門下生(2002年報告分)

門下生の活動もますます活発である。


2002年報告分 2001年報告分 2000年報告分 1999年報告分 1997/1998年報告分

門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年12月29日)
YVECOURT 2000 MEDOC
「稽古した日」2002年12月28日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」やまや   やまや青葉台店にて2本よりどり 2,000円
「原産国」フランス
「主要品種」メルロー30%、カベルネ・ソーヴィニヨン60%、カベルネ・フラン10%

11月27日の師範稽古日誌 Yvecourt Saint-Emilion 2000 師範ポイント78点のMEDOC版。
抜栓後のコルクの樽香が甘くて、いつまでもコルク遊びがやめられない。 翌日まで香る。付け香?とでも疑いたくなるような華やかさ。 お味はというと、キャラメル入れて造ったのか?ってな感じの甘味と樽。 師範の稽古日誌と同じで、こちらも裏ラベルには、8-15日間樫の新樽で熟成された、 とある。8-15ヶ月の間違いじゃないのか〜?いやホント。 絶妙なバランス、そして、甘、甘、甘。 3月10日の師範大絶賛のChateau Le Grand Verdus "Grande Reserve" 1999師範ポイント83点を思い出した。 もしこのMEDOC版もYvecourt Saint-Emilion 2000と同様の点数78であるなら、 5点の差はまさに21歳の麗しさと16歳の可憐さの差。 勝手に師範ポイントを推定してしまったけど、 10月4日のChateau de Lavagnac 2000 師範ポイント76点など、 この手の範疇のワインを追体験してみて、師範ポイントの、その精妙さには畏れ入る。 な〜んちゃって。
さてさてこのワイン、 ボトル毎にナンバリングしてあるくらいだから気合を入れて造っていますよ〜風なラベルだが、 上下2枚に分かれているラベルは、実は分かれている部分が黒く塗り潰してあるだけの1枚物。 この点が少し残念ではあったけど、 ナンバリングの手間を考えればプラスマイナスゼロということで許せちゃう。 置いといたらどうなるだろう?いっそ、ケース買いしてみるか?  と、やまやに電話したら残りあと14本とのこと。急がねば。

---師範より---
ご報告、ありがとうございます。
師範のポイントを真面目に検証しておられ、全くもって頭の下がる限りでありますが、 あんなもんは「頭に浮かんだ数字を書いただけ」でなんの根拠も精密さもございません。 お遊び、とお考え頂ければ幸いです。 ご推薦のワイン、あと14本だと追体験は難しいでしょうが、 きっとまた来年同じ銘柄(ヴィンテージは2001になるのかな?)が入ると思うので、 その時稽古してみます。
それでは、多分本年最後のご報告かと思います、来年もよろしくお願い申し上げます。


門下生第三十二号あんぱん殿より。 (報告日:2002年12月26日)
Elizabeth Vollereaux Brut N.V.

生産者 Elizabeth Vollereaux
生産地 France Champagne
買った店 やまや青葉台店
値段 1980円(セール価格)

3割30本30盗塁という感じ。
色が濃い。新世界のシャルドネのよう。泡は最初大粒だったが、しだいに小粒へ。 香りは控えめ。ちょっとりんごっぽく、酵母香は朝の布団まで届くトースト程度。 味は重心低く、酸味、旨みがたっぷりの黒ぶどうリッチな感じ。 食事はスモークサーモンのマリネ、海老とブロッコリのサラダ、 合鴨のコンフィ じゃがいもとにんにく添えのクリスマスディナー。 華やかさはないけれど、魚から肉まで対応できる底力を持った万能選手。
地味だけど十二分に満足の千円台。 常に手に入るといいです、この値段で。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
だいたいにおいて、そこそこの名前のワインで相対的に値段が安いモノは期待できない、 というのが通説だと思います。安ジュヴレ・シャンベルタンはACブルゴーニュ以下だし、 安ボルドーはVdP以下だし。 でも、シャンパーニュだけは例外で、 シャンパーニュと名が付くだけで結構そのクオリティが保証されているように感じます。 というわけで、「1,000円台のシャンパーニュ」というだけで嬉しいですな。
ともあれご報告ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年12月17日)
I PINI 1999 (Fattoria di Basciano)
「稽古した日」2002年12月16日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」有限会社 土浦鈴木屋 1,980円 酒のアサヒヤ
「原産国」 イタリア トスカーナ IGT
「主要品種」サンジョヴェーゼ50%、カベルネソーヴィニヨン50%

見かけると必ず買ってしまうファットリア・ディ・バッシアーノ。 中でもこのI PINIは最高のコストパフォーマンス。 時々、ボトルコンディションの違いでハズレもあるけれど、まぁ、 イタリアワインの味のバラツキはご愛敬ということで、勘弁。
今回のこの1999はまさに極上の一本。 サンジョベーゼの酸味とカベルネの甘みがベストマッチ。 ジュースの甘みとは違うワインの甘み。おつまみはいりません。 つまらない業界の宴会終了後に帰宅し、 嫁さん孝行に抜栓(私一人だけ連日の宴会で、飲みたくてもワインを開けられない)。 嫁さん専用にと、明日まで味が持つこのワインを本日はチョット飲み、 のつもりで開けたのに結局、空いてしまった。 このワイン、お味はスーパータスカン。 これがかならずしもオーバーではない表現だ、と飲んでみれば分かります。 どちらかでお見かけになりましたら、是非、お試し頂きたいですね。
2,000円以下のスーパータスカン。甘美味です。色も濃いよ〜。

---師範より---
ご報告、ありがとうございます。
イタリアのワイン、師範はなかなか覚えられないんですわ。 超有名ドコロはいくつか記憶してるんですけど、 こういう「そこそこメジャーでガッツある」クラスの造り手が覚えられない。 もっと情報収集しないとイカンっすね。 ワインを勉強するつもりはないんですけど、 やっぱり情報があるとないとではアタリに出会う確率が違いますから。
というわけで、師範の有力な情報収集手段たる門下生報告、 今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十六号のりだー殿より。 (報告日:2002年12月14日)
MAS COMTAL MERLOT 2001
JOAN MILA

(マス・コムタル メルロー 2001,ホアン・ミラ)

「稽古日」2002年12月13日
「稽古した場所」我が家
「購入した店」 ワインセラー アール(神戸・元町)
「インポーター」スミレ
「原産国」スペイン(ペネデス)
「値段」 2,000円(税抜)
「色」 ロゼッ

赤でもなく白でもなく、ふとロゼが飲みたくなる時って、ありませんか?
私はそういう時がタマにある人なので、いつもセラーに最低1本は常備しているのですが、 行きつけのワインショップで夏ごろ購入したにも関わらず、 店長に「このワインは4,5ヶ月後が飲みごろですよ」と言われていたので、 我慢していたのもありますが、最近赤が続いてたので、そろそろかなとやっと抜栓。
色は濃い目の鮮やかなピンク。香りは軽く甘酸っぱい感じ。 口にすると、香り通りの甘酸っぱさ、ラズベリーの風味が口いっぱいに広がります。 ロゼといえば私は基本的にタベルのような辛口が好きだったのですが、 ヘタなロゼ・ダンジュのようなベタ甘さではなく、ホントに心地良い甘味なんですよ、これが。 小難しいこと考えなくて、楽しく飲める感じです。ワインを飲みなれない女性にも合いそう。 もともとスペインは好きですが、テンプラリーニョの赤ぐらいしか手を出したことが無かったので、 うれしい発見です。
友人と二人で、「あっ」という間に空けてしまいました。結構、お気に入りです、はい。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
『ふとロゼが飲みたくなる時』・・・ないです、スミマセン。 1,800本に迫る道場掲載ワインの中で、 これは!っていうロゼに出会ったことがないからだと思います。 それにしても『4,5ヶ月後が飲みごろ』という指示は凄いですね。 そんなに短い期間で変化するんだろうか? 4,5ヶ月後という予測は何に基づいているんだろうか? とビックリであります。
ともあれご推薦のワイン、万が一見かけたら稽古してみるかも知れないような気がします。 それでは。


門下生第六十八号ぢゅんぢゅん殿より。 (報告日:2002年12月9日)
Barolo 1998
「稽古日」 2002年12月6日
「稽古した場所」 宇都宮の我が家
「購入した店」 恥ずかしながらセブンイレブンです。(初心者なもので。。)
「インポーター」 エムピーケー株式会社
「原産国」 イタリア
「値段」 2,730円(税抜)
「色」 赤です
「作り手」 BORGO DEI LANERJ ?

 初投稿させて頂きます。たま〜に本HPに出させて頂いております従弟です。 いつもは、ふらっと何の前触れもなく師範の御自宅にお邪魔しては 美味しいワインを御馳走になっておりましたが、 ようやく、自分でもお金が稼げるようになりまして、 大人の贅沢品であるワインに手を出せるようになりました。 ということで、門下生として投稿させて頂きました。
このワインは、後輩が自宅に来たので飲んでいたおり、 酒が足りなくなったので、コンビニに行って購入してきました。 なのでもしかするとどなたでもお試しになったことあるかもしれません。 師範は稽古済みだったでしょうか?
ということで、値段は結構したものの、 ほとんど期待してはなかったのですが、意外にいけました。 小生は未熟なので「樽臭がどうの〜」とか言うコメントはできませんが、 ハードリカー(特にバーボン)を好む(九州人なので当然焼酎も好) 小生としては、甘めのワインは好みません。 なので、どうしても白の方が多くなってしまうのですが、 この日は酔っていたせいか、赤をチョイス。 しかしながら、「重厚な赤なんだろな」と思いきや、 イタリアワインの特徴?(不勉強なもので。。。)か酸味があり、 スッキリとした味わい。 辛口な酒が好きな小生でも楽しむ事が出来ました。
ちなみに、合わせた料理は、豚の角煮です。 取り合わせが良かったのかもしれないですね。

---師範より---
ご入門ありがとうございます。
ご推薦のワイン、あいにく師範は飲んだことありません。 コンビニで3,000円弱のワインを買う、 ってのはなかなかにチャレンジャーな気がします、っていうか師範は怖くて出来ません。
『甘めのワインはキライなので白が多い』と書かれていますが、 普通は白の方が甘めのワインが多い気がします。 ま、何を「甘い」と感じるかは人それぞれですんで、 そういう人が居てもおかしくは無いとも思いますけど。 「甘くなくて酸味があってスッキリ」がお好きであれば、 ブルゴーニュあたりの安めの赤が良いかもです。 良い意味で安ワイン者の素質十分ですね。
というわけで、今後ともよろしくであります。


門下生第六十七号ゆきのまっつあん殿より。 (報告日:2002年12月2日)
Gulfi Rossoibleo 2001
(グルフィ・ロッソイブレオ 2001赤)

稽古した日/2002.12.02
稽古した場所/札幌の我が家
インポーター/モトックス
購入店/まつや酒店・世田谷区桜丘
購入金額/¥1,350
購入日/02.11.24
生産場所/イタリア・シチリア
品種/ネロ・ダヴォーラ

南イタリアはそんなに飲んだことがありません。 サルディニア島やプーリアなど少々囓った程度でありますが、 某HPでネロ・ダヴォーラが安ウマというので今後はこれだなと思っていました。
毎月24本、破戒のワインは1本か2本程度購入していますが、 これをまつや酒店さんから流れてくる最新情報見まして、迷わず購入。 新参者ゆえ表現力は欠如ですが、これはコストパフォーマンスが高いと思ってしまいました。 樽香か否かの判断は小生レベルではできませんが、かすかな香り、でも味は納得しました。
全て過去の報告を読んだわけではありませんが、 飲まれていないのではと思っています。 師範に飲んでいただき、師範流の報告を読ませていただきたくご報告いたします。

