前のページ | 次のページ

title image

ホーム | トップ | 掲示板 | FAQ | 検索 | サイト情報 | リンク

+ ホーム > トップ > コミックメーカー > コミックメーカー3 機能削減案

コミックメーカー3 機能削減案

コミックメーカー3の正式リリースが予定よりかなり遅れていることはお気づきかと思いますが、このまま開発を進めるとさらに1年くらいかかりそうな状態です。

この原因の一端には、コミックメーカー3がコミックメーカー2とできる限りの互換性を確保しようとしたことがあり、コミックメーカー2で6年もかけて少しずつ追加していった機能の全てを初期リリースで実装しようとしていることにあります。

そのため、当初の方針を変更して、コミックメーカー2から引き継ぐ機能について大幅な機能削減を行いたいと思います。

機能削減を行うと、コミックメーカー2との互換性に少なからず問題が起こりますので、ここで削減案を提示してご意見を募集したいと思います。対象者は現在コミックメーカー2でゲームを作成し(作成中も含む)、コミックメーカー3への移行を考えている方です。

ご意見がありましたら、賛成意見でも反対意見でも自由に書き込んで下さい。コミックメーカー3専用の掲示板を用意しました。

ご意見の募集期間は2週間〜1カ月を予定しています(ご意見か寄せられない場合は2週間で締め切ります)

メインウィンドウ以外のウィンドウを実装しない

コミックメーカー2では複数のウィンドウを扱えることを特徴の一つとしていますが、コミックメーカー3ではレイヤー機能の実現によりこの機能の使用頻度が少なくなると予想されます。

また、メインウィンドウとそれ以外のウィンドウで扱いが異なる(メインウィンドウ以外ではレイヤーが使えない)ため、制御や設定が複雑化する要因にもなっています。

影響範囲:
複数ウィンドウを使う全てのゲームの動作に支障を来たします。
対応時期:
対応しない設計に変えると恒久的に対応できなくなります。

インストールパッケージ(.ci)に対応しない

コミックマネージャの改修が間に合いません。コミックプレーヤー3にコミックマネージャ自体を同梱しない方向で検討中です。 (コミックパッケージ(.cp3)はサポートされます。)

同時にアップデートパッケージ(.cu)の対応も遅れます。

影響範囲:
作品の配布方法に制限が出ます。
対応時期:
バージョンアップにて逐次対応

ダイナミックレイヤーからのサブルーチンコール仕様の変更

サブルーチンコールの仕様が変更されて、サブルーチンからの復帰時に、呼び出したときの動作モードまで復元するようになっています。

通常のサブルーチンコールでは影響はありませんが、ダイナミックレイヤー(クリッカブル領域)をクリックしたときのサブルーチンコールでは動作に違いが出ます。

この動作の違いはレガシーモードに設定されていても変更されません。

クリッカブル領域はシステムがキー入力待ちモードのときに有効になりますが、

影響範囲:
サブルーチンコール指定されたクリッカブル領域を作成しているゲームで動作が止まる場合があります。
対応時期:
対応しません。

画面エフェクトのいくつかを削除します

画面効果モジュールの実装が進んでいません。現在まだ完成していないエフェクトを非対応とします。対象となるのは、モザイク、ズームアップ、ズームダウンの3つです。

影響範囲:
該当のエフェクトを使用している場合、エフェクト動作しません。
対応時期:
モザイクについてはバージョンアップ対応とします。
ズームアップ、ズームダウンは対応しません。

マウスカーソルの変更機能を削除します

ゲームでは、マウスカーソルの変更してユーザーにフィードバックするインターフェース自体があまり活用されていないように思います。

例外的に、クリック可能範囲のみ、規定のカーソルに変更する機能を対応させる予定です。

影響範囲:
オリジナルマウスカーソルの指定が無効になります。
マウスカーソルの形状からは動作モードが分からなくなります。
対応時期:
対応しません。

VGA(640x480)未満のサイズではセーブ機能を停止します

システムライブラリの仕様上、マルチウィンドウサイズへの対応が難しいため、最低画面サイズを規定する必要があります。

影響範囲:
メインウィンドウサイズをVGA(640x480)未満に設定している全ての作品でセーブ、ロードができません。
対応時期:
ワンタイムセーブ(セーブ箇所が1カ所のみ)に対応することはできますが、バージョンアップ対応とします。

グラフィック表示コマンドで表示範囲に合わせて画像縮小する機能を削除します

レイヤー制御が必要以上に複雑化する上、この機能の使用頻度は少ないと判断していますので対応しません。

影響範囲:
グラフィック表示で表示範囲に合わせて画像縮小している作品で、縮小表示されません。
対応時期:
対応しません。

対応しない非互換問題

以下の問題は対応しないことが確定しています。

関連項目

Copyright (c) 1997-2007 Masaya Hikida