◇ 1999年 ... 1

 
No.00040 良いのか? 1999/01/03

 新年、明けましておめでとうございます。

 コミケからそのまま実家に帰っておりました。
 で、大晦日のこと、弟も妹も、彼氏彼女と出掛けるとかでいなくなってしまい、・・・家にいるの私だけかい!
 うわぁっ、きっつー、まぁ良いけど。
 別に彼女は欲しくないけど、一人だけ長男が正月家にいるのってやっぱり寂しいなぁ・・・。

 家に帰れば寝てばかりいるので、結局今年も寝正月になりました。
 ご飯の支度しなくて良くて、掃除しなくて洗濯しないのは楽だなぁ・・・。
 でも実家で親と暮らす気はないんですよね、一人暮らしに慣れると他人と生活することが億劫になる・・・。

 それにしても、妹の彼氏は私より年上だそうな。
 三つ上の私より年上なんて、女子高生だった分際で何処で知り合ったんでしょうねぇ(バイトだろ。)。
 弟にはその内見せてくれって言っておきました、見せてくれるでしょ?

 帰りは弟の新車で途中まで送って貰った(弟の寮の近くまで。)んですけど、一人で運転大変だなぁ、と思っても私免許ないし、あっても新車は運転させないでしょう。
 でその後、家までの電車で新年早々寝過ごしてしまいました。
 豊田までは記憶があったのに、気が付いたら西八王子でやンの。
 年の始めからこれでは先が思いやられますなぁ・・・。




No.00041 ゴミ 1999/01/06

 年末年始に限らず、休みが多い時期というのは得てしてゴミの出し忘れってのが多くなりがちです。
 で今回の話は別に休みに限らないんですが、アパートなんかでよく見かける「扉の前のゴミ」のことです。

 確かに部屋の中に出し忘れたゴミとかを置いておくのは嫌なものです。
 だからって人が通るような通路にゴミを置くんじゃねぇよ、てめぇ!
 だいたいなぁ、てめぇの部屋の前だからって、てめぇの物じゃねえんだよ!
 他人が見たら気分悪ぃってのがわからねぇのか、わかんねぇんだよな!
 その内てめぇの部屋の前にそのゴミぶちまけてやるぞ、ボケ!

 ・・・失礼しました。
 まぁゴミだけでなく、社宅みたいな所だと子供の遊び道具(三輪車、砂場用のスコップ等)やレジャー道具を置いていることもあるでしょうが、特にゴミは一番悪いと思いません?
 大家とかが住んでいれば注意したりするでしょうけど、いないところだとまぁ勝手なものですよ。
 自分の部屋の前を自分の物だと言い張るのなら、今度から私の部屋の前の通路は私の物なので通らないで下さい、不法侵入です。




No.00042 発熱 1999/01/09

 いやぁ、今年の風邪はたちが悪いですね。
 私もやられてしまいましたよ、今年の風邪に。

 6日辺りからやばめな感じだったんですが、7日から最悪。
 38度の熱で学校行ったのも失敗かも?
 だいたい6日に、「年明け早々風邪引いて三が日まるまるつぶした」って話を聞いたばかりで私もですよ。

 それから今日までもう寝たきり状態。
 さすがに38度後半の熱というのは馬鹿になりませんな、しかも一人暮らしの身には・・・。
 個人的に38度台はただただだるくて何もする気がしなくなるだけで、37度台の熱の方が吐き気とか鼻水とかが酷くてきついと思ってるんですけど、長く続けばどっちもつらいです。
 とりあえず8日に友達が学校帰りに寄ってレトルトのお粥とか買ってきてくれたんで症状も落ち着いたんですけど食欲が・・・。

 ちなみにここ数日の私の食生活というと、

7日 ・みかんの缶詰一缶
・コーヒー牛乳500ml
・苺牛乳500ml
・肉まん一つ
・焼きプリン一つ
8日 ・オレンジジュース500ml
・コーヒー牛乳1000ml
・玉子がゆ250ml
9日 ・鮭がゆ250ml
・オレンジジュース1000ml
・カフェオレ300ml
・ハーゲンダッツ抹茶120ml

あとロースカツ重弁当も買ってきたんですけど、当たり前の如く弱った胃は受け付けませんでした。

 アクエリアスで薬を飲んだら吐いたときに緑色の物が出てきた、って聞いて(うへっ)っと思ってた所に自分の吐いたものも緑色だったんでびっくりしたら、抹茶アイスでやンの。
 あぁ薬は書いてないんじゃなくて飲んでないんですけど、私昔イカを喉につまらせた事があって錠剤とか飲めないんです。(恥ずかしい奴だ。)

 それにしても普段寝ない時間に寝るもんだから、普段起きてない時間に起きてるわけで、始めて「パッパラ隊」と「守護月天」ってやつ見ました。
 いやぁ、たまたま見た回が悪かったのか、あまりにこてこてお約束で見てるこっちが恥ずかしくなりました、守護月天は。

 今これ書いてるときも随分楽になった気がしてるんですけど、まだ37度後半の熱があります。(無茶してぶり返してどうすんだか・・・。)




No.00043 罪と命 1999/01/12

 何だか固そうな題になっていますが、先日木下恵介監督追悼放送ということで、深夜「息子よ」という映画を見ました。
 映画といってもどちらかというとドキュメンタリー調で、身につまされるというかなんというか、考えさせられる映画でした。

(−−−−ここからは映画の内容の話−−−−)
 内容の方は、結婚を間近に控え、家業の溶接工を継ぐ修行のため故郷に帰ってきた一人息子を、チンピラによって通り魔殺人されてしまった父親の話。
 結局その犯人は未成年だったという事で5〜10年の懲役が申し渡されただけ。
「被告が前途ある若者であることを考慮し・・・。」という裁判官の言葉に、

「だったら殺された息子には前途がなかったというのか。」

父親の言葉には何の罪もなくいきなり身内を奪われた者の叫びが込められていました。

 一度は全ての希望を奪われた父親でしたが、自分と同じ様な事件で娘を失った人が被害者の会を作ろうとしていると知り目標を見つけます。

「父さん、絶対仇を討ってくれよ。」

息子の最後の言葉に一度は裁判所で包丁を振り回した父親でしたが、息子と同じ様な目に遭い、自分と同じ様な悲しみを持つ人々を訪ね歩き始めます。
 全ての被害者が快く受け入れてくれるはずもなく、時には借金取りの様に追い払われたり、選挙にでも出馬するのかと下司の勘ぐりを受けながらも地道に会員を集め、国に訴える父親。
 既に溶接工場は人手に売り渡し、この活動に全精力を傾けてきた父親に返ってきた返事は、しかしあまりにも素っ気ない、おざなりなものでした。

 それでも諦めない父親の努力が実り、ついに世論を味方に付けて国会に臨んだときには、元々悪かった眼が更に悪化してほとんど見えなくなっていました。
 最初の事件から10年後、日本全体が被害者補償制度法案可決に動き始めた中、その法案実現を見ることなく父親はこの世を去ってしまいます。

「あぁ先生(医者)、お願いですから後2年、生かして下さい。法案の可決を見るまでは息子の所にいけません。」
「なぁ、10年っていえばあいつ(殺人犯)はもうとっくに刑務所から出て世間を歩いているんだろう。この十年間は、あいつと叔父さんにとって何だったんだ。」

この後、常に父親の活動を支え続けた母親が引き継ぎ完全ではないながらも法案が可決された・・・、記憶だけで書いているので科白の所は怪しいですが、大筋はこんな形で終わっていました。

(−−−−ここまでが映画の内容の話−−−−)

 事件には当然加害者側の意見と、被害者側の意見があるわけですが、加害者には立ち直る機会が与えられても、被害者に生き返る機会なんて有りはしないわけです(いや、笑い事じゃなくて。)。
 これが出来るなら、そこら辺の器物破損とかと同レベルでも良いのでしょうが、人の命は二度と戻らない以上被害者側には何をやっても不条理になってしまうわけで。
 殺しても飽き足らないと思っても、私刑(法的手続きを踏まずに個人が裁くこと)の禁止が定められていますし、人の命が金では買えないといっても、周りから死人の事で卑しいと後ろ指指されても、損害賠償という形で相手の罪の重さと自らの受けた苦しみを示すしかないわけで・・・。
 だから私がどうこう言える問題ではないのですが、何というか・・・すいません、結論なんて出てません。

 それにしても洋画を否定するわけではありませんが、外国作品だとこういうときは父親が復讐のために武器を手にとって敵地に乗り込んで暴れ回る、ってイメージばかり先行するんですけど、邦画でこんなスマートで自然と涙がこぼれてくるような映画があったんだなぁ、なんて驚きでした。
 最近の凶悪犯罪の低年齢化を見て、こういう映画を見せて感想を聞きたいと思いますが、何となく涙よりも嘲笑(出てきた父親がかっこわるいとか?)が返ってきて論点がずれそうなので・・・やめた方が良いですね。




No.00044 3D・CG 1999/01/21

 前に「GAMEWAVE」で広井王子氏が言っていたんですけど、日本がゲーム業界でどんなに3Dムービーを高めていったところで、結局アメリカのハリウッド映画の技術には絶対勝てない、って意見。
 私も同意見。
 だってどう見たってその差は歴然じゃないですか。
 日本が頑張ってもハリウッドは休んじゃくれないんだからそうそう差は縮まらんでしょ?

 で同じく氏の意見で、日本には世界的にも文化として認められている漫画、アニメーションのセンスがあるのだから、これを3Dとうまく融合させていくことこそこれからのゲーム業界に必要なんじゃないか、という考え。
 私も同意見。
 最近のゲームはシナリオとかシステムとかすらそっちのけで、何万ポリゴン使用とか迫力のサウンドとか言ってC級以下の洋画を見せられた感じのばかり。
 もともと人や生き物は写実的に、現実に則して描くのが常識と思われていた海外に、特徴を端的に捉えて一つ一つを不自然なほど強調しながらも全体で整合性が取れる日本漫画のセンスっていうのはそれだけで確かに決め手になるわけでしょう。
 わざわざ人まねして後塵を拝する必要はないわけで、自分からむしろ余所の技術を取り込む位の勢いを持って欲しい。

 何が言いたいって、ドリームキャストと最近のスクウェアに不満があるだけ。
 ドリームキャストの売りって3D処理のレベルについてばかりだし、スクウェアも昔のゲームを忘れたように3Dムービーに走ってるし。
 グラフィックが綺麗とか言う前に操作性を何とかしろよFF7・SGF、道が見えねぇんだよ、移動ですぐに突っかかるんだよ。
 まぁただ単にゲームの舞台に近未来とか現代ってのが好きじゃないってのもありますけど・・・。
 ファミコンの頃なんて、あのハードレベルで面白いゲームはいっぱいあったのになぁ。
 ゲームの時代が長くなるにつれて新しいジャンル、システムってのが開発困難になるのは分かりますけど、頑張って下さいよ。

 ・・・そういえばよく考えたら日本の産業って大抵アメリカの物まねから始まってるんでしたっけ?日本は全体が物まね主義だもんねぇ・・・。
(一つ当たると類似品が氾濫する書籍、落ち物ゲーム、格闘ゲーム、食料品・・・。)




No.00045 成人式 1999/01/26

 最近では成人式に参加する人が減っているそうで。
 で地方自治体では人を呼ぶためにゲストや記念品に力を入れて頑張っているそうで。

 私の時を思い出すなぁ・・・。
 公民館に集められていきなり中学校の校歌斉唱とか言われたり、「皆さんが中学時代歌っていた「大地讃しょう(漢字忘れた)」を・・・」ってな感じで?
 学年主任でもなかったのにいつも仕切ってた体育教師が出てきたり、完全に出来立ての選挙票確保のために来たとしか思えない市会議員とか?
 良くわかんないけど「現代実用用語事典」?だったかな?貰ったの。

 別の所の友達は、ゲストに誰々が来て、記念品にシステム手帳が配られた・・・、とか聞いたような。
 別に成人式は一大イベントで盛大にやれなんて全然思いませんけど、自分の時を振り返れば二度は行きたいと思わないよな。
 一生に一度なんてよく言うけど、そんなこと言ったら全て一生に一度しかない時間だし、だいたい成人が20才ってのも、昔なら男は15、6、女は12で一人前にさせられたわけで、今でも大学なら22、高校なら18で、短大、専学などで唯一20なわけだから根拠がないじゃないですか。

 唯一、酒、煙草、保護者の承認不要が法律で認められているって根拠だけで(この年で認めた理由があったのでしょうが・・・。)成人だと言われても何だかねぇ?




