[トップページ] [平成10年上期一覧][人物探訪][223 東南アジア][319.8 戦争と平和]
         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (32)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成10年4月11日 2,373部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/    人物探訪:現代青年の威厳−中田厚仁さん		
_/_/   
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/   1.I am dying
_/_/   2.投票箱の中から感謝の手紙
_/_/   3.僕たちの国の福祉もパンだけであってはならない
_/_/   4.厚仁さんの示したもの
_/_/   5.なんであなたがいかなければならないの
_/_/   6.カンボジアからの遺族弔問
_/_/   7.大会に参加できた喜びを今後の国造りに役立てたい
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.I am dying■

 "I am dying"(私は死んでいきます)という荘重な言葉を最期に、
中田厚仁さんが、25年の短い生涯を終えたのは、今から5年前の
平成5年4月8日、場所はカンボジア、コンポトム州であった。中
田さんはUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)のボランティ
アメンバーとして、総選挙実施の支援活動をしていた途中、何者か
に、至近距離から2発撃たれ、一発の銃弾は左側の頭の後ろから左
目に貫通したのである。

 20年もの内戦の続くカンボジアでようやく停戦合意が成立し、
総選挙を実施する事になった。中田さんは選挙について説明をする
ため、各地を廻っていた。武装解除に応じないグループもあり、ま
た国土には1000万発といわれる地雷が埋設されている。その中
でも最も危険なコンポトム州に自ら志願した。悪路に次ぐ悪路で、
車で行けなくなると、川に出てフェリーで行く。フェリーが駄目に
なるとカヌーを漕いでいく。それでも行けなくなると、2時間以上
も泳いで村々を廻ったという。[1]

■2.投票箱の中から感謝の手紙■

 奇しくも中田さんの49日の法要と同じ日、5月23日に総選挙
が実施された。中田さんが担当した地域の投票率は99.99%、カンボ
ジア全土の90%を遥かに超えていた。投票箱を開けてみると、投票 
用紙の間から、手紙がいくつも出てきた。その一つはこう語ってい
る。[1]

     今まで民主主義とか人権とかいう言葉に触れることなく、一
    生戦争のなかで、暮らさねばならないのか、と思っていたけれ
    ども、こうやって初めて自分たちの意思が表せる選挙ができ、
    こんな嬉しい事はない。ありがとう。

■3.僕たちの国の福祉もパンだけであってはならない■

 厚仁さんは、昭和43年に生まれた。仁は慈しみを持って、人を
愛する心、そういう心の厚い人になって欲しいと両親は願って、  
「厚仁」と名付けた。

 商社マンだったお父さんとともに、小学校時代をポーランドで過
ごし、お父さんに連れられてアウシュビッツの収容所も訪れている。
そこで感じた事もあったのであろう。中学一年の時に「ポーランド
の福祉」という文章を書いている。[1]

     僕は今思います。ポーランドの人たちは、福祉というものを
    お金持ちが貧しい人に施しをするようなものだとは決して考え
    ていない事です。その考えの底に強く流れているものは、自分
    たちよりも力の弱いものに対する暖かい思いやりのある心です。 
    ・・・ 
     それは、 ポーランドの人たちが戦争という不幸な体験の中 
    で、多くの同胞を失い、財産を失い、生きていくために必要な
    最低限度のものさえ失った中にあっても、決して失わなかった
    ものです。・・・
     僕が見てきたポーランドの人たちはこう言っていました。 
    「人はパンのみにて生くるにあらず」。僕は今強く思います。 
    僕たちの国の福祉もパンだけであってはならない。

■4.厚仁さんの示したもの■

 遺骨を抱いて、帰国された父・武仁さんから、「政府は、あるい
はUNTACはどう責任をとってくれるのか」というような恨みつ
らみの言葉を聞き出そうとした放送局のインタビュアーもいた。し
かし武仁氏は、息子の死に対して、誰かに責任を求めるような言葉
一つ吐かず、逆に次のような手記を残された。[2]

     厚仁のからだは白い布に包まれ、とどめを刺された一撃であ
    る後頭部から左目に貫通した銃弾の痕も、それと分からないよ
    うに包帯で包まれていました。母親がせめて手だけでも握って
    あげたいと申しまして、恐れおののきつつ白い布を解きますと、
    厚仁の手は胸のうえで合掌するように組まれていました。この
    姿を見たとき、私には、厚仁が私たちの息子であるというよう
    りも何か崇高なものであるような気がしたのです。・・・

     息子ではありますが、気だかい人間性の発露、人間の尊厳を
    見たような気がして、もう厚仁は私たちのものなどではなく、
    たいへん気高いものになったという感動を覚えました。・・・

     信ずるもののためには命を捧げても行動する、という崇高さ
    を持った人間を示してくれたことが、厚仁の救いであると思い
    ます。貴いもの、崇高なものが人間の中にはあるということを
    信じさせてくれた事が。

 「今でも深夜や朝方には、耐え切れず、泣き叫ぶことがある」と
いう親としての悲しみと、息子の気高い姿に人間として感動すると
いう事は、ともに真実の思いであろう。

■5.なんであなたがいかなければならないの■

 カンボジアへのPKOに参加した日本人は数多い。自衛隊から
は、総勢約1800人、また文民警察として75人の警察官が派遣
された。そのうちのひとり高田警視も命を落とされている。

 自衛隊の伊丹のある部隊では、PKOへの志願が定員の30倍に
も達したという。[3]

    「日本の代表としてしっかり活躍したい。同じアジアの国の発
    展に協力できる事がうれしい」(陸二曹28才)

    「当初は両親にも反対されましたが、国際貢献のためだからと
    必死に説得した。」(陸三曹30才)

 派遣の一ヶ月前、長男が生まれたばかりの妻は、夫(陸三曹)の
派遣が決まった時、「なんであなたがいかなければならないの」と
泣きながら訴えたという。

    「私が泣いた時、主人はじっと黙っていた。恐らく辛かったの
    でしょう。生まれたばかりの子供のそばにいてもらいたい。今
    でも行って欲しくない。」

 危険な地雷処理をしても、その手当は1時間で缶ジュース1本分、
家族への電話代、1分千円前後の通話料も、自己負担だという。そ
ういう悪条件にもくじけず、カンボジアに赴いた青年達の気持ちは、
中田厚仁さんと変わるところがないであろう。

「なんであなたがいかなければならないの」という妻の訴えに答え
るのは、中田厚仁さんの次の言葉だ。

     だけれども僕はやる。この世の中に誰かがやらなければなら
    ない事がある時、僕は、その誰かになりたい。

■6.カンボジアからの遺族弔問■

 中田さんや自衛隊PKOの貢献により、総選挙が行われた翌年、
政情も安定化し、広島で開催された第12回アジア競技大会に、カ
ンボジアは20年ぶりに選手団を送り込んだ。

 選手団の費用は、UNTACに参加した自衛隊員や警察官、青年
海外協力隊のOBによって結成された「ガンバレ・カンボジア・プ
ロジェクト」が支援した。さらに自衛隊体育学校はカンボジア選手
に練習施設も提供した。

 選手団長のブラム・ブンイー氏は次のように述べている。[4]

     昨年のカンボジアの総選挙において、カンボジア以外のたく
    さんの国の方々がカンボジアにおいて選挙を成功させ、カンボ
    ジアに平和を回復するために非常な努力を払っていただきまし
    た。そこには兵隊もいたんですよ。

     その兵士の中には日本の兵士(自衛隊)の方々もおられまし
    た。この日本の兵士達が海外に派遣された事は第2次大戦後初
    めてであることは、私もよく解っております。だから、日本の
    方達が非常に好意的な貢献をして下さったことは、私もカンボ
    ジアの全国民もよく知っておりまして感謝しております。

     ただしこの間に高田さん、中田さんの2名の方が亡くなった
    事はお気の毒な事です。

     カンボジアの政府、そしてカンボジアの全国民はお二方の死
    に対しては非常に遺憾に思っております。それで、今回、カン
    ボジア・オリンピック委員会のサムディー副会長がお二人のご
    家族を弔問したのです。

■7.大会に参加できた喜びを今後の国造りに役立てたい■

     私どものチームをも私自身も本当に喜んでアジア大会に参加
    させていただきました。同時に非常な誇りをもって参加させて
    いただきました。20年ぶりに、アジアのその他の諸国の国旗
    の間に私共の国旗を見たときには大変感激しました。

 選手達も次のような言葉を残している。

    「こうして参加できるのが信じられない。それも高田さん、中
    田さんのような日本人の尊い犠牲があったればこそ。」

    「最初は日本に来れるなんて、思っていなかった。大会に参加
    できた喜びを今後の国造りに役立てたい。」

 中田さんや自衛隊員、警察官の「パンだけでない福祉」の気持ち
が、カンボジア青年達の未来への希望と志に火を灯したのである。

[参考]
1.「息子、厚仁が遺したもの」、中田武仁、祖國と青年、H6.4
2.「桜とともに天に召された息子」、中田武仁、文芸春秋
3.「国の重さとヒロイック」、祖國と青年H4.11
4.「高田警視、中田厚仁さん、ありがとう」、プラム・ブンイー
  祖國と青年、H6.12

■おたより 平田裕英さんより
 
> だけれども僕はやる。この世の中に誰かがやらなければなら
> ない事がある時、僕は、その誰かになりたい。

との言葉に胸を打たれました。

 素晴らしい方の素晴らしい生き方に触れて涙を禁じ得ませんでし
た。このやうな方達の支えがあって我々の生活が護られてゐるのだ
と感じました。

■おたより 中郷英輔さんより
    
 中田厚仁さんのことはテレビのニュース等で断片的には知ってい
るつもりだった。我々には想像もつかない困難をものともしない勇
気は気高く感銘を受けました。

  「だけれども僕はやる。この世の中に誰かがやらなければならな
  い事がある時、僕は、その誰かになりたい。」

 この言葉を読んだとき、背筋か凍りつくくらい感動しました。こ
のような方たちがいた事を神に感謝したい。同じ日本人として救わ
れ誇りになります。

■おたより itoさんより    

  「だけれども僕はやる。この世の中に誰かがやらなければならな
  い事がある時、僕は、そのだれかになりたい。」

 中田さんほどの強い意志ではなかったにしろ、中学生の頃、地球
の平和、恵まれない国の人々の幸福を願い、心の底から、この自分
も何かできればと想ったことを思い出します。

 不幸な人々のことを、思い、涙し心を痛めたものでした。あの純
粋な気持ちは一体どこへ行ってしまったのか。あの気持ちを失って
しまった自分をとても悲しく思います。

 中田さんの冥福を心からお祈りいたします。

■編集部より

 皆さんの声に、天国の中田さんも喜んでいるでしょう。

[トップページ] [平成10年上期一覧][人物探訪][223 東南アジア][319 国際親善]

© 1998 [伊勢雅臣]. All rights reserved.