[トップページ][平成17年一覧][国柄探訪][210.2 神代]

■■ Japan On the Globe(381)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

               国柄探訪:大和の国と邪馬台国

                  我が国はいつ、どのように建国されたのか?

■■■■ H17.02.06 ■■ 33,397 Copies ■■ 1,468,425 Views■

■1.日本の建国は、いつ誰によって行われたのか■

     もうすぐ建国記念日。皇紀2665年、と言っても、知らな
    い人が多いだろうが、紀元前660年元日の初代・神武天皇即
    位から、この2月11日で2665年目となるという事である。

     そんな事を言うと、すぐに紀元前660年などというのは、
    皇室の歴史を引き延ばして政治宣伝をした古事記・日本書紀に
    よるもので、嘘っぱちに決まっている、と切り捨てるのが、戦
    後の歴史学界の倣いだ。たとえば平凡社の世界大百科事典の
    「神武天皇」の項では:

         日本書紀の記す紀年,辛酉年(かのととりのとし)(前660)
        即位,76年(前585)に127歳で没というのは史実をよそおっ
        た造作であり,6〜7世紀の記紀神話形成期に今見るような
        形に物語化されたものであろう。

    「史実をよそおった造作」などと、いかにも冷ややかな記述で
    ある。こういう冷たい視線で歴史を眺めなければ、客観的・学
    問的になれない、という思いこみがあるようだ。

     それでは歴史事実として、日本の建国はいつ誰によって行わ
    れたのか、と疑問に思っても、具体的な記述はない。「史実を
    よそおった造作」と批判だけして、自分の説を示さないのは、
    日の丸・君が代を国旗・国歌と認めない、と因縁をつけながら、
    代わりの国旗・国歌を提案しない日教組とよく似ている。

     こういう状況の中で、厳密な資料批判に基づいて、日本の建
    国の年代に関して合理的な仮説を提示した本が現れた。八木壮
    司氏の「古代天皇はなぜ殺されたのか」[1]である。本号では
    建国記念の日を機に、読者を壮大な古代ロマンの世界に誘う八
    木氏の仮説をご紹介しよう。

■2.神武天皇127歳!?■

     建国の年の推定に入る前に、まず「神武天皇が127歳で没し
    た」という長寿の謎に挑戦してみよう。誰でも「そんな馬鹿な」
    と思い、そこから簡単に「造作説」に引き込まれてしまう。し
    かし、この異様な長寿が皇室の歴史を引き延ばすための「造作」
    という仮説では説明しきれない点がある。

     確かに初代・神武天皇は日本書紀では127歳だが、第2代
    綏靖(すいぜい)84歳、第3代安寧(あんねい)57歳と
    「短命」となり、第4代懿徳(いとく)から第8代考元までは
    記載なしで、第9代開化天皇でようやく115歳と長寿に戻る。

     歴史を引き延ばすために長寿を造作したという仮説なら:

    ・なぜ短命の天皇をわざわざ記載したのか? 歴史を引き延ば
      すためなら、神武127歳、安寧57歳とするより、両者
      92歳とした方が、より「史実」らしく見える。逆に長寿に
      した方が、天皇の神秘的権威が高まる、というなら、短命な
      天皇を記すことは逆効果だ。

    ・そもそも、なぜ年齢の記録のない天皇がいるのか? 歴史を
      引き延ばす事が目的なら、すべての天皇の年齢をでっち上げ
      るはずだ。

    ・歴史を延ばすためには、天皇を異様な長寿にするより、もっ
      と簡単で史実らしく見せる手がある。架空の天皇を何代もでっ
      ちあげて、系譜に挿入すればよい。世代数が増えれば、権威
      も増す。

     日本書紀の編者たちは、こんな矛盾にも気がつかずに、単に
    非現実的な長寿を「造作」したほど、愚かだった、というのだ
    ろうか? それとも、長寿造作説が抱えるこの程度の単純な矛
    盾に気がつかない現代の歴史学者が愚かなのだろうか?

■3.「古代の日本では1年を春秋で2年と数えていた」■

     この問題に対して、八木氏は中国の史書を丹念に調べ、有名
    な魏志倭人伝の原典となった「魏略」という本に「その俗、正
    歳四節を知らず。ただ春耕秋収を計って年紀と為す」という一
    節があるのに注目する。「倭人は四季に基づく正しい暦法を知
    らず、春の耕作の始まりと、秋の収穫のときを数えて年数にし
    ている」と言うのである。

     ここから八木氏は、古代の日本人は春と秋に一年が始まる
    「二倍年」の暦を使っていたのではないか、と推察する。今の
    1年を春秋で2年と数える暦法である。とすれば、神武天皇
    127歳というのは、63、4歳にあたる。第3代安寧57歳
    は28、9歳で、まさに夭折である。記紀(古事記・日本書紀)
    を通じて最も長寿とされた第10代崇神天皇が168歳である
    から、これも84歳となり、ありえない年齢ではない。

     おそらく記紀が編まれた8世紀頃には、すでに「倍年法」は
    忘れ去られていたのであろう。しかし、編纂者たちは伝えられ
    た異様な長寿はその通りに記し、年齢が分からない天皇はその
    まま不詳とした。それは伝承された歴史を、そのままに文字に
    記そうとする、きわめて学問的な態度であったのではないか。
    そういう人々にとっては、史実として伝えられていない架空の
    天皇を勝手に造作するなどという事は思いもよらない事だった
    のだろう。

     八木氏の「倍年法」仮説なら、「長寿造作」仮説では説明の
    つかない前節の3つの疑問を簡単明瞭に説明できるのである。

■4.「辛酉革命説」への疑問■

     日本書紀では神武天皇即位の年を紀元前660年としているが、
    この縄文の時代に、神武天皇が船団を組んで九州から大和に攻
    め込む、というのは、やはり非現実的だろう。日本書紀で、な
    ぜこんなに古い年代を持ち出したか、については、古くからの
    定説がある。明治期の歴史学者、那珂通世(なかみちよ)のい
    わゆる「辛酉(しんゆう)革命説」である。

     中国古代では、甲(きのえ)・乙(きのと)などの十干(じっか
    ん)と、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)などの十二支を組み合わ
    せて、60年で一巡する暦法を採用していた。そしてその21
    巡目、すなわち1260年目の辛酉(かのと・とり)の年には、
    王朝が覆される大革命の年になるという讖緯説(しんいせつ)
    なる俗説があった。

     推古天皇9年(601年)が辛酉であり、その1260年前に大革
    命が起きたはずで、それが初代・神武天皇の即位の年であった
    に違いない、と設定した、というのである。

     この説に対して、八木氏は2つの難点を挙げる。まず1260年
    毎に大革命があるという讖緯説は、中国では社会不安を煽る俗
    説として、しばしば禁止されていた。日本書紀編纂に加わった
    当時一流の学者たちは、当然、この事を知っていただろうし、
    ましてや万世一系を意識する大和朝廷で、こんな不吉な俗説を
    正史に採用するとは考えられない、というのである。

     また推古天皇9年も、聖徳太子が斑鳩の宮を建てたほかは、
    新羅との緊張が高まる程度の比較的平穏な年であった。とうて
    い王朝が覆るような大革命の年ではない。

     従来の仮説では神武天皇即位を讖緯説によって1260年前に設
    定し、ここから歴代の天皇の治世を逆算して当てはめたために、
    無理な長寿が造作された、というものであったが、八木氏は逆
    に、倍年法で異様な長寿が伝えられており、それをそのままに
    建国の年代を推定したので、途方もない昔となってしまった、
    と考える。

■5.「倭国大乱」とは神武の東征■

     さて、それでは神武天皇即位は何年だったのか。記紀によれ
    ば、神武天皇は幼名を狭野命(さののみこと)と申し上げ、現
    在の宮崎県高原(たかはる)町狭野(さの)に生まれた。長じ
    て大八島(日本)の中心である大和に都を置こうと、宮崎市と
    延岡市の間にある美々津から船団を発し、宇沙(大分県宇佐市)、
    阿岐国(あきのくに、広島)、吉備国(きびのくに、岡山)を
    通られて、浪速国にたどり着いた。そこで地元勢に襲われて苦
    戦し、紀伊の国(和歌山)熊野を迂回して、吉野から大和に入
    り、辛酉の年の正月に初代天皇として即位した。その足跡が各
    地の地名や神社、祭り、物産となって今も残されている[a]。

     この神武東征の年代について、八木氏は魏志倭人伝の次の有
    名な一節に着目する。

         その国、もとまた男子を以て王と為す。住(とど)まる
        こと七、八十年、倭国乱れ、相攻伐すること暦年、乃ち一
        女子を共立して王と為す。名は卑弥呼という。

     倭国ではもとは男王が立っていたが、7,80年にして乱れ、
    戦いが何年か続いた後、卑弥呼を女王として共立した。この
    「倭国乱れ」こそ神武東征による戦乱が中国に伝わった記事な
    のではないか、というのが、八木氏の仮説である。

     まず、この「倭国乱れ」はいつなのか。魏志倭人伝より約2
    百年後に書かれた『御漢書』では「桓・霊の間、倭国大いに乱
    れ」とあり、倭国の大乱を後漢の桓帝と霊帝の間(西暦146年
    から189年)としている。この間の辛酉の年は西暦181年であり、
    これが神武天皇即位の年だった、というのが八木氏の説である。

■6.神武即位は西暦181年■

     神武即位が181年という仮説が、他の史実や文献と矛盾が生
    じないか、八木氏は子細に検討する。

     まず、この時代には、朝鮮半島には楽浪郡や帯方郡といった
    中国側の出先機関が設けられていた。朝鮮半島でのいわば植民
    地統轄拠点だが、倭国に関する情報は郡庁で整理されて、首都
    ・洛陽に送られていたみられる。倭国に神武東征のような大き
    な戦乱があれば、その情報がここを通じて、中国に伝えられて
    いたのは当然だろう。

     また『後漢書』によれば、西暦107年に倭国王「師升(すい
    しょう)」が生口(使用人)160人を後漢の安帝に献じた。
    これだけの人数を使節、衛兵とともに中国に送れるだけの船が
    作れたのであるから、その70年ほど後に、神武天皇が船団を
    組んで瀬戸内海を渡ったというのは、技術的にも経済的にも十
    分、可能な事であった、と考えられる。

     次に歴代天皇の在位年数で見てみると、神武天皇即位を181
    年とすると、昭和の末年までで1880年であり、これを125代
    で割ると、天皇一代あたりの平均在位年数は14.5年となる。
    天皇の即位年が文献上、正確に分かるのは聖徳太子の父君であ
    る第31代用明天皇であり、その即位から昭和天皇の崩御まで
    94代で計算すると、平均在位年数は14.9年となる。

     神武即位からの14.5年は、これに比較すると0.4年短い
    が、古代の平均寿命が短かったと考えれば、ほぼ妥当な数字と
    言える。神武即位は西暦181年という仮説は、技術や経済の発
    展段階、および、内外の文献上ともうまく整合するのである。

■7.邪馬台国と大和の国■

     残る問題は、魏志倭人伝では倭国大乱の後に卑弥呼が共立さ
    れたという邪馬台国と、記紀で神武天皇が即位して建国した大
    和の国との関係である。

     まず注意すべきは、神武東征軍が制した版図は、奈良盆地の
    南半分でしかなかった、という事である。東征軍が戦った地元
    勢との戦いの記録は、ほぼこの地域に限られている。

     また初代神武天皇から第8代孝元天皇まで、各代で建設され
    た宮殿は、すべて奈良盆地の南3分の一ほどの地に限られてい
    た。さらに第5代孝昭天皇を除いて、第8代まではいずれも正
    妃は奈良盆地南部から迎えている。ようやく建国された大和の
    国は、第8代までは奈良盆地の南半分を版図とする小国だった
    のだ。

     それに対して、魏志倭人伝によれば、卑弥呼の邪馬台国は7
    万余戸と伝えられ、人口は50万人ほどもあったと推定される。
    同時代に魏に滅ぼされた燕の国は戸数4万というから、邪馬台
    国はその2倍近い大国である。

     卑弥呼は239年に倭国連合の盟主として魏に使節団を送り、
    魏はこれに応えて「親魏倭王」の金印と銅鏡100枚を送った。
    この称号も大量の銅鏡も、史上例のない厚遇であった。魏とし
    ては呉、蜀への対抗上、強大な邪馬台国をぜひとも味方につけ
    ておく必要があったのだろう。[b]

     この銅鏡は東は群馬から西は島根、山口まで、複製品を含め
    て9枚が出土しているが、これは卑弥呼が倭国連合に属する国
    ぐにに自らの権威づけのために贈ったものと見られる。邪馬台
    国は九州にあったという説と、近畿地方にあったという説があ
    るが、銅鏡の出土地域を考えれば、後者が有力と考えられる。

■8.邪馬台国 対 大和の国■

     魏志倭人伝によれば、247年には邪馬台国はその南に位置し
    ていた狗奴(くな)国から激しい攻撃を受け、魏の救援をあおぐ。
    魏は軍事顧問というべき武官を派遣するが、その戦いの最中に
    卑弥呼は亡くなる。あとを継いで第2代女王・壱与(いよ)が
    共立され、266年には魏に使いを出すが、これを最後に邪馬台
    国は幻のように消えてしまう。

     邪馬台国が大和の国だった、というのが、従来、有力な説だっ
    たが、卑弥呼−壱与のように女王が2代続くことは皇室ではあ
    りえない。邪馬台国を南部から攻撃した狗奴国こそ神武天皇の
    建国した大和の国だった、というのが、八木氏の仮説である。
    狗奴は「熊野」であり、神武天皇は熊野から大和盆地に入った
    からである。

     邪馬台国の壱与が隋に最後の使いを出したのが266年。先の
    平均在位年数14.5年から計算すると、第8代孝元天皇の即
    位が257年前後と推定される。その次の開化天皇は奈良盆地南
    部から一挙に飛び出して、その北端、奈良市春日の地に宮殿を
    構え、正妃も初めてこの地から迎えた。さらに山背(やましろ、
    京都府)や北河内(大阪府)の豪族の娘を迎えている。

     したがって第8代孝元天皇の時代に大和の国は邪馬台国を併
    合し、それまで奈良盆地南部の地方国家だったのが、一挙に京
    都府南部、大阪府北部に至る地域に勢力を広げた、と考えられ
    るのである。

     神武天皇は天照大神の子孫であることを自覚し、その志を継
    いで「天地四方、八紘(あめのした)にすむものすべてが、一
    つ屋根の下の大家族のように仲よく暮らす」ことを目的として、
    皇位についた[a]。そうした志からすれば、中国の権威を借り
    て、その服属国の盟主として国内の実権を維持しようとした邪
    馬台国とは建国の理念そのものが異なるのである。大和の国が
    その理念を追求しようとすれば、邪馬台国は共に天を戴くこと
    のできぬ国であったろう。この点から見ても、八木氏の仮説は
    説得力を持つのである。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(074) 「おおみたから」と「一つ屋根」
    神話にこめられた建国の理想を読む。
b. JOG(367) 「日中友好2千年」という虚構
    日本は、中国の冊封体制と中華思想を拒否し、適度の距離感
   を保ってきた。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。
1. 八木壮司『古代天皇はなぜ殺されたのか』★★★、角川書店、H16

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.