[トップページ][平成17年一覧][国柄探訪][113 人生観][911 詩歌]

■■ Japan On the Globe(410)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

           国柄探訪: 名歌でたどる日本女性の心
                            〜 愛と自己犠牲と
                  歴史の陰に、母として妻として生きた日本女性
                の生き様を偲ぶ。
■■■■ H17.09.04 ■■ 33,286 Copies ■■ 1,752,734 Views■

■1.木の葉さやぎぬ風吹かむとす■

        狭井河(さいかは)よ雲立ち渡り畝火山(うねびやま)木
        の葉さやぎぬ風吹かむとす

        (狭井河の方から雲が立ちのぼって、いま私のいる畝傍山
        の木の葉が激しくざわめいている。嵐が迫っている。)

     初代・神武天皇の皇后・伊須気余理比売(いすけよりひめ)
    のお歌である。自然の描写に託して、雲、木の葉、風と「カ行」
    の音を短く畳みかける緊迫の調べが、迫りつつある危機を暗示
    する。

         神武天皇は伊須気余理比売を皇后にお立てになる前に、
        日向の国に妃がおられたが、その妃との間のみ子、當藝志
        美々命(たぎしみみのみこと)は、天皇崩御のあと、継母、
        伊須気余理比売を妻とし、すでに神武天皇との間にお生ま
        れになって天皇のあとをお継ぎになるはずのお子さま方、
        三人の義弟を殺そうと企んだ。それを知られた皇后が、建
        国直後に起きたこの国家の重大危機をお子さま方に知らせ
        るためにお詠みになった歌。[1,p23]

      このみ歌の知らせに驚いたみ子の一人、神沼河耳命(かむ
     ぬなかはみみのみこと)が、當藝志美々命を討って第二代・
     綏靖天皇となられる。

      自らが生んだ子たちの危機に、母の心はまさに「木の葉さ
     やぎぬ」状態であったろう。

     ギリシャ悲劇、あるいはシェークスピアを思わせるドラマが、
    我が国の建国直後にあったのである。このようなドラマがさま
    ざまに繰り広げられつつ、日本の歴史は開展していくのである
    が、その過程で泣き、笑い、喜び、悲しむ人々の思いがあった。
    最近、出版された『名歌でたどる日本の心』[1]は、こうした
    わが先人の思いを、歌を通じてありありと示してくれる。

     今回は、その中でも歴史の陰に母として妻として生きた日本
    女性の歌をいくつかご紹介しよう。

■2.火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも■

         弟橘姫(おとたちばなひめ)

         さねさし相模(さがむ)の小野(おぬ)に燃ゆる火の火
        中(ほなか)に立ちて問ひし君はも

         遠く九州に赴き熊襲(くまそ)を征伐した古代の英雄、
        倭建命(やまとたけるのみこと、第十二代・景行天皇の皇
        子)は、帰京後さらに東国へ軍を進められたが、そのとき、
        走水海(はしりみずのうみ、現在の東京湾・浦賀水道)の
        神が暴波(あらなみ)を立てて命の船をはばもうとしたの
        で、その神の怒りをしずめるために、妃、弟橘姫は身を翻
        して海にお入りになった。

         この歌はそのとき、姫がお詠みになった歌である。命が
        相模の国(神奈川県)でその地の豪族によって火攻めにあ
        われたとき、燃えさかる炎の中で、私の身を案じて呼びか
        けてくださったあなたよ、の意。[1,p24]

     燃えさかる炎の中で、倭建命はご自身のことなどを顧みず、
    弟橘姫の名を呼んで、助けようとした。その愛に応えて、今、
    弟橘姫は自らを海神の生け贄として捧げるのである。

         なお、弟橘姫については、皇后陛下が平成十年、その御
        著『橋をかける』の中で、幼い日、このお話をお読みになっ
        たとき、子供ながらに「愛と犠牲という二つのものが一つ
        に感じられた」という忘れがたい経験をお述べになってい
        る。[1,p25][a]

■3.わが子羽ぐくめ天(あめ)の鶴群(たづむら)■

         遣唐使の母

        旅人の宿りせむ野に霜ふらばわが子羽ぐくめ天(あめ)の
        鶴群(たづむら)

         天平五年(733)、遣唐使が難波を旅立ったときに、使節
        の一行の母親が、わが子に贈った長歌に添えられた反歌で
        ある。「旅人が一夜を過ごす野に霜が下りるなら、わが子
        を羽で包んで守ってくれよ、大空の鶴の群れよ」と旅行く
        わが子を思う母親の至情が詠まれている。

         舒明天皇2年(630)から平安時代の寛平6年(894)まで続
        けられた遣唐使派遣、それは大陸文化摂取のための、世界
        に比類のない壮大な国家事業であったが、その営みの陰に
        このような歌が詠まれていたことも忘れてはならないと思
        う。[1,p59]

     遣唐使と言っても、おそらくはまだ二十歳前の青年であろう。
    広大な大陸に渡り、長安の都に着くまでにどれほどの長旅をし
    なければならないのか。西の空の方に飛んでいく鶴の一群をみ
    て、母親はかなう事なら自分も一緒に飛んでいって、霜降る野
    に旅寝するわが子を自らの羽で暖めてやりたいと思ったことで
    あろう。

■4.もろともに消え果つるこそうれしけれ■

         別府長治の妻 照子

        もろともに消え果つるこそうれしけれおくれ先立つならひ
        なる世に

         天正7年(1579)、播磨の三木城(兵庫県三木市)は織田
        信長の配下、羽柴秀吉の猛攻にさらされたが、城主別府長
        治は容易に降伏せず、ここに後世に語り伝えられた「三木
        の干殺し(ひごろし、兵糧攻め)が始まった。そのため長
        治はついに降伏を決意。城内の兵士の助命と、荒廃した城
        下の復興のための租税の減免などを約束せしめたうえで、
        別府一族はすべて自害、武士としての見事な最期を飾った。
        [1,p123]

    「夫婦とはいえ、遅れ、先立つのが世の常なのに、こうしてあ
    なたと一緒にあの世に旅立つのが嬉しい」という妻の歌である。
    冒頭から「もろともに」と詠い出す調べに、いかにも夫と一緒
    に旅立つ喜びが感じられる。生死を超えた愛である。

■5.身は武蔵野の露と消ゆとも■

         和宮(静寛院宮)

        惜しまじな君と民とのためならば身は武蔵野の露と消ゆと
        も

     和宮は第120代・仁孝天皇の皇女、孝明天皇の妹君。幕府
    はペリー来航で失墜した権威を再興しようと、公武合体を唱え、
    13歳の和宮の将軍家茂への降嫁を画策した。和宮は文久元年
    (1861)年、江戸に下向して、翌年婚儀をあげられた。

     しかし、そのわずか5年後、家茂は急逝し、宮は仏門に入っ
    て静寛院と称せられた。官軍が江戸に迫ったときは、亡き将軍
    家茂の妻として、徳川の家門を保つべく、難局を収められた。

     この歌は、和宮が江戸に向かう途中で詠まれた歌とされてい
    る。「惜しむまい。兄・孝明天皇と民とのためならば、身は武
    蔵野の露と消えても」という、自己犠牲のお歌である。「惜し
    まじな」という最初の一句の、いかにもごつごつとした調べが、
    宮の一途な、堅い決意を物語っている。

     当時の人々はこのお歌を口から口へと語り伝えて、宮のお心
    をお偲びしたと言われている。

■6.たわまぬ節はありとこそきけ■

         西郷千重子

        なよ竹の風にまかする身ながらもたわまぬ節はありとこそ
        きけ

     西郷千重子は会津藩家老・西郷頼母(たのも)の妻。新政府
    軍が会津城下に攻め込んだとき、西郷家では家を守る妻・千重
    子が子女に向かって、「お城に入って殿様に従いたいが、子連
    れではかえって足手まといになるやもしれぬ。むしろ自刃して
    国難に殉じたい」と言い、長子のみを城に向かわせ、残るすべ
    ての家族ともども自刃した。その千重子の辞世の歌である。

    「なよ竹のように吹く風にゆれ揺れ動く女の身だが、そのなよ
    竹にも曲がらない節があると聞く」という意。「ありとこそき
    け」という断固たる調べが、武士の妻らしい毅然とした心根を
    表している。

■7.はるけき空をわたるかりがね■

         昭憲皇太后

        広島の行宮(かりみや)さしていそぐらむはるけき空をわ
        たるかりがね

     明治27年、日清戦争勃発に伴い、大本営が広島に移され、
    明治天皇も広島を御座所とされた。行宮とは天皇が旅先で設け
    られる借りの宮の意。東京の空を西に飛んでいく雁の姿に、広
    島での明治天皇をお偲びになったお歌である。

     前出の鶴の群れに遣唐使として旅行くわが子を思う母の歌と
    よく似ている。夫を思い続ける妻、子を思い続ける母の心は、
    飛び行く鳥の姿にも、愛する者の所に向かうと思えてしまうの
    であろう。

■8.つはものに召し出(いだ)されし我せこは■

         大須賀松江

        つはものに召し出(いだ)されし我せこはいづくの山に年
        迎ふらむ

     日露戦争中の明治38年(1905)の歌御会始(現在の歌会始)
    で、1万余首の詠進歌の中から選ばれた一首。「山梨県、陸軍
    歩兵二等卒妻、大須賀松江」と作者名が披露されたとき、参会
    者一同、ハッとしたという。二等卒といえば、軍人の中でももっ
    とも位の低い妻である。そういう者の歌も、まごころがこもっ
    ていれば、天皇の大御歌と同じ場で朗唱される。まさに「和歌
    の前の平等」を具現した出来事であった。[b]

    「つはもの」とは兵士、「せこ」とは妻が夫を親しんで呼ぶ言
    葉。出征した我が夫は、いづこかの山で無事に新年を迎えてい
    るのだろうか、と案ずる妻のあるがままの気持ちをそのままに
    歌った歌である。[c]

■9.つれづれの友ともなりてなぐさめよ■

         貞明皇后

        つれづれの友ともなりてなぐさめよゆくことかたきわれに
        かはりて

     貞明皇后は大正天皇のお后。このお歌は昭和7年、「癩(ら
    い)患者を慰めて」と題して詠まれた5首のうちの1首。貞明
    皇后は癩病(ハンセン病)患者へのご同情が深く、毎年、救済
    事業に御下賜金を下される傍ら、御所の庭の楓(かえで)の苗
    を全国の療養所にお送りになって、苦しむ患者をお慰めになっ
    た。「楓よ。見舞いに行くことが難しい私に代わって、するこ
    ともなく寂しい患者等の友となって慰めよ」という、慈愛あふ
    れるお歌である。[d]

     皇后はまた「国母」とも言われる。それは歴代の皇后が、母
    がわが子を思う気持ちで、国民の幸せを念ぜられた事による。
    

■10.み軍(いくさ)に征く猛(たけ)く戦へ■

         与謝野晶子

        水軍の大尉となりてわが四郎み軍(いくさ)に征く猛(た
        け)く戦へ

     与謝野晶子と言えば、日露戦争中に「君死にたまふことなか
    れ」の反戦歌を詠んだ歌人として、歴史教科書などに紹介され
    ているが、それは偏向教科書によく見られる「つまみ食い」で
    ある。その与謝野晶子が、大東亜戦争中にこういう歌を詠んで
    いたことをあわせて紹介しなければ、その心は伝わらない。

     この歌は与謝野晶子の4男・c(いく)が東京帝国大学工学
    部から海軍に入り、大東亜戦争に赴いた時の歌である。「四郎」
    とは四男の意。「海軍の大尉となって出生するわが子よ。猛々
    しく戦え」という歌である。

    「水軍」も「みいくさ」も日本古来からの言葉で、九州の防備
    につく防人を送るかのような万葉調の歌である。祖国の危機に
    際して、名誉ある「水軍の大尉」となった「わが四郎」に武人
    の誇りをかけて存分に戦って欲しいという思いであろう。

■11.嵐のあとの庭さびしけれ■

         松尾まつ枝

        君がため散れと育てし花なれど嵐のあとの庭さびしけれ

     昭和17(1942)年5月、特殊潜行艇3隻による特別攻撃隊が
    オーストラリア・シドニー軍港を急襲し、軍艦1隻を撃沈する
    も、すべて戦死を遂げた。

     この歌はそのうちの一隻の艇長・松尾敬宇(けいう)大尉の
    母、まつ枝が一周忌に詠んだもの。「天皇陛下のためには命を
    投げ出せと育てたわが子だが、その通りに命を散らした後は寂
    しい」という武人の母の覚悟と哀しみが詠われている。

     豪州海軍は、松尾大尉らの愛国心と勇気を称え、戦時中の敵
    国軍人にもかかわらず、海軍葬をもって手厚く弔った。

     戦後、まつ枝は、その答礼のために84歳の高齢でオースト
    ラリアに赴いたが、敵味方の区別なく戦いに命を捧げた将兵の
    御霊に和歌と祈りを捧げるその姿に、豪州国民は深く共感し、
    行く先々であたたかく出迎えた。[e]

    --------------------------------------------------------

     以上、11首の日本女性の短歌をたどってみたが、いずれも
    夫や子への深い愛情を詠んだものである。これらの歌からは、
    皇后陛下が子供時代に「愛と犠牲という二つのものが一つに感
    じられた」と言われたお言葉で、すべてが言い尽くされている
    ように思われる。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(069) 平和の架け橋
    他者との間に橋をかけるためには、「根っこ」と「翼」を持
   たねばならない。皇后さまのご講演。
b. JOG(023) 和歌の前の平等
    歌会始で女子高生が宿題で詠んだ歌が、選ばれるというのは、
   「和歌の前の平等」の伝統が現代にも息づいている証拠。
c. JOG(048) 「公」と「私」と
    私情を吐露しつつ公の為に立上がった日露戦争当時の国民
d. JOG(200) 暗き夜を照らしたまひし后ありて
    ライ救済事業に尽くした人々の陰に、患者たちの苦しみを共
   に泣く貞明皇后の支えがあった。
e. JOG(153) 海ゆかば〜慰霊が開く思いやりの心
    慰霊とは、死者のなした自己犠牲という最高の思いやりを生
   者が受け止め、継承する儀式である。
   
■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 小柳陽太郎他編著『名歌でたどる日本の心』★★★★、草思社、
   H17

© 平成16年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.