---師範より---
ご入門ありがとうございます。
ご推薦のワイン、確かに飲んだことありません (ちなみに、師範が過去飲んで掲載しているワインは出身地別名鑑 を見れば判ります。ご活用ください)。 ご推薦ワイン自体ではありませんが、 シチリア島の赤でネロ・ダヴォーラ種だとコレがありますね。 バランスが良くて結構イケるワインだったと記憶(記録?)しています。 ご推薦のワイン、入手できるかどうかは判りませんが、 気に留めておくようにします。
というわけで、今後もご精進のほど、よろしくお願い申し上げます。


門下生第六十六号のりだー殿より。 (報告日:2002年11月30日)
M.LAPIERRE MORGON 1999
(マルセル・ラピエール モルゴン1999)

「稽古日」 2002年11月29日
「稽古した場所」我が家
「購入した店」NOISY'S WINE SELECT 原酒店(ネット購入)
「インポーター」モトックス
「原産国」フランス(ボジョレー地区)
「値段」 1,890円(税抜)
「色」 赤っす

久々に果実味のあるワインで華やかにいこうとMYセラーを覗いて考え、 引き抜いたのがこの一本。 ネットでも非常に評判がいいとウワサのマルセル・ラピエール、あけてみました。
過去クリュボジョレーも何回かトライしましたが、 正直あまりいい印象を受けていなかったのでどうかなーと思っていたのですが、まず色が濃い。 これは期待できるぞと口にすると味も濃い! おおよそボジョレーとは思えない”濃さ”というか、 ぶ厚い果実味を感じる。 よく言う”噛んでいる”ような感じですね。酸味・甘味のバランスも良く、 結構なペースで一本空けてしまいました。
重さは感じませんが、かなり濃厚な感じです。ガメイでここまでの味が出せると言うのは、 新たな発見ですし、1,900円からくるコストパフォーマンスはかなり高いと思います。 ボジョレーというより、ブルゴーニュといってもいいかもしれません。 (反語的には、ボジョレーらしくないというところでしょうか)
評判のワインって評判倒れのこともよくありますが、こいつはのりだー的にジャストミートです。 まさに評判通り、しばらくセラーに常備しようかと考えております。 みなさん、一度お試しください。期待は裏切らないと思われます。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
ご推薦のマルセル・ラピエール、師範は飲んだこと無いです。 クリュ・ボージョレで、ご報告の内容で、2,000円以下というのはなかなか興味をそそられます。 少なくとも師範には同じ金額出すならヌーボーよりはコッチかな、と。
ヌーボーを否定するわけじゃないんですけどね。 少なくとも師範には(店頭試飲する限りでは)値段と中身が釣り合ってないと感じるだけで。
余談ばっかりになりましたが、マルセル・ラピエール、覚えておきます。
それでは。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年11月30日)
TINTARA CABERNET SAUVIGNON 1999
「稽古した日」 2002年11月29日
「稽古した場所」 横浜の我が家
「インポーター」 明治屋 松坂屋 大手町ビル店にて 1,530円
「原産国」 SOUTH AUSTRALIA
「主要品種」 カベルネ・ソーヴィニヨン

人様のお宅にお邪魔した時に、事前に味見もせずに手土産で持参してその時に初めて飲んだ TINTARA SHIRAZ 1999が、意外にも、思いのほか、美味かったので、 もう一度自宅でじっくり飲んでみようと、同じ物を買って抜栓。 コルクに付着したワインの跡が長期熟成を経たワインのコルクのように ロイズの生チョコばりに厚く盛り上がっている。それに加えて爆発的な樽香。 あれ~こんなに良い香りだったっけ〜? 一口含んでさらにビックリ。 ぜんぜん田舎くささがない。 おかしいなあ?と、ここで初めてラベルを見て、 カベルネ・ソーヴィニヨンを買ってしまったことに気づく。 そういえばシラーズには貼ってあった ジャパンワインチャレンジのゴールドメダルのシール貼ってなかったなあ。
特徴のあるラベルに気をとられて、 その上裏ラベルにもシラーズと同じように5〜7年楽しめる、って、 最後の部分が全く同じに書いてあるから、まさか間違えてるとは思わなかった。 というより、カベルネ・ソーヴィニヨン造ってるとは思わなかった。 最近は、おっちょこちょいの上にオヤジとボケが入ってきた我が身。 それでも怪我の功名。メダリストのシラーズより全然美味しい。 ブラインドで飲まされて品種を訊かれたら思わず「樽」と言ってしまいそうな贅沢な樽使い。 我が家の歩くアルコール度数検知器も「3,500円?」な〜んて言ったくらいの高級感。 もっとも、新大陸的な高級感ではあるのだけれど。 しかしまぁ、新樽の値段が一樽数万円だとして、そこから300本のワインが取れた場合、 樽代だけでワイン一本当たり2〜300円は掛かっている計算。 などと思わず計算をしてしまいたくなる程まろやかな新樽香。 原料葡萄より樽の方が金掛かってるかも。いやいやこの果実味だってなかなかのもの。 そんな訳で、美味い美味いで、どんどん瓶の残量が減って、アっと言う間に一本終了。 いや〜、ホント、凄い樽味。樽を味わいたい向きには絶対にお薦めの一本。
安いと思うんですよ、このワイン。

---師範より---
ご報告、ありがとうございます。
樽香の値段、というか新樽熟成の値段、 以前「マンズ小諸ワイナリー」だったかで聞いたとき、 仰る通り1本数百円(300円?)かかると聞いた覚えがあります。 中身の充実したワインにしっかりした樽香が付いてるとなかなか高級感があって満足しますね。 反面、中身の痩せたワイン(特に白)だと樽ばかりが目立って逆効果ですけど。
というわけで、お勧めのワイン、見かけたらゲットしてみます。
それでは。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年11月26日)
PARAISO SPRINGS PINOT NOIR 1998
「稽古した日」2002年11月24日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」株式会社 やまざき 2,952円 渋谷西武地下ヴィノスやまざき
「原産国」 アメリカ
「主要品種」PINOT NOIR

馬鹿美味自家製オックステールシチューに デュクリュボーカイユを合わせた翌日なだけにメニューとワイン選びが難しい一日。 まぁそれでも献立は鯖の味噌煮に決まり、 ではワインは?ということで選んだのがこれ。 って、別に相性を深く考えた訳ではないんだけれど。 このワインはその数日前に久しぶりに出掛けたヴィノスやまざきの 有料試飲のカウンターで飲んだ赤4種のうちで最も美味しかったのを購入したもの。 有料試飲した中には完全に酸化してるワインもあり、 それがいちばん値が高く、売り文句も一段ときらびやかだったのには なんとなく鼻白んでしまったのだが。
さてこのピノノワール。店の有料試飲で飲んだものとは明らかに違うワイン。 品種当てクイズなら百人が百人当たらないのでは?と思わせるような味。 門下生としてワタクシ初投稿のMONTES ALPHA 2000 SYRAHそっくりの味。 そうなんですよ。シラーなんですよ。この風味。 試飲した順の番号で買ってきちゃったから商品を間違えたのかしら? 試飲の時に瓶見なかったもんなあ、不覚。 でもそれにしてもラベルはピノノワールになっている。不思議だ。 ひょっとして蔵でラベル貼り間違えたか?トロトロの濃〜いお味。 鯖の味噌煮とも、かぼちゃの煮物とも超マリアージュ。 パスタが食いたいと言い出した嫁にペペロンチーノ+大根の生葉和えを手早く調理。 これにも、GOOD。アーモンドにもバッチリ。 結局なんでもいいんかい?と思われるほどの美味さ。樽香も抜群。
PINOT NOIR飲むつもりがヘンテコなことになってしまったけれど、 PARAISO SPRINGSのPINOT NOIRは変ったお味がするんでしょうか? どなたか是非一度お試し頂きたい。 どうなんでしょう?それにしても、ホント美味しいですよこのワイン。 13.4%という微妙なアルコール度数だっただけに、 パートナーは油断して飲み過ぎ、ダウン。それ程うまいです。

---師範より---
ご報告、ありがとうございます。
ちらっとサーチしたところ、パライソ・スプリングスではシラーも造っているみたいですな。 ピノ・ノワールは「ブルゴーニュっぽい」なんて書いてあるサイトもあるんで、 もしかするとホントに貼り間違いかもですね。 でも、ピノ・ノワールらしからぬピノ・ノワール、 米国産じゃないですけど師範もイタリア産で経験しております。 結局のところ真相は良く判らんですな。
ともあれご報告ありがとうございました。またよろしくであります。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年10月27日)
MAXIMIN GRUNHAUSER ABTSBERG RIESLING SPATLESE 1995
「稽古日」2002年10月26日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」サントリー  松坂屋 大手町ビル店 2,500円
「原産国」MOSEL−SAAR−RUWER シューベルト家
「主要品種」リースリング

ドイツワインケナーに挑戦しようとドイツワイン猛勉強の今日この頃。 それにしてもドイツワイン って売ってないですねえ。フランケンのボックスボイテルなんて、とんと見ないもんね。 アイスワインはやたら目についたりするんだけど、最近は。
品種別に利き酒しようと思って、 ドイツでは珍しい赤ワインなんかも楽天で見つけて一旦は買い物かごに入れたんだけど、 ブルゴーニュやボルドーで肥えた舌にはドルフェンダーだなんていわれても、 なんか気味が悪くなって結局買わず仕舞い。それじゃ〜産地で揃えましょう、 と仕切りなおしで、いろいろ買ったうちの一本がこれ。 まぁ、産地別に揃えるたってドイツワインってどうしたってリースリングが多くなってしまうんだけど。
ドイツワインは年間3本も飲まないし、もともと私自身がワインの香り、 味を表現するためのボキャブラリーが少なくいというか、 ○○の香りと言われてもその○○の香りをもともと知らなかったりして、 イマイチ表現力に自信がないままワインを飲んで来てしまいました。 原産国名を当てるのは結構うまいんだけど。 そんな私でしたが、今回は、初めてリースリングに、 石油 or ペトローリアム、はたまた「ジッポーのオイル」を感じていい経験になりました。 でもでも、 よくよく考えてみるとこの香りなら以前からドイツワインを飲むときに度々感じていた香り。 そうなるとやっぱり、 ワインの風味を別の何かに結び付けられない私の想像力や感性の無さが弱点なのかしら? それともワインは飲む前に、 ある程度その味や香りがどのように表現されているか予習して飲むべきなのか? などとあれやこれや思い悩み、とうとう、テイスティング能力開発講座に通ってみよう、 なんていうことになり、受講してみて、期待以上の内容に満足してみたりしております。ハイ。

このワインは晩の献立(寄せ鍋・鮭、鱈、鶏肉、きのこ、豆腐、白菜等々) に合わせるべく選択した一本。 酸味の強さの割に甘味が少なかったのでそこそこの相性で美味しく頂く事が出来ました。 95年のVTで名門のワインとしては、2,500円はお買い得!なんだそうです。 まだまだ持ちそうですし、もう一本買って10年後くらいに開けるのも面白いと思っております。

ウムラウトが付けられないんで、裏ラベル記載の読み方のご紹介
マクシミーン・グリュンホイザー・アプツベルクだそうです。 このアプツベルク、"ブ"じゃなく"プ"、"グ"じゃなくて"ク"なんだそうで読みにくいですネ。 ラベル剥がしに全部は収まりきれない美しいラベル。このラベルだけでも価値あるなあ。

最近、サントリー輸入のワインを買ってしまうことが多い今日この頃。 他のインポーターさんも頑張って欲しいですネ。

---師範より---
ご報告、ありがとうございます。
「テイスティング能力開発講座」ですか。勉強熱心ですなぁ。 師範は、ワインの勉強ってのに全然興味が湧かないんです。 なぜなら、 『ワインは知れば知るほど高いモノが美味いように感じてしまう』 からです。 師範は所詮素人ですから、ワインを知ったところで一銭の収入にもなりません。 であれば、ワインを知るより安いワインでも美味いと感じられる味覚神経を維持する方が ずっと意味があるわけであります。
・・・なんて屁理屈こねて見ましたが、正直なところは単にモノグサ者だ、 ってことなんですけどね。
ともあれご報告ありがとうございました。 師範もめったに稽古しないドイツワイン情報、有益でございます。


門下生第六十六号のりだー殿より。 (報告日:2002年10月14日)
DOMAINE PREIGNES LE VIEUX VIN DE PAYS DE L'ARDAILHOU 2001
(プレーニュ・ル・ヴィーユ、ヴァン・ド・ペイ、アルデロー)

「稽古日」2002年10月13日
「稽古した場所」我が家
「購入した店」ワインセラー&カフェ アール(神戸・元町)
「インポーター」ミリオン商事
「原産国」フランス(ラングドッグ)
「値段」 1,100円

3連休の初日、2日目と東(比叡山)へ西(岡山・牛窓)と外出を満喫し、 明日は家でゆっくりしようとF1を見ながら(琢磨入賞おめでとう!) 飲み始めたのがこのワイン。
香りはやや、アルコール臭。口に含んだ瞬間、キュンというさくらんぼに近い酸味を感じ、 比較的軽めの味。その後はさらーとしていて、アフターには若干苦味が。 かといっていやーな苦味やエグ味ではなく、イイ感じ。
ラングドックというと、 やっぱり南仏だからどれも濃いーのばかりなのかなと素人あたま思っていたのですが、 上記のお店とお付き合いをはじめていろんなワインを飲んで以来、 その考えは覆されました。 さすがにこのお値段なので、時間経過による味の変化は無いけれど、 ずーっと同じペースで飲めるのもまたひとつの選択かも。
先般稽古したプエッシュオーのコンプリスははるかにしのいでいます。しかも値段1,100円。 満足度の高い一本でございました。

---師範より---
再度のご報告、ありがとうございます。
前回今回ともなんとなく軽めそうなワインのご報告、 のりだー殿はその系がお好きなようですね。 濃いワイン/重いワインばかりがもてはやされる昨今ですが、 それは「大勢で一杯ずつイロイロ」ってな席での話だと思っています。 普通に家で一本飲む分にはスルスル入るワインの方が良かったりしますからね。
というわけで、今後とも「安ワイン者らしい家で飲み干すのに良いワイン」のご報告、 お待ち申し上げております。あ、もちろん濃いワインの報告でも構いませんけれども。


門下生第六十六号のりだー殿より。 (報告日:2002年10月6日)
LES COMPLICES DE PUECH-HAUT 2000
「稽古日」2002年10月6日
「稽古した場所」我が家
「購入した店」エノテカ大阪店
「インポーター」同上
「原産国」フランス(ラングドッグ)
「値段」 1,900円

秋なのに、なんと30度近くも温度が上がった昨日に続き、今日も蒸し暑う感じる関西地方。
本来なら白といきたいとこだけど、お腹の調子がまあまあ(じゃあ飲むなよ!って)なもんで、 とりあえず赤のチョイスで。
他の門下生さんも書かれてましたが、過去に私も稽古しておりまして、 PUECH-HAUT(ROUGE)はこれぞ南仏!!といった感じでめっちゃくちゃパワフルでホントにコストパフォーマンスの高い一品でございました。 なもんで、造り手としての自分の中の評価も高かったので、気になってるCHATEAUなのですが、 この夏にその下のクラスとしてリリースしたときに、迷わず購入してました。
このワインの「外観」の特長はまずラベル。 上のクラスは良くあるシャトーの絵が書いてあるやつなんですけど、 こいつはぶどうがならんでる真ん中に、 ぶどうを片手に持ってバレエみたいなポーズをとっている絵がかかれていて (すんません、表現力が雑ですが実際はもっと芸術的です)、 ルックスはまず合格。贈り物には喜ばれるかも。 ホームページの説明では13−14度に冷やしてたもれとのことでしたが、 セラーから出して直ぐ飲めばええ頃やろーとその状態で飲む。
温度低めなので香りはあまり立ちませんが、心地よい香り。 口当たりは結構さっぱり系、お兄ちゃん(PUECH-HAUT)と比べると、明らかに違う。 セパージュがわからんのでなんとも言えませんが、たぶんブラインドで出されて、 近くの畑って言われても信じられんと思います。 だって、”お兄ちゃん”は「いっぱい太陽を浴びましたー」って感じで、 野性味バリバリといった感じだったもんで。「ステーキ持って来い!すぐに!すぐにだ!」 と思うぐらいの。
さらさらしてるからって、悪いわけじゃないんですよ。一緒に食べる料理の邪魔はしないし、 変ないやみも無い。たぶん、チーズかじりながら、 面白い小説読んでればあっという間に1本いくでしょう。ささやかな満足感とともに。

結論的はのりだー的に「いい」ワインです。”優しい”感じで、 金曜の夜に飲むと疲れが癒される、というか。でも、強い印象には残りにくいタイプかな。 好みの別れるところですねえ。師範は物足りなく感じるのかな(謎)
値段 1,500円にしてくれたらパーフェクトですよ、エノテカさん!正直、1,900円は高い…

---師範より---
ご入門、ありがとうございます。
ご報告を読むと、セカンドのコレじゃなくてご本尊?のPUECH-HAUTの方が良いような印象を受けてしまいますが、 2/3の価格としてはオッケー、ということでしょうか。 さらさらと飲めるワイン、もちろん嫌いではないのですが、 1,900円だとするとちょっと欲求不満に感じるかもです。 のりだー殿もご指摘のように、1,500円くらいだったらいい感じなのかな、と。 もちろん安けりゃ安いに越したことは無いんですが。
ともあれご報告ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第三十二号あんぱん殿より。 (報告日:2002年9月30日)
St-GEORGE-St-EMILION 1972

生産者 CHATEAU CALON
生産地 France Bordeaux
買った店 エノテカ二子玉川店
値段 2980円

低山の連なる美しい山並みのようなワイン。
リコルク。色は煉瓦色で透明度が高い。獣を使ってとったラーメンのスープのような、 旨みを感じる香りが微かにし、しばらくすると黒っぽい果実香が加わった。 抜栓直後は酸味が目立ったが、しばらくするとそれも落ち着き 味の要素に縫い目の無い、裾野がスーと伸びた美しい山並みが現れる。 昔はさぞや険峻だったであろう各頂きは年月を経て風雨に削られ丸くなり、 裾野を広げ、そこは何山、あそこは何谷という名前を忘れる程になった。
ではこの山並みはいつが最も美しかったのだろうか。 それはわからない。 今、美しいのだから、それでよいのではないだろうか。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
年数を経たワインを道場稽古範囲内で探索される姿勢はまさに男っぷり満載、 またポエマー顔負けの私的な表現、恐れ入りましてございます。 なだらかな山並みを想起させるワイン、管理が良かったんでしょうね。 これがヘタなものに当たっちゃうと「しな垂れた乳房」みたくなってしまいますから。
ともあれありがとうございました。 今後も「安ウマ古ワイン」の探求、期待しております。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年9月12日)
VINA EXTRENENA MONASTERIO DE TENTUDIA 1997
「稽古した日」2002年9月11日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」日合商事 900円 大手町ビル松坂屋
「原産国」スペイン
「主要品種」裏ラベルの表記はテンプラニージョになっている(いろんな読み方があるんですね)

勤務先が間借しているビルの一階にある百貨店の出店。上野松坂屋。 いつも店頭に、中元や歳暮のセット物をバラしたんじゃないかの? と思われる様な雑多な商品を山積みして格安でバッタ売りをしている。 松坂屋の看板背負ってるにもかかわらずディスカウントストアのようなノリの変わったお店。 私のお気に入りのお店でございます。 先日もメーカー不揃い高級石鹸バラ10個入り中身丸見えビニール袋手詰め500円、安い! を4袋購入。翌日にはきれいに売り切れておりました。
そんなお店ですのでワインもバッタ品専門。普通の売り値の商品は片隅に追いやられ、 棚の正面を飾るのはいずれも希望小売価格をバッテンして半額以下にして売る、 持ってけ泥棒スタイル。 商品は早い者勝ちの出てるだけ。常に監視していないと出物がすぐなくなってしまう、 気の抜けないお店でございます。見つけましたよ今回も。ありました、ありました。 私の大好きなお味のタイプのスペインワイン。 ラベルはがしに収まらないんじゃないの?と思えるような、 スペインワインにはよくあるでかいラベル。 二人の修道僧が墓石の両側に片手をついて、 もう一方の手でサーベルを振り上げている絵柄にメダルをゴテゴテ飾り立てた、 いかにも、という塩梅のスペイン風エチケット。金色の網かぶり。 アルコール分12.5%。 抜いたコルクも赤茶けて、どこまでもスペイン。 産地は?え、何? EXTREMADURA。知らない。 スペイン各地のヴィンテージチャートがご親切にオマケとして瓶の首に掛けてある、 それによると1997はRIOJAよりもよかったらしい。 Muy Buenaとかなんとか。Excelenceよりは劣るらしいけど。

「名著」“REAL WINE GUIDE”には出ておりませんし、 遂に写真登場の知的でスマートなルックスの「師範殿」はあまり得手でないお味ではございましょうが。 テンプラニーヨ、樽熟18ヶ月、瓶熟18ヶ月という組み合わせ。 VALDEPENASのワインに、もっと樽を効かせて、 もっと田舎臭い果実を加えたような凄い樽香とお味。 最高でございます。とっても美味しかったので、あるだけ買い占めることに致しました。 やっぱりスペインワイン田舎風はいいなあ。

---師範より---
連発でのご報告、ありがとうございます。
お察しの通り、「都会派ナイスガイ」(※注)な師範はスペイン産の田舎風味を苦手としておりますが、 果実味と樽の濃いヤツだったらなんとなく興味が湧きます。 ちなみに「テンプラニージョ」の発音、正しい(というか現地風)と思います。
ってな感じでございます。
と言っても実家の近所には牛が放牧されていて猿がゴミをあさりに来るけど。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年9月8日)
CHATEAU PUECH-HAUT "TETE DE CUVEE" 1999
「稽古した日」2002年9月3〜6日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」片岡物産 2,880円 お酒のアトリエ吉祥
「原産国」コトー・デュ・ラングドック フランス
「主要品種」グルナッシュ?、シラー?

