[トップページ][平成14年一覧][国柄探訪][210.61 明治維新]

________Japan On the Globe(267)  国際派日本人養成講座_______
          _/_/   
          _/     国柄探訪: 変革の指導者・明治天皇
       _/_/                          〜 ミカドから立憲君主へ
_/ _/_/_/         崩御された明治天皇を世界のマスコミは日本の
_/ _/_/          急速な変革の中心者として称賛した。
_______H14.11.17_____40,131 Copies_____633,057 Views________

■1.「近代史上最も記念すべき治世」■

     1912(明治45)年7月30日、明治天皇崩御の報が伝わるや、
    英国の首相アスクィスは、即座に下院において以下の動議を提
    出した。
    
         本院は我が皇帝陛下の盟友たる日本天皇陛下崩御の報に
        接して深厚なる追悼の意を表彰し、あわせて本院が日本皇
        室政府、および人民に対して有する深厚なる同情を我が皇
        帝より日本新帝陛下に伝えられん事を請う。
        
     この動議提出にあたり、アスクィスは次のような演説を行っ
    た。
    
         先帝陛下(明治天皇)はご在位50年を出でさせられず
        してその国民的生活の後方に厳重に遮断せられたる半神的
        地位より離脱して立憲的君主となり給い、よく祖宗伝来の
        帝威を失い給うことなく、継承し給ひたる領土の政治、社
        会、産業、智識、道徳等、各方面における活動の源泉、中
        心力、および開拓者として、完全にして、かつ活力のある
        変革の指導者とならせられたり。・・・
        
         余は歴史上、日本天皇陛下の如く一治世の短期間に、そ
        の国民ならびに世界人類のため、かく宏大にしてかつその
        必要かくべからざる進歩発展を成就し給いたる君主の名を
        挙ぐる事能わず。・・・
        
     首相の演説は何度もの喝采を浴び、続いて野党も賛成演説を
    行って、全会一致で動議は採択された。上院でも同様な動議が
    採択され、翌日のロンドン・タイムズは、こう報道した。
    
         昨日上下両院における議事の経過は我が議会と人民とが
        特に日本および日本の皇室を推重する精神の顕著なる例証
        なりとす。ジョージ皇帝の盟友たる日本先帝陛下の崩御に
        ついて追悼の辞を我が皇帝陛下に奉呈せんとするの動議は、
        ・・・満場一致を以て可決せられたり。これ実に全英国民
        および海外におけるあらゆるジョージ皇帝の臣民の哀情を
        最も忠実に反照するものなればなり。
        
         吾人英国人は一斉に今やその終焉を告げたる治世、即ち、
        首相の正しく言える「近代史上最も記念すべき治世」の偉
        大なりしを意識するものなり。
    
■2.各国が回顧した明治天皇の「治世」■

     上記の記録は「世界における明治天皇」[1]という崩御の際
    の世界各国の報道を記録した上下2巻1500ページ、厚さは
    10センチ及ぶ浩瀚な書物に収められている。それによる英国
    以外の国でも、明治天皇の「治世」の偉大さを回顧する記事が
    無数に掲載された(原訳文を一部読みやすく改変):

    ・ ニューヨーク・トリビューン紙(アメリカ): 日本先帝
       陛下はその御治世の至重至要なるがため、疑いもなく歴史
       上近代世界の大帝王中に伍し給うであろう。

    ・ ル・フィガロ紙(フランス): 崩御された天皇は現代の
       大君主である。何となれば陛下のごとき御偉業を完成した
       まえる御方は世に一人もいらっしゃらないからである。

    ・ ノーヴォエ・ヴレーミャ紙(ロシア): 陛下の御晩年に
       当たり、我々が幾多の苦痛をなめたるにも関わらず、その
       崩御の日に際しては全ロシア国民は謹んで満腔の弔意を表
       すに躊躇せず。けだし敵味方たるを問わず偉人は依然とし
       て偉人であるからである。

