新サイトの同一記事に自動的に移動します。
移動しない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://blog.jog-net.jp/201312/article_10.html

[トップページ] [平成13年一覧][地球史探訪][210.68 日韓併合][221 韓国]

-----Japan On the Globe(201)  国際派日本人養成講座----------
          _/_/   
          _/     地球史探訪: 韓国の歴史教科書拝見
       _/_/      
_/ _/_/_/        「朝鮮は中国の属国ではなかった」とする韓国
_/ _/_/          の歴史教科書にもの申す。
-----H13.08.05----34,878 Copies----293,039 Homepage View----

    ===============★★★ 緊急ニュース ★★★=============
     朝日新聞が、web上で首相の靖国神社参拝に関するアンケ
    ートをしています。8月4日午後3時時点の結果は以下の通り。
        参拝すべきだ           30161 票 72 %    
        参拝すべきでない        9903 票 23 %    
        私的な参拝なら問題ない  1295 票  3 %    
        わからない               273 票  0 %    
     朝日新聞に国民の声を届けましょう。
    --------------------------------------------------------

■1.韓国による歴史教科書修正要求は内政干渉か?■

        「朝鮮を中国の『服属国』として表現したものは削除必
        要」
    
     韓国はこのような修正要求を35項目、文部科学省の検定を
    終えたわが国の中学歴史教科書に対して、本年5月7日に突き
    つけてきた。これは扶桑社の「新しい歴史教科書」だけでなく、
    他の7社のすべてを含んでいる。ついで、中国も5月16日に
    「新しい歴史教科書」に8項目の修正要求を行った。
    
     これに対して日本の世論は「不当な内政干渉」だ、という声
    が圧倒的であった。5月25日にテレビ朝日で放映された「朝
    まで生テレビ」の視聴者からの電話アンケートでは、有効回答
    数598件中、「明らかな内政干渉である」とする回答(28
    6件)が、「要求されて当然だ」とする回答(117件)の2
    倍以上であった。
    
     検定途中に扶桑社版の不合格工作を元・外交官が行ったり、
    田中外相が「事実をねじ曲げていることを承知の上でつくった
    教科書を合格とするような検定制度は問題だ」と発言したりと、
    あいかわらず国籍不明の外務省は別にして、文部科学省、およ
    び、首相官邸の対応はおおむね毅然としたものであった。
    
     遠山敦子・文部科学相は、韓国の修正要求の翌日、「検定制
    度上、明白な誤りがない以上、合格後に修正を行うことはでき
    ない」と述べ、小泉首相も森前首相以来の干渉拒否の姿勢を支
    持した。
    
■2.民対民で国際ディベートを■

     事実上のゼロ回答に、韓国政府は次々の報復措置を打ち出し
    た。来年のサッカー・ワールドカップまでに行う予定であった
    日本の歌謡曲のCD販売や娯楽番組のテレビ放映の規制解除の
    中断(これは陰で韓国の国内産業の保護という見方もあるが)、
    小、中、高等学校の相互訪問中止、8月末に南アフリカで開か
    れる世界人種差別撤廃会議での問題提起、等々。
    
     日本政府はこれらについては静観しているが、民間では韓国
    内の反日感情の高まりを危惧して、日本からの観光客が7月に
    は急減したという。さすがに韓国でも「学生交流までやめさせ
    る必要はあるのか」との冷静な声も出てきた。
  
     韓国政府が日本の民間が書いた歴史教科書を修正させろと日
    本政府に要求することは、内政干渉であり、かつ言論の自由を
    侵すものとして拒否したのは正しい態度であるが、韓国側の要
    求内容が妥当なものかどうかを批判するのは、わが国の民間の
    役割だろう。
    
     日韓の民間同志で、相互の歴史観をぶつけあうことは、許さ
    れることでもあるし、また意味があると考える。これは一種の
    国際ディベートとして、相互の歴史観を鍛える機会ともなろう。
    
■3.朝鮮は服属国であったか?■

     本号では、その練習として、「韓国は中国の服属国であった
    か」という点に絞って、韓国側の修正要求と歴史教科書記述に
    対して、本講座なりの考察を加えてみたい。この点をどう見る
    かで、明治期の日韓関係の見方が大きく変わってしまうからで
    ある。

     韓国の修正要求は、東京書籍、教育出版、帝国書院、日本文
    教出版の「征韓論」の部分で、
    
         中国の属国として位置づけられていた朝鮮は、・・・日
        本との国交を断った。
    
    とある表現に対して、「当時の朝貢関係につき説明せずに、朝
    鮮を中国の属国として表現している」という検討意見をつけて
    いる。
    
     扶桑社版にも同様に、「中国の服属国であった朝鮮も」とい
    う表現に対して、「朝鮮を中国の『服属国』として表現したも
    のは削除必要」とクレームをつけた。扶桑社側は、これを「強
    い影響下にあった」と自主修正した。

■4.国号を決めてもらうのが「親善関係」?■

     韓国側は教科書でも朝鮮が中国に対して服属国であったこと
    を絶対に認めない。まず李氏朝鮮の成立にあたって、
    
         新王朝は、国号を朝鮮と定めた。「朝鮮」は、すなわち
        古朝鮮の伝統を受け継ぐという意味で、壇君(JOG注:朝
        鮮の開国神話で、天命によって降臨した、古朝鮮の開祖)
        に民族の独自性を求めるという意味が含まれている。
        
     と述べるが、国号を朝鮮自身で定めたというのは、歴史事実
    ではない。「朝鮮王朝実録」によれば、太祖・李成桂は使いを
    明に送って、国号として「朝鮮」と「和寧」という二つのうち
    のどちらかを採択することを請い、「朝鮮」を選んでもらった。
    
     中国皇帝が地方の諸侯に封禄・爵位を授ける事を「册封」と
    言うが、転じて、周辺諸国の君主に官号・爵位などを与えて、
    擬似的な君臣関係を結ぶシステムを「册封体制」(または華夷
    秩序、中華秩序)と呼ぶ。朝鮮王も、中国皇帝の柵封を受けて、
    初めて朝鮮の国王として認められた。だから、国号でさえ自分
    では決められないのである。
    
         朝鮮王朝は、外は明と親善関係を維持して国家の安定を
        はかり、女真や日本に対しては交隣政策をとって国際的な
        平和を維持した。
        
     国号まで決めて貰う宗主国との関係を対等であるかのような
    「親善関係」と記述するのは、相当に無理がある。
    
         明との外交は朝鮮側がより積極的であった。朝鮮は朝貢
        を通じて明の名分を立ててやり、使臣の往来を通して経済
        的・文化的実利を得た。しかし後にはいきすぎた親明政策
        に流れる傾向があらわれた。
        
     宗主国に対して定期的に貢ぎ物を送る「朝貢」も、柵封体制
    の特徴の一つである。これを「明の名分を立ててやり」とは、
    中国が読んだら、怒って修正要求を出すのではないか?

■5.清国への「君臣の礼」■

     明との主従関係は、女真族から起こった清朝にも引き継がれ
    た。
    
         後金は勢力を強め、国の名称を清とかえ、朝鮮王朝に対
        しては君臣の礼を要求して再び侵入し、漢陽を占領した。
        
         そのため仁祖は臣下とともに南漢山城に移り、45日間
        抗戦したが、ついに清の要求を受け入れて講和を結んだ。
        この戦争を丙子胡乱という(1636)。
        
     「講和」の結果、清は王子一族をはじめ、3公6卿とその家
    族数百人を人質にし、民衆50万人を北方に連行した。その後
    1636年から1881年までの244年間に、朝鮮から清へ
    の朝貢使は500回以上に及んだ。また清の勅使を迎えるたび
    に、朝鮮国王は漢城郊外の迎恩門に至り、土下座して恭しく勅
    使を迎えた後、慕華館で勅使の接待をすることを余儀なくされ
    ていた。「君臣の礼」とは、このように過酷なものであった。

■6.日本からの無礼・傲慢な国書■

     1868(明治元)年、12月19日、日本の新政府の樹立を通告
    する国書を携えた使節が釜山浦にやってきた。しかし国王高宗
    の父・大院君が実権を握る李朝政府は国書の受取りを拒否した。
    
     その第一の理由として挙げられていたのが、日本からの国書
    に「皇上」「奉勅」の文字が使われていたことであった。朝鮮
    から見れば、「皇」は中国皇帝にのみ許される称号であり、
    「勅」は中国皇帝の詔勅を意味した。朝鮮王は中国皇帝の臣下
    であり、このような傲慢かつ無礼な国書を受け取ることはでき
    ない、というのが、朝鮮の考えであった。
    
     そのような国書を勝手に受け取ったら、宗主国・清国からど
    のような懲罰が下るかもしれぬ、という恐怖感もあったであろ
    う。日本の新政府は、その後もたびたび使節を送って交渉を続
    けたが、朝鮮側の受け取り拒否は変わらなかった。この時の事
    情を、韓国教科書は次のように記述する。
    
         日本は明治維新以降、新しい国家体制を築き、勢力を広
        げようと交渉を要請してきたが、朝鮮政府はこれを拒否し
        た。これは、日本と修交すれば、西洋の侵略が後に続くと
        見なしたためであった。

