前のページ | 次のページ

title image

オンライン このページの最新版 | ダウンロード | 開発元サイト |

+ 目次 > ゲーム制作ガイド > ダイナミックレイヤー(イメージ)

ゲーム制作ガイド − ダイナミックレイヤー(イメージ)

前の章で解説したダイナミックレイヤーの応用法として、画面上に選択(クリック)可能な画像を作る方法を解説します。

画面に、ボタンやアイコンを表示するときなどに使用できます。

イメージを作成する

まず、表示に使う画像ファイルを用意します。

サンプル画像

ここでは、表示する画像に"sample_button.png"を使用します。(右にある画像)

この画像は、円形のボタンのイメージです。2つの画像を上下方向に繋げてあります。このように画像を繋ぎ合わせて使用する方法については後述します。


イメージスタイルのダイナミックレイヤーを作る

まず、コマンドリストからダイナミックレイヤーの作成コマンドを選択して、コマンドの入力画面を表示します。

次に描画スタイルを「イメージ」に変更します。描画スタイルを変更するとダイアログ上部に「イメージ」タブが表示され、イメージスタイルの設定が行えるようになります。

「イメージ」タブを選択して、先程用意した画像ファイルを指定します。

用意されているサンプル画像(sample_button.png)には、上下方向に2つのイメージが含まれていますので、画像を分割して状況に応じて変化させるようにします。

「イメージ2」タブを選択して、「画像を分割する」をチェックし、分割数を「2分割」に設定してください。

分割数を指定すると、各状態(無効状態、通常状態、フォーカス状態)で、どのイメージを使用するかを選択できるようになります。ここではフォーカス時(マウスカーソルがエリア上にある時)は2、それ以外は1番目のイメージを使用するように指定します。

「クリッカブル」タブを選択して「不透過部分のみ有効」をチェックします。

次に、移動する先のブック名、ページ名を指定します。

最後に再び「基本設定」タブを開いて、表示先のウィンドウと、位置を入力します。

必要な数のダイナミックレイヤーを作成したら、しばらく待つコマンドを使用してユーザーの入力を待つようにしてください。

ダイナミックレイヤーの作成:移動先は「スタートブック」「ページ1」
ダイナミックレイヤーの作成:移動先は「スタートブック」「ページ2」
ダイナミックレイヤーの作成:移動先は「スタートブック」「ページ3」
クリッカブル領域をクリックされるまで待つ

実際に実行して、正しく動作しているか確認してみてください。

関連項目

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida