[トップページ][平成16年一覧][Common Sense][221 北朝鮮][319.9 国際連合・機関]

■■ Japan On the Globe(346)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

                  Common Sense: 国連幻想

            国連の実態は各国のエゴのぶつかりあいの場である。

■■■■ H16.05.30 ■■ 33,584 Copies ■■ 1,188,798 Views■

■1.「国連中心主義で世界の平和を守ります」■

     国連とは恒久的な世界平和を目指す崇高な機関と考えている
    人がわが国には多い。たとえば1980年に出版した「非武装中立
    論」の中で日本社会党書記長・石橋政嗣氏は、こう主張した。

         (日本など)各国の安全保障はあげて国連の手にゆだね
        ることがもっとも望ましい。公正な国際紛争処理機関とし
        て国連に強力な警察機能を持たせるべきだ。国連は自ら非
        武装たることを宣言した日本国憲法にとっては、不可分の
        前提であるべきだ。[1,p21]

     最近でも、民主党は2003年の総選挙で「国連中心主義で世界
    の平和を守ります」との政権公約を掲げた。

     しかし国連とはそれほど頼りになる存在なのだろうか。たと
    えば、こんな事実がある。

     2003年4月10日、国連人権委員会において、欧州連合(EU)
    が北朝鮮の人権弾圧を非難する決議案を提案した。決議案では、
    服役囚への拷問や強制労働、言論、結社、女性の基本的自由の
    侵害に関して、北朝鮮を非難し、同時に日本人拉致事件の全面
    解決も要求した。

     このまっとうな決議案に反対するのは北朝鮮ぐらいなものだ
    というのが、日本人の常識だろう。ところが、たしかに決議案
    は採択されたものの、賛成したのは委員会加盟の53カ国の半
    分ほどの28カ国に過ぎなかった。中国、ロシア、ベトナム、
    キューバ、マレーシアなど10カ国が反対票を投じた。インド、
    パキスタン、タイなど14カ国が棄権し、韓国の代表は投票の
    ためのボタンを押さずに欠席と見なされた。中国の代表などは、
    「北朝鮮がすでに多数の諸国と対話を始めた」とか「決議の採
    択は朝鮮半島の緊迫を高める」などと、とうとうと反対演説を
    ぶった。

■2.なぜこんなに反対国、棄権国が多かったのか?■

     産経新聞はこの件をこう論じた。

         そもそも、なぜこんなに反対国、棄権国が多かったのか。

         外務省は「人権委の大半の国が国内に人権問題を抱えて
        おり、他国を非難すると自国に累が及ぶ。また、今回の決
        議は欧州連合(EU)提出だが、途上国は旧宗主国である
        欧米の価値観による決議には自動的に『ノー』となる」
        (幹部)と説明する。中国は天安門事件やチベット問題、
        ロシアはチェチェン問題を抱えているというわけだ。

         ただ、外務省も手をこまねいてみていたわけではないと
        いう。外務省やEUの見立てでは今回の決議の賛否は当初
        拮抗(きつこう)しており、採決に持ち込むため「国別に
        細かい作戦を立てた」(外務省幹部)。

         具体的な外交努力としてはジュネーブや相手国首都で賛
        成を働きかけ、「七、八カ国が賛成に回った。普段は反対
        票を投じる国が棄権に回った」(外交筋)との見方もある。
        説得の際、ODA見直しに具体的に言及したケースもある
        という。[2]

     ODAを餌に「賛成を働きかけ」なかったら、「賛否は当初
    拮抗して」いたので、否決された恐れもあったのである。こう
    してようやく成立した非難決議も、通常、会期中に百件前後、
    提出される決議案の一つに過ぎない。

     その後、人権委員会の作業部会では横田めぐみさんの母、早
    紀江さんが証言したり、曽我ひとみさんの手紙が代読された。
    それでも本年4月17日に2回目の北朝鮮非難決議が採択され
    た時も賛成29、反対8、棄権16で、賛成が1票増え、反対
    が2票減ったに過ぎない。北朝鮮の人権問題を調査する特別報
    告者の任命も初めて盛りこまれたが、北朝鮮は従来からそうし
    た特別報告者の受け入れを拒んでいるので、実現は期待薄であ
    る。

■3.人権委員会は人権問題に貢献できるのか?■

     以上の経過から浮かび上がってくる人権委員会の実像とは:

    ・中国やロシアなど多くの参加国は、自国内の人権問題に波及
      しかねない決議には反対する。
    ・そのためには、北朝鮮国民の悲惨な人権状況にも、日本人拉
      致という明確な人権侵害にも、非難の声をあげない。
    ・たとえ非難決議が採択されたとしても、ほとんど実効を持た
      ない。

     こんな人権委員会が、はたして拉致問題の解決、いや広くは
    世界の人権問題の解決にいささかでも貢献できるのだろうか?
    53カ国もの国々から多くの代表が集まってこの有様では、壮
    大な費用と時間のムダとしか言えないのではないか?

     しかし、これは人権委員会だけの問題ではない。そもそも国
    連の中心的機関たる安全保障理事会ですら、その実態は同様な
    のである。

■4.北朝鮮ミサイルへの非難決議案■

     1998年8月、北朝鮮がテポドン・ミサイルを日本列島越しに
    発射した。衝撃を受けた日本はすぐに国連安全保障理事会に北
    朝鮮非難の決議を出そうとした。この時、日本は安保理の非常
    任理事国を務めていた。

     だが中国が強い抵抗を示し、安保理での非難採択はおろか、
    提出すらもできずに終わった。北朝鮮に対しては安保理議長の
    報道陣向け声明というほとんど意味のない意思表示となった。
    [1,p154]

     中国自身も、96年の台湾での民主選挙の際にミサイル発射に
    よる威嚇を行った前科があり、北朝鮮への非難決議を許すこと
    は自分の首を絞めることになるので賛成するはずもない。中国
    は安保理の常任理事国である。常任理事国の一カ国でも拒否し
    たら、いかなる決議も成り立たない。したがって、常任理事国
    が関与する行為に対しては、国連はまったく無力なのだ。

■5.国連は戦争を防いできたか■

         その最大例は1956年のソ連軍のハンガリー侵攻だといえ
        る。

         非スターリン化、自由化を進めたハンガリーの国民は親
        ソ連当局への反乱を起こし、共産圏離脱までを求めた。だ
        が介入してきたソ連の大軍に鎮圧された。この間、ハンガ
        リー国民代表は国連への訴えをつづけたが、国連はソ連の
        拒否権で動けなかった。[1,p77]

         78年12月にベトナムの大部隊がカンボジアに侵攻し、
        ポル・ポト派「民主カンボジア」政権を首都プノンペンか
        ら撃退し、親ベトナムの新政権を樹立する。「民主カンボ
        ジア」は国連安保理にベトナム軍撤退の提訴をするが、ソ
        連の拒否権にあう。79年2月、中国がベトナムへの「懲罰」
        と称して、大軍をベトナム領内に侵攻させる。このときも
        国連はなにも行動をとることができなかった。[1,p122]

     こうして見ると、国連は戦後の大規模な戦争にはまったく無
    力であったことが分かる。唯一の例外は朝鮮戦争で、この時、
    米軍を主体とする16カ国が「国連軍」を編成して、北朝鮮と
    戦った。これは中国が台湾に替わって常任理事国になる前であ
    り、またソ連がこの問題に絡んで安保理をボイコットしていた、
    という偶然の賜であった。

     仮に、北朝鮮が中国の秘密の了解を得た上で、日本に対して、
    ゲリラ戦でも仕掛けてきたら、日本がいくら国連に訴えても、
    国連安保理は中国の拒否権で何も動きがとれない。そういう仕
    組みになっているのである。

■6.カモにされたり、コケにされたり■

     2002年までの4年間、日本政府を代表する国連大使を務めた
    佐藤行雄氏はこう語る。

         国連の現場を経験した人間として日本で抱かれている国
        連のイメージが国連の現実からあまりにかけ離れているこ
        とを強調したい。日本で唱えられている国連中心主義とい
        うのは一体、なんなのだろうと考えさせられる。[2,p155]

     佐藤氏は「国連の現場」について次のような実体験を紹介し
    ている。

         2001年12月、タリバン政権崩壊後のアフガニスタンに
        国際治安部隊を送ることについての安保理決議案を突然、
        みせられた。翌朝に採択されるというその決議案は、治安
        部隊の経費を国連加盟国が分担する通常予算からではなく、
        治安部隊に兵力を送らない国からの自発的拠出にする、と
        していた。当然、日本が最大の対象だった。

         部隊を出さない国にとくに多額の経費を分担させるとい
        う方式は国連でも前例がない。安保理の常任理事国イギリ
        スとフランスの勝手な提案だった。佐藤大使は衝撃を受け、
        八方に手を打って、なんとか阻止をしたという。[1,p156]

     日本があやうくカモにされそうになったという話だが、コケ
    にされたというケースもある。

         99年9月、独立が確実となった東ティモールの指導者グ
        スマン氏を招いての安保理公開討議でも日本代表の演説が
        決まっていた。だが会議が長引き、肝心のグスマン氏はア
        ナン国連事務総長との昼食のために議場を離れてしまった。
        その結果、東ティモールの復興に最大の貢献をする日本代
        表の佐藤大使は、空席に向かって演説をする羽目になった。
        佐藤氏は怒り心頭に発して、議長に講義したという。
        [1,p156]

     こういう中で十数年も国連に勤務したある日本人職員は、自
    分の仕事についてこう語った。

         同じ海外にいても日本製の電気製品を日本企業のために
        売っていた方がいまの仕事より充実感を得られるのではな
        いかと最近、思うようになった。国家、民族あっての個人、
        日本あっての自分ということを長い国連生活の末に初めて
        痛感するようになった。当初は国連の理想に共鳴し、真の
        国際人になろう、日本だけが国ではないと決意したのだが
        ---[1,p160]

■7.国連を舞台にした不正■

    「国連の現場」での最悪のケースをご紹介しよう。イラクの
    「石油食料交換プログラム」にまつわる不正である。

     イラクは国連決議が求めた大量破壊兵器の破棄を履行しなかっ
    たため、国連から石油の輸出禁止などの経済制裁を受けた。石
    油収入を失ったイラク経済は悪化し、国民の飢餓や病気がひど
    くなったため、国連はフセイン政権に石油を売った代金を食料
    や医薬品に用途を限って使わせるという「石油食料交換プログ
    ラム」を1996年に始めた。

     このプログラムによって、フセイン政権はその崩壊までの7
    年間で総額640億ドルの代金を得た。そのうちクウェート侵
    攻での被害者への補償に260億ドル、食料輸入などに245
    億ドルが使われたが、残りの140億ドル近くの資金がどこか
    へ消えてしまっていた。

     消えた資金はフセイン政権や国連関係者だけでなくフランス、
    ロシア、中国の関連企業にも流れたことが、米国上院への会計
    検査院の報告などで明らかにされた。

         ルーガー(上院外交委員会)委員長はこうした証言を受
        ける形で、「この大規模な腐敗はフセイン政権当局者だけ
        でなく国連の関係職員や国連安全保障理事会で同プログラ
        ムの設置と運営に関与したロシア、フランス、中国などの
        不正直、不注意、我欲から生じた」と指摘するとともに、
        とくに深刻なのはもしフセイン政権が打倒された場合に同
        プログラムの不正が暴露されるのを恐れたことが中国、フ
        ランス、ロシアの各国が米英両国のイラク攻撃に反対した
        理由の一部になったことだ」と強調した。[3]

■8.国連中心主義の危険■

     冒頭の石橋氏が主張したような国連中心主義は、国連の実態
    を無視した空想であるだけでなく、政治思想としても問題があ
    る。大著「歴史の終わり」を著した米国の国際政治・歴史学者
    フランシス・フクヤマは、国連の開発途上国支援活動などは評
    価しつつも、その政治的正当性について、こう述べている。

         アメリカ国民の大多数は保守もリベラルも、人間集団に
        対し権力、権限を行使できる唯一の存在は民主的手段で選
        ばれた政府だけだと固く信じている。民主的選挙で生まれ
        た政府に代表される主権国家こそが正当なパワーを有する
        機関であり、世界秩序も国際パワー政治もそうした主権国
        家に従属するという考え方だ。国連が主権国家の正当なパ
        ワーを奪うという印象があれば、アメリカ人は激しく反発
        することになる。[1,p42]

     フクヤマが述べたように、民主的選挙に基づく主権国家こそ
    正当な政治権力を持つ、という民主主義の前提から見れば、国
    連は民主的選挙という基盤を欠いている事に気がつく。

     現に、半世紀以上前の戦争に勝ったという理由で常任理事国
    になった国が、いまだに自らの気に入らない決議案はことごと
    く拒否できるという絶対的なパワーを持つことは、およそ非民
    主主義的である。

     前述の佐藤氏も「国連中心主義」の危険をこう指摘する。

         国連中心主義というのが、日本の国益にかかわる問題に
        ついての判断を国連にゆだねるということならば、危険き
        わまりない。日本には自国の国益のために国連を使用する
        という視点が欠けている。国連を神聖視したような議論に
        は心から危惧の念を覚える。[1,p157]

     日本は国連の通常予算総額の20%近くを分担している。英
    仏露中の常任理事国4カ国合計でも14%にしかすぎない。特
    に1.2%のロシア、1.5%の中国とは10倍以上の開きがあ
    る。

     国連が各国のエゴがぶつかりあうドロドロした場である、と
    いう実態を知らずに、日本国民はこれだけの血税をつぎ込んで
    いる。国連をもっと国際社会で役に立つ存在にするためにも、
    我々自身が国連幻想から目覚めて、その実態を見つめる所から
    始める必要がある。
                                          (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(223) 国際連合、3つの幻想
    第2次大戦の戦勝国が作った国連を徳川幕府に例えれば、わ
   が国は旧敵国の外様大名。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. 古森義久、「国連幻想」★★★、扶桑社、H16
2. 産経新聞、「【家族よ 混迷する拉致問題】国連人権委で初の
   意見陳述 北の詭弁に風穴」、H15.04.23
3. 産経新聞、「イラクに100億ドル以上の不正資金 国連『石
   油食糧交換』」、H16.04.09

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■前号「国連幻想」について

                                               Kazyさんより
     今号を拝読致しまして、以前に、知人より聞いたことを思い
    出しました。その知人は、「国連の本質を知るには、英語名を
    直訳することだ。」と言っておりました。つまり、『United
    Nations』を直訳すると、『連合国』となり、第二次大戦で日
    本・ドイツ・イタリアの枢軸国と対峙した連合国が世界を支配
    するための仕組みが国連の実態だ、とのことです。

     私も、「United Nations」が、なぜ、「国際連合」に訳され
    たのかは存じませんが、上記のようなことを聞くと、「League
    of Nations」であった「国際連盟」とは、その本質を著しく異
    にするものであるとの印象を禁じ得ません。

     現在の日本には、革新派から保守派に至るまで、「国連幻想」
    というものがはびこっているように思えますが、その根本は、
    案外と単純な、そして、非常に性質の悪い誤訳とプロパガンダ
    であるような気が致します。


                                             健太郎さんより
     日本人の国連幻想の大きさとその現実とのギャップには共感
    を覚えました。たとえば、緒方貞子さんがいた国連難民高等弁
    務官事務所(UNHCR)。北京にも事務所がありますが、そ
    うとうなお役所でして、その仕事には魂がこもっているとは感
    じられません。

     先日、某国の夫婦が北京に亡命目的で難民申請をしました。
    UNHCRは難民申請を拒否するにいたったのですが、そこまでは
    よい。しかし、すでに奥さんは妊娠37週を過ぎており、とて
    も飛行機に乗れる状態ではありませんでした。うちのクリニッ
    クに「飛行機に乗ってもよい証明書を書いてほしい」とこの夫
    婦を連れてきました。私が、「もし私が飛行機に乗れる状態に
    ない、と判定したらどうなりますか?」と聞くと、「さあ。で
    もあなたに迷惑をかけるような事はしないから、ちゃんと自国
    に帰るようにして欲しい」「帰国したら、政府に逮捕されたり
    するのではないのですか?」「さあ、、、、」。その無責任さ、
    無関心さにはかなりがっかりしたものです。自分の職分をカバ
    ーすることに汲々とし、その範囲外では知らん顔で、まったく
    想像力が働かない。「お役所」気分が蔓延しておりました。こ
    の方だけの例外だといいのですが。(英語を母国語としない女
    性で、アクセントから判断すると日本人ではないと思います。)

     国連に勤務する日本人の方々には尊敬する方も多く、友人も
    おりますが、中には鼻持ちならない方も多く、困ることがあり
    ます。「私は国連職員だ、文句あるか」という感じでして、た
    だの通訳、事務雑用でも(いや、そういうときこそ)とても横
    柄なときがあります。日本で「国連機関に勤務しています」と
    いうと、ちやほやされるせいかもしれません。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     国連とは軍事同盟の発展したものであり、また巨大な官僚組
    織でもあります。幻想の陰にこういう実態があります。 

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.