最新稽古


18日(水)

Natale Verga Barbera d'Asti 2014
名称Natale Verga Barbera d'Asti 2014
ナターレ・ヴェルガ バルベーラ・ダスティ 2014
生産者Natale Verga
ナターレ・ヴェルガ
価格823円 (単品価格 1,188円)
購入店Amazon.co.jp

 本日のお食事当番は師範で、メニューは豚ロースの照り焼き風ソテーwithモヤシ炒め、 トマトとレタスと生ハムのサラダ、ベーコンとレタスとトマトと玉ねぎのスープ。 メインの豚のソテーは、照り焼きの絡み方がイマイチ。結果的にはステーキソースを掛けて食べることに。 味が薄いのは濃すぎるよりリカバーが効くんで良いけど、正直プチ失敗作。 照り焼き風にする際には片栗粉を絡めたほうが良い、という知見を得ました。

 そしてワインは、Amazonで買ったイタリアワインのセット。 下記リンクを叩いてもらうと判るけど、サイトの表記上このワインは含まれてなくて、 プリミティーヴォが入っている旨書かれて言います。 そのことをカスタマー・レヴューで指摘したけど、指摘から2週間近く経った今も訂正されていません。 超巨大企業のAmazonですが、ワイン販売に関しては「『正しい情報を伝える』という姿勢を欠いたWebショップ」という印象です。

 ・・・んなことは置いといて、このワインのことを。 色は、暗めの紫色ではあるけど向こうは透けて、ガツンと濃いわけでは無いけどそこそこしっかりしてそうな色合いです。 香りのボリュームは中程度。とてもイタリアらしい、桜餅とかスミレっぽい香りフワッと香ります。 さすがにこのクラスなんで、樽の要素は感じられません。 味わいはかなり軽めです。軽い渋味としっかりめの酸味、甘味はあまり感じません。

 ピエモンテというイタリアでも北の産地の赤らしい、 ユルさが無くてカチッとしたワインです。 別にこれがヤダってわけじゃないけど、プーリア州のプリミティーヴォとは全然違う内容だろうことは想像つきます。 要は「『バイヤー厳選』を謳うんだったらちゃんとメンテしろよ!」ってことです。

点数70点

17日(火)

芋蔵 品川本店 看板

 本日は、職場の新年会&歓迎会で品川駅港南口出てすぐの芋蔵 品川本店へ。 九州地方の料理と、焼酎の種類がたくさんある居酒屋のようです。

芋蔵 品川本店 黒豚せいろ蒸し

 料理は、飲み放題付き税込み一人4,500円のコースで、その内容は以下でした。

鰤の刺身
ざく切りきゅうりのおろし黒ポン酢
季節野菜と黒豚のせいろ蒸し(左写真)
黒豚生ハムと3種のチーズのシーザーサラダ
桜島鶏のゴロゴロ炭火焼き
ゴボウチップス マキシマム塩で
初代チキン南蛮 九州本場ムネ肉仕立て
華やか稲荷(左下写真)
アイス
芋蔵 品川本店 華やか稲荷

 それぞれの皿に個性が感じられ、居酒屋のコース料理としては結構イケているのではないかと思います。 ただ、途中全然料理が出てこない時間があったのが残念。ってかホントに出てこなくて「もしかしてこれで終わり?」と心配したほど。 「100分飲み放題」というシステムだったんだけど、 開始から100分経っても上記メニューのうち後ろ4品くらいはまだ出されてませんでした。 忘れられちゃってたのかな?明らかに謎なオペレーションでした。

芋蔵 品川本店 ワイン

 飲み物は、上述のように「100分飲み放題」ながら特に100分でオーダーストップということはありませんでした。 そりゃまぁ料理来てないのに飲み物無しってのは無いと思いますが。 師範の注文は最初2杯ほど生ビールを頂いて、その後白ワイン赤ワインを2杯ずつ。 ゴブレットに結構タップリだったんで、量的には満足します。

 ワインの銘柄は、ビールがキリンだったんできっとフランジアだろうと想像していたんだけど、 フランジアにしては甘ったるくなくて別の銘柄かも、という印象。 もちろん最近ちゃんとフランジアを飲んでないんで、傾向変わっている可能性はありますが。 そんな感じなんで白はスッキリしていて結構ナイスでした。赤は薄くて「赤い色の安ロゼ」的。まぁ居酒屋の飲み放題ワインですから。 どちらか選ぶなら白です。

 その後、焼酎(富乃宝山)を2杯ほど頂いて終了。 今年一年よろしくお願いします。>参加者の皆様


以降の今月分へ