     国書を拒否した第一の理由は伏せられたままである。

■7.「朝鮮国は自主の邦にして日本と平等の権を保有せり」■

     ひたひたとアジアに押し寄せてくる欧米勢力から、国家の独
    立を守るには、内に近代的な国民国家を作り上げ、外に開国し
    て早急に近代的経済力・軍事力を身につける必要がある。そう
    した危機感をもとに維新を敢行した明治日本の指導者から見れ
    ば、古代からの柵封体制から一歩も出ない李朝朝鮮の姿勢は、
    火事が迫っているのにも気がつかずに惰眠を貪る老人のように
    見えたであろう。
    
     業を煮やした明治政府は、軍艦を派遣して、李朝政府を威圧
    し、日朝修好条約(江華島条約)を結ばせた。条文の第一条は
    「朝鮮国は自主の邦にして日本と平等の権を保有せり」と始ま
    り、朝鮮を清国の柵封体制から独立させようという意図は明白
    であった。このあたりを韓国の歴史教科書はこう記述する。
    
         江華島条約は、わが国最初の近代的条約であったが、治
        外法権の認定など朝鮮に不利な条約であった。これをきっ
        かけにして釜山、元山、仁川の3港を開港し、日本はソウ
        ルに公使館を設置し、朝鮮に大きく勢力を浸透させはじめ
        た。
        
     たしかに日本の手口はペリーと同じ砲艦外交であり、西郷隆
    盛が「天理に於いて恥ずべき所為」と憤ったほどであるが、朝
    鮮を冒頭で「自主の邦」と宣言した事については、韓国教科書
    では何も触れられていない。

■8.清国軍のソウル制圧と朝鮮属国化■

     この条約によって朝鮮は開国し、留学生や使節団をさかんに
    日本に送って、近代化への努力を始める。しかしその後、近代
    化政策に不満を持つ勢力や、役人の腐敗に不満を抱く民衆によ
    る暴動が発生する。日本人軍事教官など数名が暴徒に殺害され、
    日本公使館も襲われて、公使らは命からがら脱出した。
    
     高宗の皇后閔妃(びんひ)はこれを失脚していた大院君の策
    謀として、清国に暴動平定のための派兵を要請した。清国軍は
    3千の兵力と、3隻の軍艦で反乱を制圧し、大院君を清国軍艦
    で天津に強制連行してしまう。日本側も居留民保護にために、
    1500人規模の出兵を行った。
    
     この壬午(じんご)軍乱(1882)の後、清国は対朝鮮干渉を強
    化し、ソウルを軍事制圧下に置き、清国朝鮮商民水陸貿易章程
    を結んだ。これは朝鮮を清国の属国であると明記し、宗主国と
    して貿易上の特権を独占することを規定していた。これにより、
    朝鮮を「自主独立の邦」とした日朝修好条約は名ばかりのもの
    になってしまった。
    
         わが国の農民たちは、日本の経済的侵略に強い反感をも
        つようになり、しだいに日本を排斥する機運が広がってい
        った。・・・

         壬午軍乱後、朝鮮は清の内政干渉を受けるようになり、
        政権についた閔氏勢力は開化政策に消極的になり、近代的
        改革をきちんと進められなくなった。
        
     治外法権はあったにせよ、朝鮮を「自主独立の邦」として交
    易を求めた日本を「経済的侵略」とし、清国の軍事制圧や貿易
    特権の独占を「内政干渉」と言うのは、あまりにバランスを欠
    いた記述ではないか。

■9.日清・日露への道■

     この後も、日本の支援を受けて近代化と独立を押し進めよう
    とする若手官僚を中心とする「開化党」と、清国の軍事力で国
    内を抑えようとする閔氏勢力の争いが続く。それが日清戦争に
    まで発展するのだが、日本の勝利後、清国と結ばれた下関条約
    の第一条で、朝鮮を「自主独立の国」と規定した。朝鮮はよう
    やく清国の柵封体制から独立しえたのである。
    
         清日戦争の結果、下関条約が結ばれた。この条約で日本
        は遼東半島と台湾を手に入れた。
        
     と、韓国の歴史教科書は、ここでもこの第一条の意義を伏せ
    ている。日本がロシア、フランス、ドイツによる三国干渉で、
    遼東半島を放棄すると、閔氏勢力は今度はロシアに接近してい
    く。これがさらに日露戦争の原因となっていくのである。
    
     三国干渉に屈した事実を見れば、日本の当時の国力では、欧
    米勢力を向こうに回して、朝鮮の侵略と植民地化などという大
    それた野望は持つべくもなかった事は明白である。日清、日露
    と日本が自国の存亡を賭けて中露二大国と戦ってきた目的は、
    ひとえに自存自衛の為に、隣国朝鮮を「自主独立の国」として、
    清国やロシアの属国化を防ぐことにあった。もし、本当に朝鮮
    が自主独立の国であったとすれば、わが国は日清戦争も日露戦
    争も戦う事なく、もっと安全で幸福な道を歩めたであろう。
    
