最新稽古


22日(水)

Dominos Pizza

 師範が不在の折、師範代と子供たちは時々宅配ピザを取って食べているようです。 師範的には「あんな不味くて高い物のどこが良いんだか」と言っておったわけですが、 長女曰く『今はそうでもないだぜ!この昭和のオヤジ!』だそう。 調べてみると、道場最寄りの宅配ピザ屋のDomino's Pizzaでは「水曜日はピザ3枚で2,400円」なんていうキャンペーンがあるんですな。 トッピングも、ハーフハンドハーフなんてのもあっていろいろ選べるみたい。 向学のために買ってみることにしました。

 注文したのは「クアトロ・ジャイアント」と「パンチェッタ&ベジタブルとジェノヴェーゼ」と「ギガミートとエビマヨネーズ」、全てMサイズ。 通常価格合計税別6,300円がキャンペーンで税別2,400円。 これだけの量を自宅まで運んでもらってこの値段ってのは普通に考えて安いし、 特段不味いわけでもなくちょっとコジャレた居酒屋で出されるピザ程度には美味しいっす。 宅配ピザ界も進歩しているんですな。ただトッピングにジャガイモは想定外だけど。

 いや~、認識は常にアップデートする必要があると痛感しましたよ。思考停止はイカンです。

Santa Premium Reserva Especial Pinot Noir 2016 [Vina Santa Carolina]
名称Santa "Premium" Reserva Especial Pinot Noir 2016
サンタ "プレミアム" レゼルバ・エスペシアル ピノ・ノワール 2016
生産者Viña Santa Carolina
ビーニャ・サンタ・カロリーナ
価格1,188円
購入店ライフ ムスブ田町店

 ピザに合わせるのはもちろんイタリアワイン・・・では無いと思うのです。 ピッツァに合うのはイタリアかもだけど、ピザに合うのは甘めのカリフォルニアではないかと思っております。 というわけで選んだのはチリのピノ・ノワール・・・って「カリフォルニアじゃ無いんかい!」ですが。 まぁ細けぇこたぁ良いんだよ。

 この銘柄である「プレミアム・サンタ」のシリーズは、同価格帯のサンタ・カロリーナの銘柄である「エスト」と比較稽古するために買ったんですね (シャルドネの比較とカベルネ・ソーヴィニョンの比較)。 でも、この品種ピノ・ノワールはエストにはラインナップが無いので、単独で稽古致します。 ちなみにピザ以外の料理は、レタスとトマトのサラダ、トマトと玉子のスープ。サイドメニューは買うと高いので師範の手作りです。

 色はかなり薄めの赤紫色。エッジにはちょっとオレンジがかったグラデーションが見えて、まるでブルゴーニュな色合い。 チリ・ピノにありがちな「これシラーかグルナッシュ?」な見た目とは全く違います。 香りのボリュームはなかなか立派なモノです。イチゴとか革とかの雰囲気がパーッと来て、なかなかに華やかです。 ただ「プレミアム」だけど樽香はほぼ(全く)感じません。 ブルゴーニュだと南部のシャロネーズあたり、というか南仏かな?かなり暖かいところのピノ・ノワールな香りですかね。 味わいは、甘さがそこそこしっかりで、酸味は控えめ。このバランスはやっぱりニューワールドのピノ・ノワールですね。

 いわゆるチリ・ピノにありがちな(というか過去あった)「これがピノ?」ってな真っ黒けの感じは無くて、ちゃんと品種の個性が出ていると思います。 やや甘めですが、スーパーの棚に並べるためには「甘味多め酸味控えめ」がウケるんだろうとも思います。 「ピザに合わせて甘めの赤」という狙いはピッタリ当たりましたし、気軽に飲めるピノ・ノワールの選択肢が増えてくるのは嬉しいですね。

 ただ、このワインの(というかインポーターの)イカンところは、デカデカと貼られた「華やかでエレガントな果実味」の赤いステッカー。 全然エレガントじゃ無くて、せっかく高級感を目指したラベルが台無しっすよ。

点数73点

以前の今月分へ