[トップページ][平成9年下期一覧][070.15 事実と報道][260 南アメリカ][319 国際親善]
         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (16)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成9年12月20日 1,594部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/    Media Watch: 国際親善をそこなうマスコミ報道
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/    1.ブラジルの日系紙を怒らせた日本の報道陣
_/_/    2.まごころのメッセージ
_/_/    3.日系人の思い
_/_/    4.幸福な島国
_/_/    5.国際親善を損なうマスコミ報道
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.ブラジルの日系紙を怒らせた日本の報道陣■  
          
 本年5月30日から、6月13日まで、天皇皇后両陛下は、ブラ  
ジル・アルゼンチンを御訪問された。日本のマスコミはほとんど報  
道しなかったが、その間には現地の人々との多くの感動的な場面が  
あった。これは後に紹介するとして、問題なのは、この時の日本の  
マスコミの取材態度である。ある日系人記者は、こう書いている。  
 
   政府専用機で相乗り五十人の報道陣が、後部タラップからま  
  るで嵐のように降りてきて、我々の規制された枠中の位置とは  
  関係なく、声高の日本語を交しながらタラップの下に陣どる。  
  我々取材陣は殆ど追いやられる始末。ネクタイをつけての礼を  
  つくした現地取材陣は、外務省の発行した許可証も、現地の大  
  使館、総領事館の規制の前には殆ど効力なし。ヤクザが飛び込  
  んでくるような勢いには参りました。  
 
   なんであんな大ぜいで取材合戦をするのだろう。専用機取材  
  だから交通費もいらないということであろう。我々は現地民間  
  機で追いかけるか、早く中止して次の時点で待ち受ける。とこ  
  ろが、その場でもケチラカサレル。いやな思いにかられても我  
  慢しての取材だった。  
 
 ここまでして、日本のマスコミは御訪問をどう報道したか。  
 
   NHKの衛星放送のニュースをみると、両陛下のブラジル訪問  
  など、ほんの十数秒の扱いでしかない。べレンではアマゾン河  
  を周遊されたことだけで、日系人との感激の引見といったこと  
  は全く触れられていない。NHKは民放と比べてニュース時間が  
  豊富なのにこの程度の扱いなのだから民放の長さも想像できる。  
  やはり、日本のマスコミにとって、ブラジル日系人の存在とい  
  うものは、この程度なのが現実なのだ。(日系「サンパウロ新  
  聞)  
 
 ブラジルの日系報道陣は、日本のマスコミの心ない態度に、侮辱  
されたと感じたのである。さて日本のマスコミがこんな騒ぎまで起  
こして、なおかつ報道しなかった御訪問の実態を御紹介しよう。  
 
■2.まごころのメッセージ■  
 
 サンパウロ市イブラブエラ体育館で開かれた日系人歓迎式典では、  
天皇陛下は次のような挨拶をされている。  
 
   一九〇八年、日本から最初の移住者が笠戸丸でサントス港に  
  到着して以来、移住者の長年にわたる並々ならぬ努力により、  
  現在、日系の人々がブラジルの社会で信頼され高い評価を得て  
  いることを喜ばしく思っております。また、新しい世代がたく  
  ましく成長し、サンパウロを始め、各地で様々な分野において  
  活躍するに至っていることも、うれしく、心強いことに思いま  
  す。このような今日の日系社会の発展をもたらした各世代の人  
  々の、それぞれの時代における努力に対し、深く敬意を表しま  
  す。  
 
   同時に、日本人移住者を迎え入れ、その活躍を可能ならしめ  
  たブラジル国民の寛容さを、私共はこれからも長く心にとどめ  
  ていきたいものと思います。  
 
   一昨年、日本が戦後五十年を迎えた折には、復興の苦難の日  
  々、はるかなブラジルに住む日系人からよせられた支援に対し、  
  深く思いを致したことでした。  
 
   皆さんには、今後ともどうか体を大切にし、元気でブラジル  
  の発展に貢献されるよう、また日本とブラジルの友好のため引  
  き続き尽くしていかれるよう希望しています。

 ブラジルには、「ジャポネーズ・ガランチード(日系人なら大丈
夫)」という言葉があるそうだ。日系人だというだけでビジネスで
も信頼される、という大変な信用を日系人社会は築き上げてきた。
後述するマリオ・コーバス・サンパウロ州知事は、「日系ブラジル
市民は日本が与えてださった最大の贈り物です」とまで述べている。   
 