どこににもおいていないお酒を売る店、を標榜している酒屋さん。 「お酒のアトリエ吉祥」。 新聞の折り込み求人欄にワインアドバイザーやら、 利き酒師やらの資格保持者優遇云々の広告を載せていたのを愚妻が発見し、 店の近所に、友人も住んでいることだし行ってみよう、ということになって、 半年後にやっと行くことが出来たお店。
最寄りの駅からは歩いて行けそうにないので車で行ってみることに。 緑が残る住宅地を縫って走る、県道か旧道のような道路沿いに中規模の駐車場を構えて、 また、道路の斜め向い側には店の系列のおしゃれな食品スーパーも経営して、 その店構えから営業方針とやる気が、なんとなく判る、買わずに帰してなるものか、 という感じのお酒屋さん。店の入り口は、チーズ、おつまみ、試飲&レジの明るい部屋、 その奥が少し薄暗い、ワインの部屋、さらに奥がもっと薄暗い日本酒の部屋。 店の造りも置いてある商品もかなり気合いが入っている。
事前にお店紹介のHPでチェックして訪問。 ホント、他所の店ならどこにでもおいてあるようなワインは、 ほんの申し訳程度しか置かれていない。 店内の大部分のスペースを埋めるのは宣伝文句のちりばめられたシンデレラ期待ワインの数々。 さて、今回はこの店の品揃えと、また、 この店に来ることになったきっかけを造った愚妻に敬意を表し、 購入するワインを、店オススメのワインの中から彼女に選ばせることにいたしました。 で、持ち帰ったのが、チリワイン2本と、 エチケットの中に、選んだ本人の名前が読めるラングドックの赤と、 シャンパンの瓶の転用かと思われるような重い瓶に、 これまたエチケットの中に私の干支が印刷されているからチョイスした、というこのワイン。 自分の干支が描かれているワインに私が目がないことを見透かされているようなお買い物。 (カリフォルニアのカーネロスのエチケットにも我が干支が多いが)

家で、早速、4本のうち、チリのシャルドネとラングドックを飲んだあと、 ゼンゼンのお味に、あ〜もうあの店にも行くことはないね、 などと話した、その前言を、撤回せずにおられなくなったのがこの一品。

色も味も濃い。深い赤紫色。ねっとりとした超凝縮。よく見ると、 小さい字でUNFILTEREDと書いてある。 とても1日では飲めない重量感とパワー。結局4日間かけて飲み干すことになりました。 さすがに力強いワインだけあって、4日間毎日美味しく変化して、 お仕舞の日にはそのドロリとしたタール感がなんとも言えないまろやかさになっておりました (もっとも、タールを味わったことはないのだけれど)。 グラスに残った香りも甘いクサ系。合格でございます。 このワイン、ほんとは何年後に飲めばよかったのかしら。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
4日に分けて飲むワインってのはなかなか凄いですね。 師範はそんなに時間をかけて飲んだ経験はありません。 っていうか、美味いワインだとなおさらすぐに無くなってしまいますので。 『何年後に飲めばよかったのかしら』とのことですが、 美味かったのなら今飲んで吉でしょう。
それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年8月22日)
CASA DE LA ERMITA 2000
「稽古日」2002年8月21日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」モトックス 1,480円 リカーズ ハセガワ北口店
「原産国」フミーリア スペイン
「主要品種」テンプラニーニョらしい。

1992年のラスカーズが9千円を切って売られていたので買おうかどうしようか迷って、 ジーっとながめていたら、顔見知りのお店の人が現われたので、試しに、 本日一番のお薦めは?と問う。 すると、それまで私が立っていた高級ワインコーナーから私を引き離し、 店頭に並んだお買い得ワインコーナーまで連れて行き、指差したのがこれ。 私はやはりそういう客のランクなのかしら?
でもせっかく奨めてくれたのだから美味いにちがいない、と思い直し、 休肝日だったにもかかわらず、買ったその日に一日も休ませもせず、 開けてしまって大正解の一本。飲みたいときが美味いとき。

肩の張った厚みのある重い瓶、パントの深さも予想以上。 キャップもやわらかい錫製。 コルクも短いながら上級品。付属品をケチらなければ中身もケチらないに違いない。 予想通りの深い香り。 圧倒的な果実味。言われなければスペインワインとは判らないような果実の凝縮感。 チリワインの高級品風のお味。 果実風味を楽しみたい向きには必ず常備しておきたくなるような一品。 アルコール度が若干高く、翌日少々頭が重かったのが難点ですが、 その代わりいい夢が見られます。 今回は一本を速攻で飲んでしまったのだけれど、 二日目には樽香が強く感じられるのだとか。是非もう一度、 今度は二日掛けて楽しみたい。この価格でこのお味、オススメです。

---師範より---
連発でのご報告、ありがとうございます。 なんだかちんちくりん殿専用の報告ページみたくなっておりますね。 他の門下生の方々他にも更なる精進を期待したいところであります。
で、このワイン、師範はどちらかというとテンプラニーヨは得意としない品種ではあるんですが、 コメントを読むと稽古欲がフツフツと沸いて参りました。 価格もお手頃ですし、近いうちにゲットして稽古してみることにします。
また、『私はやはりそういう客のランクなのかしら?』とガッカリされているようですが、 安ワイン者たるもの、そのように扱われることは光栄と思うべきだと考えます。
ともあれご報告ありがとうございました。またよろしくお願いします。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年8月16日)
CHATEAU HAUT-NOUCHET 1999
「稽古日」2002年8月15日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」株式会社やまざき 2,480円 ヴィノスやまざき
「原産国」ペサック・レオニャン フランス
「主要品種」ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン

センター街の喧騒がウソのような、 渋谷西武A館地下2階セタンジュにあるヴィノスやまざきで有料試飲してまいりました。 午後5時前の入店時には誰も座っていなかったカウンターは帰るころに満席に。 店内の隅に分散しているテーブル席も全部埋まっておりました。 けっこう人気あるのね。その向かいの店、 ワインが売りって感じのレストランより数段オシャレじゃないか? それに、ワインもマイナーながらみんな美味い。 テイスティンググラスと普通のグラスが選べる。 安いのはテイスティンググラス1杯100円から。 週替わりで10種類のワインが試飲できるようだ。今回はまず泡ものから試すことに。 シャンパンはクラマンのディエブロ-ヴァロア ブランドブラン ブリュット。 テイスティンググラス300円、香り抜群。うまい。 美味しいのでシャンパングラス1,000円も注文 (レシートには1,100円になってた(〇o〇;)。 百貨店の試飲ならロハだけど、やはりちゃんとしたグラスでの味わいはゼンゼン違う、 ような気がする。当然だけど。それにデパートではシャンパン試飲させないし。 さらにここは店内で売ってるパン、チーズ、ハムもつまめるらしい。 美味しいし、安いので結局、10種類全部試飲。 カリフォルニアのスケッチブック メルローもパワフルだったし、この日一番高い、 店のお薦めのDOMAINE DE RAVANESのレ・グラヴィエール・デュ・トロ 1998、 VIN DE PAYS DES COTEAUX DEMURVIEL。 ヴァンドペイのくせに4,280円もするメルロー。これも良い。

10種の中で一番気に入ったペサック・レオニャンの白、 CH.オー ヌシェ 2,480円を購入。 さてこのCH.オー ヌシェ。デュフォール・ヴィヴァンのリュルトン家が造ってるらしい。 しっかりした骨格に、ナッツ香りが柔らかい。軽い酸味とほのかな甘味。 2001年のパリ農業コンクール金賞受賞メダルが邪魔になるくらいの高品質。 有名な造り手も18番以外では、案外こんなのに出品してたりするんですかね?意外。

暑い夏の夜はこんなワインにかぎる。ひょっとして和風の料理にも合うのでは?  と今回は、へしこを合わせてみることに。まずはへしこのスライスのナマをつまみに一杯。 へしこの塩分とワインの柔らかさが絶妙にマッチ。暑い夏のミネラル不足もこれで解消。 続いて、へしこを焼いてへしこ茶漬けで一杯。これまた最高!  ハッキリ言って、こんなに合うとは思わなかった。 調子に乗って自家製ラッキョウをつまみながらまた一杯。 ラッキョウがペサック・レオニャンなのか、 はたまた、ペサック・レオニャンがラッキョウなのかわからなくなるような美味しさ。 ただの酔っ払いでしょうか?飲み干したグラスが乾いたあとに残る甘い香りも高級品の証。 手摘み?

是非お試しいただきたいですネ。へしこにペサック・レオニャン。

---師範より---
毎度のご報告、ありがとうございます。
「へしこ」って何だか判らなかったんで調べてみました。 鯖の糟漬けのことだそうですね (読者な方へご参考)。 で、師範の持論として『極度に魚っぽいツマミにワインは合わない』ってのがあります。 経験上、塩辛やスルメやカズノコは言うに及ばず、 基本的に魚介類を干して旨みを増した系の食物とワインを合わせるのは厳しい気がしています。 ただ、ご報告によるとその「へしこ」との相性はバツグンだったとのこと。 糟漬けってとこがポイントなんですかね?
ま、師範の場合は(ツマミ以前に)ぺサック・レオニャンの白とは稽古したことが無いんで、 何の説得力もありませんけど。
というわけで、今後も啓蒙的門下生活動、よろしくお願いします。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年8月4日)
HAUT-CARLES 1999
「稽古日」2002年8月2日
「稽古した場所」横浜の我が家
「購入した店」以前住んでいた南越木岩町のWine Shop 松屋 2,580円
「インポーター」株式会社ジャパンインポートシステム
「原産国」フランス
「主要品種」メルロー99%とカベルネ・フラン1%

色は非常に濃い黒紫色で、チェリー、カシスの香りと、トースト香。 とてつもない濃度とパワー。と松屋さんのHPに紹介されてるそのまんまの味わい。 この手の風味が大好きなワタクシ、 物凄いポテンシャルを感じさせるこのワインが2,580円なら安い、と思ってしまう。 それにコルクの長いこと長いこと。 コルクコレクション過去最長のヴァランドローを一気に抜いてトップに。 こんなところにもこのワインを造っている方の意気込みが伝わって参ります。 って、そんな変な感心の仕方をするのは私だけでしょうか?

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
「オー・カルル」、調べてみるとそもそもレストラン専用に造られていて、 成功したんで蔵出しで販売されことになったワインとのこと、 なかなか良さげですね。 コルクの長さに関しては、師範の手持ちではガヤのバローロ"スペルス"が53mmで最長です。 長けりゃ長いほど気分の良いものですね、コルクって。
ともあれご報告ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年6月8日)
Chateau Lagrange 1999
「稽古日」2002年6月7日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」サントリー
「販売店・価格」リカーショップ・ハセガワ 2,980円
「原産国」フランス
「主要品種」サンジュリアンですからまぁそれなりにでしょうけど

最近贅沢三昧が続いて、そろそろ普通に戻らなきゃ家計が破綻してしまう、 と軌道修正のつもりで「安ワイン基準ぎりぎり」の、とは言うものの、 え〜っ!そんなに安くなってるの〜? という感じの、サントリーが立て直したボルドーの名門、 CHATEAU LAGRANGEを抜栓。
抜いたコルクについた香りそのままの、中身も、その高級な香りと味で、 はじめの印象を裏切らない、インクの香りを伴ったまろやかな重厚感。美味い。 はっきり言って言葉は要らない。 2杯、3杯と飲み進むうちに段々と硬くなってなってくるような不思議な力強さを持った真面目さ。 やはり、造りの確かさがなせるワザでしょうか。初めての体験でございます。 リーデル社製のボルドー用グラス(中くらいの大きさ)と今はなき、 佐々木硝子社製の上が開いたチューリップ型の変形グラスの両方で楽しみましたが、 おしまいの方で獣系の香りを感じたのはリーデルのグラスでした。 やっぱり、いいワインはいいグラスで、ですね。 またまた勉強しちゃいました。
しかし、最近、ボルドーのいいワインが随分安くなりましたねえ。 リカーショップ・ハセガワの店長のやぎさん(勝手に命名。お名前ではありません) もおっしゃってましたが、このワイン、お店の久々のヒットだとか。オススメです。

---師範より---
毎度のご報告、ありがとうございます。
昨今はシャトー・ラグランジュも安ワインの仲間入りですか。 確かに最近安くなってますね。嬉しい限りです。 でも、一流ワインつったって所詮750mlの酒、一日飲み切りの量ですから、 それに何万円も出したりするのってのはやっぱりイビツだと師範は思うですね。 ってなことは置いといて、ご紹介のラグランジュ、 「ここ一番のボルドー」として使えそうであります。
というわけで、今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第三十二号あんぱん殿より。 (報告日:2002年5月26日)
Auxey-Duresses Les Duresses 1er cru 1982

生産者 Domaine Potinet Ampeau
生産地 France Bourgogne
買った店 たまプラーザ東急
値段 2980円

小粒で皮の薄い完熟みかんのようなワイン。エッジは儚げだが色は濃い赤。 香りは黒っぽい果実にあまり獰猛ではないケモノっぽさと、 ちょっと醤油が入ったコーヒーっぽさもある熟成した丸い感じ。 味はコンパクトに実の詰まった感じ。べたべたしない、均質にいきわたった甘味があり、 酸味が熟していて奥の方にエスプレッソの最後の一滴をすすったようなほのかな苦味が感じられる。 この甘味、もしや砂糖なのでは・・・。でもおいしい、もう1個食べたくなる。
ブルゴーニュではこのあたりが限界ではないかと思われる1982年産。 門下生最古ワイン探求の旅、第二弾の報告でございました。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
古いワイン、どーも最近あんまり良いのに当たってなくて、 やっぱ安くて古いのは難しいか?なんて考えていたんですが、 あるところにはあるんですね、そういうナイスな年期モノのワインが。 特にブルゴーニュで3,000円以下で20年なんてのはなかなかレア・アイテムであります。
というわけでご報告ありがとうございました。 更なる「安ウマ古ワイン」情報、お待ち申し上げております。


門下生第五十二号占部 正尚 殿より。 (報告日:2002年5月14日)
Le Baron de Brane 1994

AOC:Margaux
購入店:パトリオット
輸入者:重松貿易(株)
価 格:2,580円

価格帯が2,500円前後のワインは、選択が難しいといつも思います。 多くのケースでは「なんだ。これなら1,500円クラスでもっと美味しいの知ってるよ。」 で終ってしまいます。かと言って5,000円超ワインのように 「高かったんだから無理にでも納得するしかない。」と思わせるほどのパワーはありません。 安ワインの範疇でありながら、決して安くはない中途半端な存在です。
さて、今回の報告品は難しい価格帯にありながら、久しぶりに飲みながら「ストライーック」 と思わず叫んでしまった一品です。
色はガーネットを帯びた極めて濃い赤で、粘性はやや高く、 香りは程よくインク臭を帯びた重厚なものにバニラの甘い風味が加わり華やかです。 味わいは甘味・酸味・渋味がきわめてバランスよく整い、 スミレのような鮮やかな風味が後味として残るのが印象的です。
1時間後、蜂蜜のようなコクのある甘味・まろやかさが増し、 優しい味わいが口と喉いっぱいに広がります。 また、甘味の向こうにナツメグの風味がしっかりと感じられ層の厚みを感じます。
このように抜栓直後から飲み干すまでの3時間、ただ単に美味しいという次元を超えて、 飲みながら温かく幸せな気分にさせてくれるワインは、年に何本も出会えません。 やはり、メドック格付2級Chateau Brane-Cantenacのセカンドという育ちの良さには、 敬意を表するしかありません。 コンクールで金賞という触れ込みでハズシたケースは多いのですが、 同じ価格帯ならやはり格付けされたものや、そのセカンドを狙おうとあらためて思いました。

Gevrey Chambertin 1998

AOC:Gevrey Chambertin
ネゴシアン:Louis Page
購入店:パトリオット
輸入者:中部貿易(株)
価 格:2,980円

デフレのために仕事上は苦労しています。だからこそ、 せめてワインの世界ではシャンベルタンを安ワインとして飲めるという事態を素直に喜びたいのです。 いずれインフレ基調の経済が復活した時、 このレポートはデフレ時代を物語る貴重な資料となるでしょう。(んな大げさな)
報告品は、師範が昨年8月に飲まれたACブルゴーニュと同じ業者のもので、 飛行機のファーストクラス向けらしいです。
やや紫がかった薄めの赤色で、粘性はやや高く、 香りは抜栓直後は固いものの若干のスパイシーさと革の風味が感じられ、期待が高まります。 味わいは、やはり革を引っ張るような感触の典型的なブルゴーニュのボディを、 スッキリした甘味がエレガントにコーティングしており、 酸味とのバランスも絶妙なハーモニーを奏で、これはまさしくシャンベルタンです。
ただ、時間の経過とともに少々のジリジリ感を伴う渋味と、とろみのある甘味が絡み合って、 横方向への広がりは大いに感じますが、 縦方向への深みが思ったほど深まらなかったことがマイナスポイントです。
そういうことで、シャンベルタンをこよなく愛したナポレオンが飲んだら椅子からころげ落ちるかも知れませんが、 安ワインの範疇と思えば「シャンベルタン入門編」として十分にOKなレベルだと思います。 ?????なんてカッコつけて書いていますが、 それほどシャンベルタンに精通している訳ではありません。 もし定価で売っていたら買わないでしょう。(買えないでしょう?ってか)

Chateau de L'Estagnol 1998

AOC:Cotes du Rhone
ネゴシアン:Cellier des Dauphins
購入店:パトリオット
輸入者:(株)リラックス
価 格:750円

月に15本ほど、多い時は20本ほどのワインを購入する私が、 毎回2千円台の品を買う訳がございません。 いつもは「安い・美味い・品揃え多い」でお馴染みのコート・デュ・ローヌ産を愛飲しています。
深いルビー色で、フルーティーな甘い香りを煮詰めてボルドー的なコクのある香りを被せたような、 そこそこ重厚感のある香りが漂います。
味わいは少し薄めのボディに黒砂糖の甘味とコク、インク臭を伴う樽香、 藁っぽい少々の雑味を伴う酸味をそれぞれ薄く重ね塗りした印象ですが、 バランスがとれて一体化しているので違和感はありません。
時間の経過とともに葡萄のフルーティーな甘味がより一層際立ち、 タンニンの渋味も程よくこなれてきて、さらに好印象です。
これで750円とはお得です。ACボルドーの1,000円台前半の品と比べたら、 私は迷わずこちらを選びます。

---師範より---
久々のご報告、ありがとうございます。
1本目のボルドーに関して、師範の印象では 「安定感のセカンド/格付け品、大博打の無名ドコロ」といったイメージがあります。 コンクール受賞の如何は、ボルドーに限らずあまり関係ないような気がしています。
2本目のブルゴーニュに関して、 釈迦に説法を承知で『もしかしたら・・・』と思いつつ申し上げますが、 「ジュヴレ・シャンベルタン」と「シャンベルタン」は(格付け的には)思いっきり別モノです。 いろいろ造ってるジュヴレ・シャンベルタン村で、特に優秀なのがシャンベルタン畑、 ということかな。 「シャンベルタン」とだけ表記した場合には後者を指す場合が多いようです。
というわけで、「ジュヴレ・シャンベルタン」なら3,000円以下でもたまに見かけます (弊道場に登場した物だとコレとか)。 ですが、同価格帯の「シャンベルタン」は見たことがありません。 だからどう、ってことは無いですし、美味ければ格付けなんてなんでもオッケーではあるんですが、 やっぱり気になったもので指摘させて頂きました。
3本目のローヌは、白でしたら師範も稽古済みです。 値段の割にコクがあって、イケてるワイン、という印象がありました。
というわけで、またお薦めワインがありましたらよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十号TOMOYAN殿より。 (報告日:2002年5月9日)
エーデルルード 1997(Edelrood(Cabernet Sauvignon/Merlot))

造り手:ネダーバーグ(Nederburg)
産地:南アフリカ
価格:¥890
飲んだ日:4月30日
買った店:樽屋(ディスカウンターのJR蒲田の駅ビルの店)
輸入業者:サッポロビール

妻の特製?煮豚と、ジャーマンポテト。 これに合わすのはやっぱりミディアム・ボディの赤。 3年ほと前に89年のものを飲んだことがあって、印象は結構良かったので、 この価格を見て思わず購入したもの。
色はルビー色で、カベルネ中心のこの位の年数のモノとしては濃くはない。 縁にはややオレンジ色が見え、熟成のニュアンス有り。 香り自体は控えめ。カシスと、若干だが茎っぽいニュアンスがあるが、 青々とした感じではなく、少々熟成した印象。 ニューワールドというより、安ボルドー的な雰囲気がある。 味わいの第一印象は、まろやか。わずかだが甘味を含む 。外見・香りにも表れていたが、意外に熟成感がある。カシスの果実味。 胡椒のようなスパイシーさが少し。酸はまろやかだがしっかり。 余韻はさほど長くは無いが「消え方」が良い。「強さ」、「濃さ」とは無縁だが、 品がよい感じ。 適度な熟成もあってか、非常に良くまとまっていて、食事の間中楽しめた。

輸入業者が投売りしたのか、この価格は安いと思います。 ワインに関しては浮気性の私が、その後3本買い足しました。

---師範より---
ご報告、ありがとうございます。
890円のプチ熟成ワイン、なかなかラッキーでしたね。 投売り品だろうがなんだろうが、とにかく美味いワインを安く買うのが安ワイン者の勤めであります。 ご紹介のワイン自体を見つけるのは難しいと思いますけど、 同様のラッキーに出会うべく日々精進すべし、という心境でございます。
それでは、またよろしくお願いします。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年5月3日)
Domaine de la Valeriane 2000
Cotes du Rhone

「稽古日」2002年5月2日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」出水商事 ハーフ5本セット 3,800円 1本あたり743円
「原産国」フランス
「主要品種」グルナッシュかね?

休肝日の予定だったが人間ドックの検査結果が出て、γ-GTPの値も少し下がったし、 翌日は休みだし、飲んじゃおう、飲んじゃおう、と家人が誘うのでついつい抜栓。 出水商事のMLで注文したハーフ5本セット(ボルドー、ブルゴーニュ、プロヴァンス、ローヌ、 アルザス)の中の1本。ボルドー、プロヴァンス、ブルゴーニュと飲んで来てこれが4本目。 2セット買ったんだけど、ハッキリ言って失敗だったなと思い始めていたセット。 この4本目は、なんとなくラベルが美味そうで、マコンのコンクールで金賞とのラベルも貼ってあり、 アルコール分もなんとシャトーヌフ並の14.5%。 休肝日に禁を破って飲むには丁度よい量ながら掟破りのアルコール度数にチョッとたじろぐ。
色は非常に濃い青紫。なんだかローヌのワインでないような雰囲気。 香りはさほど強くないが不思議に上品。 お味はコート・デュ・ローヌ特有の果実味と田舎くさい繊細さを持ちながら、 高いアルコール分をあまり感じさせない酸味と微妙な甘味の一体感。

このハーフ5本セットの目玉はこのワインなんだなと納得。 飲み終えたあとのグラスに残る香りも私の好きな果汁凝縮高級ワイン風に甘い。 完熟葡萄房よりで造りました、って感じの美味しさでございました。 少量でも美味しく酔っ払えるワインとして軽くチョッと飲みたい時にオススメ致しますです。

---師範より---
毎度のご報告、ありがとうございます。
「ハーフ5本セット」ってのは珍しいですね。 流通量が少なく、かつ割高感のあるハーフって、師範はあんまり稽古しないんですが、 場合によってはハーフくらいが丁度良いこともあるんで、もっともっと流通して欲しいものであります。
頂きましたご報告、飲まれたワインが手にとるようにわかります。 特に『田舎くさい繊細さ』ってのがローヌらしくて良いですね。
というわけで、今後ともよろしくお願い致します。


門下生第六十号TOMOYAN殿より。 (報告日:2002年4月30日)
Bourgogne Blanc 1996

造り手:ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ムルソー(Domaine du Chateau de Meursault)
価格:\1,680
飲んだ日:4月27日
買った店:リカーズハセガワ本店
輸入業者:リラックス

