最新稽古

稽古日誌:2021年12月

2021年の稽古本数

 12月、今年はいろいろあって、個人的にはあまり「1年が早かったな」という感覚は無いですね。

 そのいろいろの最たるものが、緊急事態宣言が出されたり解除されたりの連続だったわけですが、 道場の稽古本数を振り返ると如実にその影響が反映されています。 年初は解除期間だったので1月高め、次の解除は3月末~連休前なので4月高め、 更に本格的に宣言解除された10月以降は本数が跳ね上がっています。 そして先月11月は、道場24年の歴史初の60本オーバー(62本)!・・・いろいろ大丈夫か?師範!・・・ これからも健康とお財布に気を付けながら楽しく稽古を重ねて参りたいと思っております。

 掲載本数と与太話&写真が増えすぎて、また個人ホームページサービスの容量を追加。 今どき50MB追加分が550円/月ですよ。ギガじゃなくてメガですよ。やっぱりサーバー引っ越すべきかなぁ。 Java Script等が使えて安価なところ(容量は1GBもあれば十分)、ありますかね?


1日(水)

Enterizo Gran Reserva 2014 [Bodegas Covinas]
名称Enterizo Gran Reserva 2014
エンテリソ グラン・レゼルバ 2014
生産者Bodegas Coviñas
ボデガス・コビニャス
価格753円 (単品価格:1,140円)
購入店ヴェリタス 輸入直販ワイン専門店

 本日の料理は、鴨フォアグラのパテ、豚のネギ塩炒め、水連菜のガーリック炒め、レタスとトマトのサラダ、主食はハード系のパン(バゲットやエピ)。 ワインは、先月買ったヴェリタスの『厳選豪華フルボディ赤6本セット』 税送料込み5,680円からの2本目で、スペイン産の赤。 2014年産のグラン・レゼルバがセットの割り戻し価格で750円ですよ。 最近スペイン産のグラン・レゼルバが安売りされている例を良く目にするけど(カルディでも買いました)、 やっぱりあちらでもコロナ禍の飲食店への影響は大きいのかなぁ。

 色は、濃さはあるけど清澄度も高く、向こうが透ける感じ。全体に僅かにレンガ色っぽさが見て取れます。 香りは、まずボリュームは合格点です。オレンジの皮を摘まんだようなややツンっと来る感じは好き嫌いが分かれるかもだけど、 ベリーとバルサミコとチョコレートが溶け合ったような香りで複雑さはあります。 味わいも、香りの印象通りややツンツンした酸を感じはするけど、甘味渋味旨味が溶け合っていてなかなか良い感じでもあります。

 典型的なバレンシア地方の熟成赤ワインな感じで、若干の野暮ったさはありながらお値段以上のパフォーマンスを発揮してくれました。 この野暮ったさが鴨のフォアグラとか豚とネギ塩に良く合ったようにも思います。 このセット、1本目はちょっと残念でしたが、2本目でかなり印象アップしました (12/4からのスーパーセールだと更に安くなるみたいです)

点数75点

今月分へ 前月分へ

最新門下生報告


門下生第四十八号柳沢殿より (報告日:2021年11月28日)


Cotes Rocheuses 2016
名称Côtes Rocheuses 2016
等級Saint-Emilion Grand Cru
品種Merlot, Cabernet Sauvignon, Cabernet Franc
稽古した日2021年11月27日
稽古した場所自宅(千葉県某市)
購入店メトロキャッシュアンドキャリージャパン流山店
価格1,716円(税込)

ネット上ではお久しぶりです(笑)

久々にサンテミリオンのグランクリュを開けました。やはり右岸のワインは新世界のメルローとは違うことを改めて実感。 バランスが良くて突出した個性がない代わりに、しみじみ美味い。そんなワインでした。 言い換えれば典型的なサンテミリオンのグランクリュという印象です。 2016年ということで熟成のピークはもう少し先なのかもですが、今飲んでも充分イケます。

特筆すべきは購入価格。今年10月で日本から撤退したメトロが在庫一掃セールをしていた時にゲットしたもの。 メトロは基本的に一般客お断りのポリシーでしたが、最後の1年くらいは一部の日曜日だけ一般開放していました。 撤退をアナウンスした後の9月下旬に偵察に出かけたところ、このワインを含めお買い得なボトルが多数。たくさん買い込みました。 閉店間際になればもっと安くなるかと思いクローズ直前に再度見に行ったのですが、棚がほぼ空っぽの状態。皆考えることは同じなのですね。

師範より

 先日はどうもです。

 メトロ、噂には聞いていたんですが、結局一度も行けずじまいでした。 カルフールもテスコも日本から撤退、やっぱりアチラ流の販売形態は難しいのかな・・・と思うけどコストコは残ってますね。うーん。

 閑話休題、サンテミリオン・グラン・クリュが1,000円台はお買い得ですね。 調べたら、サンテミリオンの生産者組合が造り手とのことで、誰もがサンテミリオンのワインにイメージする味や香りを実現しているのでしょう。

 それでは、これからの年末年始、おいしい安ワイン探しをよろしくお願いします。


門下生報告へ