最新稽古


17日(金)

琥珀ヱビス プレミアムアンバー

 三連休前の食前酒は、「琥珀ヱビス プレミアムアンバー」。

 『本年は食材の美味しさをより引き立てる味わいへと進化しました』だそうです。 確かにビール自体の主張は弱め、アルコール度数も5%と軽めになった気がします。
果たしてそれは「進化」なのかしら?

Overflow Cabernet Shiraz 2019 [Andrew Peace Wines]
名称Overflow Cabernet Shiraz 2019
オーバーフロー カベルネ シラーズ 2019
生産者Andrew Peace Wines
アンドリュー・ピース・ワインズ
価格877円
購入店オーケー みなとみらい店

 本日の夕食は、前菜に旬をすぐに」の冷食からブリカツ w/ カレータルタル(感想はコチラ)、 メインはビーフシチュー、昨日から師範代が造り置いてくれたメニューです。 そうじゃなきゃ冷凍ギョーザとか買って南仏の赤でも・・・と思っていたけど、やっぱりビーフシチューだとわかりやすく濃いのが飲みたくなりますよね。 というわけで本日のワインは、オーケーみなとみらいで買った豪州産のカベルネ・シラーズ。 ボトルの首には『第8回全日本最優秀ソムリエコンクール優勝 岩田渉ソムリエ おすすめワイン』のタグが誇らしげにぶら下がっておりました。

 色は、濃いには濃いけど向こうは透ける、穏当な濃さです。 香りは結構立派です。ブルーベリーみたいな黒系果実の香りと、シラーズ由来っぽい白胡椒のスパイシーさを感じます。 「もしかして大アタリ?」と思いつつ口に含むと、味わいは軽めなんですな。渋味も酸味も控えめで甘さが前面に出ています。 なのでちょっと腰砕けな感じはありますが、『飲みやす~い』と言われそうなバランスでもあります。

 さすがは全日本最優秀ソムリエコンクール優勝、スーパーでワインを買う層はどういうものを求めているかよく研究されている感じがしました。 イエローテイルほど媚びてはいなくて、コノスルのカベルネほどカッチリでもありません。狙いドコロはさすがだと思いましたよ。

点数73点

前の今月分へ