前のページ | 次のページ

title image

ホーム | トップ | 掲示板 | FAQ | 検索 | サイト情報 | リンク

+ ホーム > トップ > コミックメーカー > コミックメーカー2 ドキュメント > csf reference

コミックメーカー2 csf(comic script file) Reference

コミックスクリプトファイル(拡張子"csf"、以下"コミックファイル"と表記) の構造を解説します。

コミックファイルは、コミックメーカーで制作するゲームのデータファイルですが、その内容はスクリプトを記述したテキストファイルであるため、通常のテキストエディタでの修正が可能です。

ブロック構造

コミックファイルは、「ブロック」と呼ばれる単位で管理されています。

ブロックには、ヘッダブロック、ブックブロック、ページブロックの3種類があり、それぞれのブロックは「ブロック開始コード」と「ブロック終端コード」によって囲まれています。
ブロック開始コード
 <ブロックの種類="ブロック名">

ブロック終端コード
 <ブロックの種類 End>

各ブロックの開始コードと終端コードは、必ず対になるように記述しなければなりません。

ヘッダブロック

ヘッダブロックは、コミックファイルに関する設定情報を記録しています。
ヘッダブロックは、
<Head="ヘッダ名">
<Head End>
で囲まれたブロックで、ブロック内には
エントリー名=値
の形式で、情報を記述します。

コミックメーカー/プレーヤーが参照した際、ヘッダブロックがなかった場合やエントリー名が見つからなかった場合は、自動的にデフォルト値が補われます。

ブックブロック

ブックブロックは、「ブック」の範囲を識別するためのブロックで、ページブロックの保持に使われます。
ブックブロックは、
<Book="ブック名">
<Book End>
で囲む形で記述します。

ページブロック

ページブロックはコマンドリストを保持するためのブロックで、ブックブロックの中に記述します。
ページブロックは
<Page="ページ名">
<Page End>
で囲む形で記述します。

コミックヘッダ

コミックファイルの基本設定とメインウインドウの設定を保持します。

コミックメーカーの「システム設定」と「ウインドウ設定|メインウインドウ」の内容が反映されます。

ヘッダ名 : Comic

注:背景に色の付いている項目はコミックメーカーから設定できないもの

エントリー名 デフォルト値 説明
FileType ICM95 コミックファイルの種類を識別する
ICM95以外の値が指定されていると、読み込み時に警告する
CmdVer コマンドバージョン
StartBook スタートブック 最初に実行するブック名
StartPage スタートページ 最初に実行するページ名
MciMusic AutoSelect 音楽の演奏に使われるMCIデバイス
AutoSelect/Sequencer/WaveAudio のいずれかを指定する
MciSound AutoSelect 効果音の再生に使われるMCIデバイス
AutoSelect/Sequencer/WaveAudio のいずれかを指定する
SelectChange 0 選択肢の表示コマンドで選択位置を表示する
表示する場合は1,しない場合は0
ShowKeyWaitChar 0 メッセージの表示コマンドで入力待ちカーソルを表示
表示する場合は1,しない場合は0
Copyright Comic Maker User コミックファイルの作者名
Title Interactive Comic Player タイトル
Opening Default オープニンググラフィック
ファイル名、又はDefaultと記述
Document ユーザードキュメント
ファイル名、又は空文字列を記述
SaveFile Default セーブファイル名
ファイル名、又はDefaultと記述
RandomFlagMax 1000 「@乱数」で取得される値の上限値
MouseCursorNormal Default 通常モード時のマウスカーソル
ファイル名、又はDefaultと記述
MouseCursorKeyWait Default キー入力待ちのマウスカーソル
ファイル名、又はDefaultと記述
MouseCursorTimeCount Default 制限時間カウント中のマウスカーソル
ファイル名、又はDefaultと記述
MouseCursorClickAble Default クリッカブル領域内のマウスカーソル
ファイル名、又はDefaultと記述
DataDirectory データディレクトリ名
MsgLineWaitNormal 300 一行ずつ表示−表示速度標準のときに一行表示ごとに入れるウエイトの値(1/1000秒単位)
MsgLineWaitFast 60 一行ずつ表示−表示速度高速のときに一行表示ごとに入れるウエイトの値(1/1000秒単位)
MsgLineWaitSlow 500 一行ずつ表示−表示速度低速のときに一行表示ごとに入れるウエイトの値(1/1000秒単位)
MsgCharWaitNormal 60 一文字ずつ表示−表示速度標準のときに一文字表示ごとに入れるウエイトの値(1/1000秒単位)
MsgCharWaitFast 20 一文字ずつ表示−表示速度高速のときに一文字表示ごとに入れるウエイトの値(1/1000秒単位)
MsgCharWaitSlow 120 一文字ずつ表示−表示速度低速のときに一文字表示ごとに入れるウエイトの値(1/1000秒単位)
FontName MS Pゴシック フォント名
FontTypeBold 1 太字
FontTypeItalic 0 イタリック体
FontTypeShadow 1 影付き文字
FontTypeShadowColor clSilver 文字の影の色
ImageWidth 640 画面サイズ(横幅)
ImageHeight 480 画面サイズ(縦幅)

ウインドウヘッダ

各ウインドウの設定情報を記述します

ウインドウ名 メッセージ セレクト ユーザー1 ユーザー2 ユーザー3
ヘッダ名 MessageWindow SelectWindow UserWindow1 UserWindow2 UserWindow3

エントリー名 デフォルト値 説明
FontName MS Pゴシック フォント名
FontTypeBold 1 太字
FontTypeItalic 0 イタリック体
FontTypeShadow 1 影付き文字
FontTypeShadowColor clSilver 文字の影の色
ImageWidth 640 画面サイズ(横幅)
ImageHeight 480 画面サイズ(縦幅)
RelativeToMainX メインウインドウに対する相対座標(X)
RelativeToMainY メインウインドウに対する相対座標(Y)
TitleBar 1 タイトルバーの表示有無
表示する場合は1,しない場合は0

変数定義ヘッダ

数値変数/文字列変数の名前と初期値を設定します。

数値変数
ヘッダ名 : ValueFlag

文字列変数
ヘッダ名 : StringFlag

変数名=初期値
の形式で各ヘッダブロック内に記述する

コマンド

全てのコマンドはページブロックの中に記述されます。

コマンドの記述は、
コマンド名[1文字以上のスペース]パラメータ,パラメータ,・・・,パラメータ,[オプションパラメータ]
の形式で記述し、パラメータやオプションパラメータは省略もできます。

コマンドの途中で改行してはいけません。

パラメータとオプションパラメータは、ダブルクォーテーション(")で囲みます(パラメータが数値の場合は省くことができます)

オプションパラメータ

オプションパラメータには、コミックメーカーの「コマンドオプション」で設定した内容が記述されます。全てのコマンドがオプションパラメータを保持していますが、コマンドによっては実行時に無視されます。

オプションパラメータはコマンド構文の一番最後に記述します。

各コマンド自体が持つパラメータと区別するため、オプションパラメータは
"/オプションパラメータ名:値"
の形式で記述します。

オプションパラメータ名 説明
IF %変数名%[演算子]値
%変数名%[演算子]%変数名%
数値変数の値によってコマンドの実行を制御する
演算子には以下のものが使える
==,<=,>=,<<,>>
IFS %変数名%[演算子]値
%変数名%[演算子]%変数名%
文字列変数の値によってコマンドの実行を制御する
演算子には以下のものが使える
==,<-
POS X1,Y1,X2,Y2 画像やテキストなどの表示範囲を指定する
COLOR 色の名前 表示色や透過色などの指定
SIZE 数値 表示する文字のサイズ
WIN 1から5までの数値 表示するウインドウの種別
1:メッセージウインドウ
2:セレクトウインドウ
3:ユーザーウインドウ1
4:ユーザーウインドウ2
5:ユーザーウインドウ3
TIME 数値 コマンドの実行に時間制限を加える
タイマーゲージを表示する
TIMEHIDE 数値 コマンドの実行に時間制限を加える
タイマーゲージを表示しない
TIMEと同時には使用できない

メッセージ表示コマンド

記述するコード 説明
コマンド名 MsgDlg
第1パラメータ テキスト 表示するメッセージ
第2パラメータ 0 or 1 表示モード
0:一時的に表示
1:通常描画
第3パラメータ None
KeyWait
Line-KeyWait
Line-Scroll
Char-KeyWait
Char-Scroll
表示効果
第4パラメータ Normal
Fast
Slow
表示速度
第5パラメータ 0 or 1 改行毎にキー入力を待つ
第6パラメータ 0 or 1 コマンド実行後にキー入力を待つ
第7パラメータ 0 or 1 クリッカブル領域を有効にする

