[トップページ] [平成10年上期一覧][国柄探訪][911 詩歌]
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (23)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成10年2月7日 1,972部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/        国柄探訪: 和歌の前の平等
_/_/
_/_/                    ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/    1.夏休みの宿題の短歌が選ばれた
_/_/    2.いじめに負けず
_/_/    3.移民の労苦を偲ぶお歌
_/_/    4.和歌の前の平等
_/_/    5.世界から見た歌会始め
_/_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.夏休みの宿題の短歌が選ばれた ■

 夏空に音は広がりかげろふの揺れる道の辺(べ)パレード終る

 大阪の女子高生・佐藤美穂さん(17歳)が夏休みの宿題で作っ
た短歌だ。この1月14日、皇族、各界代表者約80人が参列した
新春恒例の「歌会始(うたかいはじめ)の儀」で、10首の入選歌
の一つとして、朗詠された。お題「道」に寄せて、日本全国、海外
から詠進された2万16百余首の中から選ばれたものだ。高校生の
入選は、実に39年ぶりである。

 この歌に関して、ニフティサーブの吹奏楽の会議室では、次のよ
うな感想が寄せられた。

     夏の青く暑い空に自分たちの音が広がっていったこと、ふと
    見た道の辺に陽炎がたっていたこと、そういう中でパレードが
    無事に終えられたこと、このような小さな自分の感動をよく見
    つめて歌を詠んでいるなぁ、と思いました。
    
     パレードに一生懸命取組んだ佐藤さんの生き生きとした姿が
    よく伝わってきます。普段雑事に奔走しているワタシも、なん
    かこう、ふうっとなつかしくなり、ほっとさせてくれる歌でし
    た。不思議ですね。(岡山英一)

 歌を始めたばかりの女子高生が自分の経験を詠んでみた。その歌
を通じて、その時の気持ちが手にとるように伝わる。まさに短歌と
は「詠む人の想いを言葉で真空パックした贈り物」であると言える。
儀式の終了後、天皇、皇后両陛下にお会いした佐藤さんは「“おめ
でとうございました”と両陛下はやさしくほほ笑んでおられまし
た」と語った。

■2.いじめに負けず ■

 次に朗詠されたのは、北九州市の放送作家、吉永幸子さん(二
七)。20代での入選も、33年ぶりだ。小学生のときからいじめ
にあい、高校時代にはついに登校拒否に。成人式にも出られず、母
親が作ってくれた振りそでを着られなかった。歌会始には、その振
り袖を初めて着て、参列した。「今回初めて応募したが、入選でき
て、失われた青春時代も報われた気がする」と手放しで喜ぶ。

 いちにちがきらきらとして生まれ来ぬ海の道ゆく父の背あかるし

 西に向かって博多湾を出ていく小さな漁船。その上にすっくと立
つ父親のたくましい背中に東から朝日があたっている。一面のさざ
波が朝日にきらめいて、一日が生まれ出た所である。そんな情景が
浮かんでくる。吉永さんは父親の頼もしい背中に励まされ、その体
験を歌に詠むことで、いじめによる心の傷を癒したのであろう。両
陛下から「ご両親もさぞかしお喜びのことでしょう」とお声をかけ
られたという。

■3.移民の労苦を偲ぶお歌 ■

 皇后陛下は若い二人の入選を特にお喜びになった、と伝えられて
いる。その皇后様は、次のお歌を詠まれた。

 移民きみら辿(たど)りきたりし遠き道にイペーの花はいくたび
 咲きし

 昨年のブラジルご訪問の時に詠まれたものである。ブラジルの農
園に至る道に咲くイペーの花をご覧になられて、三代に渡る移民達
が、いくたびこの花を見上げながら開墾作業に向かったかを、思わ
れてのお歌である。きびしい農作業のあいまに農民をなぐさめたイ
ぺーの花を通じて、日系移民達の心を皇后様が思いやられる、さら
にそのお歌を通じて、我々にも皇后様のお心が偲ばれる。まさに歌
とは、人々の心をつなぐ架け橋である。

■4.和歌の前の平等 ■

 このように和歌は、歌のテクニックを競うものではなく、そこに
こめられた「まごころ」を歌い、詠み味わうものである。

 現代では「まごころ」とは誠実さとか、人に対する思いやりとい
う意味で用いられるが、古来の大和言葉では、「まごころ」とは
「真心」であり、「人間の真実の思い、こころ」と言う意味であっ
た。そして人間の真実の思いを大切にし、それをお互いに理解する
事が、大切である、そういう考え方のもとに、自らの「真心」を見
つめ、互いの「真心」を通わせるために日本人が発明した独創的な
方法が和歌なのである。

 我が国最古の歌集、万葉集においても、地位や財産などの外形的
なものよりも、人間の真実の思いを尊ぶ姿勢は、すでに明確に現れ
ている。そこには天皇の歌から、名もない農民や兵士の歌まで収録
されている。たとえば、次のような歌がある。

 父母が頭かき撫で幸(さ)くあれていひし言葉ぜ忘れかねつる

     出がけに、父母が自分の頭を撫でながら、「くれぐれも気を
    つけていっておいで」と言ってくれた言葉が、忘れられない。

 天平勝宝七年(西暦755年)に、大陸からの侵攻に備えて、東国か
ら九州太宰府に派遣された少年兵士の詠んだ歌である。年の頃は、
冒頭の高校生の佐藤さんと同じ位ではないか。その親を思うまごこ
ろは、1200年以上も後に吉永さんが「父の背あかるし」と詠んだ親
子の情と変わらない。

 万葉集は、地位や財産に関係なく、老若男女に関わりなく、まご
ころを詠んだ歌、そして、そういう歌を残した人を長く歴史に留め
ておこうとしたのである。

 キリスト教での「神の前の平等」に対し、これを「和歌の前の平
等」と喝破したのは、渡部昇一の名著「日本語のこころ」(講談社
現代新書)であった。我が国では、この「和歌の前の平等」を原理
として、国民がお互いにまごころを通わせるような国を理想と考え
ていたのである。

 歌会始はこの理想を国家的制度にまで具現化したものである。

■5.世界から見た歌会始め■

 歌会始めは平安時代から行われていたようだ。宮中恒例の年頭行
事となったのは、後土御門天皇御在位(1464-1500)の頃と言われ
ている。国民一般の詠進が始まったのは、明治5年。それからすで
に125年もの歳月が経っている。

 今年の歌会始で女子高生が宿題で詠んだ歌が、両陛下以下、新聞
やテレビを通じて全国民に披露されるというのは、この「和歌の前
の平等」の伝統が現代の歌会始にも脈々と息づいている事を示した
ものである。

 このように天皇と国民が一同に会して、お互いに歌を通じてまご
ころを通わせ合うというのは、外国人から見ても、驚くべき文化伝
統であった。イギリスの桂冠詩人ブランデン、今上陛下の家庭教師
であったアメリカのヴァイニング夫人は、それぞれ歌会始に陪席し
て、美しい感想を残している。

 また白百合女子大のマリー・マリー・フィロメーヌ教授は、
”The New Year's Poetry Party at the Imperial Court -Two Dec
ades in Post-war Years, 1960-1979" (北星堂、昭和58年)で諸
外国に皇室の歌会始めを1冊の本で紹介され、

     日本の皇室と国民との間に、歌を介した美しい、次元の高い
    交流がある
    
と記された由である。(皇后陛下の御歌集「瀬音」p235-7)

 「和歌の前の平等」という優れて精神的文化的な伝統が我が国の
古来からの国柄の一つとなっている事を、2月11日、建国記念の
日に思い起こしたい。

■おたより 大石 郁夫さんより 

 ひとつひとつの短歌に感動し、心が洗われるようでした。特に、
昨年ツアーでブラジルに行って、日本人の評価が高いのを知り、日
系移民の苦労をしみじみと感じたところなので、皇后様のお歌には、
思わず涙してしまいました。良き意味で日本人としての誇りを思い
起こしてくれました。

■編集部より

 両陛下のブラジルご訪問では数々の感動的なシーンがありました。
JOG(16) 国際親善を損なうマスコミ報道 もご覧ください。

© 1998 [伊勢雅臣]. All rights reserved.