前のページ | 次のページ

title image

オンライン このページの最新版 | ダウンロード | 開発元サイト |

表示位置設定(画像モード)

+ 目次 > 機能一覧 > コマンド一覧 > グラフィックの表示

グラフィックの表示

画面にグラフィックを表示します。

PNG形式の画像ファイルを使用することを推奨しますが、BMP形式と、Susie32プラグインによりサポートされている形式の画像も使用することができます。

ファイルの参照

ファイル名を一覧から選択します。

選択されたファイルがデータディレクトリにない場合はファイルをデータディレクトリ内にコピーします。

このボタンを使うには、コミックファイルを一度セーブする必要があります。

表示効果

画像を表示する際、画面エフェクトをかけます。

【部分】と書かれた表示タイプは部分エフェクトです。

部分エフェクトは表示範囲の中にだけ演出効果を適用します。

透明色を使う

表示するグラフィックの背景色を透明にします。透過色は、画像の左下のドットから取得します。

このオプションは、BMP画像とSusie32プラグイン経由で読み出した画像でのみ有効です。PNG画像には適用されません。

すぐに画面に反映させる

このオプションが設定されていない場合、画面の再描画を行いません。

いくつかの画像を重ね合わせてイメージを作り、一気に表示したい場合、このチェックをはずしてください。

グラフィックの表示:image1.png ←チェックしない
グラフィックの表示:image2.png ←チェックしない
グラフィックの表示:image3.png ←チェックする

表示先ウインドウ

グラフィックを表示するウインドウを選択します。

表示先レイヤー

グラフィックを表示するレイヤーを選択します。

レイヤーの位置を変更する

表示先レイヤーの位置を変更します。レイヤーの位置は「位置設定」ボタンを押して指定してください。

レイヤーの位置を変更しない場合、このコマンドを実行する前に設定されたレイヤー位置に画像を表示します。

関連項目

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida