前のページ | 次のページ

title image

オンライン このページの最新版 | ダウンロード | 開発元サイト |

システムレイヤー / ダイナミックレイヤーとは

+ 目次 > 機能一覧 > レイヤーとは

レイヤーとは

コミックメーカー3では、画面表示機能にレイヤー構造を採用しております。

レイヤー構造とは、左図のように画面を積層構造に分割したものです。分割された1枚1枚のイメージを「レイヤー」と呼びます。

実際の画面には、全てのレイヤーのイメージを重ね合わせて表示されます。このように画面イメージを個々の要素に分解することによって、画面上の特定の要素(イメージ)だけを消去したり、イメージを入れ替えることが容易にできます。

コミックメーカー3で使えるレイヤーには、ユーザーレイヤー、システムレイヤーダイナミックレイヤーの3種類があります。

一般的な画像表示やメッセージ表示には、ユーザーレイヤーを使用するようにしてください。

システムレイヤーとは

ダイナミックレイヤーとは

コミックメーカー3のレイヤー構成

コミックメーカー3の画面は上記のようなレイヤー階層によって構成されています。

レイヤー階層図は、上の方がユーザーから見て表層になります。つまり、レイヤーの不透過エリア(表示される部分)が同じ位置に重なった場合、レイヤー階層図の下にあるレイヤーは、上にあるレイヤーによって覆い隠されます。

表示スクリーン これは実際にはレイヤーではありません。ここに表示される内容が実際のスクリーンに表示されています。
バックバッファ 表示スクリーンに表示されているイメージを実際に保持しています。
エフェクトワークエリア スクリーンエフェクトを実行する時に一時的に作成されます。スクリーンエフェクトはこのレイヤーとバックバッファの間で合成されて作られます。
ダイナミックレイヤー 実行中に増減させたり、アニメーションやマウスイベントの応答など、ダイナミックな動作をすることができるレイヤーです。
詳しくはダイナミックレイヤーとはを参照してください。
テキストエフェクトワークエリア メッセージ表示エフェクトを実行する時に一時的に作成されます。メッセージ表示エフェクトはこのレイヤーとレイヤーキャッシュの間で合成されて作られます。
レイヤーキャッシュ このレイヤーより下の階層(ユーザーレイヤーなど)の合成イメージを保持します。これにより、このレイヤーより上の階層で表示内容が変更され画面の更新が発生したとき画像処理の計算量を減らすことができます。
テキストレイヤー システムレイヤーとはを参照してください。
ユーザーレイヤー ユーザーが自由に定義し、使用することができるレイヤーです。画像やテキストの表示に使用します。
背景レイヤー システムレイヤーとはを参照してください。
背景イメージ レイヤー階層の最下層に位置し、他の全てのレイヤーの基準として動作します。
レガシーモードのときは通常描画エリアになります。通常モードでは何もしません。

関連項目

−なし−

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida