【KYOSUKE HIMURO TOUR 2003”HIGHER THAN HEAVEN”】

   8/29(金) 市原市市民会館 (open18:00/start18:30)
   9/1(月) 大宮ソニックシティ (18:00/18:30)
   9/2(火) 大宮ソニックシティ (18:00/18:30)
   9/4(木) 宇都宮市民文化会館 (18:00/18:30)
   9/7(日) 静岡市民文化会館 (16:30/17:00)
   9/9(火) 名古屋センチュリーホール (18:00/19:00)
   9/10(水) 名古屋センチュリーホール (18:00/19:00)
   9/12(金) 仙台サンプラザ (18:15/19:00)
   9/14(日) 岩手県民会館 (17:30/18:00)
   9/15(月) 郡山市民文化センター (17:30/18:00)
   9/18(木) 群馬県民会館 (18:00/18:30)
   9/20(土) 新潟県民会館 (18:00/18:30)
   9/21(日) 新潟県民会館 (16:30/17:00)  中止 → 10/9(木)へ振替
   9/23(火) 北海道厚生年金会館 (18:00/18:30)
   9/27(土) 石川厚生年金会館 (18:00/18:30)
   9/30(火) 神奈川県立県民ホール (18:00/18:30)
   10/2(木) アクトシティ浜松 (18:00/18:30)
   10/4(土) 千葉県文化会館 (17:30/18:00)
   10/6(月) 島根県民会館 (18:30/19:00)
   10/9(木) 新潟県民会館 (9/21中止分振替公演)
   10/10(金) 松山市民会館 (18:00/18:30)
   10/13(月) 長野県県民文化会館 (17:00/17:30)
   10/16(木) 福岡サンパレス (18:30/19:00)
   10/17(金) 福岡サンパレス (18:30/19:00)
   10/19(日) 長崎ブリックホール (16:30/17:00)
   10/21(火) 福岡サンパレス (18:30/19:00)
   10/23(木) 大分グランシアター (18:30/19:00)
   10/26(日) 鹿児島市民文化ホール 第一 (16:30/17:00)
   10/29(水) 高知県民文化ホール (18:00/18:30)
   10/31(金) 香川県民ホールグランド (18:00/18:30)
   11/2(日) 広島厚生年金会館 (17:30/18:00)
   11/3(月) 広島厚生年金会館 (17:30/18:00)
   11/6(木) 大阪城ホール (18:00/19:00)
   11/7(金) 大阪城ホール (18:00/19:00)
   11/14(金) 名古屋センチュリーホール (18:00/19:00)
   11/15(土) 名古屋センチュリーホール (17:30/18:30)
   11/18(火) 倉敷市市民会館 (18:00/19:00)
   11/22(土) 代々木国立競技場第一体育館 (17:00/18:00)
   11/23(日) 代々木国立競技場第一体育館 (17:00/18:00)

                      

【ツアーメンバー】

    Drums : 永井利光
    Bass : 西山史晃
    Keyboards :斉藤有太
    Guiter : 本田毅
    Guiter : DAITA
         


【PLAY LIST】

  1. VIRGIN BEAT
  2. ROXY
  3. TO THE HIGHWAY
  4. DRIVE
  5. LOVE & GAME
  6. COOL
  7. MEMORIES OF BLUE
  8. 炎の化石
  9. Follow the wind
  10. Virus
  11. Weekend Shufful
  12. "Singular point"featuring DAITA
  13. Silent Blue
  14. Claudia
  15. GONNA BE ROGUE?
  16. LOVE SHAKER
  17. Girls Be Glamorous
  18. NATIVE STRANGER
  19. NO MORE FICTION
  20. SHAKE THE FAKE
  21. ANGEL2003

    encore T

  1. CLOUDY HEART
  2. JULIET
  3. 魂を抱いてくれ
  4. JELOUSYを眠らせて

    encore U

  1. TASTE OF MONEY
  2. WILD AT NIGHT
  3. SUMMER GAME

会場によって、アンコール1のCLOUDY HEARTとJULIETのどちらかのみもあり。
またSEX&CRASH&ROCK'N' ROLLも一部会場で加わっていた場合あり。

