[トップページ] [平成11年上期一覧][Common Sense][221 北朝鮮][393 安全保障法制]


         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (87)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成11年5月15日 9,060部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/    Common Sense: 北朝鮮工作船を逃がした理由
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/       1.ピクニック気分の日本侵入
_/_/       2.高価な打ち上げ花火
_/_/       3.高度な装備、技量、志気
_/_/       4.自衛隊を縛る国内法
_/_/       5.体当たりで止めても
_/_/       6.領海警備の国際慣行
_/_/       7.幻想と詭弁の世界
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■1.ピクニック気分の日本侵入■
     日本侵入はきわめて簡単だとみられているほか、銃撃など武
    力による阻止・衝突がないため、韓国侵入とは違って工作員た
    ちはほとんど緊張せず任務を遂行できる。[1]
     日本への浸透作戦はピクニックに行くようなものだ。[2]
   北朝鮮元工作員の証言である。彼らは「ピクニックに行く」気
  軽さで、覚醒剤を持ち込み、諜報活動を行い、日本人を拉致し、
  核ミサイル開発のためのハイテク機器を盗んでいく。まさに我が
  国は「法治国家」ではなく、「放置国家」である。[3]
   なぜ、こんな事になるのか。自衛隊は不審船を見つけても、正
  当防衛の場合を除いては、「人に危害を与えてはならない」と国
  内法で決められているからである。つまり、北朝鮮側が攻撃しな
  ければ、自衛隊からは一切手が出せない。「そんなバカな」と思
  われるだろう。しかし、北朝鮮側はこの事をよく知っているから、
  ピクニック気分で侵入できるのである。
■2.高価な打ち上げ花火■
   海上保安庁が平成2年までに確認した「不審船」は、18隻に
  のぼる。3年以降は不審船がないのではなく、領海侵犯が枚挙に
  いとまがないため、海上自衛隊にまかせてしまっているのだ。
   その自衛隊が発足以来、初めての「海上警備行動」をとった。
  海上警備行動とは、たとえて言えば自分の敷地に侵入する不審者
  を捕まえたり、撃退する事である。逆に言えば、今までの「不審
  船」はすべて黙認されていたのである。不審者がピクニックのよ
  うに気楽に入り込んで、子供をさらったり、金目のものを盗んで
  いるのに、見て見ぬ振りをしていた。今回初めて、気がついたふ
  りをして、警告を発したという訳である。
   しかし、その結果はどうであったか。停船命令までは出したが、
  相手は従わず、さらに警告射撃、警告爆撃も無視してゆうゆうと
  立ち去った。
   それも、海上保安庁の巡視船がついてこれるように、10ノッ
  ト程度でのろのろ走ったり、しだいに速度を上げて引き離してし
  まうと、今度は約20分も停船して、海上自衛隊の護衛艦の接近
  を待つような動きをした。
     相手が警告射撃を無視した場合、次に致命的な攻撃を受ける
    可能性を相手に予測させ得ないのであれば、その警告射撃は打
    ち上げ花火のようなものでしかない。[4]
   高価な打ち上げ花火に見送られて、工作船は悠々と北朝鮮に帰
  投したというわけである。
■3.高度な装備、技量、志気■
   今回の事件を、海上保安庁や自衛隊の装備や要員の問題にすり
  替えてはならない。海上保安庁はヘリコプター搭載巡視船11隻、
  大型巡視船37隻など、世界第2位の装備、能力を持つ沿岸警備
  隊である。[4]
   海上自衛隊は護衛艦約55隻、P3−C哨戒機約100機など
  世界第6位の装備を持ち、対潜水艦戦能力は世界2位と言われて
  いる。
   海上自衛隊の練度、志気も高い。荒れる海を35ノット(時速
  65キロ)の高速で走る工作船に対し、目標の前後40m以内に、
  しかも相手に当てないように爆弾を落とすという見事な技量を発
  揮した。
   しかも、爆撃に際しては、高度60メートルの超々低空を飛行
  したのであり、工作船からは小銃などで打たれても撃墜される危
  険があったのだが、それをも省みなかった。
   工作船を撃沈する事など、自衛隊の高度な装備、技量、志気を
  もってすれば、いとも簡単な事だった。現在の我が国のような
  「放置国家」では、もったいない程の実力である。その実力を縛
  ったのが、冒頭に述べた「不審船と言えども、正当防衛でない限
  り、人に危害を与えてはならない」という法の制約だった。
■4.自衛隊を縛る国内法■
   自衛隊法(82条)では、総理大臣の承認を得て、海上警備行
  動をとれるが、武器の使用は警察官職務執行法に準ずると定めら
  れている。この執行法には、犯人の逮捕などに必要な限りで武器
