最新稽古


19日(金)

Bourgogne Pinot Noir 2017 [Le Bourgeon]
名称Bourgogne Pinot Noir 2017
ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2017
生産者Le Bourgeon
ル・ブルジョン
価格862円
購入店ドン・キホーテ MEGA狩場インター店

 本日は子供たち二人とも「夕食不要」とのことなので、帰りに適当にお惣菜を調達して済ませます。 買ってきたのは焼き鳥5種と揚げ物2種、そしてネバネバサラダ。こういうのも楽で良いやね。 そんな気楽な夕食に合わせたのは、先々週に稽古したシャルドネと同じ銘柄のピノ・ノワール。 こちらもタンクで輸入し日本で瓶詰め(瓶詰め業者は「南アルプスワインアンドビバレッジ」)、 それでも"Appellation Bourgogne Contrôlée"と書かれております。 シャルドネは瓶の色に違和感があったのですが、こちらは外観上(スクリューキャップである以外は)普通にブルゴーニュのように見えますな。

 色は、ACブルゴーニュとしてはそこそこ濃い感じ。やや青みが強めなんで南部のシャロネーズあたりのブドウが主体でしょうか。 香りは、「良くも悪くも」ACブルゴーニュ。値段を考えると7割くらい「良くも」で3割くらい「悪くも」な、ホントに普通のACブルゴーニュの香り。 こちらも革とかケモノっぽさがメインなんで南っぽい感じですね。 味わいは、渋味はもちろん弱いけど甘味を感じて酸味も強すぎず、なかなか良い感じのバランス。 これが税別798円のブルゴーニュとはにわかには信じられません。

 少なくともこの赤からは、ブルゴーニュのピノ・ノワールであることに対する違和感は全く感じません。 普通に1,500円くらいの安ACブルゴーニュのクオリティです。それが約半額で買えるのはお買い得と言えます。 「日本で瓶詰め」のアプローチは、こと品質面だけに限って言えばアリなのかも。 保守的な日本のワイン市場に受け入れられるかどうかは疑問ですが。

点数73点
以降の今月分へ