前のページ 次のページ

目次 > ゲーム制作ガイド

ゲーム制作ガイド − メッセージの表示(基本編)

コマンドの入力

では、基本操作からゲームの実行までを軽く試してみましょう。

コミックメーカーを起動した直後には、新規作成状態になっています。今後の作業をやりやすくするため、一度ファイルを保存しておきます。

作成するゲームごとに別々のフォルダを作り、その中に保存することをおすすめします。

コマンドリストで「注釈」行が選択されていることを確認して、コマンド選択ウィンドウの「メッセージ表示」を選択してください。

メッセージ表示コマンドの入力画面が表示されます。

(1)の部分に表示したいメッセージを入力します。ここでは”メッセージ表示テスト”とでも記述しておくことにします(もちろん他の文章でもかまいません)

(2)の部分に、表示する文字の大きさと色を設定する項目があります。とりあえず大きさはこのままで、色を黒に変更しておきましょう。理由は後で述べます。

最後に(3)の「コマンド実行後にキー入力を待つ」をチェックして確定します。

「コマンド実行後にキー入力を待つ」にチェックを入れない場合、コミックプレーヤーはすぐに「メッセージ表示コマンド」の実行を終え、次のコマンドに移ろうとします。しかし今回はコマンドリストに続きのコマンドを入力しないため、そのままプレーヤーが終了してしまいます。どのようになるかは自分で試してみてください。

コミックプレーヤーの実行

コミックメーカーのメニューから[ファイル|プレーヤーの実行]を選択します。

左のようなウィンドウが表示され、左上に先ほど入力したメッセージと”▼”記号が表示されます。(先ほど文字色を変更したのはデフォルト状態で背景が白色なため、文字色が同色だと見えなくなってしまうからです)

”▼”記号の点滅はマウスまたはキーボードの入力を待っている状態であることを示しています。

左クリック、またはスペース/リターンキーを押して進めてください。

関連項目

メッセージの表示コマンド