  を使用できるが、正当防衛の場合を除いては、「人に危害を与え
  てはならない」と定められている。
   警察がこそ泥を捕まえる場合に、いきなり銃撃してはならない、
  というのなら分かるが、武装した工作船に対しても、正当防衛の
  場合以外、「危害を与えてはならない」と言うのである。この法
  律から、自衛隊は、相手に危害を与えずに、いかに不審船を捕獲
  できるか、という答えのない難問を突きつけられている。
   たとえば、逃走を阻止するために舵やエンジンを狙って、実弾
  射撃をしたらどうなっていたか。「(護衛艦の)5インチ砲があ
  たると相当な被害を与えてしまう」(防衛庁幹部)。不審船側に
  被害者がでると、正当な武器使用とは認められずに、自衛隊員が
  刑法犯に問われる可能性がある。
   昭和62年にソ連機が沖縄で領空侵犯をした際、航空自衛隊は
  創設以来初めての警告射撃を行った。この時、もし侵入機を撃墜
  して乗員が死亡するような事があれば、航空自衛隊の関係者を殺
  人罪で告訴すべしという論議が国会で起こった。[3]
■5.体当たりで止めても■
   社民党の土井たか子党首にいたっては「相手が発砲もしていな
  いのに、威嚇射撃は尋常ではない。体当たりで止めるべきだ」と
  言う。7250トンのイージス護衛艦が、100トンの工作船に
  体当たりするのは、70キロの大人が、1キロの子犬に体当たり
  するほど難しいだろう。それも両手を使ってはならず、また子犬
  に危害を与えてはならない、という制約付きである。かつて、お
  たかさんはカンボジアPKOに対して、「ダメなものはダメ」と
  たんかを切ったが、それをそのままお返ししたくなる。
   しかし、拿捕に奇跡的に成功していたも、その後が怖い。臨検
  のために工作船に乗り込む自衛官は、相手が不審な挙動をしても、
  こちらからは攻撃できない。敵の最初の一撃が機銃掃射だったら、
  バタバタとなぎ倒される。その上で、負傷者を人質にして逃走さ
  れたら、手も足もでない。北朝鮮工作員の人権のためには、我が
  国の自衛官の生命はどうなってもいいとおたかさんは言うのか?
■6.領海警備の国際慣行■
   このような不審船に他国はどう対処しているのか。これに関す
  る国際法がある。それは、 
  ・ 不審船を見つけたら、停船命令を出し、立ち入り検査を行う。
  ・ 停船命令に従わない場合は、警告射撃・爆撃を行う
  ・ それでも従わない場合は、撃沈しても良い。
   というものである。「撃沈されるかもしれない」という可能性
  があるからこそ、警告射撃・爆撃が意味を持つ。我々の常識でも
  理解できるルールである。世界各国は、このルールに基づいて、
  不審船に対処している。
   韓国軍は、昨年12月17日深夜、南海岸の麗水沖で不審な潜
  水艇を発見し、警備艇や対潜哨戒機を動員して追跡した。潜水艇
  は日本領海方面に逃走しながら発砲してきたため、交戦状態とな
  り、翌18日早朝、九州沖で艦砲射撃によって撃沈している。
   ロシアは今回、工作船がロシア領海に侵入して、服従しない場
  合は、撃沈する方針を決定していた。[5]
   米国の沿岸警備隊は、不審船が停船命令に応じない場合、沈没
  しない程度に攻撃する−などの手順をマニュアル化している。
■7.幻想と詭弁の世界■
   不審船を撃退し、国民の拉致、ハイテク技術の流出、覚醒剤の
  流入を防ぐのは簡単である。数行の法律を制定すれば良い。たと
  えば、スウェーデン憲法には次のような一節がある。
     政府は、平和時に又は外国相互間の戦争中に、王国の領土に
    対する侵害を阻止するために、国防軍に、国際法又は国際慣習
    にしたがって実力を行使することを授権することができる。
   スウェーデンは1983年に、領海に侵入した国籍不明の潜水艦に
  爆弾投下を行っている。ソ連の原子力潜水艦だといわれていた。
  永世中立国でも、国際法に従った領海警備を行っているのである。
   自衛隊になぜこのような「国防軍」としての国際法、国際慣行
  に従った役割を与えられないのか。それは自衛隊は「軍隊」では
  ない、という自民党政府の詭弁との辻褄合わせのためである。そ
  の詭弁は、旧社会党などの非武装平和主義の幻想におつきあいす
  るためのであった。
   政治家達が幻想と詭弁にふけっている間に、現実社会では世界
  トップレベルの我が自衛隊が北朝鮮の工作船に愚弄され、無用な
  生命の危険と、国内からの刑事訴訟との危険に曝されているので
  ある。
   そうした幻想と詭弁をうち破るのは、「それはおかしい」とい
  う国民の常識の声である。そして国際法、国際慣行は、我々の健
  全な常識に立脚したものなのである。
[参考]
1. 産経新聞、1999.04.03、東京朝刊、1頁
2. 産経新聞、1999.03.25、東京朝刊、2頁
3. 「日本は国を守る"勇気"と"実力"を失ったのか?」、佐藤守、
    月刊日本、H11.5
4. 「跳梁する海賊、工作船をどうする」、川村純彦、正論、H11.6
5.  産経新聞、1999.03.28、東京朝刊、1頁

© 1999 [伊勢雅臣]. All rights reserved.