前のページ 次のページ

目次 > ゲーム制作ガイド

ゲーム制作ガイド − 画面デザインの構築1

AVGの標準的な画面構成について

一般的な画面構成

もっとも一般的で作りやすいAVGの画面デザインです。中央より少し上寄りにゲームグラフィック、下部にメッセージ表示用の枠を配置しています。メッセージ表示部は選択肢の表示にも使用します。

フルスクリーングラフィックタイプ

基本から発展して、画面全体にグラフィックを表示するタイプです。メッセージ表示部はグラフィックに重ね合わせて表示しますが、その背景にある画像を変更すると消えてしまうため、そのたびに表示し直す必要があります。

サウンドノベルタイプ

フルスクリーングラフィックタイプと似ていますがメッセージ表示枠を表示せず、メッセージは画面全体に表示させます。しかし、普通の画像の上に文字を重ねると文字が非常に読みにくくなりますので、表示の際には画面全体を暗くするなどの配慮が必要です。

スクリーンポイントタイプ

フルスクリーングラフィックタイプと同様の画面ですが、文字による選択肢を使用せず、画面の一部をクリックすることによって選択をします。 これらの画面スタイルは単独で使っても良いですが、場面ごとに使い分けるなどして複数のタイプを使用することもできます。

関連項目

−なし−