ホミニス便り2006年6月号


学園祭にて


05年度を振り返って  学園長 小堀俊二

 前年度の出来事を深く掘り下げるというより、簡単に並べてみたいと思います。
 施設の経営は改善することなく、利用者は3名になりました。しかし、授業場面は理想郷、あるいは本来あるべき姿になりました。
 里親活動には行政から入所施設へ移行するという圧力が続きましたが、本人をかくまい続けました。
 支援者の悩み苦しみについて旧約聖書を土台に学びました。キャッチフレーズは「うるさ静か」でした。(どんなに心が騒いでもその根底が静かであるには、の意味)
 地域の若者が夜間に悪戯しているようで、近隣の建物や自動車にペンキが塗られるなどの被害が続きました。ホミニス学園も被害に合いました。
 こうしてみると、意図的に用意されたかのように、これまでのホミニス学園では担えないニードが並んでいます。私達は新生の時を迎えようとしているのかも知れません。
 最後になりましたが、今年度も全国から多くの御支援を頂きました事、本当にありがとうございました。
 
2005年度会計報告  事務長 松井明人

 2005年度も厳しい経営状況で決算を迎えました。支出額(人件費及び管理費等など)に対して、収入額(利用料収入など)が少ないことにより、2005年度収入額は1.200万円以上足りず、今回も法人の貯蓄を取り崩しての運営となりました。
 全国から頂いた多大な御支援に感謝すると共に、これからも御協力宜しくお願い致します。




〜〜今月の苦情&ヒヤリハット〜〜

*医薬品の管理不備

 救急箱の中の職員用の医薬品の期限が過ぎていました。開封後の期限があることに気付かなかったのが原因です。職員間で確認すると共に、確実な点検に主眼を置き不必要な備品を省く対応を行いました。

*施設を利用していて疑問に思うこと、要望などお気軽にお話し下さい。また、苦情、要望など、直接申し出難い場合は、以下の窓口を御利用下さい。
・第三者委員
  日本キリスト教団戸塚教会
  尾毛佳靖子牧師 (045-881-3416)
・福祉サービス運営適正化委員会 (045-317-2200)
・権利擁護センター「アシスト」 (045-312-1121)


6月の予定

7日 防災訓練
8日 リクリエーション
24日 5タラントの会勉強会
30日 祈祷会

7月の予定

12日 防災訓練
13日 リクリエーション
19日 歯科検診
27日 祈祷会
29日 5タラントの会勉強会


6月の歌 賛美歌195番

いのちの君にます主よ

みたみのいのりをききて

安けく行かしめたまえ

闇路をも


発行:社会福祉法人ホミニス会ホミニス学園
電話 0467-53-2980 ファックス 0467-52-4160

ホミニス学園のページへ

誰も乗り遅れないバス のページへ