前のページ | 次のページ

title image

オンライン このページの最新版 | ダウンロード | 開発元サイト |

+ 目次 > ゲーム制作ガイド > グラフィックの表示(応用編)

ゲーム制作ガイド − グラフィックの表示(応用編)

基本編の内容を踏まえた上で、実際にグラフィックを扱うときのテクニックを解説します。

レイヤーを作成する

コミックメーカーでは、画面表示システムにレイヤー構造を採用しております。

レイヤー構造とは、右図のように画面を積層構造に分割したものです。分割された1枚1枚のイメージを「レイヤー」と呼び、実際の画面には、全てのレイヤーのイメージを重ね合わせて表示されます。

ゲームでは、背景となる画像の上に、人物の画像を複数重ねたり、ポップアップや吹き出しなど、一時的に表示される画像を使うことがあります。

このような場合にレイヤー機能を使用すると、部分的な画像の表示や消去、画像の移動などをかんたんに行うことができます。

コミックメーカーでは、一部の特殊なレイヤー(システムレイヤー)は最初から作成されていますが、ユーザーが自由に使えるレイヤー(ユーザーレイヤー)は自分で作成しないと使えません。

「オプションメニュー」の「レイヤーの設定」を選択して、レイヤーの設定を行います。

レイヤーの設定画面で「新規追加」ボタンを押して、追加するレイヤーの名前を入力します。

今回はこのレイヤーにキャラクターの画像を表示させますので「キャラクター」と名前をつけておくことにします。

レイヤーを使用した画像表示

レイヤー機能は複数の画像を重ね合わせて表示するときに効果を発揮します。

サンプル画像 まず、表示先レイヤーを「背景レイヤー」に設定して背景となる画像を表示しましょう。ここでは、背景画像に"sample_back_tile.png"を使用します。(右にある画像)

コミックメーカーで、グラフィックの表示コマンドを入力します。

表示先のレイヤーを「背景レイヤー」に設定し、画像ファイル名に上記画像を設定します。

サンプル画像 次に、背景の上に重ね合わせるキャラクターの画像を表示します。ここでは、キャラクター画像に"sample_ren_grow.png"を使用します。(右にある画像)

コミックメーカーで、グラフィックの表示コマンドを入力します。

表示先のレイヤーを「キャラクター」に設定し、画像ファイル名に上記画像(sample_ren_grow.png)を設定します。

グラフィックの表示:sample_back_tile.png
グラフィックの表示:sample_ren_grow.png
マウスがクリックされるまで待つ

コミックファイルの実行

重ね合わせたグラフィックが表示されます。

関連項目

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida