◇1998年 ... 1

 
No.00001 新聞の勧誘 1998/04/05

 四月といえば、引越のシーズン。といえば新聞の勧誘が来ますよね。
 いきなりで何ですが、この度私は「読売」という名の付くすべてが嫌いになりました。
 今までは色々な勧誘に対して、断るにしてもなるべく穏当に断ろうと心がけてきたつもりでしたが、あんな奴(奴でいいや)頭ごなしに追い返せば良かったと思っています。
 ここ数ヶ月だけで、読売新聞の勧誘にこんなのがありました。

  • ケース その一

     ちょうど朝日新聞と4〜6月で契約をしていて、それ以降は新聞は取らないつもりでいました。
     呼び鈴が鳴ったので出てみると、

    「新聞屋です。今どこか新聞入っていますか?」

    とのこと。
     契約していることが判れば帰るかと思って、

    「朝日に4〜6月で入ってるんですけど。」

    と言いますと、

    「あ、朝日のものなんですけど、粗品持ってきたんで開けて下さい。」

    「いらないです。」

    と言っても、

    「ただの粗品なんで開けて下さいよ。」

    と言ってしつこいので仕方なくドアを開けると、いきなり洗剤やビール券を押しつけるように渡してきて世間話を始めてきました。
     契約とって成績あげないとつらいとか言われても、こっちにしてみれば何であんたの生活のために月に4千円も払わにゃならんのか、って感じなのでいらない、の一点張り。

     といきなり契約書を取り出すと、人ん家の表札を見て勝手に名前を書き始めて「お願いしますよ。」を連呼しながら「何月から何月で良いですよね。」とか言い出してる。
     ふと契約書を見ると、この間契約した朝日新聞のとなんだか違う。
     で良く見たら読売新聞じゃないですか。私ははっきり「朝日なんですけど、」って聞いたはずなのに、これって「カタリ」じゃないですか。
     元々とる気はなかったんでそんなうそつきにはそうそうに帰って貰いました。

  • ケース その二

     その日は二時過ぎくらいにも一度読売新聞の人が来たので、いらない、と言って帰って貰っていました。
     夕方五時くらいだったでしょうか。呼び鈴が鳴ったので出てみると、

    「すいません。」

     で終わり、名前も何も言いやしません。なんだろうと思って、

    「なんですか。」

    聞き返してやっと、

    「何とかかんとか(会社の名前、忘れた。)なんですけど。」

    なんだ?と思っていると、

    「すいません、開けて下さい。」
    「何の用ですか。」

     これでやっと、

    「あの、読売の新聞なんですけど・・・。」

     その日二回目だった事もあって面倒だったので、

    「さっきも来たけど断ったんでいりません。」

    と言ったのですが帰る気全然なし。夕飯を作っているところでいらいらしていたので、

    「そちらって担当区域とか、一回断られた所ってチェックしたりしてないんですか。」
    「あ〜、今日は私の担当区域のはずなんですけどねぇ〜。」

     ああ、もうめんどくさいな、と思って結構ぞんざいな態度を取っていたら、

    「契約取れるまで(勧誘は)何度でも来ますよ、来て欲しくなかったら契約するしかないですな。」

     この一言にぶち切れました。

    「ふざけたことぬかしてんじゃねーぞこの野郎!」

     だって、これって要するに嫌がらせと恐喝じゃないですか。契約するまで何度でも来るぞって。
     相手もいきなり怒鳴りつけられて頭に来たらしくて、

    「んだと、テメー隠れてないで出てきやがれ!」

     ・・・後はまあ、帰って貰ったんですけど。
     余談ですけど表札に名前を書いて貼っておくと、馴れ馴れしく名前呼ばれてむかつきますね。

 ちなみにその後そいつと結局怒鳴り合いになって、

「出てきて面見せろ!」
「誰がわざわざ開けるか馬〜鹿!」

「意気地なしがテメーそれでも男か!おかまじゃねえのか!」
「何だってテメーにはカンケーねーだろ。」

なる言い合いを演じ、

「テメーの住所と名前は判ってんだぞこの野郎!」

という捨てぜりふを残して、隣の呼び鈴を押していました・・・。
 最近物騒な世の中だし、これで私が刺されでもしたら笑って下さい。




No.00002 東京電話 1998/04/27

 昨年末ぐらいから活動している東京電話。
 最初に来たときに契約していたのに、三月の終わり頃にまた来たので、

「もう入っていますよ。」

 と言ったら、確認のためにちょっと実家にでも電話してみて下さいと言われました。

 で今月、請求書が来ました。

 18円

 ・・・惚けるわけにもいかないので行って来ましたよ、振り込みに。
 なんかこっ恥かしかったなぁ・・・。




No.00003 水戸黄門 1998/05/05

 先日久しぶりに水戸黄門を見ました。

「黄門様ご一行も顔ぶれが増えたなぁ。」
 と思って見ていたら、CMが。

 なんと黄門様が電気自転車に乗ってテーマソングを歌っているではないですか!

 ・・・いや、ただそれだけなんですけど、私は笑ってしまいました。




No.00004 CG処理? 1998/05/11

 先週、頭文字Dのアニメを見ました。
 いや、CG処理が凄いから!って言われてどんなもんかと見たんですが・・・。

「あれはCG処理ってほどのもんではないのでは?」

 確かにCGを使ってますけど、あれってつまりは車のセルをいちいち描いていてはディテールを簡略化しなければならないから、ってCGを使っているんですよね、たぶん。

 昔「超者ライディーン」ってアニメがあったときも、変身シーンをCGにして反響があった気がしましたが、今回もちょっと浮いていると思います(あくまで私の意見ですが)。

 アニメで見せるカーシーンっていうのは、物理的には無理がある車体の歪み方とか、ちょっとした傷とか汚れってものを誇張して見せることで実写とは違ったリアリティをだしていると思うんです。
 少なくともコンシューマ機で出ているカーゲームと同レベルのCGを使うのでは、ゲームをやっていた方が臨場感では幾分上を行くのではないかと思います。

 それより何より、何で最近は深夜にばかりアニメをやるのだろうか・・・、頭文字Dなんてほとんど明け方だったぞ。




No.00005 一日増えた 1998/05/13

 学校の行事で、フレッシュマンセミナーという新一年生の親睦合宿のアシスタントに行ってきました。
 12日の午前中は研究室に行き、午後からセミナーで移動。
 13日の午前中はセミナーの続きで、午後から学校に戻って研究室へ。

 セミナーの夜は他のアシスタントと飲んでいたので一日が長く感じてしまい、帰ってきても前の日には研究室に顔を出していたのにずいぶん前だったような気が・・・。

 何だか二日間で三日間の気分。(あんまり嬉しくない。)




No.00006 我が母校 1998/05/17

 ぼーっとテレビを見ていました。
 やっていたのは「ザ!鉄腕!DASH」とかいう番組。
 何だか自転車で頑張っているなぁ・・・、と思っていたら八王子が出てきた。
 16号とか言っているんでおや?と見たら家の近所じゃないですか。
 結局最後まで見てたら、ゴール地点が我が母校(っていうほどでもないけど)。

 私の行っている学校って、某パソゲー雑誌のその手の学校紹介記事に載っていたり(隣の専門だけど)、TVのロケ地に使われていたりしてそこそこ知っている人もいるみたいです。
 「ホワイトアルバム」ってゲームをやっていたら、学校のシーンが滅茶苦茶似てる気がしたんですけど・・・気のせいですね。




No.00007 新聞の勧誘2 1998/05/25

 またまたやってきました、新聞の勧誘。
 読売ですよ、読売。
 やっぱり玄関扉に、

「読売はいらん!」

って貼らなきゃ駄目ですね。

「いっぱいおまけつけますんで。」

「おまけなんていりません。新聞はおまけで読むもんじゃないでしょう。」

 この科白がいけなかったらしい。
 何が嬉しいんだか人の職業を聞いていて、学生と知ると、

「(就職とかで)知らなくて将来を誤るより、知って得するべきだ。」

「読売は日本で一番読まれているから、読売を読んでいれば間違いない。」

 等々・・・。

 私の個人的見解としては、読売は盲目的巨人ファンと、おまけ目当ての主婦と、しつこい勧誘に負けた気の弱い人に読まれていると思っています。(当然読み比べて読売が良いという人もいるでしょうが。)

 というわけで、アンチ巨人(というか野球自体好きじゃない)の私は読売はとりません。

 ・・・あ、そうそう、今回の人も去り際に、

「まあ、とってくれるまで内の勧誘は来ると思いますから頑張って下さい。」

って皮肉たっぷりに言ってましたわ。




No.00008 八王子駅前 1998/06/02

 先日八王子駅前で恐ろしい物を見てきました。
 私が良く通る某古本屋の前の通りで、腰に吊す小太鼓(?)を打つ集団でした。
 私的な感想としては、

「邪魔だ。」

に尽きましたが。

 他にも駅北口で民族音楽らしき物を演奏してCDを売る外国の人や、東急スクエアの所の五差路で演説する人などもよく見かけます。
 演説はともかく、人混みが出来ると邪魔なんですよねぇ、公道では。




No.00009 ロボットアニメ 1998/06/14

 ここ一年近くの間で、たくさんのロボットアニメを見ました。
 Zガンダムに始まり、ガンダムZZ、イデオン、バイファム、マクロス・・・。
 どれもこれも始めてみたときにはストーリーが理解できず、出てきたロボットしか覚えていなかったという代物ばかりです。
 この年になって改めて最初から見直してみると、その面白いこと面白いこと。
 懐かしのロボットゲームが売れるのも分かるような気がしました。

 そんなときにテレビ朝日がロボットアニメ枠を終了すると聞いて残念でなりません。
 しかもその原因がガオガイガーのせいなんて〜!(面白かったのになぁ・・・。)




No.00010 就職活動 1998/06/30

 大学も四年になりまして、就職活動をしています。
 ただねぇ、教授陣はどこでもやっている業務内容は似ているからどこか受けなさい、っていうんですけど、同じ様な業務の会社のどこを見て選べっちゅ〜んですか。
 ・・・こんなこと言って活動をいい加減にやっていたら、あ〜ら困ったもう7月になってしまいますよ。
 この時期になるとどこの会社も最後の数合わせに入っているみたいで、面接の質問もきついきつい。
 このままでは私は就職浪人ですなぁ〜、わはははは。(笑い事じゃないですぞ、自分!)