安田記念(2001/06/03)


 
  安田記念  
枠番 馬番 馬名 予想印 着順
ムラ イジ メン クサ ジョ グッ
 
1 1 トロットスター         14
2 ヤマカツスズラン             12
2 3 スティンガー           15
4 ギャラクシーウイン             18
3 5 マチカネキンノホシ             17
6 フェアリーキングプローン       9
4 7 エイシンプレストン     ×     10
8 ジョウテンブレーヴ         13
5 9 タイキブライドル             7
10 ブレイクタイム            
6 11 ビハインドザマスク        
12 アグネスデジタル       11
7 13 アメリカンボス             6
14 シンコウエドワード             4
15 テスタロッサ ×         16
8 16 ダイワカーリアン             8
17 ブラックホーク        
18 メイショウオウドウ ×        
 
 
第九戦 安田記念
馬番 馬名 勝負馬券 押さえ コメント
1 ムラッケ W6-17 \3,000 6-17 \1,000
W6-12 \1,000
6-12 \1,000
1-6 \1,000
6-8 \1,000
6-18 \1,000
W6-15 \1,000
昨年の覇者、フェアリーキングプローンが本命。外国での戦績を見ても安定感高く、昨年の勝利を考慮すれば、混戦のここでも連軸として期待できる。対抗は、思い切ってブラックホーク。少し距離が長い感はあるが、安定感の高い走りは、人気の下がったここは狙い目。ワイドと馬連の両方で勝負。単穴は、昨年のマイルチャンピオンアグネスデジッタル。休み明けの二走目で、実力発揮できれば勝ち負けまで。以下、調子のいいトロットスターとジョウテンブレーブ。元々素質の高いメイショウオウドウ、前走で実力の一端を垣間見せたテスタロッサまで押さえる。
2 イジャイアン 出走回避 出走回避 結婚式出席の為、出走辞退。
3 メンタイダイオー 1-3 \3,000 3-17 \2,000
1-17 \2,000
3-12 \2,000
3-7 \1,000
東京実績No.1、ローテーション、距離適正も抜群のスティンガーが本命。対抗は、もっか4連勝中の短距離のスペシャリスト、トロットスター。単穴は、歳を取ったとはいえ堅実な実績で、この中間も変わらず状態のいいブラックホーク。穴に昨年のマイルチャンピオンのアグネスデジタルと、マイルのスペシャリスト、エイシンプレストンを押さえ。
4 クサーイバフン 出走回避 出走回避 出走回避
6 ジョスイクロス 6-8 \4,000 8-15 \2,000
7-8 \2,000
8-11 \2,000
本命は、ジョウテンブレーヴです。1600〜1800mで連ははずしていないし、鞍上が安勝で期待大です。対抗は、昨年の覇者フェアリーキングプローンです。昨年と同じローテーションできていますし、状態も悪くないらしいし、勝ち負けは出来るでしょう。後は、距離が200m伸びて、面白そうなテスタロッサ、勝ち星の4勝が全てマイルのエイシンプレストン、前走レコード勝ちのビハインドザマスクまで抑えます。
7 グッバイアキコ W6-12 \2,500 W6-18 \1,500
W6-11 \1,500
W12-18 \1,500
W11-12 \1,500
W11-18 \1,500
実績から見て、フェアリーキングプローンがメンバー中最も強いと考えられるので本命。今回トロットスターやジョウテンブレーヴなどの人気になっている馬は、実力が拮抗しているだけに波乱を期待し、思い切って外す。そこで、対抗、単穴には、昨年のマイルチャンピオンシップで好走したアグネスデジタルとメイショウオウドウを抜擢した。ビハインドザマスクは、末脚を生かせる展開になることを予想し、押さえておく。混戦だけに、今回はワイドで勝負。
結果 1着 ブラックホーク
2着 ブレイクタイム
3着 メイショウオウドウ
4着 シンコウエドワード
5着 ビハインドザマスク
馬番連勝 10−17 120600円
 

KEIBAコーナーへ


ムランボ王国ホームへ

2001/07/08更新