 そうした日系移民の努力と活躍に敬意を表し、それを受入れたブ 
ラジル国民の寛容さに触れられる。(米国で日系移民が激しい排斥  
にあった事に思いをいたされたのかもしれない)。さらに敗戦後の  
日系人からの復興支援に感謝し、今後もブラジル発展のために活躍  
を希望される。短いながらも、日系人とブラジル国民に対するまご  
ころのあふれるメッセージである。  
 
■3.日系人の思い■  
 
 式典の参列者で七歳の時に岩手県からブラジルに渡ったという小  
向あえさん(72)は、「昨日は興奮して眠れませんでした。両陛下は  
ブラジルの日系人に心をかけてくれていると聞き、大変ありがたい  
ことです」と涙を浮かべた。  
 
 また会社を休んで式典に出席したという日系二世のイノウエ・シ  
ョウイチさん(56)は、「私は自分をブラジル人だと思って暮らして  
きたが、四年前、日本に墓参りして日本人の血が流れていると実感  
した。両陛下を歓迎することが亡くなった父への供養になると思  
う」と語った。  
 
 また天皇陛下は、養鷄農場を経営する田邊稔さん(61)を御引  
見された。19年前の御訪問時に田邊さんの父親が経営する農場を  
御視察される予定になっていたのだが、日程変更でキャンセルとな  
った。今回、陛下が「あの方はどうしているいるか」と御下問があ  
り、日本総領事館が調査した所、本人は故人となっていたが、息子  
が家業を継いでいると判り、稔さんをお招したものである。  
 
「そこまで陛下がお気をお遣いになられている事に、ただ驚くばか  
りです」と稔さんは恐縮した、との事。  
 
■4.幸福な島国■  
 
 こうした陛下と日系人との交流を目の当たりにして、サンパウロ  
州のマリオ・コーバス州知事は、その日の午餐会で次のような挨拶  
をされた。  
 
   両陛下は、ブラジル人が長年にわたって敬愛している崇高な  
  存在です。と申しますのも、両陛下は二千年に及ぶ伝統の継承  
  者であらせられ、すでに二度にわたってわが国を訪問されてお  
  り、そのたびに、飾り気のない親しみあふれるお人柄の模範を  
  示していただいており、それはすべての者を魅了してやみませ  
  ん。  
 
   しかも、これらの特徴は皇室全体に共通のものであると思わ  
  れます。私たちは、州政府を担って一年目の一昨年、公式御訪  
  問の名誉にあずかった紀宮清子内親王殿下においてもそれを目  
  の当りにしたからです。  
 
   それらすべてのことは、私たちをして、土壌が肥沃で、国民  
  が勤勉で、人格が高潔な皇族の皆様が国民の象徴となっている  
  幸福な島国が存在することに思いを馳せざるを得ません。  
 
■5.国際親善を損なうマスコミ報道■  
 
 両陛下と日系人を含めたブラジル国民とのまごころのこもった交  
流を、日本のマスコミがきちんと報道していれば、その経験を日本  
国民も共有し、両国のお互の理解と友好を格段に深めたに違いない。  
このせっかくのチャンスに、日本のマスコミはかえって現地の反感  
を買ったのである。  
 
 「陛下の御訪問は日本国がある国に対して行う最上の敬意の表し  
方とされる」と号外まで出して報道したブラジルの現地紙があった  
そうだが、これが国際常識であり、国際親善の基本である。皇室に  
敬意を払わない日本のマスコミは、自国の「最上の敬意」を台無し  
にしてしまったのである。  
 
 過密なスケジュールを、皇后陛下は体調を崩されながらも、なん  
とかこなされたのである。政府は皇室外交を切り札として利用しな  
がら、国内向けにはマスコミはほとんどその真実を伝えない。政府  
とマスコミの不見識をこぼされもせず、両陛下はおつとめを果たさ  
れ続けている。  
 
この12月23日、今上陛下ははや64歳のご誕生日を迎えられる。  
 
[参考]  
1.「日本人だけが知らない公式御訪問の重み」、  
   祖国と青年、平成9年8月号

© 1998 [伊勢雅臣]. All rights reserved.