連休前半、初日は魚料理からということで白。優良年の96年のブルゴーニュで、 安定した実力を持つ造り手のもの。
色はいわゆる黄金色と表現されるもの。粘性は強く、濃厚なイメージ。 香りはいわゆるトロピカルフルーツ系の熟した果実香。 樽香も感知されるがさほど目立たない。ハーブのようなニュアンスも有り複雑。 口に含んだ第一印象は、「オイリー」。とろりと舌にまとわりつくような感じで、 モモやマンゴーのようなやや甘味を含んだ果実味を感じる。 最初は酸は余り感じないが、中盤から姿をあらわし、非常に心地よく、 バランスの取れた余韻を形成する。
このククラスで5年以上経過したものにしては熟成感に乏しいが、 その酒質の高さは素晴らしい。 この感じ、ビンテージのせいか、造り手の力量かわからないが、 正直かなり高いワインのイメージで、 ちょっとした驚きがありました。

ヴァース1 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー 1999
(Verse1 Cabernet Sauvignon Merlot)

造り手:ブルックランド・ヴァレー(Brookland Valley)
産地:西オーストラリア、マーガレット・リヴァー
価格:\1,480
飲んだ日:4月29日
買った店:YY(近所のディスカウンター)
輸入業者:モトックス

この日は子供の大好きなハンバーグ。ミディアム・ボディの赤、 ということで選んだのがこれ。
オーストラリアでも新興に属するが、非常に注目されている産地西オーストラリアのもの。 色は濃いルビー色で、少々紫がかっており若々しい。ただ中心部も真っ暗ではなく、 少々透明感を感じる程度で、ニューワールドのカベルネ中心のものとしては濃くない。 香りは典型的なカシス系の香り。ややカカオ的な香りもあり、 こちらはいかにもニューワールドのもの、 という印象。かすかだが、杉材の香りも含む。 味わいの第一印象は、まろやかな甘さ。果実味は香りの印象どおり、カシス。 ややチョコレート的な甘味と苦味を少し感じる。酸は意外なほど強いが、 果実味、タンニンとのバランスが良い。余韻はやや長め、 軽快でバランスの良いミディアム・ボディである。
最上級の複雑さや深みは無いが、上品でバランスの良いワイン。 ニューワールドものにありがちな、 ギラギラ感が薄く、個人的には大変気に入りました。 因みにラベルはふるちんの牧羊神パンの像と楽譜をあしらった妙なもので、 抵抗あるかもしれません・・・

---師範より---
2本まとめてのご報告、ありがとうございます。
シャトー・ド・ムルソーは、シャンパンみたいにずんぐり太くて重いボトルの造り手ですよね。 たまたまご推薦のワインと同じもの?を入手しましたので近日中に稽古する予定です。 オーストラリアの方は存じ上げませんが、 西オーストラリアあたりだとまだまだ空き地もいっぱいで、 今後どんどん気合の入った造り手が出てくるんでしょうね。
それでは、プロ顔負けのご報告、今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十五号yukihiro殿より。 (報告日:2002年4月29日)
Bourgogne Aligote de Bouzeron 2000
(Domaine A. et P. de Villaine, AC Bouzeron)

「稽古日」 2002年4月29日
「稽古した場所」 自室
「インポーター」 ラック・コーポレーション
「購入店」 ワイナリー和泉屋 1,580円
「原産国」 フランス
「主要品種」 アリゴテ

連休の終わりの遅い午後に、もぞもぞと起きてきて昨日のシゴトの続きに飽きた頃 (すぐに飽きるのですが...)、ワインを飲みながら...と現実逃避のためにワインを一本。 と、特に気合も入っていなかったので、デイリーワインにと買い置きしてある(たまには)白ワインを。

色は、明るく、やや薄めの色ですが、白ワインとしては平均的な範囲に収まると思います。 はじめはかなり冷えていたにもかかわらず、甘いりんごのような香りが立ち、 とても好みのタイプです。味わいは、アリゴテ特有のとがった酸味も無く、 とても柔らかい口当たりと共に適度な酸味を感じることができます (アリゴテだと教えられなければ気が付かないかもしれません)。 後味も悪くなく、すっ、と抜ける感じで、アルコールにやや弱い私でも、 嫌味無く飲むことができると思います。

とりたてて複雑な味わいだ、とは思いませんが、 自信を持って素直に美味しいワインだと勧めることができると思います。オススメです。

PS. なぜかこのワインは、キャップシールはとても硬くて、切りにくいです。 アルミニウムか何かでできているのかな?

---師範より---
ご入門、ありがとうございます。
A&P Villaineのアリゴテ・ブーズロン、なかなかイケてるとの評判は師範も耳にしております。 確か道場開設以前に飲んだ覚えがあるのですが、 その時は前評判が頭にありすぎたのか期待したほどでも・・・って印象でした。 とはいえもう5年以上も前の話、師範の嗜好も変わってたりするでしょうから、 最稽古する必要アリなようですね。
ともあれご報告ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年4月12日)
PENFOLDS KOONUNGA HILL SHIRAZ CABERNET SAUVIGNON 1999

「稽古日」2002年4月11日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」サントリー
「購入店」 大手町松坂屋 1,530円
「原産国」オーストラリア
「主要品種」シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン

久しぶりに、コンクール金メダルシールの貼ってあるボルドーが安かった(960円) ので抜栓。CHATEAU VIEUX MEYNEY 2000。名前がインチキっぽかったんだけど、 VINS D'AQUITAINE金賞だもの、期待したんです。ところが、これがなんと大ハズレ。 もう、よくある不味いボルドーの典型といった感じの、ボルドーの欠点を凝縮したようなワイン。 配偶者に別のワインを開けることを提案。普段なら、もったいないから、 と我慢して飲むところなのに、満場一致で次へ。 で、選んだのが同じお店で買ったこれ。

二つ並べて比べるまでもなくその差は歴然。果実味と豊かな香り。 食事なしでワインだけでも済んでしまうような充分な濃厚さ。 実際、このワインの濃さをたっぷり味わうためには薄めの味付けのものの方がいいようだ。 チーズとも各種合わせてみたけれど、 今回はどれも合うものがない。 特にゴルゴンゾーラとはゼンゼン合わない。ワインの味が判らなくなってしまう。 濃厚さ比べでは敵わなかったのでしょうか。
ところが、面白いことに、不味かったボルドーにはゴルゴンゾーラが合ってしまって、 ワインが美味しくなっちゃいました。 チーズの後のワインってホント美味しくなっちゃいますよね。 そんな訳で、あらかた2本も空けちゃって、3日間の休肝が帳消しになりそうな飲みすぎでございます。

飲み終えた後のグラスに残った香り比べでは、KOONUNGA HILLが高級感のある甘い香り。 ボルドーの方はVIN DE TABLEでよく遭遇するような安物の香りでございました。
そこで、結論、570円の違いでこの差なら、 次回はもう間違いなくKOONUNGA HILLにしよう。 もっとも、もうそんな組み合わせの機会は二度とないだろうけど。

シラー種のワインのラベルの共通点を一つ発見。どのくらい寝かせられるかが書いてある。 以前飲んだMONTES ALPHA 2000 SYRAH の裏ラベルにも似たようなことが書いてあった。 飲み頃を書くのが南半球のシラーの売りなんですかね?

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
ご報告のワイン、師範も(ヴィンテージ違いと) 稽古しております。なかなか強くてまとまりのあるワインだったような。 チーズとの相性がイマイチだったとのこと、なるほどそうかも知れません。 新大陸系の「果実がビッシリ」なワインって、 腐り系のチーズとかとはちょっと合わないかもですね。
ともあれ今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第五十八号てつんど殿より。 (報告日:2002年4月8日)
Petit Bourgeois Sauvignon 2000

VDP Jardin De La France (Loire France)
造り手 Henri Bourgeois
販売者 Two G. Limited
輸入者 昭産商事
価格 \1,220

造り手のアンリ・ブルジョアはサンセールのシャヴィニョール村、 プイィのサン・マルタン村などに65haのブドウ畑を所有している造り手で、350年以上、 10代にわたってワイン造りを続けているファミリー企業とのことです。
今回、この造り手のAOCサンセール数ラベルと一緒に、 VDPジャルダン・ド・ラ・フランスの白を入手し、まずはそれから楽しんでみたのですが、 これがなかなか高品質なものでした。
無色に近いほどに極めて淡い麦わら色の色合い。少し冷やして飲み始めたのですが、 まずは穏やかなグレープフルーツのような柑橘系の香り。そして、 時間の経過につれて柔らかな蜜のような甘い香りも広がってきました。 味わいは柔らかな酸味と甘すぎることなく深みのある果実味。 そして、舌の根本の両脇感じる軽くて心地よい苦み。
ロワールの白は安い価格帯を中心にけっこう飲んできている僕ですが、 このワインはその中でも傑出する美味しさでした。おそるべしVDPです。 これから夏に向かってまとめ買いしてしまいたいくらいの美味しさでした。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
アンリ・ブルジョワのワイン、師範も過去(3,000円以下ではないんですが) サンセールと稽古していて、 非常に薫り高くて好印象だった記憶があります。 (てつんど殿が買われたワインにこの銘柄と同じ物はありますか?)
関係無いですけど、アンリ・ブルジョワって『ブルジョワなんて名前でお高くとまってんなぁ』 って気がしていたんですが、フランス語で"Bourgeois"の意味を調べると 「中産階級/一般市民/俗物」とからしいんで、別に威張ってるわけではなさそうですな。
と、ヨタ話は置いといて、ご紹介頂いた白、見つけたら稽古したいと思います (あまり見ない輸入業者なんで入手が難しいかもですが)
それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年4月8日)
CASTORO CELLARS CABERNET SAUVIGNON 1998

「稽古日」2002年4月7日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」(株)ジャルックス
「購入店」 銀座松坂屋 催事場 (3月22日)1,800円
「原産国」アメリカ
「主要品種」カベルネ・ソーヴィニヨン

銀座松坂屋のワイン&地ビールフェアにて購入。 平日の昼下がりに行ったものだから、がらがらの貸し切り状態。 試飲コーナー6ヶ所と地ビールの一杯売りを5周して、へべれけになりながら、 何故か試飲もせずに買ったワインがこれ。その日は結局、 レオヴィル・バルトンを筆頭に酔っ払ってワイン10本とチーズ1kgも買ってしまった。

これを飲んだ前日に池袋の某所で試した、 ゴルゴンゾーラの蜂蜜和えに日本酒を合わせて美味しかったので、 今回も自宅で青カビ各種と蜂蜜でこのワインを楽しむ。 ロックフォールやデンマークブルー等の青カビだけでも充分にマリアージュするほど強い味。 さすがに、奉仕品といえども1,800円とそこそこの値段だけに、 非常に地味なラベルで、視覚的にはぜんぜんアピールしないんだけど、 期待しなかった分、カベルネらしさを思いのほかしっかり感じさせ、 全体に力強いワインで、それでいて飲み飽きもせず、お仕舞まできっちり飲める。 最初から最後まで一貫したストレートな味。

抜栓時にコルク天辺に印刷してあるビーバーの背中にコルクスクリューを差し込まねば ならないのがちょっと可哀相だけど(CASTOROとはビーバーのことらしい)。 パソ・ロブレスのワインらしく濃厚でアルコール度は高め。表示の13%より高いのではと思うほど。

ワインの味を、瓶に被っているキャップシールの鉛の質で見分けるという我が選別法にも合致し、 薄くて柔らかいキャップシール。珍しいことに、ラベル剥がしでとった後の瓶に痕跡が残らず、 剥がしとったラベルの裏を触ってみるとベタベタ。ひょっとして、 と裏ラベルを手で剥がすとこれまた綺麗に剥がれて瓶は素っ裸のつるっつる。 こんなラベルも初めてで面白い。

ボリュームたっぷりのストレートなカリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンを飲みたくなった時には 是非これをお薦め致します。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
ワインも美味そうですが、青カビチーズに蜂蜜ってのも美味そうですね。 ただ、味も香りも強いメニューでしょうから、 ワインの方もガッツ溢れるものじゃなければ相手にならないでしょうね。 その点、ご紹介頂いたワインは難なくそれをこなした、ってことですから、 きっと相当イケてるワインだったと想像します。
ともあれご報告ありがとうございました。師範も今度やってみようっと。


門下生第六十四号ぺけ殿より。 (報告日:2002年3月25日)
Dom Chevallier Brut <ドン・シュバリエ ブリュット>(泡)

原産地:スペイン
地方名:カヴァ
格付:DOカヴァ
輸入業者:サッポロ
購入店:マインマート日の出町店
購入価格:980円

我が家で1年に10本は消費しているであろうスパークリングです。
なんといってもこの手頃さ。 しかしマインマートでしか見かけたことがありません。 しかもここ1年、BRUTを置いておらず、DRYに変わってしまいました。 (BRUTは980円には見えない外観があるのに対しDRYはいかにも安物! といったようなデザインでちょっと悲しいです)
ヴーヴクリコ(イエローラベル)を飲んだとき、 「おや?ドンシュバと大差ないじゃん」と思って以来、 お気軽スパークリングとして常備してあります。
前述のわけあって、BRUTには約1年お目見えしていないのですが、 DRYでも十分さっぱり+スッキリとした味わいが楽しめて美味です。 色は薄めですが、活力のある気泡で、イーストや果実香が広がり、清涼感に富んでます。
当分シャンパーニュはレストランか人から頂かない限り手を出しそうにない状況です。

---師範より---
ご入門、ありがとうございます。
980円で美味いスパークリング、良いですね。 カバって、案外アタリハズレが多い気がするので(ハズレだとなんだかニガい)、 美味いカバのご紹介は大変参考になります。今度買って稽古してみます。 (ちなみに、師範が最近飲んで良いと思ったカバはセグラ・ビウダスです)
それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第三十二号あんぱん殿より。 (報告日:2002年3月18日)
Haut-Medoc 1981

生産者 Chateau Fort de Vauban
生産地 France Bordeaux Haut-Medoc
買った店 エノテカ広尾店
値段 値段 2900円

蒼いインクの万年筆でカタカナの「ハ」あるいは漢字の「八」 の字を書き、これを逆さまにしてみる。 このワインを飲んだとき、なにか、こういうものが、 舌の付け根から喉の入り口にかけてあるような気がした。 熟成してまっせぇっという練れた重合度の高いちょっと分泌物っぽい香り。 表面張力部分は儚げな煉瓦色なのに、最深部は向う側が見えない程の黒さ。 10年前ならさぞかし、と思わせる心地よい渋み。 そして蒼い「八」の字。 多弁ではなく、雄弁な、質実剛健なワインでありました。

1日目は、今が一番安全だ!だって全数検査してるんだもん(ほんとか)、 な和牛のステーキと。 そして2日目は山椒をたっぷりふった鰻の蒲焼と。 特に後者はほんのりとした甘味が出て前者よりも合体度高し!
門下生最古ワイン探求の旅。 第一段のご報告でございました。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
門下生最古ワイン探求、なかなかの名企画でございます。 ちなみに、道場に掲載している稽古範囲価格のワインで、最古のものは1979産 (コレコレ) でございます。 安ワインといえどもボルドーだと結構丈夫だったりするような印象がありますな。
で、肝心のワインですが、「蒼い逆さの八の字」・・・ ちょっと印象の共有に苦しむ表現ではありますが、 黙して「おいでおいで」をしているようなワイン、ってことでしょうか? ま、美味ければそれで良し、ということで。
それでは今後ともよろしくお願いします。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年3月16日)
CHATEAU LE GRAND VERDUS 1999

「稽古日」2002年3月15日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」(株)スマイル 6本セット 11,280円
「原産国」フランス
「主要品種」メルロ-90%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%

稽古日誌3月10日で師範お薦めの一本。師範ポイント83点。 ワタクシ、この83点、と、デリバリーワインさんの 厳選 お買い得12本セット の中身ではない別の一本である、という部分に胸騒ぎを覚え、早速注文。 充分に休ませるのももどかしく、早速いただきました。
どこからともなく現れたピチピチして若く甘い香りを漂わせた妖精のような女性に 囲まれたような昂揚感。ウマイ。甘い。やわらかい。メロー。 一本空くのが速過ぎて悲しくなってしまう程の美味しさでございました。 グラスに残った香りがいつまでも甘く、 翌日の瓶の残り香もタップリ楽しめます。至福の一本。

師範ポイント高得点ワインを時々チェックしては、 なかなか手が出ない値段に断念する事が多かった私でしたが、 この値段なら、と思い切って6本セットを買ったのでした。 あんまり美味しいもんだから結局木箱入り12本セット21,800円も注文しちゃった。 注文してから慌ててインポーターである(株)スマイルをチェックしましたが、 2,300円で出ておりました。そういう意味でもこのセットは安いなあ、と一安心。 みなさんも如何ですか?
かく言うワタクシ、デリバリーワインさんの回し者ではありません。念のため。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
師範高評価ワインを追稽古されたとのこと、それで確かにイケてるワインだったとのこと、 大変安心しましてございます。 あのワイン、いわゆる高級ボルドー的な"重厚さ"はないですが、 とにかく華やかで良い感じですよね。 それにしても6本+12本、豪快な買いっぷりでございます。
それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十三号さる殿より。 (報告日:2002年3月15日)
Ramsay 1999 California Pinot Noir Lot #14

生産者 C. Ramsay Winery
生産地 USA Oakville, California
値段 11.00ドル

ピノノアールらしいやわらかい花のかおりと軽いいちじくジャムや熟したさくらんぼのような果物のかおりです。 色合いはやや薄めの紅色ですが、今でも充分楽しめます、渋さもほんのり。 あまり樽のかおりやバニラのような香りはありませんので軽いお食事とぴったりだと思います。 夕方早い時間から始まるお食事での最初の1本。今回はチキンソテーと頂きました。

---師範より---
はるばる米国カリフォルニアよりのご入門、ありがとうございます。
カリフォルニアのワインといえば、 ジンファンデルに代表されるようなドンと重くて甘味の強いものが一般的で、 ピノ・ノアールさえも甘渋い、という印象がありますが、 ご当地ではこういう軽い系のものもあったりするんですね。 そちらで11.00ドルだと日本に輸入されれば2,000円強とかになると思うので、 そういう価格の軽やかワインが受け入れられるかどうかはちょっとアレですけど、 飲んでみたい気もします。
というわけで、今後とも現地よりのご報告、お待ち申し上げております。


門下生第六十号TOMOYAN殿より。 (報告日:2002年3月6日)
Chateau de La Jaubertie 1998
シャトー・ドゥ・ラ・ジョーベルティー 1998

産地:フランス、Sud-Ouest、ベルジュラック(Bergerac)
購入店:川崎西武
購入価格:1,350円
輸入業者:アサヒビール
飲んだ日:3月5日

このワインを造っている英国人、ヒュー・ライマンという人は、 実は欧州では大変な有名人らしいです。 飛行機で世界中を飛び回り、一年中ワイン造りをするという、 いわゆる「フライング・ワイン・メーカー」の第一人者なのですが、 日本でさほど話題にならないのは、 彼のワインはモルドヴァとかモロッコとかでつくる安価なものばかりだからでしょうか。
そのライマン氏が、 「赤ワインの錬金術師」ミッシェル・ロランと組んで造ったのがこのワイン。 実は話題の一本なのかも?

色は濃いルビー色。熟成した印象は無く若い印象。甘い果実香、 わずかなバニラ香とともに、やや青臭さを感じる。 飲んでみると、まろやかだが「薄い」。ブルーベリー様の果実味。 軽いが明確なタンニン、酸があり、青茎やハーブの風味もある。香りの印象よりはドライ。 余韻は中程度の長さで、後口にややスパイシーさを感じる。 タイプからするとボルドー右岸、サンテミリオン・サテライトあたりのものに近い。
能書きからすると完全に拍子抜け、 もっと濃厚で果実味たっぷりなものをイメージしていたんだけど・・・ ミッシェル・ロランはどこに?
ところが、グラスを重ねるごとに、しみじみ美味しい。 突出した「凄さ」というものは全く無いのだが、極めて上品でバランスが良い。 複雑さも備えている。今日は半分位まで、と思っていたのに、食事を終えてもやめられない。 間に合わせで出したプロセスチーズともびっくりするぐらいに合う・・・ そうこうするうち1本完了。久々です、平日にこれだけ飲むのは。
一杯だけ飲むような場合では全然評価されないワインでしょう。 食事とあわせて、時間をかけて半分〜1本飲む。そんな飲み方が良さそうです。 個人的には大変気に入りました。でも他人にオススメするかというと別問題。 だって第一印象であまりパッとしないし、産地もマイナー。 そしてこの価格ならもっと分かりやすいワインがいくらでもありますから。

---師範より---
久々のご報告、ありがとうございます。
一口飲んでもイマイチだけど一本飲んだらオッケーのワイン、 そういうワインこそ当道場にて紹介すべきワインだと考えます。 と言いますのも、 一口飲んでのテイスティング・レポートであれば、 「安ワイン道場」などというエエ加減なページに書かずとも、 名だたるお歴々の方々が出版物/Webを問わず溢れんばかりに情報発信されていますので。
で、TOMOYAN殿の拍子抜け感、師範にも理解できます。 『ヒュー・ライマンとミシェル・ロランが組んだ・・・』なんて聞かされたら、 鼻や口より先に目や耳で香りや味わいを想像しちゃいますからね。 平常心を持って稽古に望みたいところであります・・・っつてもなかなか難しいですけどね。
ともあれありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年2月22日)
POGGIOPIANO Chianti Classico 1998

「稽古日」2002年2月21日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」土浦鈴木屋 楽天アサヒヤ価格1,980円
「原産国」イタリア
「主要品種」サンジョベーゼ

所属する部門が営業譲渡され、お先真っ暗になった夜、休肝日の禁を破って自宅で残念会。 会社自体は利益を出してたんだけどねえ、万年赤字部門だったのでズバッと切り離された。 人生いろいろでございます。

実はこのワインはバッシアーノのヴィーニャ・イル・コルト98 1,950円と メオ・カミュゼ のブルゴーニュ・ルージュ99 3,900円を 楽天のアサヒヤ酒店で始めて購入したところ、 ほどなくして「当選!おめでとうございます」1月のプレゼントワインはあなたに!と、 勝手に送られてきたワイン。昔の通信販売のように、ご当選おめでとう、 といって不要なものを売りつける手管を思い出して、 どうせろくなものではないだろうと思っておりました。 当選通知には、 『この度は1月のプレゼント企画に見事、当選されおめでとうございます。 プレゼントのお品「キャンティ・クラシコ98ポッジョピアーノ」を贈らせて頂き ます。ポッジョピアーノはイタリア・トスカーナで秀逸な生産者として世界で有名です。』 な〜んて書いてある。どうでもいいけど応募したオボエもないし、 世界で有名でもわしゃ知らん、とぜんぜん期待してなかったんですよ。 銘酒辞典にも載ってないし。

精神状態も最悪だし、ワインも旨そうじゃない、とそんな感じで抜栓したんであります。 ところが、 抜いた瞬間からコルクから香る甘〜い樽香。襟を正しましたね。抜群の凝縮感。 部屋一杯に広がる香り(チョットおーばー)。味わいは香りの強烈さほどではないが、 上品な仕上がり。途中香りが弱くなると香りと味が一体となって次の次元へ。 それからさらに大きく膨らみ、お仕舞はサンジョベーゼっぽさがしっかり出てまとまる。 そんな感じ。 最初から最後まで上品。いままでに飲んだキャンティクラシコの中でベストだと思う。 今回のアテは、少量でも充分に重く、複雑で、ねっとり感を楽しめる、 樫の葉で巻いてあるスペインの青かびと、 近所のダイエーで詰め放題100円の殻付き南京豆(1Kgくらいありそうだ)と見事にマッチ。
師範にも是非お試し頂きたいですね。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。 ご勤務先の処遇とワインの当選、世の中悲喜交々ですな。
で、ご紹介頂いたキアンティ、なかなか美味そうですね。 「ポッジョピアーノ」なる造り手は師範も存じ上げません。 機会があったら試して見たいと思います。
それでは。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年2月14日)
SCHLOSS VOLLARDS RIESLING SPATLESE 1996

