[トップページ][平成14年一覧][国柄探訪][210.5 江戸の経済改革][340 財政]

________Japan On the Globe(262)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     国柄探訪: 恩田杢 〜 財政改革は信頼回復から
       _/_/      
_/ _/_/_/         性急な増税で農民一揆を招いた前任者の後で、
_/ _/_/          恩田杢は農民との対話集会から改革を始めた。
_______H14.10.13_____39,886 Copies_____598,038 Views________

■1.改革への第一声■

     宝暦8(1758)年2月27日、松代城の大広間前の庭には、松
    代藩全200余ケ村のうち、73ケ村の領民代表が参集してい
    た。各村の庄屋は、それぞれ百姓の中から「よくもの言う者」
    を引き連れて参集せよ、と家老・恩田杢(もく)に命ぜられて
    いた。残りの130余ケ村の代表は、翌日呼ばれていた。
    
     大広間には杢より年長・格上の家老職や、諸役人が並んで座
    っている。江戸時代に藩内の武士階級が一同に会して討議を行
    うことはよくなされていたが、百姓の代表まで呼ばれるという
    のは、前代未聞であった。現代流に言えば、タウン・ミーティ
    ングである。
    
     杢はこう切り出した。「先ず以て、殿様不如意につき、只今
    まで御領内の者ども、殊の外難儀致す儀に候故、、、」。杢は
    「殿様不如意」、すなわち藩の財政が失敗し、領民たちに「難
    儀」をかけている事を正面切って認め、詫びた。その上で、自
    分が勘略奉行(財政担当)になったら、難儀はなおも増え、
    「気の毒に存ぜられ候が」、「先ず手前儀、第一、向後虚言
    (うそ)を一切言わざるつもり故、申したる儀再び変替(へん
    がえ)致さず候」。
    
     嘘は一切つかないので、言ったことは決して変更しない。こ
    の宣言が「信頼回復」を最優先する杢の財政改革の第一声であ
    った。

■2.足軽ストライキと農民一揆■

     17世紀末、貨幣改鋳により通貨供給量が一挙に倍増して生
    じた元禄バブルは、その後の18世紀前半の正徳、享保年間で
    の通貨収縮により崩壊し、幕府、諸藩を、深刻な財政危機に陥
    れた。各藩は増収のために、盛んに大河川の中下流に新田開発
    を行ったが、そのために築いた長大な堤防が台風などの増水時
    に決壊すると、大規模な水害をもたらした。
    
     松代藩においても、寛保2(1742)年の千曲川と犀川の大水害
    で、10万石だった年貢収入高が2、3万石に落ち込んでしま
    った。そこで松代藩は原八郎五郎を勝手掛に任命して、財政再
    建に乗り出したが、原は藩士の棒給を半減とし、それすらも滞
    りがちであったので、ついに足軽層が出勤拒否のストライキを
    起こしてしまった。
    
     次に財政改革を任されたのは、藩外の浪人で田村半右衛門と
    しう財政再建コンサルタントだった。田村は短期に再建実績を
    上げようと、無茶な支出切り詰めと過酷な増税を強行し、松代
    藩全域にわたる大規模な農民一揆を引招いてしまった。
    
     この混乱に中で藩士や農民をなだめて常態に復帰させたのが、
    恩田杢だったようだ。恩田が財政再建を命ぜられた時の松代藩
    は、二人の強引な再建屋が去った後の殺伐とした雰囲気であっ
    た。

■3.「決して虚言を申さず」■

     宝暦7(1757)年、恩田杢は藩の財政を預かる勝手掛に任命さ
    れたが、家老職の家柄とは言え、その家格は必ずしも高くなく、
    年齢もまだ41歳の若さであった。そこで杢が就任の条件とし
    たのは、藩の重臣達すべてが、自分の打ち出す施策に従うこと
    を約束する「誓詞」を差し出すことだった。従来の家老合議や、
    先例墨守では、とても抜本的な改革などできないので、まずは
    リーダーシップの確立を狙ったのである。
    
     しかし、同時に杢自身も「拙者不忠の儀御座候はば、如何様
    (いかよう)の御仕置(おしおき)仰せつけられ成し下され候
    とも、その節に至り少しも御恨み申すまじく候」と誓った。
    改革のために全権を握るが、それを少しでも私利私欲のために
    不正利用することがあったら、どのような罰も甘受するという
    のである。

     さらに杢は、家族、家来、親戚一同を集めて、「役儀の邪魔
    になる」との理由で「義絶」を申しつけた。妻が涙を流しなが
    ら理由を聞くと、恩田は役儀のために、向後一切虚言(うそ)
    をつかないと決意したが、家族や親類がウソをついたのでは、
    信用されないからだ、と言う。また改革を前に自分の生活を切
    り詰めて、「飯と汁より外は、香のものにても」食さず、と約
    束したが、そういう生活を一同にさせるのは忍びないと述べた。
    
     一同は、杢と同様、「決して虚言を申さず、飯と汁より外は
    食わず」と約束して、義絶しないで欲しいと嘆願した。こうし
    て杢は、家族や親類、藩内の信頼を固めてから、いよいよ改革
    に乗り出したのである。

■4.「かく言うは理屈なり」■

     松代城中に参集した領民代表に、杢がまず切り出したのは、
    一部の農民達に来年、再来年までの年貢を先納させていた問題
    である。
    
         これまで、先納・先々納を指上(さしあ)げ候百姓共、
        参り居り候や。この者どもは何故先納・先々納は指上げ候
        や。但(ただし)、先納すれば、何ぞ勝手によろしき筋こ
        れあり候て先納致し候や如何(いかが)。
        
    「年貢の前払いをなぜするのか。何かいいことでもあるのか。
    」と杢が聞いたので、農民たちは当然ながら、「とんでもあり
    ません。役人に命令されて、いやいやながら前払いしているの
    です。」と答えた。
    
    「1年分も前払いするのも大変なのに、2年分も前払いすると
    はなにごとだ。そんなことをするのはよくよくの暗鈍(たわ
    け)者ではないか」と杢は農民達をなじった。農民達はあっけ
    にとられた。藩の役人から半ば強制されて仕方なく先納をして
    いるのに、なぜ非難されなければならないのか。
    
     杢は、唯々諾々と役人の命に従い、年貢の制度を逸脱して先
    納、先々納をしている農民たちの唯々諾々とした態度をなじっ
    た後、一転して穏やかな調子で「かく言うは理屈なり」と続け
    た。農民たちも先納は迷惑なことであるけれども、藩の内情を
    よく承知しており、役人達が私腹を肥やすためにやっているの
    ではないことを理解しているがために、応じたのであろう。
    
     こうして、杢は役人も農民も、現在の制度が、先納などとい
    うルール逸脱でようやく維持されている情況を明らかにした上
    で、改革の提案を切り出す。
    
■5.杢の提案■
    
     杢はまず二つの約束をした。第一に役人に対する贈答の類を
    一切なくし、役人にも賄賂を取らせないようにすること、第2
    に年貢督促のために村々に足軽を派遣していたが、それを取り
    やめること。
    
     これまでは年貢督促に派遣された足軽たちは、この時とばか
    り、村の豪農の家に何日も泊まっては、飲んだくれて騒いでい
    た。杢はこれらの賄賂や接待に要する負担が、年貢の7割にも
    相当する額であることを試算していた。それを止めさせること
    を条件に、杢は農民達に次の提案をした。
    
     農民の中には、年貢を滞納している者もいれば、1年先、2
    年先まで先納している者もいる。水害に困窮した農民は年貢を
    払おうにも払えなかったし、余裕のある者は先納を半ば強制さ
    れていた。それを杢は未納も先納も帳消しにして、今年の分か
    ら払ってくれ、と頼み込んだのである。
    