     ノーヴォエ・ヴレーミャ紙の「幾多の苦痛」とは日露戦争の
    敗戦を指す。「敵味方たるを問わず」とは、ロシアの騎士道精
    神の発露であろう。

■3.「ミカド」から「立憲君主」へ■

     アスクィス首相の演説の中の「国民的生活の後方に厳重に遮
    断せられたる半神的地位より離脱して立憲的君主となり給い」
    という言葉に注目したい。京都の皇居の奥深くにて、ひたすら
    に国と民の安寧を神に祈られる「ミカド」から、国民国家統合
    の象徴としての「立憲君主」に変わったのである。
    
     この変化は、現代の我々は何でもないことのように考えてい
    るが、それに失敗した国々と比較してみれば、その意義の重大
    さが理解できよう。
    
     たとえば清国皇帝は、アヘン戦争に敗れても時代の趨勢に気
    がつかず、結局、辛亥革命で廃位させられた[a]。朝鮮王家は、
    清国、ロシア、日本のそれぞれ外国勢力を頼もうとする勢力の
    内紛に翻弄され、日本との合邦下では皇族として処遇をされて
    いたものの、終戦と共にその地位を失った[b,c]。ロシア皇帝
    は専制君主のまま、共産革命の最中に惨殺された。これらの君
    主たちはいずれも近代化の波に消えていったのである。
    
     これら周辺国に比べると、日本は幕末の「尊皇攘夷」から一
    転して、五箇条のご誓文で「広く会議を興し」「智識を世界に
    求め」、さらにアジアで最初の近代憲法を制定して、国会を開
    設した。五箇条のご誓文も、明治憲法も、明治天皇のお名前で
    発せられたものである。言わば、明治日本の近代化努力の象徴
    が明治天皇だったのである。
    
     明治天皇が「ミカド」から、「立憲君主」に変わられた過程
    を見ていくと、日本が封建国家からごく短期間のうちに国民国
    家に生まれ変わることができた秘密が見えてくるだろう。
    
■4.「尊皇攘夷」から「開国」へ■

     英国では新聞の速報に続いて、いくつかの月刊誌が明治天皇
    を回顧する長文の評論を掲載した。その一つ"The Nineteenth 
    Century and After"(「19世紀以降」)9月号は、ジョセフ・
    ロングフォードによる「日本先帝陛下の御逸事」という文章を
    掲載している。この一文には、若き明治天皇が実際の行動を通
    じて「立憲君主」となられていく過程が、著者自身の日本滞在
    中の見聞を含めて、生き生きと描写されている。
    
     明治元(1868)年3月26日、その前年1月に15歳にして即
    位されたばかりの明治天皇は京都御所にて初めて外国人を引見
    された。相手は英国公使ハーレー・パークス卿である。しかし
    この引見は尋常なものではなかった。
    
     パークスが京都に入った時、神聖な都が外国人のために汚さ
    れたと見る二人の暴漢が、騎馬衛兵に護られた公使一行の行列
    に斬りかかり、10人もの重傷者を出したのである。パークス
    自身も危うく斬られる寸前に、暴漢は取り押さえられた。

         御幼年の天皇陛下は御自身、この件に関して悔恨の辞を
        述べ給うべき機会を得たまえり。すなわち陛下はなお幼年
        にましましてこの時初めて海外より遙かに来たれる異国人
        を引見したまい、したがって大なる好奇心をもって充たさ
        れたまいけんも、その御態度はいかにも冷静におはして深
        き御思慮を備えたまいぬ。これと同時に今後かかる暴行を
        断然許さざることを公然国民に布告せしめたまひぬ。
        
     この時まで「尊皇攘夷」のかけ声に「神州」を汚す外国人を
    襲う事件がたびたび起こっていたが、明治天皇が自ら外国人を
    引見され、「鎖国の禁を解き今後国際間の規定に基づき諸外国
    と交通す可し」との詔勅が発せられるに及んで、このような事
    件は後を絶った。
    