No.00046 卒業研究 1999/02/05

 卒業研究の発表が終わり、後は結果待ちの状態になりました。
 それにしてもあれですね、A先生がB先生の研究発表を見に行ったら、B先生はA先生ではなくC先生の発表を見に行くようにして欲しいです。

 私の指導教員が、中間発表の時にある研究室でかなり暴れたらしいんです。
 で、今回は暴れなかったんですが、自分の担当する生徒を沢山連れて見に行ったそうです。

 はっきり言って凄い悪意を感じたんですけど・・・、そのある研究室の先生から。
 もう一人来ていた先生は、良いところを探そう、良い方に取ってあげよう、という態度が明確だっただけに、もう。

 ある人が電子透かしの研究を発表したら、

「プリントアウトして複写機にかけられたらどうするの。」

「電子」透かしって言ってるじゃないですか、一万円札じゃないんだから、そんなところは問題にしている部分と違うでしょうが。

簡易サーバの研究を発表した人は、

「NTサーバと比べてそれがどう簡易になっているの。」

なんでNTサーバと比べるのよ!実際に商業ベースで稼働しているNTサーバって何台あるの?それを探し出すだけで研究になるんじゃないですか?

 で私の時は、出題者の負担を軽くする(HTMLを知らなくても利用できる)ために出題者用のインターフェイスを用意したWWWの教育システムを提案したところ、

「どこがどう負担が軽くなったっていうの。」
「HTMLについての知識がなくても、CGIで判断してタグを付けることで作成者の意図に近い形で表示できる形式にしています。」
「そんなのワープロでだって出来るでしょう。」

・・・、そんなこと言ったら、あんたの所の研究室でだって似たことしてるでしょうが!
 だいたい、余所で実現している技術でも、教育システムに利用して有用性を確認することだって必要でしょうが。
 まぁフォームタグを利用して隠し属性を付加したり、CGIへのアクションがあるって言ったら黙ってくれましたけど・・・、っていうか凄い殺意を覚えたんですけど・・・。
 ということで、教員間のごたごたで生徒をいじめるのはやめて下さい。




No.00047 FF8 1999/02/14

 すごいですねぇ、FF8。
 何が凄いって、TVCMの提供がスクウェアじゃなくてFF8ですよ、会社名より商品名ですかねぇ、やっぱり。

 私も一応買うだけは買っておこうかと思って発売日にヨドバシカメラに行ったのですが、

「本日発売のFF8は予約者にしか発売日販売致しません。」

 ・・・、雪の中わざわざ来たのに、それが私に対する仕打ちですか・・・。
 で仕方なく次の日にもう一度行ったのですが、今度は、

「FF8は売り切れました。」

 ・・・、何だろう、喧嘩を売られた気分だ。

 結局二回も八王子に無駄足を運んだわけですが、FF8が出来ない事よりも、買ってもしばらくやる気のなかったゲームでこんなに無駄足を運ばされた自分が憎い。

 というわけで私はもうしばらく幻想水滸伝2で遊ぶことにします。




No.00048 信長の野望 1999/02/20

 えへへぇ〜、信長の野望の最新作がでましたよ〜ん。
 結構面白いですよ、ちょっと慣れるまで分かり難いけど。

 私の場合、光栄のSLGをやると大抵武将集めに走るんですよね。
 戦争より内政の方に良く凝るし。
 今回の烈風伝だと流言を飛ばして謀反を誘うんですけど、内応ってコマンドもあって最初どっちか分かりませんでしたわ。(内応は戦争時に裏切ってもらう約束。)
 将星録のときは同じデータでは何度やり直しても結果は同じだったのですが、今回は違うようです。

 現在は、桶狭間の信長から始めて美濃の一部と三河の一部を手に入れたところ。
 竹中半兵衛と松平元康をゲットしました。
 戦争もやりやすいし、しばらくは楽しめそうな感じです。

 あっ、FF8買えたんですけど、この調子だとしばらくやりそうもないんで攻略本がでるまでしまっておくとしましょうか。




No.00049 遊戯王 1999/02/28

 遊戯王のゲームは、よく売れているそうですね。
 カードゲームのCMも良く見ますし。

 でも、私のまわりでの評価はとても低いですが・・・。
 あの漫画って最初はいろんなゲームを紹介しながら・・・、みたいな感じだったのに、MTGに代表されるカードゲームの人気に流されて今じゃそれしかやってませんが。
 それにしてもあの漫画も凄いですよね。
 メタゲームもしないで敵のキーカードに対抗するカードがデッキに入れてあるんですから。
 しかもあれ、実際に自分がプレイして面白いのか?
 漫画はまぁ、置いといて、あれじゃプレイ中の駆け引きもないような気がするぞ。
 来たカード来たカード使ってればいい様にしか見えない・・・。

 ともかく遊戯王GBの売れ行きを見ていると、

「腐ってもジャンプ・・・、か?」

 と言った所でしょうか。