     韓国が、清国との貿易章程で「属国」と規定した事実までも
    隠蔽して「朝鮮を中国の『服属国』として表現したものは削除
    必要」と要求するのは勝手である。しかし、それは我らが父祖
    が、朝鮮の独立保全のために必死に戦った意義を無視し、逆に、
    その努力を朝鮮侵略と曲解することにつながる。日本人の歴史
    観としては到底、受け入れられない要求である。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(190) 「お家の事情」の歴史観
b. JOG(056) 忘れられた国土開発

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 勝岡寛次、「韓国・中国歴史教科書を徹底批判する」★★★、
   小学館文庫、H13
2. 呉善花、「韓国併合への道」★★、文春新書、H12
3. 名越二荒之助、「日韓2000年の真実」★★★★、国際企画、H9
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「韓国の歴史教科書拝見」について

     歴史教科書の記述内容について、韓国が非常に神経質と思え
    る反応をしている理由が釈然としません。日本人は本来いい加
    減なのかも知れませんが、他国の教科書の記載が間違っている
    からと言って、ここまでヒステリックに修正を要求したりはし
    ないと思います。
    
     韓国(朝鮮)がかつて中国の属国であったかどうかと言うこ
    とは,国民のプライドに関わると言う議論があるようですが,
    何千年と言う歴史を有する国であればあるときは強大な国に服
    従することもあり,あるときは他国を侵略することもあるので
    はないでしょうか。逆に,過去に一点の瑕瑾も無い歴史を有す
    ると言うのは如何にも嘘くさく,そのようなことにこだわるの
    は余りに事大主義だと感じます。(豊さん)

    --------------------------------------------------------
                                                            
     この頃の与党幹事長の中韓訪問のだらしなさは一体なんでし
    ょうか。このことは全然野党も選挙の争点としていない。とい
    うのは与野党を問わず中韓に対しては大同小異だと言うことで
    す。歴史教科書があれほど騒がれた理由も同じことで、根は日
    本人われわれ自身の心の問題にあると思われる。これを取り戻
    さない限り経済復興はあり得ない。なぜなら戦後、敗戦という
    未曾有の痛みに耐えて奇跡的といわれるほどの経済大国になり
    得たのは、戦中戦前派の未だサムライ魂のある人々にしてなし
    得たと思うからである。

     現在の経済不況の立ち直りは戦後の復興に比べたら微々たる
    ものです。当時は工場も機械も資材も金も何もなかった。今は
    何でもある。世界一の債権国だ。大変だ、大変だと言っている
    が大抵皆金を持っている。敗戦当時と変わっているのは、自己
    中心主義と外国には卑屈に走る日本人の心と肥大化した欲望だ。
    いずれも心の問題である。

     しかしこれらが少しでも立ち直らなければ、少しの痛みでも
    耐えられず衰亡の泥沼に陥るだろう。(Kogaさん)

    --------------------------------------------------------

     私は、アジアのボランティアにも参加している、アジア大好
    き人間の一人です。昨年4月に、韓国人友人の商売の手助けに
    ソウルにいきました。
    
     初めての地下鉄は、きれいな駅でした。乗客は、とても行儀
    がよく関心しましたので、車内では、そのことを韓国人の友人
    に話していたのです。しかし、地下鉄をおりたあと異変に気づ
    いたのです。私のスーツのズボンの右後ろには、大きなツバが
    吐きかけてありました。

     韓国の人は、車内でよくツバをはくのかと聞くと、ばつがわ
    るそうに、”地下鉄で、日本語をはなしていたからね。”とい
    われました。韓国人の、かなりの部分の人が、日本人には、な
    にをしてもよいと考えていることがよくわかりました。
 
     実は韓国の人は、そういう教育を受けているのです。韓国教
    科書について調べていくうちに、いろいろな事がわかってきま
    した。あれを読めば、朝鮮の人は、古来より、栄光のある単一
    民族で、日本人は戦争を起こした悪い民族であるとしか読めず、
    近隣国である日本になんの配慮も必要ないと思ってしまうでし
    ょう。(太田さん)

■ 編集長・伊勢雅臣より
    
     中韓との友好のために靖国参拝中止を、という意見には、中
    韓の言うことはすべて正しい、という前提があります。相手が
    間違えている時もあり、そう思ったらきちんと主張することが、
    相互理解への道でしょう。
    
     「心の問題」を無視して、経済復興はありえない、というK
    ogaさんのご指摘に共感します。

============================================================
mag2:27951 pubzine:2155 melma!:1935 kapu:1762 macky!:1075 

© 平成13年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.