前のページ | 次のページ

title image

オンライン このページの最新版 | ダウンロード | 開発元サイト |

+ 目次 > 機能一覧 > コマンド一覧 > レイヤーの制御

レイヤーの制御

レイヤーの設定を操作します。

このコマンドで制御できるレイヤーはユーザーレイヤーのみです。システムレイヤーやダイナミックレイヤーは制御できません。

対象レイヤー

設定を変更するユーザーレイヤーの名前を指定します。

すぐに画面に反映させる

このオプションが設定されていない場合、画面の再描画を行いません。

複数のレイヤーの設定を変更して、変更した結果を一気に画面に反映させたい場合、このチェックを外してください。

レイヤーの制御:レイヤー1を表示します ←チェックしない
レイヤーの制御:レイヤー2を表示します ←チェックしない
レイヤーの制御:レイヤー3を表示します ←チェックする

レイヤーの表示設定

このタブではレイヤーの表示に関する設定を変更できます。

設定を変更したい項目のチェックボックスをチェックして設定項目を入力してください。チェックされていない設定項目は変更せず、以前に設定された内容を維持します。

表示状態を切り替える

レイヤーの表示/非表示を切り替えます。

表示内容を変更する

レイヤーに表示されているイメージを変更します。

「表示内容の消去」を選択した場合はレイヤー内のイメージが消去されます。

レイヤーの位置設定

このタブではレイヤーの位置やサイズに関する設定を変更できます。

設定を変更したい項目のチェックボックスをチェックして設定項目を入力してください。チェックされていない設定項目は変更せず、以前に設定された内容を維持します。

レイヤー位置を変更する

レイヤーの位置を変更します。設定する値はウィンドウの左上を基準としたX座標とY座標です。

設定値には数値変数を使用することもできます。指定する値は、画面外の座標であってもエラーにはなりません。

レイヤーサイズを変更する

レイヤーの表示サイズを変更します。設定値には数値変数を使用することもできます。

レイヤーにイメージを読み込んだ状態でサイズを変更しても、イメージは保持されます。ゼロ以下の値や、イメージより大きいサイズを指定した場合、イメージサイズに自動変更されます。

イメージを保持していない状態で、ゼロ以下の値を指定した場合は、画面と同じサイズに変更されます。

表示範囲内の表示位置を設定する

レイヤーが保持している画像データが、レイヤーサイズよりも小さい場合に、レイヤー位置に表示される画像の「部分」を指定する座標を変更します。設定値には数値変数を使用することもできます。

レイヤーサイズより大きい画像データを保持している場合のみ有効です。そうでない場合は設定値は無視されます。

関連項目

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida