園は受け入れるべき、という一見美しい伝統です。長く続く経営不振により職員数を減らし、それに伴い何人かの利用者に退園して頂きました。事故を防ぐ事が出来ないと予測したからです。前述の伝統に反するこの判断は強い葛藤をもたらしましたが、これも誤りであることに気付きました。ニードを一ケ所に抱え込むのは誤りであり、地域のニードは地域で支えるのが本来の姿です。社会福祉のネットワーク化が叫ばれる昨今なら尚更のことです。その中で、担当できる特定の役割を、施設が負うべきなのでしょう。圧倒的に施設が足りなかった時代とは、施設の役割も変化してくるのです。
 ホミニス学園はこれまでにない小規模となりました。思いを新たにして、当たり前と思っていたことをもう一度吟味しながら、日々を大切に過ごしたいと思います。
 


学園での学びを振り返って 生活指導員 竹田朝子

 この度転職が決まり学園を卒業します。着任したての頃を振り返ると、本当に顔から火が出るほど恥ずかしい失敗の連続でした。今でも失敗は多々ありますが、社会人としての甘さ、責任感の欠如など書き出すと切りがありません。
 日々の利用者の方との関わりの中で、いかに自分が忍耐弱く、寛容でもなく、援助職が務まるような人間ではない事を思い知らされました。「もうダメだ」と無力感に駆られることも何度も、今でもあります。
 しかし、目には見えずらいかもしれませんが、利用者の方々との関わりの中で得られる人間としての成長を糧に、謙虚な気持ちを忘れずに希望を持ち続けたいです。
 ホミニス学園で得た生の現場での学びは私にとって忘れ難いものです。最後になりますが、三年半大変お世話になりました。どうもありがとうございました。




門出 主任指導員 吉永暁子

 学園は、新たな門出を迎えています。学園で出会い、学びをともにして来ましたが、必ず利用者、職員と旅立って行きます。
 出会いがあれば別れがあるのは、当然ですが、別れの日は突然に来るのだなと実感しています。何時かは来ると解っていても、別れが具体的になるとより、寂しさの実感も濃くなります。
 しかし、寂しがってばかりではいけないとも思います。寂しさをぬぐえませんが、旅立ちを大いに祝福しなけばならないと思います。
 旅立つ方々と共に歩んで学んで来た学園生活を一緒にする事は出来なくなりました。けれど、姿は見えずとも想い出と共に心の支えになってくれるのだろうと。その為のプレゼントを貰っているのでしょう。


〜〜今月の苦情&ヒヤリハット〜〜

*保護者への引き継ぎの際、職員が利用者を見失った。

 このケースでは、別の職員が保護者に引き継いでおり、原因は、職員間の連絡不足にありました。その他、危機意識を持たなければならないこと、事故が起こりやすい時間帯の確認など、職員間で話し合いました。

*施設を利用していて疑問に思うこと、要望などお気軽にお話し下さい。また、苦情、要望など、直接申し出難い場合は、以下の窓口を御利用下さい。
・第三者委員
  日本キリスト教団戸塚教会
  尾毛佳靖子牧師 (045-881-3416)
・福祉サービス運営適正化委員会 (045-317-2200)
・権利擁護センター「アシスト」 (045-312-1121)


お知らせ

 竹田指導員が9月末をもって退職いたしました。本来なら人員を補充するところですが、これを行わず、援助担当職員は吉永主任指導員と小堀学園長の2名で運営することとします。ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、宜しくお願いいたします。


11月の予定

9日 一日防災訓練
10日 リクリエーション
24日 祈祷会
26日 5タラントの会勉強会

未定 内科検診

12月の予定

14日 防災訓練
15日 クリスマス会(午前10時より)
22日 2学期終業式
24日 5タラントの会勉強会  (1月5日 3学期始業式)




11月の歌 賛美歌124番

みくにをもみくらをも あとにすてまして

くだりにしイエス君を うくる家あらず

住みたまえ、きみよ ここに、この胸に



発行:社会福祉法人ホミニス会ホミニス学園
電話 0467-53-2980 ファックス 0467-52-4160

ホミニス学園のページへ

誰も乗り遅れないバス のページへ