Japan on the Globe  国際派日本人養成講座  〜平成20年〜

578 国柄探訪: きものの叡智 〜 愛・美・礼・和 きものに込められた我が先祖の叡智を知ろう 577 Common Sense: 本村洋 〜 日本の司法を変えた3300日の戦い 「僕は殺めた命に対して、命をもって償うのはあたりまえだと思っています」
576 地球史探訪: 自衛戦争か、侵略戦争か マッカーサー曰く「彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」 575 人物探訪: 宮本邦彦警部の誠実・誠心・誠意 「どんな人にもやさしくしていたから、ふみきりの中の人を助けようという勇気が出たのだと思いました」 574 国柄探訪: 和食で作ろう、健やかニッポン ビタミン、ミネラルの豊富な和食が、現代病を克服し、心身の健康を作る
573 地球史探訪: 近衛文麿の戦い(下) 〜 命も名誉も捨てて近衛が護ったもの 「見えない力」が、近衛を戦争犯罪者として追い詰めていった。 572 地球史探訪: 近衛文麿の戦い(上) 〜 日本を戦争に引きずり込んだ「見えない力」  戦争を阻止すべく、近衛文麿首相は日米首脳会談実現に全力を上げたが、、、 571 Common Sense: 日本を支える「いい会社」 社員とその家族の幸福追求を自らの使命とする「いい会社」があちこちで日本を支えている。
570 The Globe Now: 「自由と繁栄の弧」を創る 〜 日本に元気を 「自由と繁栄」をめざす国々を後押しすることが、元気で自信に満ちた日本を創る。 569 国柄探訪:「みんな仲良く」の日本人「俺が俺が」の韓国人日本人の「お手々つないでみな帰ろ」が、韓国人にはなぜできないのか。 568 地球史探訪:明治日本の広報外交〜 情報官僚・伊東巳代治の情報工作 日清戦争当時、英国通信社ロイターを操って、国際世論を誘導した情報官僚がいた。
567 Media Watch: 朝日新聞のチベット報道 中国のチベット侵略を、朝日新聞はどう報じてきたか。 566 国柄探訪: 皇后様御歌集に共感した欧州、アフリカの人々 仏訳された皇后様の御歌集が、欧州、アフリカの人々に思い出させたもの。 565 The Globe Now: ロシアから日本を見れば 私達が抱いている自画像とは、まったく異なる国の姿が見えてくる。
564 人物探訪: 枡富安左衛門 〜 韓国民の精神開発を使命とした日本人 日本人校長は韓国人学生に「本当に独立を望むなら学ぶのだ」と口癖のように説いた。 563 The Globe Now: 哀しい中国工作員 中国の秘密工作活動は、有為の青年たちの夢を断ち、自らの健全な発展の芽を摘んでいる。 562 人物探訪: 井上成美 〜 剛直、憂国の人生 毎年8月15日、井上は海に向かって瞠目し、戦争を阻止できなかった事で、自らを責め続けた。
561 The Globe Now: 日朝「密室利権外交」小史(下) 「あなたがやっているのは外交ではない」と、田中均・外務省アジア大洋州局長は面罵された。 560 The Globe Now: 日朝「密室利権外交」小史(上) 国交正常化を急ぐ金日成に、金丸信は「お国(北朝鮮)は百億ドルを要求できる」と答えた。 559 国柄探訪: 大和言葉の世界観 「鼻」は「花」、「目」は「芽」。大和言葉には古代日本人の世界観が息づいている。
558 国柄探訪: 老舗企業の技術革新 情報技術やバイオテクノロジー分野で活躍する日本の元気な老舗企業。 557 The Globe Now: 瑞穂の国と食糧危機 迫り来る食料危機に対して、世界最大の穀物輸入国・日本はいかに対処すべきか。 556 国柄探訪: 日本人の家族観 先祖から子孫への連綿たる生命のリレーの中間走者として自分がいる。
555 人物探訪: 稲塚権次郎とボーログ博士 〜 世界を変えた「農林10号」 一粒の種子が世界をかけめぐり、世界を変えていった。 554 The Globe Now: 米中石油冷戦と日本の国策 石油をがぶ飲みする中国が、アメリカの石油覇権に挑戦している 553 国柄探訪: 国語の品格 品格ある国語は、品格ある国民を作る。
552 Common Sense: 加害者天国、被害者地獄 なぜ被害者よりも加害者の人権ばかり守ろうとするのか。 551 人物探訪: 山下奉文、使命に殉じた将軍 シンガポール攻略の英雄は、使命に忠実にその後の悲運の人生を生き抜いた 550 国柄探訪: 日米中の組織文化〜 グローバル競争を勝ち抜くには グローバル競争を勝ち抜くには、自分の個性を強みとして発揮していく戦略性が必要。
549 Common Sense: 子供を伸ばす家庭教育 子どもを健やかに伸ばすには、親の観察力と愛情が決め手。 548 国柄探訪: アインシュタインの見た日本 アインシュタインが日本で見たもの、それは人びとが慎み深く和して生きる世界だった。 547 The Globe Now:ナショナリズムという反抗期 言論の自由も人権も認めない中国のナショナリズムの激情にどう向き合うのか?
546 国柄探訪:『論語』が深めた日本の国柄〜 岩越豊雄著『子供と声を出して読みたい「論語」百章』 『論語』の説く「まごころからの思いやり」は、我が国の国柄を深めてきた。 545 人物探訪:河口慧海のチベット行(下) 国民教化の夢を目指して、慧海は冒険につぐ冒険の人生を送った。 544 人物探訪:河口慧海のチベット行(上) 仏教原典を求め、慧海はインド、ネパール、チベットを6年間、旅した。
543 Common Sense:ナチス、ソ連、中国 〜 全体主義国家の共通性 「全体主義国家は五輪開催後10年前後で崩壊する」!? 542 人物探訪:白洲次郎(下)〜 日本復興への責任と義務 「吾々が招いたこの失敗を、何分の一でも取り返して吾々の子供、吾々の孫に引き継ぐべき責任と義務を私は感じる」 541 人物探訪: 白洲次郎(上)〜 占領軍総司令部との戦い 「勝ち目がないとわかっていても、男には戦わなければならない時がある」
540 Common Sense: 国民を護るインテリジェンス 国家国民を襲う危機を事前に避けることこそ、インテリジェンス活動の狙い。 539 人物探訪 :国作りは人作り 〜 山川健次郎(下)  健次郎はいくつもの大学の基礎を作り、明治・大正の日本の発展を支える人作りに貢献した。 538 人物探訪 :国作りは人作り 〜 山川健次郎(上) 会津の白虎隊士・山川健次郎が多くの人々に助けられて、エール大学を卒業するまで。
537 Media Watch: 何を目指すか、沖縄タイムス 反日意識を煽り、米軍の撤退を要求する、その先にあるものは? 536 国柄探訪 : 若者たちの職人道 一人前の職人を目指して、若者たちが様々な職場で仕事に打ち込んでいる。 535 Common Sense: 中国人の外交術 米中国交正常化交渉においてキッシンジャーを翻弄し続けた中国流の外交術に学ぶ。
534 国柄探訪: 打倒された邪馬台国 魏の権威を借りて国内を治めようとする邪馬台国に挑戦した国があった。 533 Common Sense: 裁判員制度〜 国民不在で「司法の民主化」!? 国民が知らないうちに「司法の民主化」を進めようとするその非民主主義的アプローチ。 532 地球史探訪: 天才・ユダヤ、達人・日本(下)〜 助け合うアウトサイダー 人種差別の横行する国際情勢の中で、ユダヤ人と日本人は助け合って、危機を乗り越えた。
531 地球史探訪: 天才・ユダヤと達人・日本(上)〜 成功したアウトサイダー ユダヤ人と日本人はアウトサイダーとして近代西洋文明に参加し、驚くべき成功を収めた。 530 The Globe Now: 中国の危ない食品 〜 民は信無くんば立たず 食品業者も、地方役人も、そして中央政府も、国中が騙し合いを続けている。 529 人物探訪 : 坂本龍馬、海洋立国の夢 迫り来る欧米列強に対して、海外貿易と海軍建設 で自由な繁栄する国を作ろう、と龍馬は夢見た。

jogbd_h20/index.html 最終更新日: 2008/01/28
Copyright 2002 [伊勢雅臣]. All rights reserved.