     日本が国際社会に仲間入りしていく第一歩が、外国人の国内
    の往来・居住を安全にし、かつ、天皇が日本の元首として諸外
    国からの公使を引見することであった。この二つの事が、一挙
    に行われたのである。

■5.跪座平伏の如きは過去の夢となりおわりぬ■

     同年10月29日、天皇は新都・東京に行幸された。神奈川
    通過の際は、横浜在住の外国人はこれを拝したが、奉迎の歓声
    を放つことは禁ぜられた。
    
         この際、外国人が得たる深き印象は、日本の国民が一語
        をも発せずして粛然として陛下を奉迎し参らせたる事なり
        き。鹵簿(ろぼ、行幸の行列)の近づくと共に沿道に幾重
        にも整列せる日本人は一斉に跪座(きざ、ひざまずいて座
        る)したり。・・・
        
         天皇の座乗したまえる白木造にて金色の菊花を整える黒
        塗りの屋根ある御乗物の続いて進み来るや、一斉に地に額
        つけり。・・・深き沈黙はわずかに柏手の音によりて破ら
        れたるのみ。
        
     まさに明治天皇は「ミカド」として迎えられたのである。
    
         ただしこれより未だ三年ならずして著者は陛下が欧州式
        の無蓋馬車に乗じたまい、洋装せるわずかの騎兵の護衛に
        て東京市中を行幸したまうをたびたび拝しまいらせたるが、
        その都度人民は行幸のために業務を休止せざるよう命ぜら
        れ、跪座平伏の如きは過去の夢となりおわりぬ。
        
     さらに25年後、ロングフォードは日清戦争後、広島より還
    御された明治天皇を奉迎する群衆の有様をこう記している。
    
         天皇陛下万歳の叫声は御道筋に轟きわたり、人民はもは
        や合掌礼拝する事なくあたかもロンドンにおける民衆がな
        すと均しき熱烈なる歓呼と同じく帽を振り手巾(ハンカ
        チ)をひるがえせり。
        
     こうして天皇は民が跪座平伏して迎える「ミカド」から、英
    国国王と同じく、民衆が歓呼して迎える近代的君主となった。
        
■6.開国、文明開化、そして独立保全■

     明治元年の東京行幸は短かったが、ロングフォードは東京に
    て外国公使を引見した事とあわせて、天皇が艦船に乗られて東
    京湾を巡航された事を特筆している。
    
         この事たるさらに革新に一歩を進めたるのみならず、国
        民の迷信にも一撃を与えたり。しかして結果は何らの恐慌
        をも実現せず、将来陛下は全国土を巡幸あらせられるべく、
        御旅程は海陸いずれをも持ちうべしと知られたり。
        
     江戸時代の民は、京都御所に隠れたまうミカドが船に乗られ
    ることなど、予想だにしなかっただろう。天変地異でもあるか
    と迷信に囚われた人々もいたかもしれない。しかし明治天皇は
    艦船に乗られ、何も凶事は起こらなかった。近代的な艦船は日
    本と海外をつなぐ架け橋である。明治天皇は自ら艦船に乗られ
    ることによって、開国と文明開化を推し進めるべき事を示され
    たのである。
    
     艦船に関しては、もう一つ興味深い記事がある。発行数十万
    部で英米豪などで広く読まれていた「評論の評論」という雑誌
    は、明治天皇の肖像を表紙に掲げた8月号に「日本より得たる
    帝王の模範、勲業、および教訓」と題する記事を載せ、明治天
    皇が海軍拡張の予算が足りない時に、宮廷費を削って毎年30
    万円を6年間下賜された事実を紹介して、こう述べている。
    
         その海軍拡張の結果は対馬沖において世界に発揮せられ
        (日本海海戦でのロシア・バルチック艦隊撃滅)日本の海
        軍をして永く東海を制御するの地位に達せしめたり。吾人
        は我が国(英国)においてかかる同一の類例を想像し得る
        や如何。そもそも英国における海軍の必要は日本より大な
        るにあらずや。海軍は我らに対しては死活の問題なり。
        
