[トップページ][平成9年下期一覧][100 哲学]
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (17)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成9年12月27日 1.621部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/          読者のお便りから
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/   1.世の中なんか変だな?
_/_/   2.歴史の真実を主体的に見極めようとする態度を
_/_/   3.地球人対国際派日本人
_/_/   4.朝鮮統治について、韓国からの批判
_/_/   5.双方向の交流を目指します
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 本誌がスタートしてから、はや3ヶ月経ちました。読者の皆様が、
知人、友人に口コミで紹介していただいているお陰で、発行部数も
順調に伸びつつあります。また内容に関するご意見もたくさんいた
だきました。今年最後の本号では、皆様からの投書とそれに基づく
ディベート内容を、既刊記事をふり返りつつ、御紹介します。

■1.世の中なんか変だな?■

 本多その子さんからは、次の記事に関して、お便りを頂きました。

・JOG(8) Intellectual Honesty(大江健三郎の北朝鮮賛美)

     私はごく普通の会社員で国際派日本人養成講座について他
    人に何かを言えるような知識も力量もありませんが、新聞を見
    ていても、本を読んでいても「なんか変だな?」と思うことが
    多々あります。(大江健三郎は)「ノーベル賞を頂いた方だか
    ら、変に思う私の方がヘン?」なんて思いそうになっていまし
    たが(ここが反省しなければいけないところですね)、やっぱ
    り彼は「とんちんかん」ですよね。

 政治問題にしろ、思想問題にしろ、我々の健全な常識を十二分に
発達させ、それをもとに主体的に考えていく事が、基本です。本多
さんのようにノーベル賞の権威にひれ伏さず、「なんか変だな?」
という素朴な疑問を大切にしていただきたい、と思います。

■2.歴史の真実を主体的に見極めようとする態度を■

 オーストラリア在住の松本孝幸さんからは、次の記事に関し、
ご意見をいただきました。

・JOG(2) 日本軍がインド独立のために共に血を流した

      いつも国際派日本人養成講座を楽しく読まさせて戴いています。
    さて第二号に掲載された、第二次世界大戦中の日本軍によるイ
    ンド独立支援のお話ですが、正直に言って信じられません。学
    生時代に習った歴史の内容から判断しようとは思いませんが、
    さりとてインドの歴史に詳しい人が私の周りにいる訳でもない
    ので、真偽の程を計りかねています。

     仮に掲載されたお話が歴史上の真実とするならば、私達は国
    際社会を生き抜いていく上で重要な故人の教えの一つを、殆ど
    学んでこなかったことになります。第二次世界大戦における日
    本軍の行動を再評価しようとは考えていませんが、藤原少佐と
    インド独立の志士達との関係を知ることは、今後の日本と国際
    社会との係わりを探る上でのよきヒントとなるような気がして
    なりません。

 最近は、何とか史観というような「歴史の見方」の議論ばかりが
先行して、まず史実をありのままに見ようと努力する姿勢が失われ
ています。松本さんのように、自ら主体的に何が歴史の真実かを見
極めようとする態度が大切です。自虐史観を克服しても、他人の議
論を受け売りしているだけでは、その人の生き方を導く生きた思想
にはなり得ません。

 本講座では、多面的な史実を(特に最近のマスコミや教科書が取
り上げないもの)を紹介して、読者に自ら考えていただく機会を提
供したい、と思っています。

■3.地球人対国際派日本人■

 Justnetのパーソナルフォーラムを、本文の掲示と、読者の投
書・議論の場としていますが、野口利浩さんからは、次の記事に関
して、書き込みをいただきました。

・JOG(5) 国際外交の常識−日本の朝鮮統治の悪しき遺産?!

     国境のないインターネットの世界で、この会議室が、日本人
    の利益のことばかりが話されているのでびっくりしました。
    (中略)せめて、国境のないインターネットの世界だけでも、
    国境にとらわれずに、地球人として、考えていきませんか?

 本講座で、「地球人」とか、「国際人」ではなく、「国際派日本
人」という言葉を使っている所に、大事なポイントがあるので、こ
れについては、編集部から直接、次のような返事をしました。

     インターネットでつながっているのだから、地球人というよ
    うな訳にはいかないと思います。たとえば町内で、すべての家
    が電話でつながっているのだから、お互い○○家などとせせこ
    ましい事をいわずに、家計も生活もすべて一緒にして××町民
    でいきましょう、というようなわけにはいかないでしょう。

     町内が電話でつながっているのだから、いろいろな家族同士、
    時として摩擦軋轢はあるかもしれないが、お互いの家風や特徴
    を良く理解しあって、仲良くやっていきましょう、というのが、
    国際派日本人としての理想です。

     ちょっときつい言い方になるかもしれませんが、大事なこと
    なので、きちんと言わせてもらうと、地球人とか、国際人とい
    うのは、観念の遊びだとしか思えません。地球人とは何語を話
    すのか、どこの国に税金を払うのか、どこの国で自分の意志・
    価値観を投票行為によって表明するのか、犯罪者やテロに襲わ
    れたらどこの国の警察や軍隊に守ってもらうのか、と考えてい
    ただければ、地球人とか、国際人という言い方の抽象性がおわ
    かりいただけるか、と思います。

    「国際派日本人」というのが、正しいあり方だと思っています。

■4.朝鮮統治について、韓国からの批判■

 前述の朝鮮統治の記事については、直接韓国の方からも、流暢な
日本語で批判をいただきました。

     日本が韓国に小学校を建てたのがまるで韓国への心暖る配慮
    の様に書かれていましたけど、それは事実と違い過ぎるのでは
    ないのかと、思います。まず、日本が建てた小学校では韓国語
    が一切禁止され全ての授業が日本語で行なわれた。それから、
    その授業というものも日本の歴史や天皇様がどうのこうのとい
    う韓国の言葉、文化、伝統、それから民族意識を抹殺するため
    の同化教育でした。

     その当時日本が義務化した小学校では”創氏改名”という名
    のもとに大部分の韓国学生に自分の親からもらった名を失わせ
    発音もしずらい日本名を強制的に与えた。これに逆らう幼い韓
    国学生は学校で改名するまで日本人先生によって毎日あらゆる
    罰を受け続けた。これでも、教育の平等などといったキザッタ
    ことが言えるのでしょうか。もし、沖縄でも米国が日本人にス
    ミスだのジョンだのという名前を押しつけたとしたらどうです
    か。

 この意見に対し、いろいろな方から事実や論理的な反論が寄せら
れました。Atsuhiko  Ishidaさんは:

    ”創氏改名”というのはあたかも全ての韓国人に強制に行われ
    たように日本でも言われていますが、実際は強制ではなく改名
    しない自由もあったようです。
    
として、朝鮮名のまま日本帝国陸軍中将となった洪思翊さんの例を
挙げられました。
    
 また松原信也さんは、(長文なので要約すると)
・労働力の生産性を高めるために教育をするというのは、機械化が
  進んだ時代になって始めて言えることであって、当時は労働力と
  して使おうとすれば、初等教育すら不要であった。
・逆に、字を読めるようにすると、反体制運動の宣伝や連絡に有利
  となるので、欧米植民地では教育をさせない愚民化政策をとった。
・従って、日本が優秀な労働力を作りだし、利用するために教育を
  行ったなどといった論は現在から見た後付けの理屈にすぎない。

 という論旨を紹介してくれました。日韓併合は頻繁に対日非難に
使われるわりには、その実態が明らかにされていません。「日本人
先生によって毎日あらゆる罰を受け続けた」というような史実の裏
付けの示されない議論に、謝罪だけして事を済まそうという姿勢で
は、決して反日・嫌韓の関係は改善されません。

     たとえば、平成7年にAPEC会議で大阪に来られた韓国の金泳
    三大統領は、日本統治下の旧制中学時代の恩師である故渡辺巽
    の長男一家と会われました。[サンケイ 95.11.20  夕刊]

     渡辺巽さんは、昭和17年から2年間韓国慶尚南道の旧制中
    学の教頭として赴任。韓国人と日本人を平等に扱い、金大統領
    ら韓国人の生徒もよく自宅の官舎に招いたそうです。金大統領
    は当時の巽さんの教育方針に深く感銘し、巽さんが帰国した後
    も手紙のやりとりを続けていました。

 日韓併合の知られざる一面を物語る事実でしょう。事実の究明を
通じて、歴史の真実に迫り、そこから両国民の相互理解を深めてい
くべし、というのが、本講座の姿勢です。

■5.双方向の交流を目指します■

 インターネットは従来のテレビや新聞などのマスコミと違って、
双方向の交流が容易に出来るという利点があります。今までも、読
者の皆さんから、ご意見を頂いてきましたが、来年はこれをさらに
拡大して、編集部と読者、および、読者どうしの交流を拡大するよ
う努めたいと思います。それを通じて、主体的に考え、行動する国
際派日本人が一人でも多く、出てくることを願っています。

 来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎え下さい。

[トップページ][平成9年下期一覧][100 哲学]

© 1998 [伊勢雅臣]. All rights reserved.