ちなみに↑はツアー後半のセットリストです。

  <代々木競技場第一体育館SET LIST>

    encore T

  1. CLOUDY HEART
  2. JULIET
  3. 魂を抱いてくれ
  4. SEX&CRASH&ROCK'N' ROLL
  5. JELOUSYを眠らせて

    encore U

  1. TASTE OF MONEY
  2. WILD AT NIGHT
  3. SUMMER GAME




【TOUR GOODS】

 
  ・HIGHER THAN HEAVEN パンフレット  \3,000
   ・TシャツA (S),(M),(L) \3,000
   ・TシャツB (S),(M),(L) \4,000
   ・バスタオル \3,500
   ・バスタオルB \3,500
   ・携帯ストラップ \1,500
   ・チタンリストバンド(S),(L)  \1,500
   ・ウォレット チェーン付き \3,500
   ・ショッピングバック \600
   ・フラッシュバッジ シルエット/ KHロゴ   各\1,000
   ・キーホルダー \1,000
   ・キーホルダーB \1,000
   ・B2ポスター2枚セット \1,500
   ・ステッカー \500
   ・パーカー(M),(L) \6,000

  その他、クロムハーツグッズあり。
   




heartTOUR 2003”HIGHER THAN HEAVEN”ライブレポート
  【’03年11月22日(土)・23日(日)in 代々木第一体育館】
8月末から始まったツアーの最終公演の2DAYS。ツアーが始まった当初は夏だったのに、11月も後半にさしかかり、気が付けばすっかり冬になっていた。
久しぶりの東京には熱いファンが全国から代々木に集まっていた。

1日目A6ブロック。大きな会場にしては、割と近い場所で見やすい場所であった。ライトダウンしてイントロがながれ、ファンの大歓声があり、「VIRGIN BEAT」のイントロ。この最初の始まるまでの瞬間は何度体験しても緊張する瞬間であり、ドキドキする。ほぼ”Case of HIMURO”の流れで曲はすすんでいくが、昔からのファンにとっては懐かしい曲が続き、嬉しい流れだとおもう。久しぶりに聴く「MEMORIES OF BLUE」は氷室も当時とても大切にしていた曲と紹介しているが、このツアーで改めて名曲だと気づかされた。私にとっても大切にしたい曲となった。中盤では新しいアルバムから数曲し、新たな試みのラップ調の新鮮な曲たちを聴かせてくれ、かなりテンションがあがる。ファンが楽しんでいるのはあたりまえだが、氷室自身もかなり楽しんでいるようで、見ていても気持ちがいい。
そして、私自身で一番嬉しかった出来事が「NO MORE FICTION」の時に私に向かってペットボトルが飛んできたこと!しかし争いの結果、隣の友達に奪われてしまった。。でも、その友達よりも先にペットボトルに口をつけて飲んだこと、それだけで十分満足!!(笑)。そこで一段とテンションが上がり、ANGELまで一気に加速し燃えつきた。
アンコール前のMCで氷室は『長いツアーやってきて、すげぇ〜いいバンドで、明日で終わるのがめちゃくちゃ寂しい・・・』と言っていたが、このツアーでとても充実した日々を過ごしてきたんだろう。ツアーのタイトルどおりに氷室は”HIGHER THAN HEAVEN”を感じることができたんだろうなと思った。

2日目C5ブロック。肉眼では殆ど見えない距離だが、センターでステージ全体をみることができる席だった。氷室を近くで見ることはできないが、遠くは遠くなりのよさがあり、ライティングとかステージ全体がめちゃカッコイイのを改めて感じることができる。
最終日だけあってか、いつもより氷室がかなり飛ばしており、気合が入っていた気がする。遠くからでもビシビシ気迫が伝わってきたライブだった。それは「ANGEL」での『聴こえるかい!?この鼓動が!!!』のマイクの胸あて、股間あて(笑)でも感じることができた。

そして、何と言っても伝説にもなるだろう感動のアンコール。。アンコール前での感動のMC・・・
『今年はCase of HIMUROっつうスペシャルライブから始まって、ずっと38本のHIGHER THAN HEAVENっつうツアーをやってきたけど、俺はテレビ番組とか、歌番組とか、ラジオや雑誌にでてなんかの期待の仕事を全然やらずにずっと、LAでただ黙々と自分のペースで音楽を作っているだけなのに、こうやって・・・』
・・・で涙につまり、袖にはいった。そして再度登場して、
『とくにかく、すげぇ〜感謝してます!』
そして、アンコール1曲目の「CLOUDY HEART」の途中でも氷室は涙を止めることができず、歌えなくなった・・・。そして、ファンからの氷室コールが凄く、ファンのみんなの大合唱!これにはかなり感動ものだった。この氷室の涙がすべてを語っており、ファンへの愛情がとても身近に感じられた瞬間だった。

氷室の涙をみて、余計に切なくなり、寂しくなったけど、ラスト代々木で過ごした時間は本当に宝物になった。愛と感動をありがとう!
そして、このツアーでたくさんの氷室ファンに出会え、同じ時間を共有できたことにも感謝したい。 長いツアーお疲れさまでした。次に会えるときまで、おやすみ・・・。
  
  

トラック    yoyogi