     近代的艦船は開国の手段であるとともに、それはまた東アジ
    アにひたひたと迫る欧米列強から、独立を守るという「死活の
    問題」への手段でもあった。明治天皇は自ら宮廷費を節減して
    この事を国民に知らしめたのである。

■7.英国皇族を迎える■

     明治2(1869)年8月、英国ヴィクトリア女王の次男エジンバ
    ラ公が世界漫遊の途上、日本に立ち寄る事となった。外国皇族
    を国内に迎える事は千余年来で初めてのことだった。明治天皇
    は「親交ある国際間の風習に従い英国皇族を迎うべし」と国民
    に宣言した。
    
         かくて公はその宮中において陛下に拝謁せられ、儀式の
        後はさらに一層親密なる会見あり。陛下は公とお席を共に
        したまいて、公の訪問は日英両国間にすでに存在せる親交
        を更に強固ならしむる為に大なる効果あるべきと思うて欣
        幸としたまう旨を述べたまいぬ。
        
         この会見の席に列なれるは(公使)ハリー・パークス卿、
        ならびに当時在シナ英国艦隊提督ヘンリー・ケッベル卿
        ・・・なりき。しかして列席の人々はいずれも、この若き
        天皇がかつて経験し給いし事なき長時間の対談において、
        当意即妙の応答をなしたまいたるを見て深く感動し、その
        聡明なる御資質は将来かならず立派なる御統治をなしたま
        うべしと思えり。
        
     まだ10代の後半の少年とも言うべき年頃の明治天皇が、英
    国皇族、公使、提督を堂々とお迎えしたというのは驚くべき事
    だが、同時に、この事によって、七つの海を支配する大英帝国
    といえども、対等の独立国家として交際すべしという事が国民
    に示されたのである。

■8.不動の軸があってこそ、急旋回も可能となる■

     「評論の評論」誌に掲載された記事は、明治天皇の治世をビ
    クトリア女王と比較して、こう述べている。
    
         両陛下とも天の命ぜる御大業を成就せられ、各々その国
        の為に無限の名誉と栄光とを来たさしめたまいたり。日本
        天皇陛下はその変化急速なる日本における万世不易の中心
        点におわしたり。
        
         先帝陛下は・・・常に国民を指導奨励したまい、もって
        一見不可能の事業たる旧日本の真髄を永遠に新日本と融和
        一貫するにおいて成功したまえるなり。
        
     幕末から明治にかけて、我が国は「攘夷」から「開国」へと
    急旋回し、封建国家から近代的な立憲国家に生まれ変わったの
    だが、その変化の中心にあったのは明治天皇であった。明治天
    皇御自身の役割や行動も「ミカド」から「近代的君主」へと急
    激に変わられたのだが、その民の安寧と平和を祈る御心は、皇
    室伝統として代々伝えられてきた不変のものである。
    
     不動の軸があってこそ、急旋回も可能となる。これが「近代
    史上最も記念すべき治世」を実現した我が国の革新の原理であ
    った。明治天皇ご生誕150年の今年、幕末、終戦時に続いて、
    3度目の大変革を迫られている現代日本において、この原理を
    思い起こしたい。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(173) アヘン戦争〜林則徐はなぜ敗れたのか?
    世界の中心たる大清帝国が、「ケシ粒のような小国」と戦っ
   て 負けるとは誰が予想したろう。
b. JOG(201) 韓国の歴史教科書拝見
   「朝鮮は中国の属国ではなかった」とする韓国の歴史教科書 に
   もの申す。
c. JOG(178) 日韓の架け橋・李方子妃
    日本皇族から、朝鮮王朝最後の皇太子妃、そして韓国障害児
   の母へ。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 望月小太郎、「世界における明治天皇 上下」★、原書房、S48
   

© 平成14年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.