前のページ | 次のページ

title image

オンライン このページの最新版 | ダウンロード | 開発元サイト |

+ 目次 > はじめに > ゲームを作ってみよう

ゲームを作ってみよう

ゲームなどの作品を作るには、いくつかの作業が必要になります。ここではどんな作業が必要かをかんたんに順を追って見ていきましょう。

Step.1 まずは構想を練る

どんなストーリーにするか、どんな内容にするかを頭の中でイメージして全体像を作りましょう。

Step.2 物語のあらすじをノートに書く

ストーリーの大まかな進行をノートなどに書いて、まとめておきます。

書き方はどんな感じでも構いません。箇条書きなどの書きやすい形式や簡単な絵を使っても良いでしょう。

Step.3 チャートを書く

ストーリーの流れをチャート(流れ図)に直します。この時に、人物のセリフや、ラフスケッチなど、細かい所まで描き記しておくようにしましょう。

Step.4 グラフィックを描く

紙に描いた絵をスキャナで取り込み、ペイントソフトなどで修正、彩色します。背景画像などにはデジタルカメラで写した写真を使ってもいいでしょう。

下絵をもとにタブレットやマウスを使って修正するという手法がよく使われますが、簡単な絵であればマウスだけでも描くことができます。

Step.5 音楽や効果音を作る

場面に合った効果音やBGMを取り入れるのは、作品を演出する上で大きな効果があります。

コミックメーカーでは、MIDIファイルやWAVEファイルを使ってメロディ再生をすることができます。MIDIファイルの作成は少々難しいかもしれませんが、WAVEファイルはマイクやLine in端子からメディアプレイヤーなどを使って録音できますので比較的安易でしょう。

また、無料または安価で入手できるゲーム用の素材集を使うという方法もあります。

Step.6 実際に入力しよう

コミックメーカーを使ってコンピュータに入力します。Step.3で作ったチャートを見ながら、シナリオの流れにしたがって入力していけばOKです。

Step.7 作ったものを動かしてみよう

作ったゲームはすぐに実行することができます。全部入力していなくてもある程度作ったところで試しに実行してみてください。

もしもストーリーのつながりや、画面の変化、音楽などにおかしなところがあったら、コミックメーカーを起動して動作がおかしくなったところを探してみてください。

このように、実行と訂正を繰り返すことによって、より質の高い作品が完成します。

おわりに

このマニュアルのゲーム制作ガイドでは、コミックメーカーを実際に操作しながら、ゲームの作成手順についてレクチャーしています。

初めてゲーム制作にチャレンジされる方はゲーム制作ガイドのステップを1つずつクリアしてみてください。1つ1つのステップでは覚えることが少なくてすみますので、順を追って行けば無理なく作成法を習得できると思います。

関連項目

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida