24日(土)

キリン 秋味

 本日の食前酒は、季節限定 キリンの『秋味』。毎年「もうそんな季節かぁ」と思うビール。

 『麦芽たっぷり1.3本分』らしく、『秋だけの贅沢な味わい』の謳い文句通り味わいは濃いっすね。 でも香りは弱いんだよなぁ。そこがねぇ、ワイン党だとやっぱり香りを重視してしまうよねぇ。

 秋限定のビール、この他にもサッポロの『焙煎生ビール』、アサヒの『紅(くれない)』も調達済み。 ぼちぼち稽古して参ります。

Magnitud Especial Seleccion N.V. [Bodegas Verduguez]
名称Magnitud "Especial Seleccion" N.V.
マグニチュード "エスペシアル・セレクシオン" (ヴィンテージ無し)
生産者Bodegas Verdúguez
ボデガス・ベルドゥゲス
価格520円 (単品価格:1,382円)
購入店MyWineCLUB(マイワインクラブ)

 秋味が出てくるとそろそろ秋だな、そして夏に備えて大人買いした安いスパークリングも若干ピッチを上げて稽古しないとだな、 ということで本日のワインは「世界の選りすぐり辛口スパークリング9本セット」、税送料込み通常6,458円からの1本。 産地はスペインだけど、"Cava"の表記が無いのでシャルマー方式なんですかね? ちなみに料理は、真鯛の刺身、地ダコと地ワカメの酢味噌和え、イワシの蒲焼、トマトのスープ、チョレギサラダ。 泡を選びたくなるメニューでしょ?

 色は普通に薄めの黄金色ですが、泡立ちは弱い感じですね。 香りも弱めです。スパークリングって、そもそも泡が香りを運んでくるから安いヤツでもそこそこ香るんだけど、こいつはかなりだんまりを決め込んでくれています。 そして味わいは・・・甘いっす。泡立ちも酸味も弱いので、ダイレクトに甘い。一番近い例は、イタリアのアスティですかね。

 甘いスパークリングが受け入れられない層には絶対無理なヤツです。 それこそストロングゼロの方がよっぽど甘くないと思います。 仕方がないんで、後半はタピオカを入れて「タピオカ・シャンパンだぁ~!」にしてましたが、これが未知の味わい。 太いストローでワインを吸う、ってこと自体が新しい・・・ってか食べ物で遊んではイケマセン。

点数53点

以前の今月分へ