「稽古日」2002年2月12日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」サントリー 見切り価格1,900円
「原産国」ドイツ
「主要品種」リースリング

ダイエーの見切り品コーナーにひっそり置かれていた一本。 初めは3,000円台の値付けがされていたのに、誰も見向きもしないので、 あれよあれよと、この値段まで下がって、 これ以上待つと誰かに気付かれちゃうかもしれないので、痺れを切らして購入。 ボア・カントナック1995も2,000円で購入。(こっちはおおハズレ)

ホントはもう5年程持っていることを忘れるつもりだったのですが、 なぜか美味しいリースリングがどうしても飲みたくなってついつい抜栓。 グラスに注いだ瞬間、まず、その色に驚いた。 ビタミンドリンクをちょっぴり水で割ったような鮮やかな明るい黄色。 この時点で開けたことを後悔。やっぱりもっと置いとくべきだった。 案の定、フレッシュさはそれほど感じられないものの、 熟成というにはほど遠く、まだまだ若い、若い。 アルコール分も11%で私の体調にマッチ。 甘辛さもいい塩梅で、美味しさにどんどんぐびぐび喉を通過していってしまう。旨い。 今時珍しくボトルの首の部分に「果実酒」なんて書いた白い小さな紙片が張ってあったり、 裏ラベルのアルコール14%未満という表示も、実際の度数との差を考えると、 古臭い表示に見えたりして、はからずも酒税法改正前に販売されたことを物語るような、 まだそれほど経ってもいないのに歴史を感じさせるような、とっても面白いワインでありました。

それにしても、自ら長熟させたリースリングを楽しむには、 飲まずに我慢の忍耐が必要で難しいもんであります。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。最近ご報告はちんちくりん殿がほとんどでありますな。 他の門下生諸氏や新規な方にも精進を期待したいところであります。
熟成白ワイン、極甘なものは別にして、師範はあまり良い印象がありません。 なんだかシェリーのようなうらぶれた感じがどうもピンと来なくて。 シャンパンとかでもそうです。
とは言いながら、ドイツ産の熟成モノは稽古経験が無かったりしますんで、 (ご報告のワインを入手することは不可能だとしても) ちょっと古いドイツ産を見かけたら稽古してみることにします。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年2月3日)
RICHEMONT CINQ CEPAGES WHITE 1999

VIN DE PAYS D'OC
「稽古日」2002年2月2日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」アサヒビール 小売1,500円位?fine wine の福袋の中の1本
「原産国」フランス
「主要品種」判りません

昨年、南青山のフレンチレストランBANDOLでfine wine clubのオフがあった時、 鱸のポアレ・バルサミコソースに合わせるワインとして出てきたプロヴァンスの CH.GRAND SEUIL(A.C.Coteaux d'Aix en Provence) 廣屋インターナショナル これがやたら美味しくて、セパージュは何だろう?という話になり、 参加者のあちこちからシャルドネ、しゃるどね、CHARDONNAY!という声が挙がり、 私もシャルドネに違いないと思って、 プロヴァンス生まれの店主に尋ねたところ、ブールブーラン、ユニブラン、マルサンヌとのこと。
その話をとあるベルギービールフリークに話したところ、 プロヴァンスワインでシャルドネはないだろう、とせせら笑われた。
どうしても納得がいかず、注文して取り寄せ、もう一度飲んでみて、 裏ラベルを見ると、そこには、Cepages:Sauvignon‐Blanc、Grenache‐Blancと書いてあった。 あのプロヴァンス野郎、デタラメ教えやがって。そういえば、 プロヴァンスってイタリアに近かったなあ。あの店主もイタリアの血をひいているのかしらん。 まぁ、それにしても、品種当ては難しい。そんなことがあって以来、 人前でワインの品種を云々するのが憚られるようになったが、 いまでも、あの時のワインはシャルドネを使っていたに違いないと固く信じております。ハイ。

そんなことを思い出させたこのワイン。その名も CINQ CEPAGES。 名前から察するに、5種類の品種を使って造っているのは間違いないだろうけど、 表にも裏にも5つのセパージュは書いてない。 CH.GRAND SEUILほど洗練されてはいないものの、 どこか、樽香と、またもやシャルドネを感じてしまい、 翌朝の瓶の残り香にもハッキリクッキリそれがあって十分に楽しめる。 私自身の「美味しいワインの基準」の最高位は、飲み進むうちに、 いつのまにかワインの残量が瓶底に近くなり、 もっと飲みたいのに~という思いにさせるもの。 このワインはそれに次ぐくらいの美味しさで、 けっして安物VIN DE PAYS D'OCではないところがおおいに気に入った1本であります。 当然、アっと言う間に空に。 裏ラベルの、白身のお肉とお楽しみください、というのは解せないけど。

---師範より---
矢継ぎ早のご報告、ありがとうございます。
『飲み進むうちに、 いつのまにかワインの残量が瓶底に近くなり、 もっと飲みたいのに~という思いにさせるもの。』 という美味しいワインの基準、非常に納得であります。 であるがゆえに、テイスティング的な「一杯だけ」での評価は、 納得がいかんトコロであります。
品種に関しては、師範は当てる自信は全くありません。 当てられるようになるためには「一杯だけ」のテイスティングを重ねなきゃ無理でしょうから、 ハナっから諦めてます。
・・・というわけで、話が脱線しましたが宜しくご了承下さい。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年1月29日)
AVARUS 1998 CHARDONNAY VIN DE PAYS D'OC

「稽古日」2002年1月28日
「稽古した場所」荒川沖の居酒屋
「インポーター」(有)土浦鈴木屋 小売1,550円
「原産国」フランス
「主要品種」シャルドネ

工場での会議のあとの宴会を居酒屋で行うとのことで、 どうせ酒飲むんならワインでなきゃ、と (荒川沖あたりの居酒屋ではワインなど置いてなかろうと昼飯の時間を割き) 久しぶりに土浦鈴木屋に出掛け、 店主に、1,000円、2,000円、3,000円台 のそれぞれの価格帯でベストなコストパフォーマンスワインを1本づつチョイスしてもらう。

このシャルドネは店主によれば、何やらのブラインドでNO.1だった由 (肝心の部分聞き漏らした)。 宴会のどさくさに紛れて持ち込んだため、ワイングラスを所望できず、 また、案の定、吟醸酒がドーンとクーラーに並んでいるまっとうな居酒屋なので、 ワイングラスなど望むべくもなく、ビールを飲んだグラスで、とも洗いしつつこっそり飲む。
ぅーん~、せこいビールグラスにもかかわらず、香りのパワーに圧倒される。 1,550円でこの香り、なんか不自然じゃないか?と思えてしまうほど素晴らしい。 さすがNO.1です。 色、味ともにお値段以上の価値でございました。
持ち帰った瓶で翌日もしっかり残り香遊び。 最近、ライオネル・J・ブリュックのいまいちピュイイ・フュイッセを飲んだあとだけに、 力強いシャルドネにうっとりでありました。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
宴会で飲まれた、とのことですので、一人あたりの量はあまり多くないですよね? 品評会とかでウケる「バーン!」とアタックの強いワインって、 一杯目は凄く美味しいけど次第に飲み飽きする、 なんてのがあるのでちょっと要注意だと思ってます。 でも、このケースは元から宴会に持ち込むことを想定されて買い求められておられるので、 そういった意味ではナイスチョイスですな。サスガであります。


門下生第六十一号ちんちくりん殿より。 (報告日:2002年1月23日)
BOURGOGNE COUVENT DES JACOBINS 1998

LOUIS JADOT

「稽古日」2002年1月22日
「稽古した場所」横浜の我が家
「インポーター」日本リカー 小売2,000円
「原産国」フランス
「主要品種」ピノ・ノワール

最近カリフォルニアワインが続いて、少々アルコールの高さが身体にこたえるので 2〜3度落としたワインをチョイスして欲しいとの配偶者の命を受け選んだ一本。
配偶者のお友達が手土産に持参したワイン(ワインは飲まないので、とのこと)。 お返しにブラントンを一本持たせる(バーボンは飲まないので、と。 でも開けてみて香りの素晴らしさに、あげちゃったのを後悔。 アホです。それにしてもホワイトオークのあの樽香は凄い。今度買って置いとこう)。

前置きはこのくらいにしてこのワイン。 当然、師範はLOUIS JADOTはほとんど稽古済みだと思いますが、私は3本目。 過去に飲んだBOURGOGNE(ドミニク・ローラン)を多少イメージしてしまったので、 あまりの違いに新鮮な驚き。そりゃ、まぁ、新樽200%な〜んてこと言って、 出来不出来がバラバラなドミニクと、大手とは違いますわなあ。

抜栓後の、北国の湿った埃っぽさ風のアタックを飛ばすため、 乳白系薄紫に着色したコルクをしばし眺め、 本日の晩ご飯(ローヌワインで煮込んだビーフシチュー)をつむ。
やはり12.5%のアルコールのワインであるのでグイグイすすむ。 新鮮な果実味はなにかのタルトでも食べているような錯覚に陥るほどのみずみずしさ。 ちょっと硬い味わいではあるものの、 クリームチーズとシチューとブルゴーニュで見事にまろやか。 2,000円ってのは中途半端な値段だけど、 やはり有名なネゴシアンのワインは安心して飲めるなぁ、と感じた次第。 二人で丁度いい一本でした。

最近安ワインをあんまり飲んでない、という超贅沢三昧が続いているので、 生活を本来の姿に戻すきっかけになったワインでありました。

---師範より---
毎度のご報告ありがとうございます。
『師範はLOUIS JADOTはほとんど稽古済みだと思いますが・・・』なんて書かれてますが、 ジャドみたいな巨大ネゴシアン、さすがにそれは無理ですね。 稽古日誌に載っているのは14種16本、 その中で一番多いのが(3回稽古)、ご報告頂いたACブルゴーニュ「クーヴァン・デ・ジャコバン」 です。19961997を2回稽古していて、 ハズしたことがありません。 1998も良かったとのことですので、 安心して人様にお薦め出来る『安ワイン道場推奨銘柄』ですな。 手土産にお持ちになったお知り合いは、飲まないながらも素晴らしい選ワイン眼をお持ちかもです。
というわけで、今後ともよろしくお願い申し上げます。


門下生第三十二号あんぱん殿より。 (報告日:2002年1月13日)
Riesling Auslese 1999 Maximin Grunhauser Abtsberg

生産者 C. von Schubert
生産地 Germany Mosel-Saar-Ruwer
買った店 やまや渋谷店
値段 1480円(375ml)

微炭酸。遠くのほうで桃の香りがする。 酸味と甘味がビロードの赤い絨毯ロールと化して地平線に向かってすーっと転がって いくような感じ。 なんとすばらしい酸味。なんとも上品な甘味。 元旦のお屠蘇代わりに、おせち料理、お雑煮といっしょにいただきました。 年初にふさわしい一本でありました。

---師範より---
ご報告ありがとうございます。
正月の師範はと言えばフランス産の泡やら赤やら飲んだんですが、どーもしっくり来ませんでした。 「やっぱり日本の正月は焼酎かビールか清酒に限る」と思ったんですが、 清酒風のドイツ産という手もありますね。勉強になります。
それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。


2002年報告分 2001年報告分 2000年報告分 1999年報告分 1997/1998年報告分

by 師範