最新稽古


22日(水)

Buti Nages 2014
名称Buti Nages 2014
ブティ・ナージュ 2014
生産者Ch. de Nages (Michel Gassier)
シャトー・ド・ナージュ (ミシェル・ガシエ)
価格904円 (単品価格:1,180円)
購入店 ヴェリタス

 本日の夕食は、肉みそキャベツ(by CookDo)、舞茸とシメジ入りフカヒレスープ(by Knorr) ・・・どちらも「味の素」の合わせ調味料ですが、 師範は別にそこの回し者ってわけじゃありません。 普通に調味料をいろいろ使えば似たような味にはできるんだろうけど、 平日の夕飯はスピードが命ですから、ついこういうのを使っちゃいます。 ちなみに肉みそキャベツはキャベツを倍量近く入れて薄味に、 スープも水1.5倍にキノコ大量で、我が家風の味にアレンジしています。 それ以外のメニューは、前日から師範代が漬け込んでいたピクルス、お惣菜で買って来た手羽先の唐揚げとチーズささみフライでございます。

 料理が味の濃い中華料理メインということで、ワインも味の濃そうなところから、南仏の赤をチョイスしました。 この銘柄は、2012年産と稽古済み、そしてそのヴィンテージは門下生の方からも ご推薦頂いていたものです。 先週末届いた「グラス2脚付き赤白6本セット」からの最初の一本であります。

 色は、青みの強い紫色ですが、濃さは向こうが透ける程度で、今どきのボルドーなんかと比べると穏当な濃さです。 香りはそこそこしっかりで、熟れたイチゴと濃いベリー、それにタイムやローズマリーの香草風味(≒青っぽさ)をプラス。 樽熟はしていないようで、樽香はありません。 口に含むと、その瞬間は「アレッ?」ってくらい軽くてスムーズ、 ただ口の中ではブワッと風味が拡がって存在感を発揮します。 味わいのバランスは、甘味と酸味、そして後半は奥の方に渋味。 まだ若くてバラバラ感はあるけど、バランスは悪くありません。

 「思いのほかスムーズ」という感じは前回の印象と同様です。 香りも味わいも若干の荒っぽさがあるのが残念ではあるけど、 単品価格が1,000円ちょっとのワインだと思えば十分健闘していると言えます。

点数76点

以降の今月分へ