     農民達は、足軽たちが督促に来ないのであれば、2年分づつ
    年貢を納めても大丈夫だと、喜んで杢の申し出を受け入れた。

■6.合理的でシステマティックな提案■

     もう一つの杢の頼みは、今まで年1回、現物米で納入されて
    いた年貢を、毎月、現金で納めてくれ、というものであった。
    当時の各藩は年貢米の換金を大阪などの大商人に頼んでおり、
    収穫までの所要金を前借りする、という方式が通常だった。
    
     当時の金利は非常に高く、年3割から4割がざらだった。し
    たがって半年分の前借りでも、複利で負債が雪だるま式に溜ま
    ってしまう。杢が提案した月割り金納制なら、松代藩は借金を
    する必要がなくなり、大阪の大商人に支配されることなく、健
    全な財政を維持できるのである。
    
     しかし、農民が作物を自由に換金できるという前提がなけれ
    ば、この提案はなりたたない。杢は、当時の松代藩の農民達が、
    米以外にも栗や紅花、生糸など商品作物を作っており、それを
    上方の商人がやってきて買い上げるという貨幣経済が十分に発
    達していたのを読んでいた。杢の提案はあくまで合理的でシス
    テマティックであった。
    
■7.納得づくでの税制改革■

     しかし、どんなに優れた提案でも、相手側が十分理解し、納
    得して受け入れて貰わねば、意味がない、というのが、杢の姿
    勢であった。杢はこの趣旨を「小百姓までも申し聞かせ」「得
    と熟談の上、追って返答してくれよ」と村内で十分に相談し、
    合意が出来た所で、実施に移そうとした。特に換金の機会と能
    力において弱い立場にある小百姓たちに配慮しつつ、新しい税
    制を、村民一同が納得した形で導入する事を目指したのである。
    
     さらにこの月割り金納制という革新的な税制を3年間の時限
    立法という形で導入したのも、杢の政治姿勢をよくあらわして
    いる。3年間試行してみて、本当に無理なく運用できるのか、
    小百姓に至るまで納得して受け入れているのか、手直しすべき
    点はないのか、皆で考えようというのである。
    
     3年後の宝暦11年2月には、再び3日間で229カ村の代
    表を城中に集め、この3年間新税制が円滑に運用されたとして、
    全村に褒美を下し、「小百姓まで申合」せて頂戴するように、
    と述べ、さらに3年間、この制度を延長することを申し合わせ
    た。
    
     この延長は、繰り返し実行されている。杢の姿勢は、あくま
    でも藩と領民の双方の納得づくのもとで、税制改革を実現させ
    ていこうとするものであった。

■8.信頼を大切にする姿勢■

     十分な対話を通じて、相互の信頼をもとに改革を進めていこ
    うという杢の姿勢は実施面でもよく現れた。対話集会の一年後、
    宝暦8年3月、藩の郡奉行の下僚・小山忠助というものが、不
    届きの件で叱責された。この不届きとは、農民が年貢を持参し
    た所、多忙を理由に出直しを命じたというものである。
    
     藩からの処罰申渡しでは、小山が役儀を粗略にして農民の苦
    労を無視する態度をとったことは軽率であって、本来は厳重に
    詮議すべきところであるが、今回は特に不問にするとしていた。
    年貢を納める農民の苦労を考えよ、と役人側の意識改革を狙っ
    た一罰百戒(一人を罰して、多くの人の戒めとすること)の処
    置である。これを聞いた農民側も、藩への信頼を一層強めたで
    あろう。
    
     宝暦10年10月には、藩の勘定所にて、公金32両2分が
    紛失するという事件が起きた。その後、勘定方役人・水井久太
    夫が、犯人は自分の息子の喜十郎であることを申し出てきた。
    喜十郎は父親の見習いで勘定所に勤務していたのであるが、た
    またま放置してあった公金に手をつけてしまったのである。
    
     事件を詮議した杢は、喜十郎が父・久太夫の説得に服して自
    首した事と久太夫の長年の功績も考慮して、死罪を免じて、父
    のもとに「永御預」、父・久太夫も自宅謹慎という異例に軽い
    処置とした。逆に公金を放置していた勘定方二人が譴責処分、
    その上司の郡奉行が管理責任を問われ、免職になっている。
    
     正直者への温かい配慮と、システムとしての欠陥は厳しく追
    及する合理的な処置は、ともに「信頼」を何よりも大切にする
    杢の姿勢の表れと言える。

■9.百年後の成果■

     こうした杢の改革は、どのような結果をもたらしたのだろう
    か? 年貢の納め方を変えただけなので、収納高はわずか数%
    しか増えていない。藩の財政はその後も苦しい状態が続いた。
    
     杢は宝暦12年正月に46歳の若さで急死する。対話による
    改革を始めてからわずか4年後のことであった。しかし、改革
    は後任の義弟(妻の弟)望月治部左右衛門、および、杢の両腕
    となってきた成沢勘左右衛門、禰津要左衛門に引き継がれた。
    
     これらの後継者の努力もあって、藩財政に改善の兆しが見え
    たのは明和3(1766)年頃であった。すでに農民との最初の対話
    集会から8年も経っていた。農民側では年貢の7割にも相当す
    る賄賂や足軽の接待の負担がなくなり、また年貢未納分の棚上
    げ、理不尽な先納の廃止などにより、きちんと決められた年貢
    さえ払っていれば、あとは真面目に農作業に精を出していれば
    よい、という安心感が生まれたのであろう。
    
     19世紀に入ると、松代藩は裕福な藩へと変貌していく。開
    明君主として名高い真田幸貫は、佐久間象山を抜擢し、洋学研
    究を進めさせた。象山は高額な洋書を大量に購入して研究し、
    大砲や元込め銃の製造に成功したが、これも藩の財政が安定し
    ていたからこそ可能になったのである。杢の財政改革は百年経
    ってから、花開いたと言える。

■10.政治への信頼回復■

     杢の前に藩の改革を担った原八郎五郎と田村半右衛門の改革
    が足軽のストライキや、大規模な農民一揆を招いて失敗したの
    に対し、杢の財政改革はどこが違っていたのか。これは現代日
    本の財政改革にも重要なヒントになるだろう。
    
     原や田村の措置は短期的な改革成果を狙って、足軽の棒給半
    減や過酷な納税を強行した。それに対して、杢が目指したのは、
    先々納などというルールから逸脱した取り繕いを一切止めさせ、
    農民との対話を通じて、公正で合理的な財政システムを作り上
    げて、政治への信頼を確立することであった。その信頼によっ
    て、農民達が仕事に精を出して、長期的な財政改革をもたらし
    たのである。
    
     杢の改革を記した「日暮硯(ひぐらしすずり)」は、江戸時
    代のうちから全国各地で読み継がれ、政治学の古典的教科書と
    しての地位を確立していった。それはアメリカ流のトップダウ
    ン的改革とはまた違った、より民主的な改革の原理として、現
    代日本においても読み継ぐ価値のあるものである。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(130) 上杉鷹山 〜ケネディ大統領が尊敬した政治家〜
   自助、互助、扶助の「三助」の方針が、物質的にも精神的にも
  美しく豊かな共同体を作り出した。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 笠谷和比古、「『日暮硯』と改革の時代」★★★、PHP新書、H11
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

     読者からのご意見をお待ちします。本誌への返信で届きます。
    掲載不可、匿名・ハンドル名ご希望の方はその旨、明記下さい。
    欄掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。

============================================================
購読申込・既刊閲覧:   http://come.to/jog お便り: nihon@mvh.biglobe.ne.jp
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
JOGのアップデイトに姉妹誌JOG Wing:    http://come.to/jogwing
広告募集: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jog_pr.htm
============================================================
mag2:25548 pubzine:7796 melma!:2864 kapu:1504 macky!:2174 

© 平成14年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.