グラフィック表示コマンド

記述するコード 説明
コマンド名 Graphic
第1パラメータ ファイル名 表示するファイル名
第2パラメータ 数値 画像内の表示部分を指定する、左側の座標(X座標)
第3パラメータ 数値 画像内の表示部分を指定する、上側の座標(Y座標)
第4パラメータ 0 or 1 透過色の使用有無
第5パラメータ 0 or 1 すぐに画面に反映させる
第6パラメータ None
FadeIn
LeftTo
TopTo
RndPanel
Mosaic
Wave
ZoomUp
ZoomDown
Blind
Square
FadeInSect
LeftToSect
TopToSect
RndPanelSect
MosaicSect
WaveSect
ZoomUpSect
ZoomDownSect
表示エフェクト
第7パラメータ 0 or 1 指定範囲に合わせてサイズを調整
第8パラメータ 0 or 1 半透過モード
第9パラメータ 0 or 1 透過色の自動設定
※これが0の場合オプションパラメータ"COLOR"で透過色を指定する(非推奨)

音楽演奏コマンド

記述するコード 説明
コマンド名 Music
第1パラメータ ファイル名 演奏するファイル名
第2パラメータ 数値 ループ回数
0 : 無制限

効果音再生コマンド

記述するコード 説明
コマンド名 Sound
第1パラメータ ファイル名 演奏するファイル名

音楽を停止する

記述するコード 説明
コマンド名 MusicStop

しばらく待つ

記述するコード 説明
コマンド名 WaitTime
第1パラメータ 数値 待ち時間(1/1000秒単位)

フラグの操作

記述するコード 説明
コマンド名 FlagCtrl
第1パラメータ 数値変数名 フラグ操作する変数の名前
第2パラメータ 1から3までの数値 操作方法
0 : ON
1 : OFF
2 : 反転

選択肢の表示

記述するコード 説明
コマンド名 SelectDlg
奇数パラメータ テキスト 表示する選択肢
偶数パラメータ $ページ名$ 移動先のページ

ページの移動

記述するコード 説明
コマンド名 PageJump
第1パラメータ ブック名 移動先のブック名
第2パラメータ ページ名 移動先のページ名
第3パラメータ 0 移動先のコマンドインデックス

マウスの入力を待つ

記述するコード 説明
コマンド名 MouseClick
第1パラメータ 0 or 1 クリッカブル領域のみ有効

数値変数の制御

記述するコード 説明
コマンド名 ValueCtrl
第1パラメータ %数値変数名% 代入先の数値変数
第2パラメータ 1から5までの数値 1 : 足し算
2 : 引き算
3 : 乗算
4 : 除算
5 : 余剰
第3パラメータ %数値変数名% 計算用の数値変数1
第4パラメータ %数値変数名% 計算用の数値変数2

文字列変数の制御

記述するコード 説明
コマンド名 StringCtrl
第1パラメータ $文字列変数名$ 代入先の文字列変数
第2パラメータ テキスト 代入する文字列

クリッカブル領域の定義

記述するコード 説明
コマンド名 ClickAble
第1パラメータ ブック名 移動先のブック名
第2パラメータ ページ名 移動先のページ名
第3パラメータ ファイル名 表示する画像ファイル
第4パラメータ 1から3の数値 画像の分割数
第5パラメータ 0 or 1 選択時に対象ウィンドウのクリッカブル領域を全て消去
第6パラメータ 0 or 1 マウスカーソルを変化させる
第7パラメータ 0 or 1 サブルーチンコール

クリッカブル領域のクリア

記述するコード 説明
コマンド名 ClickAbleClear

文字列の入力

記述するコード 説明
コマンド名 StrInput
第1パラメータ テキスト タイトル
第2パラメータ テキスト メッセージ
第3パラメータ $文字列変数名$ 代入先の文字列変数

ウインドウの表示/消去

記述するコード 説明
コマンド名 WindowShow
第1パラメータ 0 or 1 0 : 消去
1 : 表示

システムコマンド

記述するコード 説明
コマンド名 System
第1パラメータ AllDataSave
AllDataLoad
ValDataSave
ValDataLoad
StrDataSave
StrDataLoad
Call
Return
MenuCtrl
SaveNameSet
システムコマンドの種別
第2パラメータ 文字列 システムコマンド第1パラメータ
第3パラメータ 文字列 システムコマンド第2パラメータ

関連項目

−なし−

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida