『なるこ』第28号 (平成23年5月) 目次

2011.7.16 初掲載


 東日本大震災の地震、津波更には福島原発事故により被害を受けられました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
 今回、時節柄か原稿の集まりも悪いため一時期休刊も考えましたが、皆で話し合い何とか発行することと致しました。そのため難しい内容もあるかと思いますがご了承ください。
                        事務局一同


2801 編集 本多真先生講演『ナルコレプシー:最近の研究進歩』の概要   桑原 正孝

2802 投稿 大震災の思い出                             町田  誠

2803 投稿 私を支えてくれた人々                          K.N.

2804 投稿 「第6回 関東睡眠懇話会」を聴講して                河野 通久

2805 投稿 ナルコと私                                 T.Y.

2806 投稿 我が人生を振返って                           木 村 紘 一

2807 投稿 電話相談(その2)                            川岸 聡子

2808 投稿 大震災とナルコレプシー                         K.I.

2809 投稿 「認定NPO法人」の特典                         河野 通久

2810 投稿 ナルコレプシー近況                            T.T.

2811 投稿 「ナルコと共に人生を語る  第5弾                   白倉 昌夫

2812   閑  話                                     河野 通久


なるこ会会誌総目次 へ戻る





2801 編集 本多真先生講演『ナルコレプシー:最近の研究進歩』の概要   桑原 正孝

 22年度年次総会の前に本多真先生に最近の研究の動向および新聞・インターネットなどのトピックについて講演をしていただきました。
 本多先生は、(財)東京都医学総合研究所 精神医学総合研究所(現:(財)東京都医学総合研究所)において睡眠障害プロジェクトリーダーとして睡眠障害の研究・治療をされておられ、また、当会の顧問をしていただいております。

     ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 ここ1・2年の間にたくさんのさまざまな研究が行われている。
今回は
   (T) ナルコレプシーの病態理解
      (睡眠−覚醒相)不安定モデル
   (U) オレキシン神経消失の原因をめぐって
     (1) 免疫異常に関連する最近の報告
     (2) 神経変性疾患仮説の報告
   (V) その他
     (1) 脂肪酸代謝異常をめぐる報告 追加
     (2) 2010.9.10福島民報の報道
     (3) インフルエンザワクチン
について説明する。

 ナルコレプシーは、急に眠くなる、情動脱力発作がおきる、という大変珍しい病気でありその原因については長い間研究されてきた。最近この病気のメカニズムを比較的うまく説明できる仮説(睡眠覚醒の位相不安定化説)が提唱されたので、まずそれについて説明する。
 次に、10年くらい前にナルコレプシーではオレキシンという神経伝達物質の脱落していることが原因とわかったが、なぜオレキシンが脱落しているのかその理由については分かっていない。免疫異常化説に一致する報告が最近多いので紹介し、神経変性疾患仮説にも言及する。
 その他、昨年の講演会で説明した脂肪酸代謝異常説について追加・補足する。また、福島民報が2010年9月10日に報じたGABAと筋肉の緊張調節との関係についての記事および欧州で8月末にインフルエンザワクチンによりナルコレプシーに罹ったとする報告について説明する。

T.ナルコレプシーの病態理解
 ナルコレプシーは、典型的な過眠症で日本では600人に一人が発症し他国より発症率が高くなっている。 その症状は、強烈な眠気のため居眠りを繰り返し、大学入試、上司と面談中、会食、歩行中でも寝てしまうほどである。
 加えて笑ったり驚いたりすると突然姿勢を支える筋肉の脱力が数秒〜1分程度生じる特徴的な情動脱力発作がある。
 他にも寝入りばなの生々しい悪夢(入眠時幻覚)や金縛り(睡眠麻痺)を体験し、また夜間に何回も目が覚めるなどの症状がある。

1.1 ナルコレプシーの基本障害
 1970年頃に高橋康郎先生がナルコレプシーについて、次の2つの基本的な障害からなることを提唱されている。

(1) 睡眠覚醒の多相化
 赤ちゃんは一日に何回も寝たり起きたりを繰り返しているが、少し大きくなると昼寝をするくらいになり、成長すると一日一回眠る単相性睡眠に移行する。しかしナルコレプシーの場合には目を覚ましている状態および眠っている状態を長く続けることができなくなり一日に何回も睡眠覚醒サイクルを繰り返す。

(2) レム睡眠関連症状
 夢の中では活発に運動していてもベットから落ちることはない。脳が運動をするよう指令を出しても体は反応しないように脳からの指令は通常は遮断され筋肉は弛緩している。しかしナルコレプシーの場合には目を覚ましているときに急にレム睡眠に移行するので本来レム睡眠時のみに現れる筋肉の弛緩が意識のある時に生じ情動脱力発作になったり、起きていると思っているときに夢の症状が入り込むために鮮やかな夢や幻覚などが生ずる。

1.2 睡眠覚醒の調節
 最近の研究の進歩で脳の中に眠らせる脳(睡眠中枢)と眠る脳(覚醒中枢)とがあり、睡眠もエネルギーを使って積極的に脳が脳を眠らせていることがわかってきた。
 睡眠中枢と覚醒中枢とは脳幹部の視床下部にあり相互に抑制している。
起きているときには、覚醒中枢が思考などの高次の機能を持つ大脳皮質を起こす。
 眠っているときには眠っているときだけに活発化する睡眠中枢が、目を覚ます機能を持つ覚醒中枢を抑制し大脳皮質の働きを抑える。ナルコレプシーでは覚醒中枢から覚醒性神経伝達物質であるオレキシンを産生する細胞が抜け落ちている。
 
1.3 ヒト脳でのオレキシン神経細胞変性
 ナルコレプシーでは、視床下部外側野におけるオレキシンmRNAがナルコレプシーではほとんど見られず、オレキシン細胞の数が90%以上抜け落ちている。

1.4 ナルコレプシーの病態モデル
 睡眠中枢と覚醒中枢とは、お互いに相手を抑制している。目覚めている間は眠らせる中枢が抑制され、眠っているときには目を覚まさせる中枢が抑制されている。こうすることで一旦眠ると少々の騒音では目が覚めず続けて眠り続ける。
 その一方目が覚めているときにはちょっと眠いくらいでは眠らずに目を覚まし続けることができる。 この状態はシーソーによりモデル化できる。
 オレキシンは、目覚めている状態を続けるように覚醒スイッチを押している"指"の役目を果たす。
 通常シーソーは睡眠状態または覚醒状態のどちらかで安定していて途中で止まることはない。ナルコレプシーの場合にはオレキシン神経系の機能が低下して睡眠・覚醒が不安定になって睡眠が分断化する。(本項目については後の補足も参照ください)

U. オレキシン神経消失の原因は何か?
2.1 免疫異常仮説
 免疫は本来外部から進入したウィルスや細菌などを殺し体を守る生体防御機能であるが、逆に自分自身を攻撃してしまう場合がある(自己免疫疾患)。
1983年に本多裕先生が、日本人のナルコレプシー患者ではほぼ全員が特別のHLA(白血球の血液型)を持っていることを発表された。
 特定のHLAを持っている既知の疾患(アルツハイマー、慢性関節リュウマチ、T型糖尿病など)はすべて自己免疫疾患であり、ナルコレプシーも免疫異常があるのではないかと考えられた。
本多裕先生の発表以後25年以上研究されてきたが未だに有力な証拠は見つかっていないが、次のような研究が報告されている。
   
(1) ナルコレプシーの自己抗原 Trb2
 ナルコレプシーが自己免疫疾患とすると、攻撃のターゲットとされる分子が体の中にあるはずだが、それが何か判明していなかった。
 2010年2月スイスの研究グループがTrib2 というタンパク質がオレキシン産生細胞にも含まれること、ナルコレプシー患者の2割の人が Trib2 を攻撃する抗体を持つこと、Trib2 特異抗体の強さは、ナルコレプシー発症後初期(2〜3年以内)の人で高い場合が多いことを報告した。
Trib2が攻撃されると、それを含むオレキシン産生細胞もTrib2攻撃の巻き添えとなっている可能性がある。
本多真先生のグループで追試を行ったところ日本人のナルコレプシー患者でも約3割の人が Trib2 を持っていることが確認された。しかし、日本の追試結果では発症経過期間とはほとんど関係なかった。
 Trib2 が何をしているのかはまだよくわかっていない。病気の原因なのか病気になった結果なのか偶然の結果なのか今後の研究を待たねばならない。

(2) 末梢での免疫指標の変化
a)ASO(抗ストレプトリジン 0)抗体
 溶連菌(溶血性連鎖球菌:猩紅熱、扁桃炎、中耳炎などの引き金になる)に感染すると、ASOという溶連菌に対抗する抗体が血液中に生ずる。
 このASOの陽性者(200U以上)の割合をナルコレプシー患者と健常者とを比較すると発症後1年以内、3年以内では有意義にナルコレプシー患者が高い。これは発病契機あるいは発病の結果として、溶連菌感染を伴う場合が多いことを示す。
b)血清中IgG分画
 免疫グロブリンG(IgG)は、免疫系の主役のひとつで、感染症の他、腫瘍、自己免疫疾患などで増加する。 4つの亜型からなる。
 ナルコレプシー患者では免疫グロブリンの亜型のうちIgG2を作る働きがやや弱くなっておりIgG全体としても低い人の割合が多い。

(3) 全ゲノム遺伝子関連解析
(a) 東京大学徳永教授らによる解析(日本人) 2008年
 昨年の講演会でも説明したが、日本人集団における解析によりHLA遺伝子座以外に、22番染色体上に新たなナルコレプシー関連遺伝子CPT1Bが見いだされた。ナルコレプシー患者ではこの酵素の働きが低下していることが確認された。

(b) スタンフォード大 Migot博士らの分析
 スタンフォード大のMigot博士らがHLA遺伝子型を合わせた2000人の対照群を用いて、1800人のナルコレプシー患者とを比較し、14番染色体上のT細胞受容体アルファ遺伝子座TRA@ と関連することを報告した。
 
(c) スイス Tafti 博士らの解析
 14番染色体上のHLA-DQA2に疾患抵抗性遺伝子座(DRB1*1301−DQB1*0603)がある。
このタイプの遺伝子を持っている人は逆にナルコレプシーになりにくいことを示唆している。
日本人ではこのタイプの遺伝子を持っている人がきわめて少なく追試はできなかった。

2.2 神経変性疾患仮説
 アルツハイマー病、パーキンソン病と同じような神経変性疾患により、オレキシン産生細胞だけが死んでいくプロセスがないか確認した。

a)オレキシンとユビキチンの発現分布
 オレキシンを壊す命令分子ユビキチンがたくさんあるはずであるが見つからなかった。
b)オレキシンとGFAPの発現分布
 オレキシン産生細胞が死ぬとその後をGFAPという目印を持ったグリア細胞(アストロサイト)が埋めるはずだがその痕跡がほとんどなかった。

よってオレキシン産生細胞の脱落は神経変性疾患ではないと考えられる。
 
V その他
3.1 脂肪酸代謝関連 その後
 日本人で同定されたナルコレプシー関連遺伝子多型(rs5770917)は、ナルコレプシー近縁の過眠症でも関連が認められた。
 さらに、あらたなナルコレプシー関連候補遺伝子としてSCP2,NFATC2, CACNA1C, TCRA, POLE, FAM3Dが同定された。SCP2は細胞内の脂質運搬にNFATC2はT細胞の転写制御に関係する。
これはナルコレプシー近縁の過眠症でも、免疫系機能異常および脂質代謝異常がある可能性を示唆する

3.2 オレキシンによる筋緊張調節の機構
 9月10日に福島民報が『ギャバ欠乏が原因と解明 ナルコレプシーで小山福大教授グループ』と報道した。この研究自体は2005年に発表されており最新のものではないが、なぜ脱力発作が起きるのかわかりやすく説明している。

 筋の弛緩は脚橋被蓋核にあるAch(アセチルコリン)細胞が制御しておりこの働きが強くなると筋弛緩/脱力発作が生じる。通常は脚橋被蓋核および黒質網様部の抑制性神経細胞であるGABA(ガンマアミノ酪酸)細胞がオレキシン細胞のAch産生細胞を抑制している。このためオレキシンが弱まるとGABAの抑制が弱まり脚橋被蓋核からAchが放出され筋弛緩が起こり情動脱力発作となる。
 Achは神経の興奮を伝える神経伝達物質であり、副交感神経や運動神経の末端から放出され、シナプスを通して神経刺激を伝達する。

3.3 インフルエンザワクチンとナルコレプシーの関連
 2010年8月末にスイス、東欧においてGSK社のアジュバンド入りインフルエンザワクチン接種後2日〜20週で16人がナルコレプシーを発症したという報告があり疫学的に関係があるのか否か調査されている(アジュバンドは免疫を増強させる働きがある)。
 日本ではインフルエンザワクチンが間に合わなかったのでほとんど使われていない。

     以上



     講演会全景




補足  睡眠・覚醒のシーソーモデル




 覚醒中枢が優勢で目が覚めているときは覚醒中枢が睡眠中枢を抑制し、さらにオレキシンが覚醒中枢を補助するので容易に眠ることはない。
睡眠中枢が優勢で眠っているときは、睡眠中枢が覚醒中枢およびオレキシン(産生細胞)を抑制している。
ナルコレプシーの場合にはオレキシンが産生されないため覚醒中枢が長く優勢を保つことができず睡眠覚醒が分断化する。

注:この図は、筆記者(桑原)が自分の理解に基づき書き直したものです。1.4項の図と睡眠覚醒の上下方向が逆になっているので気をつけてください。

24号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2802 投稿 大震災の思い出                             町田  誠

 私が紅顔可憐な?22歳のころでした。もうと言いますか、まだと言いますか、飛行機の整備をするようになって2年が経ち、もう小型機の整備士になって、いっぱしのつもりで張り切って飛行機を飛ばすサインをやっていました。一応航空工業の学校をでたのですから、それで好きでやっているのですから誰にも負けたくありませんでした。
 整備士の資格を取るのにも、当時小型機と言えばアメリカ製セスナ172型が代表的だった4人乗りで、高翼式、6気筒エンジンで実に安定性、機動性、丈夫な傑作機でもって3等整備士の国家試験を取りました。当時の先輩方は太平洋戦争で生き残ったパイロットや空母赤城にのって整備兵としてハワイ真珠湾攻撃に参加したツワモノでしたから、「士」いわゆるサムライの資格を取って一人前だと言われ、得意になっていた頃でした。

 昭和37年に、大阪の伊丹空港に基地があった日東航空に就職し、初めて住む大阪、初めて対面する大阪人に戸惑いながらも、持ち前の人なつっこさで友達も沢山出来ましたし、当時わが社の主力機グラマン・マラードと言うアメリカ製飛行艇の垂直尾翼に寄りかかって眠りながらネジを締めている時に見つかって、「町田は度胸のある奴だ。」と褒められたのか、驚かれたのか、いずれにしても大らかな?いい時代でした。勿論、ナルコレプシーなんていう病気すら解っていなかったのですから、助かった時代でした。初任給は1万円でした。3畳間のアパートでなんとか暮らしていましたから、上司から「お前は東京出身だから、羽田空港の産経新聞航空部へ出向しなさい」と言われて、「ホイホイ」と東京へ帰って参りました。そこで新聞社の取材や活動のための航空部勤務となりました。

 あれは昭和39年(1964)6月16日の昼休みも過ぎて、いつもの通りわが社の飛行機の離陸するのを見守っていますと、クラクラと目まいの様に感じて、地面に座り込みました。 今日はおかしいなと思いながら事務所に向かって歩いている途中、「大変だ。新潟が地震だ。すぐ飛ぶぞ」とパイロットに言われ、急いで戻って、当時高速機(巡航160ノット)といわれた「セスナ310型双発機」(ハヤブサと命名)を取材のため飛立たせました。実は、あの目まいは本当に羽田空港が、東京が地震で揺れたのでした。新潟はマグニチュード7.5の大地震だったのです。死者26人、家屋全壊1,960戸、半壊6,640戸でした。

 明くる日は、セスナ172に5キロ落下傘を着けた号外新聞を載せて、私も新潟に向け離陸しました。天候は快晴でした。巡航100ノット、高度2000mをエンジンの音も快調に、気流も極めて穏やかな飛行です。操縦しないので、私・整備はエンジンの音を聞きながら計器を見ていることぐらいしかありませんから、私はダンダン睡魔が襲ってきます。イヤー・気持ちがいいのって(ナルコの特権?)。仕事的には誰にも文句は言われぬ分業制です。パイロットとは仲良し?ですから、いつものことで許してくれます(・・・お言葉に甘えて)。  しばらく飛ぶと、私が疎開して育った思い出の前橋を右下に見て、高崎観音様を見下ろして、いつも仰ぎ見ていたポインター犬姿の赤城山に挨拶しながら三國峠に入っていきます。そういえば、中学3年の頃には、空を見上げて悠々と飛んで行く飛行機を見ながら、これからは空の時代だなーとなんとなくあこがれていたことを思い出します。そして県境に立ちはだかる壁のような谷川岳を超えると広大な新潟平野が目前にありました。そこに先ず見えたのが遙か彼方の新潟の町の方向に立ち上がる昭和石油コンビナートの黒い煙、まるでノロシです。静かに真直ぐに上にあがる、不気味な黒い煙でした。
 高度を下げながら眼下の状況を見ると、なんと海岸に近いところのコンクリートの県営団地が4,5棟でしょうか見事にゴロンゴロンと転がっています。まるで積み木崩しです。この中で住んでいた人はどうしたのか、心配になりました。こんどは、信濃川に渡っている立派な昭和大橋は、見事に橋げたが落下して、まるでおもちゃの国の模型のようです。
 私たちは、あらかじめ決められていた号外新聞投下地点を名前は忘れましたが、ある小学校をやっと探し出しました。校庭の真ん中に産経新聞の旗が置いてあります。そこに新聞を投下せよという目印です。私は後ろの荷物室に移り荷物室のドアーを外します。
 低空飛行に移り、目前を松林が横切ります。パイロットは「ヨーソロー、ヨーソロー、、イチ,ニイー、サン、テー」で投下です。私は新聞に落下傘を着け、引き出し索を機体に引っ掛けると、テーに合わせて足で新聞を蹴り出します。タイミングが合わないと建物を壊したりしてしまいますから、緊張もします。旋回を繰り返して5,6回もやると気持ちも悪くなってきます。やれやれと投下終了して新潟空港に向かいます。着陸しようと滑走路を見ますと、滑走路がくにゃくにゃと曲がってしまっています 。パイロットは腕がいいのでなんとか着陸できました。空港ビルはなんと一階全てがスッポリと地中に埋まって水浸しです。エプロンもこの液状化現象で冠水してしまいました。町まで行って旅館に泊まりますと、なんと傾いていて、寝ていると体が転がってしまいます。
 新潟国体が一週間ほど前に終了したばかりで、不幸中の幸いでした。この地震では予想以上の流砂現象が見られたらしい。

 この度の3月11日の東日本大震災は、比類なく強力な地震(マグニチユード9.0)と超大型な津波で被災された人々にお悔やみと迅速な復興をお祈りしています。
          完
28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2803 投稿 私を支えてくれた人々                          K.N.

 私がナルコレプシーだと診断されたのは、小学校5年生、当時10歳の時でした。物心ついてから10歳まで勉強も運動も大好きで人一倍健康だった私が、突然よく居眠りをするようになりました。不審に思った母が何件か病院をまわりやっとたどり着いた晴和病院で、今は亡き本多裕先生の診察を受け「ナルコレプシー」だと診断されたのがこの病気との出会いでした。
 10歳の私は、これからは勉強でも運動でも部活でも活躍したい。習い事にもいろいろ挑戦したい。様々なアルバイトをして社会生活を学びたい。留学もして英語を勉強したい。希望の大学に合格して素敵なキャリアウーマンとして活躍していきたい・・・と、頭の中は輝かしい将来の夢と希望で一杯でした。

 そんな私にとって、原因不明で治療法のわからない病気だと診断され、これから数十年、毎日薬を飲み続けなければ健康な人と同じ生活を送ることが難しいと宣告されたことは、あまりにも大きなショックであり、あきらめなければいけないことが多すぎました。
 昼寝などしたことのなかった私が、自分でも気が付かない間に眠ってしまっていたり、脱力発作で力が抜けて食事中に茶碗を落としてしまったり、毎晩悪夢にうなされ幻覚に悩まされたりと、信じられない症状が次々にあらわれ、驚きと悲しみでいっぱいでした。
 案の定、高校では成績がみるみる落ちていき、大学受験はすべて失敗でした。
どうして私だけがこんなにつらい思いをしなければならないのだろうかと神様を恨んだこともありました。私にとって人生初めての挫折だったのです。

 それでもなんとか乗り越えてくることができたのは、もちろん一番の理解者である両親の支えもありましたが、本多先生の本当にきめ細やかな診察に助けられ、なるこ会の方々との交流で励まされたからだと心から感謝しております。
 本多先生は、私の症状や悩みなど、どんな些細なことでも一つ一つ本当に丁寧に聞いてくださいました。すべてを受け止め、ともに考え、うつむいて涙を流してただ暗闇で迷ってばかりの私を導いてくださいました。先生の手書きの厚いカルテは私自身の人生の闘病日記です。

 なるこ会の方々との交流も、私にとっては大きな希望でした。同じような症状の方、同世代の患者さんと薬の飲み方や生活リズムを意見交換したり、周りの人から正しい理解が得られにくい病気とどのように付き合っているのか教えていただくことで、つらいのは自分だけではないんだと思えるようになりました。希望をもって励ましあう仲間ができました。そして、なるこ会の先輩方が生き生きと過ごされているのをみて、自分の明るい未来の姿を想像できるようになった気がします。
 なんでも思うようにならないことを病気のせいにしたり、自分を可哀そうだと嘆くのをやめて、ナルコレプシー患者として生きていくことを心から受け入れることができたのは、二十歳を過ぎたころだった気がします。健康が故に傲慢だった自分を病人として認めることで、初めて世の中には様々な病気で悩んでいる人がいることを本当の意味で知ることができました。

 今もこの瞬間も様々な病気と闘っている方々がいます。そして、その方々を助けてくださっている多くの先生方がいらっしゃいます。
 自分が支えてもらったように、自分にもできることがあれば手を差し伸べたいと思うようになりました。以前とは違い、弱者の立場や少数派の立場を少し理解できるようになったことに今は感謝しています。
今でも昼も夜も欠かさず薬は服用しています。薬をのんでいても、昼は眠気に襲われますし、夜は必ず毎日目が覚めて眠れません。それでもなんとか自分なりに工夫しながら人並みの生活を送ることができるようになりました。

 当時10歳の女の子だった私も、なんとか就職し、結婚し、薬の副作用を恐れながらも出産し、今は一児の母となりました。息子が1歳になったら、職場に復帰して仕事と育児の両立を頑張りたいと思っています。
 私は、今まで身近な人以外にナルコレプシーであることを打ち明けてきませんでした。ナルコレプシーでも、健常者と同じことに挑戦して同じように幸せを掴めるはず!!そんな意地で今まで生きてきたような気がします。しかしその陰でたくさんの人が私を支え、許し、励まし、愛してくれていました。弱者は結構幸せ者かもしれません。

 なかなか時間が取れず、なるこ会の活動に協力できていないことを本当に申し訳なく思っています。いつか恩返しができるように微力ながらお手伝いさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

          終り


28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2804 投稿 「第6回 関東睡眠懇話会」を聴講して                河野 通久

 関東睡眠懇話会は、関東における睡眠障害を研究する諸先生方の学術会議であり、毎年年初に開催されています。今年は第6回目として2.26.(土)に開催されました。
後援は「日本睡眠学会」で、共催は「関東睡眠懇話会」「日本ベーリンガーインゲルハイム(株)」と並んで本多裕先生始め諸先生方のご尽力のお陰で [NPO法人.日本ナルコレプシー協会][RLS患者会]となっています。
 この会の出席者希望者は、予め登録する必要があるため、白倉理事長と河野が出席しました。
以下、どんなテーマがあったかをお示した上で、「直接ナルコレプシーに関わるテーマ」について概略をご紹介します。
 但し、専門家学集団の研究のため、専門的且つ難解なので、間違った理解や説明不十分な個所があろうかと思いますが、ご了承の程をお願いいたします。

 また、当会は1回目から参加して来ましたが、諸般の事情よりスポンサーである「ベーリンガー社」が今回を最後に降りることとなりました。当会にとって「諸先生方へ当会を知って貰えるPRの場」であることを初め、勉強になる大切な会であっただけに残念なことです。
 幸い、この会を牽引して来られた井上雄一先生(代々木クリニック院長)は、次のスポンサーを見つけて何とか続けたいと言われていますので実現を期待している処です。

「プログラム」全体
開会の辞 井上雄一先生(財.神経研究所附属睡眠学センター、代々木睡眠クリニック院長)

一般演題1 座長 内山 真先生 (日本大学)  
 @ナルコレプシー自己抗原Trib2 (本多 真先生、東京都精神医学総合研究所)
 Aナルコレプシーに認められるREM関連症状に関わる微細脳構造異常
     (中村真樹先生。神経研究所付属睡眠学センター)
 Bナルコレプシーの出生月の季節性に関する研究
     (土井百合子先生、国立保健医療科学院)

一般演題2 座長 平田幸一先生 (獨協医科大学)
 C偏頭痛患者におけるレストレスレッグズ症候群の合併頻度と背景因子の研究
     (鈴木紫布先生、獨協医科大学)
 D睡眠センターにおける小児のむずむず脚症候群の診療
     (加藤久美先生、太田睡眠科学センター^)
 E未治療のむずむず脚患者における健康問題QOL尺度、および、これに影響を及ぼす因子の検討
     (内山敬晴先生 北里大学)
 Fレストレスレッグズ症候群の臨床的研究
     (岡 靖哲先生、愛媛大学睡眠医学講座)

一般演題3 座長 山城義広先生 (太田総合病院)
 G若年健康者におけるMSLT睡眠潜時‐7時間睡眠と3時間睡眠(部分睡眠)の比較- 
     (中村由美先生、文京学院大学)
 HActiwatch(MM社)とActigraph(AM社)の睡眠覚醒判定一致率
     (鈴木陽香先生、文京学院大学)
 IPLM出現中の心拍変動(CD法DSA表示の違い) 
     (大木 昇先生、のるぷろライトシステムズ) 
 JFIRST(Ford Insomnia Response Stress Test)日本語版の作成と妥当性・信頼性の検討
     (中島 俊先生、東京医科大学睡眠学講座)

一般演題4 座長 田ケ谷浩邦先生 (北里大学)
 K一般住民における不眠と睡眠に関する不適応的認知、入眠時認知活動      (尾崎章子先生、東邦大学)
 Lゾルビデムまたはブロチゾラム服用患者における不満要因の解析      (細野智美先生、筑波大学病院)
 M閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する新規治療法:舌位置制御装置      (對木 悟先生、神経研究所付属睡眠学センタール)
 Nラメルデオンの使用方法について (中島 亨先生、杏林大学)

シンポジューム  座長 三島和夫先生 (国立精神・神経センター精神保健研究所)
  解説 不眠症に対する認知行動療法の効果 (岡崎 義先生、神経研究所睡眠学センター)
 1.うつ病不眠に対する短期睡眠行動法(bBTi)-無作為割り付け対象試験(RCT)‐  
     (渡辺範雄先生、名古屋市立大学病院)
 2.不眠症に対する集団認知行動療法 
     (山寺 亘先生、東京慈恵会医科大学精神医学講座) 

閉会の辞 井上雄一先生(前記)
懇親会 各先生方との懇親の場で当会2人とも出席

 以上が全体の演題と発表者であり、色々な疾病とその症状につき多くの先生方が熱心に研究されている事が判り有難いことと頭の下がる思いです。
 ナルコレプシーに直接係る発表は「演題1」の3つなので、以下概略を報告します。

@ナルコレプシーの自己抗原Trb2
     本多 真先生 (財団法人.東京都医学研究機構・東京都精神医学総合研究所)
◇背景: ナルコレプシーは、HLA‐DQB1*0602との関連及びT細胞受容体α遺伝子座との関連から、自己免疫機序が病態に関与すると信じられてきたが、その自己抗原は不明であった。最近スイスのTaftiらのグループがtribbles homolog 2(TRIB2)に対する自己抗体の頻度がナルコレプシー症例で増加していることを報告した。
 この知見が人種を超えた疾患特異的に見られるものかを検討するために、(TRIB2に症例に対する自己抗体を)日本人ナルコレプシー症例(患者)で検討した。
◇方法:情動脱力発作を伴うナルコレプシー典型例88例、情動脱力発作を伴わないナルコレプシー非典型例18例、長時間睡眠を伴う特発性過眠症典型例11例、及び健常対象群87例(いずれも日本人)の血清を検討に用いた。健常対象群のうち37例がHLA-DRB1*1501/DQB1*0602陽性であった。
35SでラベルしたTRIB2抗原全長に対する自己抗体の有無を、高感度のラジオリガンド結合法によって検討した。
 また実験対照群としてTRIB3の自己抗体の有無も検討した。
◇結果:TRIB2に対する自己抗体は情動脱力発作を伴う日本人ナルコレプシー症例の26.1%に検出され、健常対象群の2.3%より有意に頻度が高かった。
脳内に発現するTRIB3に対する自己抗体はナルコレプシー症例では稀でありTRIB2に対する抗体価と関連は見られなかった。TRIB2自己抗体の存在と検討した範囲での臨床情報との有意な関連は見いだせなかった。
◇結論:情動脱力発作を伴うナルコレプシーでは特異的にTRIB2への自己抗体頻度が高いことを日本人症例でも確認した。この知見は、情動脱力発作を伴うナルコレプシー症例のなかにTRIB2自己抗体が介在する自己免疫機序によって引き起こされる亜型がありうることを示唆するものである。

(補足説明・・・Wikipedia より引用)
  HLA(Human Leukocyte Antigen の略)とは、
一言でいえば「自と他を認識するマーカー分子」です。(単なる血液型ではない) 当初輸血分野において、白血球抗原(白血球の血液型)として発見されたHLAは、移植抗原と見なされるようになり、今では免疫における三大主要分子(Ig,TCR、MHC)の一つと考えられている。 (HLAの後ろに表示されているのは「型」の番号です。)
   Ig : Immuno‐globulin  免疫グロブリン 
   TCR : T Cell Receptor T細胞受容体
   MHC: Major Hitocompatibility Complex 主要組織適合性抗原複合体
HLAは、ヒトのMHCです。
ヒトMHCは、第6染色体短腕の3400キロペース・340万の塩基対におよぶ長大な領域に展開されており,且、多数の良く似た相同遺伝子が点在し、遺伝子重複という進化の歴史を残している。
HLAは基本的に「自他認識」のマーカー分子として機能しており,他人同士の移植をすると拒絶反応が起こるもとになり、それが組織適合性抗原と呼ばれる所以となっている。
(尚,MHCは原則動物にのみ存在する)
Ig やTCRがリアレンジメント(再構成)で莫大な多様性を現出させる機能を持って居るのに対し、MHCはそれ以前に分化して再構成機能を持たないまま,限られた遺伝子重複と対立遺伝子の多様化を繰り返して進化したと考えられている。(Ig/TCR系とは異なる多様性を獲得して来たと考えられる) また、この対立遺伝子をアリルと呼んでいる。
Ig/TCRがゲノム上に「並列」に多数の遺伝子を置いて,その再構成機能で多様性を獲得したのに対し、MHCは「直列」に遺伝子をおき,そのアリル多様性で限定的に多様性を獲得したものと考えられている。
HLAアリルの多様性の多くが非同義置換(アミノ酸変異を伴う塩基置換)であることが判っており、しかも変異はHLAが抗原ペプチドをその「溝」に埋め込む時に影響する部位に多発している事もIg/TCRとは違い限定的多様性獲得の跡と見られている。

Aナルコレプシーに認められるREM関連症状に関わる微細脳構造異常
     中村 真樹先生  (財団法人神経研究所附属睡眠学センター、東京医科大学)
◇背景:情動脱力発作を伴うナルコレプシー(国際診断基準ICSD2:NA/CA)では右前頭葉領域で神経線維密度を反映されるとされるFA(Fractional Anisotropy)値が低下、右帯状回、脳幹部の白質体積減少、及び、中脳赤核、右視床の体積減少を認めることを以前報告した。このことから,NA/CAの病態として、覚醒維持に関わる前頭部への投射繊維の減少と、脳幹部の睡眠覚醒維持機構の障害、中脳辺縁系回路障害が情動脱力発作に関わる可能性を指摘した。
 今回、情動脱力発作を伴うナルコレプシー(NA/CA)と情動脱力発作を伴わないナルコレプシー(同:NAw/oCA)を対象に、情動脱力発作に関わる脳微細構造異常を検討し、その病態について考察した。
 結果については、画像の解析であるため省略します。
◇考察:健常群とNA/CAを比較した処、覚醒維持に関わるとされる脳幹部に異常所見を認めたが、NA/CAとNAw/oCAを比較した結果、同部位に異常は認めなかった。
一方で情動処理に関わる神経回路網が存在するとされる帯状回や前頭葉に両郡間で微細な差異を認めたことから、これらの領域が情動脱力発作に関与している可能性が示唆された。

Bナルコレプシーの出生月の季節性に関する研究
     土井 百合子先生  (国立保健医療科学院)
◇背景:近年、海外ではナルコレプシー患者の出生月の季節性に関する研究が相次いで発表 され、本疾患に対する何らかの季節性因子の関与が示唆されている。
そのため、日本人におけるナルコレプシー患者の出生月の季節性に関する検討を行う。
◇方法:ナルコレプシーと診断された900名の患者へのアンケートを行い解析した。
   (各出生月毎にナルコレプシー^患者(観察数)が一般人口(期待数)に対し多いか少ないか、統計学的優位差を検定。)詳細略。
◇結論:日本人のナルコレプシー患者においても出生月に季節性を確認できた。
今後、季節性の背景にある暴露要因(感染、寒冷)や暴露時期(胎児期、周産期)などについて更なる研究の必要性が示唆された。

          以上

28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2805 投稿 ナルコと私                                 T.Y.

 私は大学卒業後、埼玉県の知的障害者の施設に指導員として勤務しておりました。毎朝の連絡会や研究会等で座ると居眠りをしてしまう私の様子を心配して下さった上司の勧めで、毎月園生の診療に来られる精神科の嘱託医師に相談し、その先生に紹介された上武病院で脳波検査を受けた結果「ナルコレプシー」と診断されました。
 その病院では、昼間眠らずにいられる薬と夜間眠るための薬を処方されました。当時24歳の私にとって、「覚醒剤と睡眠薬」と言う感じが嫌で通院は心の重いもので、その為3回通院しただけで後は通院を止めてしまいました。
 それから23年後。ある講習会で私の様子を見た方に「あなた、ナルコレプシーって知っている?」と声をかけられ、晴和病院に居られた本多裕先生を紹介して頂きました。
 そして丁寧な問診と色々な検査を受け、典型的なナルコレプシーであることを告げられました。居眠りだけでなく入眠時幻覚、金縛り、脱力発作など、人知れず悩んでいた事が、ナルコレプシーによる症状と判って随分気が楽になりました。
 以来15年、未だに家族に理解されない事もありますが、私の人生は大きく変容し続けています。
思い返してみると私の発病は14歳(中学2年生)の時と思われます。
以来、約50年、ナルコレプシーと私の共存には莫大なエピソードがあります。

 東日本大震災の3月11日は私の受診予約日でした。が、交通事情があまりにわるい為、もっと回復してから行こうと居眠りしながら薬の無い日々を過ごしていました。
脱力の薬が途絶えて5日目の夜。
 腹を立てながら発した言葉がうまく発音できないと同時にバッタリ倒れしばらく金縛り状態。
やっとの思いで起き上がりましたが、次の言葉もはっきり発音できずまた動けなくなって・・・ この時は座ってうな垂れた状態で、頭を上げたくても上げられず、息が止まってしまうのかと思うほど苦しい状態でした。やっと動けた瞬間また更に強い脱力。
 喉元が押しつぶされて息の出来ない最大の恐怖を感じました。
寒い夜でした。節電の為に厚着をしており、トックリのセーターの上からマフラーを巻いていました。その為、うな垂れた時の喉元の圧迫は表現しようも無いほど強く苦しい状態でした。まして金縛り状態で為す術もなく「このまま息が止まってしまったら・・」と。

因みに今まで経験した脱力発作は、軽い発作から周囲の人が驚いてしまうような発作まで(@〜C)ありました。
@気を入れて行動しようする時に膝の力がガクツ!と抜けてしまう。
A面白いことや得意になって話そうとした時に頬が震えて話せなくなってしまう。
B子供を叱って手を上げたり、ボールを投げる時などここ一番を決めようとする時に一瞬力が抜けて的をはすしてしまう。
C会うべきはずの無い所で偶然知人に出会った時全身の力が抜けてヘタヘタとその場に座り込んでしまう。
 このような経験は色々ありましたが、今回のような脱力発作と金縛りが一緒になって、しばらく気絶状態になったのは初めてでした。
 しかし、他の人には気絶状態に見えても私の頭はハッキリしていて周囲の様子は全て分かっているのです。
ただ、体を動かそうとしてもどうしても動けない辛い状態であり、その間が何秒だったのか何分だったのかは判りません。自分ではかなり長いと感じましたが・・・・
 毎日就寝時に服用する2錠のアナフラニールは私にとって無くてはならない大切な魔法のお薬です。

          おわり
28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2806 投稿 我が人生を振返って                           木 村 紘 一

 私は昭和15年に大連にて5人兄弟の4番目の男子として生まれました。上の3人は女ばかりでしたから、さぞかし両親も嬉しかったであろうと思います。私の父は商事会社に勤めておりましたので、転勤で当地に勤務する事になりました。大連は港町で静かな住み易い所でしたが、間もなく終戦を迎える事になりました。
 当たり前のことですが、戦争に負けた途端に地獄に変身して行きました。ロシア人が家の中に入ってきて手当たり次第に物を持去るし、食べるものがなく、草や畳を食べながら、命からがら高砂丸で舞鶴へ逃げ帰って来ました。私達は家族全員で帰れただけでも良いほうでしたが。

 話は変わりますが、私は東大を出た親父に似れば良かったのですが、残念ながら母親に似てしまい、ゆったりとして、おおらかな所はいいのですが、勉強が嫌いで、あまり一生懸命勉強しませんでした。
 大学を出て就職するとき、試験があるところは避けて面接だけで採用してくれる会社を探しました。当時は、今みたいに就職難ではなかったので、各社から来ているカタログから適当な所を探して受けてみる事にしました。

 その会社はまだ新しく、私達が第1回目の新入社員でした。特に試験もなく、面接だけで採用されたので、迷う事なくそこに、決めることにしました。会社の名前は、[キャタピラー.三菱] と言って、アメリカの「キャタピラー社」と「三菱重工」との合弁会社で、ブルドーザ等の建設機械を作っていました。
 会社は相模原市にあり、出来立ての新しい工場で、アメリカ人も30人ぐらいはいました。
入社してエンジン設計に配属され、アメリカから送られてくるブルドーザの英文図面を日本向けにアレンジして日本で製作します。出来上がった製品はアメリカの製品と同一仕様です。
新しいタイプのブルドーザが出来上がると、連続50〜100時間の耐久テストをするのですが、真冬の深夜などは寒いので、少し酒を飲みながら運転したりして非常に楽しいものでした。
 ブルドーザーといっても ピンからキリまで有り、石炭の露天掘りで使用する大型のものはタイヤの大きさが直径3メーター近く有り、運転席に登って行くだけでも一苦労します。値段も億単位する高価なものです。

 また日本では、トンネル工事が多くありましたが。中でハッパをかけ、土砂をトロッコで運ぶため、トンネル内が排気ガスで良く見えなくなると非常に危険になります。そこで、エンジンの替わりに電気で動く、ブルドーザが欲しいのですが、日本は勿論のこと、アメリカにも未だ無いため 日本で最初に我々の所で作る事になりました。エンジンを外し、そこにエンジンに相当する400ボルト電動モータを搭載し、キャブタイヤケーブル(直径70mm)を約50m程ブルの後方のドラム上に巻きつけて電力を供給する方式を採用しました。 ブルが前後に動くとドラムがクルクル回り、ケーブルを巻いたり、解いたりする仕掛けです。

 最初は自動車道路のトンネルにいれて作業をしましたが、試作車は比較的うまく作動したので、次に新幹線の一関トンネルに持ち込みテストをする事にしました。
 さすがに新幹線のトンネルは自動車道路と較べると遥かに大きいので驚きました。
最初はトンネル内の電源を取るため、高さが2m位あるトランスの側面についているナイフスイッチを入れるのですが、長さが2mの棒の先に付いているフックでトランスに付いているレバーを引張って入れる時、今までそんなデカイSWを扱った事が無かったので、多少気後れしてたのでしょうか、入れ方が少し弱く、一瞬にしてトランスから火が噴出して燃えあがりました。これにはさすがに、私も腰を抜かす程びっくりしましたが、近くにいた同僚が、「SWを入れ直せ」と叫んでくれた為、やり直して何とか事無く治まりました。
 もし腰を抜かして逃げ出していたらトンネル内が停電になり、私も首になっていたと思います。
試運転は順調に進み、トンネル工事の関連会社への披露会等も実施して評判になり始めると、昼間食事に行ったりして戻って来ると競合他社の小松製作所の人達が写真を撮りに来ていたりしていて、その後はいろいろと技術情報の漏洩に苦労しました。
 また電動ブルドーザーの他にも、人間が車両に乗らないで運転出来る、無線ブルドーザ等も開発したり非常に楽しく仕事ができました。

 その後は自動車会社が忙しくなり、三菱自動車工業へと配置転換となりました。三菱自工ではトラック&バス部門の輸出関連の仕事でした。
各国で行われる入札商談の獲得競争です。
 日本政府による援助資金で行われるケースが多く、援助を受けたい国が実施したいプロジェクトを提出します。その商談内容を検討し、トラックやバスのスペックを作成して、価格&納期を決めて提出して競合他社のなかで、一番有利な条件を出したところが受注します。
特に大口商談だと受注台数も多くなりますから、各社無理しても取ろうと必死になりますから受注した時の喜びは何とも言えません。

 私が ナルコレプシーになったのは比較的遅いほうで、40才前後だったと思います。
アフリカのザイールと言う国へ行った時のことですが、昼食時に余りに眠いのでコックリコックリしてました。周りの人がフランス語で話しているからだと勝手に思い、英語に代えてくれたのですが、それでもしばらくするとまた眠くなりはじめ、周りの人達は困っていました。
 それに気づいた私が、致し方なく「私は日本人です日本語で話して下さい」と言うと皆唖然としていました。実を言うと、この頃はナルコに罹ってましたが、まだ薬は飲んでいませんでしたから日本語で話してくれても寝てしまったと思います。

 その後、ナルコと判ってからも、薬を余分に持って行かなかったため、日程が延びたりした時など「薬切れ」になり四苦八苦して帰国した事も有りました。
皆様も外に出かける時は必ず余分に薬をお忘れないよう注意して下さい。

 まだいろいろと話したい事はあるのですが長くなりますから終わります。
今から振り返ると、試験の無い所を選んで入った会社でしたが、仕事の内容は非常に面白く満足しています。しかし給料だけは トヨタ、日産等と較べると三菱だけがどうして一段と低いのか合点できません。しかし、全てに良い会社が例え有ったとしても、入社出来なければ意味がないのでもうこれ以上深追いをするのは止めておきます。 

          以上


事務局より
 何時も服用していると余り有難さを感じなくなりますが、我々は病人であり、薬の服用によって症状を抑えているに過ぎません。
一方で世の中、何が起きるかわかりません。出張が予定より大幅に伸びることもあるでしょうし、今回のような大災害に見舞われることもあるでしょう。その為の用心として服用する薬は多少多めに持って置くようにしましょう。
特にアナフラニール等の脱力発作抑制の薬が切れると非常にみじめな思いをします。
適量のストックされることをお勧めします。

-->
28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2807 投稿 電話相談(その2)                            川岸 聡子

 東日本大震災が起きた日、私は自宅から10分ほどの公民館でロクロを回して陶芸を楽しんでいました。大急ぎで手を洗い作業台の下にもぐり込み、揺れが収まるのを待って外に出ました。
その直後再度激しい揺れが来て立って居ることも出来ず、「近くの小さな川が大きく波打っている」と言う友人の言葉も上の空でおびえていました。それはまだ幼かった頃「東海地震」を思い出したせいかも知れません。
 後片付けもソコソコに友人の車で市(浦安市)の山側から海側に走っている間も道は歪みそこここに泥水が溢れ出し、途中で車が進むことが出来なくなりました。
そのため車から降ろして貰い泥に足を取られるのを避け、生け垣等につかまりながら漸く自宅に帰りつきました。
 家の中はテレビが落ち本箱から本が出た程度でさしたることも無くホッとしたのも束の間、水道が止まり、ガスが止まり、挙句の果て下水の使用が制限されました。
 電車が止まり、店が閉店し、開いている店からは物が無くなり外は乾いた砂が舞いました。テレビでは余りにも広範な被害の情報に言葉を無くし、何処からこんなに多くの人がと思うほど若いボランテイアの方々が集まって泥やら瓦礫の撤去等の作業をして下さっているのを見ながら約半月を夢中で過ごしました。

 私の所は市内でも最も早くインフラが回復しホッとしたその時、私の心の中に思いもかけない空虚感と脱力感が住み着いてしまったのです。
 近しい人を亡くし家や仕事を無くし、そこにある家や仕事に戻ることも出来ず、先の見えない日々を送って居られる人々にとって、私の体験等は無いに等しい事なのに、この胸の内に住み着いてしまったこの虚しさは何なのだろうと思いました。
被災した人々の心の傷はいかばかりか想像すら出来ません。

 中にはナルコレプシーの方々も居られるに違いありません。
折れてしまいそうな心を励まし先に進まなければならない人々へ、私は余りにも無力だけれど、復興なるその日迄、世間の風評や差別と言った事に惑わされない、あくまでも優しい気持ちを持ち続けたいと強く思うのです。

 前号では「なるこ会」の受け付けている電話相談について書きましたが、改めてお電話を下さる方の心に寄り添って行けるようにと気持ちを引き締めています。
 次号では、様々な相談が抱える問題等について書いてみたいと思います。
          完
28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2808 投稿 大震災とナルコレプシー                         K.I

 このたびの東日本大震災により災害により、ご家族ご親族を失われた方々に哀悼の意を捧げるとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、被災地域の一日も早い復興を心からお祈りいたします。
 忘れられない「3月11日・東日本大震災の日」から、一ヶ月が過ぎました。 被災者の方々のために何らかのお役に立ちたいと思うのですが、日々の生活におわれて 何もできず無力感を感じております。
私は3月11日の震災の日、当日の事を書きます。
 当日、私は、東京都内にある職場で仕事中に地震にあいました。地震直後は、地震被害への対応のみで、通常の業務はできなくなり、電車も止まってしまったため当然家にも帰れませんでした。
 食料を買うために外へ出ると、車道は大渋滞、歩葉道も歩いて家を目指す人々で溢れ返っていました。コンビニを始め近隣の商店に食料は全くありませんでした。私はあきらめて職場に戻り、職場の備蓄の食品をもらって、上司や同僚達と職場に泊まる事にしました。

 夜になっても余震はおさまらず、その場に居た全員が不安に苛まれ、なかなか寝付く事ができませんでした。しかし、私は、21時頃からベタナミンの効力が切れてきて、やがて我慢ができなくなり、「眠れない」と不安そうに訴える同僚達には申し訳ないと思いながらも、一人だけ眠ってしまいました。
 朝、目覚めると、もう電車は動き始めていて、同僚も大半は家に帰っていました。
私は、残っていた同僚達に「一人だけ眠ってしまって申し訳ない」と詫びを入れました。 すると、同僚達に「君が、あまりにも落ち着いて眠っているので、みんな安心して、ぐっすり眠れました。」と礼まで言われて、困惑いたしました。
 反面、ナルコレプシーならではの方法で少しでも皆の役に立てたのかなと、嬉しくも思いました。たぶん、同僚達が気を使ってくれたのかもしれませんが・・・・。
そんな感じで、私の震災は無事に終わりを迎えようとしていました。

しかし、落とし穴が待っていました。翌日、私は、そのまま職場に残って仕事でした。
でも、家に帰れなかったので、手元にベタナミンがありませんでした。しかも、そんな日に限って、いつもより長い12時間勤務の日です。一日、居眠りの連続で仕事になりませんでした。
 私は今回の事で大変反省しました。今後は職場にも、ベタナミンを備蓄して置く積りです。私と同じような経験をされた方も多く居られるのではないかと思いますが、何らかの形で 常備薬として手元に置いておくことお勧め致します。
     完


28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2809 投稿 「認定NPO法人」の特典                         河野 通久

 当会が昨年9月15日付けで念願の「認定NPO法人」の資格を取得したことはご高承のとおりです。(有効期間:平成22年9月16日〜27年9月15日)
今回は、「認定NPO法人の特典とは何か」を、以下ご案内します。(本内容は平成23年6月 税制改定により一部変更。国税庁)
 この改定の背景には、欧米各国と比べ日本では寄付金が極端に少ない実態があり(この度の「東日本大震災」「福島原発事故」への寄付金が何千億と集まっているニュースが流れていますが,それでも欧米に比べると少ないのです。)
 これを税制面で優遇する事により寄付金文化を根付かせ、結果として、「官が出来ないことを実行している、民の活動を活性化しよう」との狙いがあるようです。

 この資格取得により、当会へ皆様方から寄せられる寄付金は税制上の特例措置が講じられ「寄付金控除・損金算入の対象」となります。
(具体的には、所得税・相続税・法人税の税制の優遇措置が受けられます。)

●個人が認定NPO法人に寄付する場合
 個人が認定NPO法人へ寄付した場合、「特定寄附金」と見なされ、以下の税制優遇の対象となります。通常のNPO法人への寄付については以下の優遇措置は受けられません。
 *特定寄付金とは、
    @国又は地方公共団体に対する寄付金段
    A指定寄付金
    B特定公益法人に対する寄付金
    C特定公益信託の信託財産とする為に支出した金銭
    D認定NPO法人に対する寄付金
    E政治活動に対する寄付金
を言います。

1.所得税
 「その年に支出した特定寄付金の合計額―5千円」が寄付者の年間所得から控除されます。(寄付金の所得控除)
控除できる特定寄付金は、その年の年間所得の40%相当額が限度です。
控除を受けるための手続きとして、確定申告が必要です。(確定申告の時期は、毎年2月16日〜3月15日です。)
具体的には、確定申告書の所定の箇所に寄付金控除に関する事項を記載し以下の書類を添付して、所轄税務署にご提出ください。
   ・寄付先のNPO法人等が発行する領収書
   ・寄付金控除の適格団体であることの証明書または認定書の写し
 確定申告すると、所得税の一部が還付される、あるいは支払うべき所得税が少なくなります。なお、寄付金控除を受けなくとも所得税の負担がゼロとなっている方は、還付も減少もありません。
  例えば、10万円寄付すると、10万円―5千円=95,000円が寄付金控除の金額になります。「95,000円×その人が適用されている所得税率」が税金の軽減額になります。所得税率は「累進課税」なので、所得が多い人ほど税率は高くなります。
つまり所得税率が
   10%であれば、95,000円×10%=9,500円
   20%であれば、95,000円×20%=19,000円
が税金の軽減額となります。

2.住民税
 自治体が認定する公益性のある団体に対する寄付については、住民税も控除される場合があります。「所得税の寄付金控除の対象となる寄付金のうち、都道府県又は市町村が条例により規定したもの」が、個人住民税の軽減措置(税額控除=税額が軽減される)の対象となります。
  *全国一律ではありませんのでご注意ください。
  *控除の対象については、お住まいの都道府県・市町村に確認して下さい。

3.相続税 
 相続により取得した財産の一部または全部を、認定NPO法人に寄付した場合、寄付した財産に相続税は課税されません。
相続税の申告期限は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10カ月以内とされています。
それまでに寄付された財産の相続税が非課税となります。
非課税の扱いを受けるには、寄付先団体の領収書と証明書が必要ですので、お早めにご相談下さい。

●法人が認定NPO法人に寄付する場合
 法人が支払う法人税は、「益金から損金を差し引いて所得金額」を求め、その金額を基に計算します。「寄付金」は「交際費」と同様、一部しか損金になりません。つまり、寄付金は、企業が利益を計算する上で費用として扱っていても、法人税を算出する上では、一定の金額までしか経費として扱えません。

*認定NPO法人・特定公益増進法人に対する寄付
 法人税計算に於いて認定NPO法人。特定公益増進法人に対する寄付金は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、別枠の損金算入限度額が設けられています。
認定特定公益信託の信託財産とするために支出した金銭も別枠の限度額で扱われます。

認定NPO法人等に対する寄付金に係る損金算入限度額
   (資本金等の額×0.25%+所得の金額×5%)×1/2
    プラス
一般の寄付金に係る損金算入限度額
   (資本金等の額×0.25%+所得の金額×2.5%)×1/2
つまり、最大で一般寄付金と別枠分の寄付金が損金算入できることになり、この分には法人税が課税されません。

法人が支払う寄付金の、その他の区分
   @国または地方公共団体に対する寄付金(全額が損金になる)
   A指定寄付金・公益目的の団体等の行う事業のうち財務大臣が指定するものに対する寄付金(全額が損金になる)

優遇措置を受けるための手続き
 確定申告書に所定事項を記載の上、次の書類を添付して税務署に提出する必要があります。
  ・1事業年度に支出した寄付金のリスト(寄付金の損金算入に関する明細書)
  ・寄付先のNPO法人が発行する所要事項の記載された受領書の写し
          以上
28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2810 投稿 ナルコレプシー近況                            T.T.

 33歳男性、身長160センチ体重59.5kg、職業はシステムエンジニアで一日中パソコンを操作するオフィス内勤務です。
 9歳で発症、15歳から治療を継続中です。現在は朝モディオダール2錠、昼食後リタリン1錠を服用しています。代々木睡眠クリニックの本多先生に診て頂いています。

 スポーツクラブに週1〜2回通い、筋肉トレーニング・ウォーキング等有酸素運動を続けています。基礎体力の向上は急に効果は見えませんが、通い始めよりも疲れにくくなりました。疲れによる眠気の防止に繋がっています。また、運動した日は夜の睡眠も深くなっています。サプリメントのカルニチンを飲む生活を1年ほど続けています。どれ位効果があるのか自覚はありません。ですが運動のせいもあり、体脂肪率が減ってきました。ただエアロビクスを1時間程やった後等はとても疲れますので、食事中にいつの間にか寝てしまったりしてしまいます。運動の負荷は自分にあったものにしなければなりませんので実施した運動項目と時間、負荷を記録するようにしています。

 私の場合、どんな時に眠くなるか色々書きます。眠気と天気はどうやら関係ありそうです。曇りの日は晴れた日よりも眠い傾向にあります。気温が前日比マイナス5度等といった日は眠気が強い気がします。また、上司から叱責されたり、精神的に落ち込むことがあった場合は、例え前日の睡眠時間が充分であっても薬を服用していてもどういう理由か眠気が発生しやすいです。
 眠気の強さにレベル付けをしてみました。自分の眠気発生時刻のパターンを知り、眠気の自覚症状が出る前に事前に昼寝できる状態に準備しておくことも大切なことです。
  @なんとなくやる気がでない楽しい気持ちにならない鬱蒼とした心情の状態
  A眠気自覚はないが注意力、思考力が低下している状態
  B眠気自覚はないが椅子に座って目を閉じていれば3分以内に眠りに入る状態
  C眠気自覚はないが横になってしまえば3分以内に眠ってしまう状態
  D頭にもやもやとした眠気がある状態
  E眠気が完全自覚あり、起きているのが辛いが目を開けて何とか我慢できる状態
  Fいつの間にか眠ってしまう状態

 Aは、自分では気づきませんが、他人からみると眠そうにしている、ぼーとしている、作業に集中していない、と注意されることがある状態です。18年間の治療の成果で仕事中にEFになることは、ほとんどなくなりました。私の場合、今はいかにAにならないように生活を工夫することがナルコレプシーとつきあう課題となっています。

 行きの通勤電車でいかに眠るかは1日を気持ちよく過ごせるかどうかの重要要素です。私が神奈川県から都内への出勤で使う「田園都市線」で気をつけていることを参考に書きます。まず急行・準急などには乗りません。各駅停車の方が眠れる空間の確保ができるためです。急行などは立っているのがやっとになってしまうため眠るどころではありません。眠るためには座席に座るか、つり革につかまったまま立って眠るか、壁に寄りかかって眠るかになります。座席に座るのは始発電車でもないかぎり無理です。電車ドアの両側に寄りかかって寝るようにしています。この場所は以外に人気が低いので場所確保しやすいです。
 会社で弁当を食べ終わった直後はBになります。満腹で新聞を読んでいるといきなり眠くなってきますので、20分程椅子に座りながら昼寝します。
 私の場合、C〜Fになってしまうと、もう一度ちゃんと寝ないと眠気の収まりができません。仕事中、焦点が合わない、目がカスム、あくびが止まらない等したらもう、C〜Fになっています。昼食後眠くなくて、昼寝をしないと、定時前になって強い眠気がきます。そうなる前に、ちょっとの眠気でも解消させておくのが大事なのかなぁと感じています。
 それから薬の量を増やして眠気をなくそうとしても、必ず週末などで反動がきますので、私はそのような無理はあまりせずに、処方された薬の量だけを服用しています。
 またなにかナルコレプシーで生活の質を向上させる工夫などあったら投稿したいと思います。

28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2811 投稿 「ナルコと共に人生を語る  第5弾                   白倉 昌夫

今回はナルコレプシー患者に家庭生活や社会生活で皆様に参考になるような事を思い出しお話したいと思っています。

家庭では
 @妻は結婚するまでナルコレプシー病の私を見抜くことができなかった。
  しかし、結婚後は毎日一つの屋根の下に暮らすようになり、良く眠るので変に思いはじめたので
  ナルコレプシー病の患者である事を説明しました。
   ただ、変な時に寝たりするので、ストレスが溜まって不機嫌な日々が続いた。
  私の良い面もあり、+−=0の生活でした。
 A妻が妊娠した時は、私の説明では納得しないので医師の本多先生からナルコレプシー病について説明と
  出産についての説明を受け、100%安心した訳ではありませんが、出産しました。
 B赤ちゃんができてからは100%の愛情が赤ちゃんに70%で夫には30%位になり、妻の寝不足の日々が続き、
  夫のナルコレプシー患者を気にもしないようになり、明るい家庭になりました。

妻の自動車運転について
 @結婚してから妻に免許を取るように勧め、二人目が生まれるギリギリで普通免許を取りました。
  ナルコレプシー患者の私にとっては妻の運転を利用する為でした。
  私は日々運転していますが、妻と一緒の時は妻が90%位、運転します。
  チョット褒めたりしながら今では進んで運転します。
 A車を持つ社会時代ですから、夫婦で交代しながらの運転は危険運転を避けられお勧めします。

家族の子供4人について
 @4人の子供達は中学までは父のナルコレプシーについては知らなかったと思う、今は成り行きで知っていますが、
  子供達は「あ〜そ〜」の程度で遺伝した訳でもないので、むしろ幼少時代に子供達と良く遊んだり、旅行したり
  する父を尊敬していると思う。
 A今は4人の子供は結婚し、各々2人の子供に恵まれ、幸せです。

次回はナルコレプシー患者の私が、薬の飲み方や、こんな時などを具体例で投稿します。
28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る

2812   閑  話                                     河野 通久


●自動車の安全運転にはくれぐれも注意しましょう。
 栃木県鹿沼市樅山(もみやま)町の国道293号線で4月18日朝、集団登校中の小学校児童6人がクレーン車にはねられ死亡した事故はご承知のことと思います。
 逮捕された26歳の男性運転手は県警の取り調べに対し「持病の発作を抑える薬を飲み忘れた」と供述。 又『事故直前にハンドルに突っ伏し、事故後もしばらく動かず。降りる際にはよろよろしていた』との目撃談が新聞にも掲載されました。
このニュース発表後、病名が明らかになる前はインターネットで「ナルコレプシー」だという記事が氾濫してました。
 原発事故でも明らかのように「風評」ほど恐ろしいものはありません。一度出ると取り消しは出来ず、どんどん広がり、当会員にとって悪影響は免れません。また変な取り締まり策も出る危険性があり、元に戻すに莫大なエネルギーを要します。
そういう事態を避けるため、自動車の運転には十二分の注意をしましょう。

●「本多裕先生追悼集」貸出しに空きがあります。 
  広瀬徹也先生のご厚意により、本追悼集30冊を当会に寄贈頂き貸出を始めています
  現在空きがありますので、是非読みたい方は、事務局までご連絡ください。
     (必ず1ヶ月後には、ご返送下さ方に限りますので念の為申し添えます。)

●クジラは地震の予知能力を持っているのでしょうか???皆様どう思います?
 3/5の産経新聞朝刊、POPUPに茨城県鹿嶋市の下津海岸に4日夜52頭のイルカが座礁し打ち上げられていた。近く日本で大地震が起こるかもしれない??との記事。
 2/21AFP&3/10日刊現代にニュージーランドを襲った大地震の2日前(2/20)にニュージーランドのスチュアート島と言う小島に107頭のゴンドウクジラが打ち上げられていたとの記事がありました。
 クジラは自分の位置を確認するのに地磁気を利用していると言われています。
 地磁気は地球に自然に発生する磁場のことです。ところが、大地震が起きる前に岩盤やプレートに圧力がかかってヒビが入ることで電流が発生し、地磁気が変化することがあり、この変化がクジラの方向感覚を狂わせ座礁させたという理論です。
 他にもスマトラ沖地震の際、飼われていた8頭の象が普段とは違う声で鳴き出し、津波の発生前に近くの丘に疾走し背中に乗っていた観光客が救われたとか、近くのランーン県沿岸では津波の直前、草を食べていた100頭余りの水牛が一斉に海を見て、高台に走り始め追いかけた村人は「お陰で全員助かった」とかetc。
 ナマズも含め動物たちが地震発生を察知する能力があることは昔から知られています。
 ヒトの予知能力は霊感等と同様「第6感」に分類され欧米ではコンピュータに取り入れる研究もされている由。早く実現すると良いですね。


28号目次 へ戻る
なるこ会会誌総目次 へ戻る