[トップページ][平成20年一覧][人物探訪][210.63 近代国家の建設][372 教育史]

■■ Japan On the Globe(538)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

       人物探訪 :国作りは人作り 〜 山川健次郎(上)
    
                    会津の白虎隊士・山川健次郎が多くの人々
                   に助けられて、エール大学を卒業するまで。
■転送歓迎■ H20.03.09 ■ 37,246 Copies ■ 2,789,031 Views■

    
■1.「会津の少年を書生に使ってくれるよう」■

    「秋月先生、こたびはつらい戦争をされましたなあ」と奥平謙
    輔は言った。「無残きわまりない戦争でした。女子供も武器を
    とって戦い、死んでいきました」と秋月悌次郎は答えた。

     時は明治元(1968)年、会津落城の直後、所は越後の水原(す
    いばら)であった。二人は8、9年ぶりの再会であった。かつ
    て会津藩士・秋月悌次郎が萩を訪れた時、当時19歳の長州藩
    士・奥平謙輔が詩文の添削を頼んだのが、縁の始まりだった。

     戊辰戦争では奥平は二十代の青年だったが、長州干城隊参謀
    として越後攻めを指揮し、戦後はこの地の鎮撫に忙殺されてい
    た。そして秋月の身を案じて、手紙を出した。そこで秋月は、
    会津落城後、猪苗代に謹慎していたが、密かに抜け出して、越
    後までやってきたのだった。

     秋月は会津藩主・松平容保の救済、および藩士とその家族2
    万人の生計の道を涙ながらに訴えた。奥平は深く同情して、助
    力を約束した。

    「この際、もう一つ、お願いがござる」と秋月が言った。「な
    んなりと申し出てください」と奥平が答えると、秋月は会津の
    少年を書生に使ってくれるように頼んだ。

     今の会津藩は罪人として謹慎中であり、子弟の教育もままな
    らない。藩の再興は次代の少年たちに託すしかない。そのため
    には、勉学の場を与えることが必要だ、と秋月は考えたのであ
    る。

    「なるほど。分かりました。お預かりしましょう」と、奥平は
    約束した。これほどの窮地に陥っても、次世代の教育を案ずる
    秋月の見識に、心打たれたのだろう。「かたじけない。本当に
    かたじけない」と秋月は声をつまらせた。
     
■2.「かならずや会津のために役立つ人間になるのです」■

      書生として選ばれた一人が15歳の山川健次郎だった。山
     川家は中流武士の家柄だったが、健次郎の祖父・山川兵衛は
     家老にも抜擢された人物だった。父はすでに病没していたが、
     家督を継いだ兄・大蔵(おおくら)が若年寄として、存亡の
     危機に立った会津藩を支えていた。

      籠城の際には、健次郎も城内にいて白虎隊士となっていた。
     落城の時に、白虎隊士20名が飯森山で自決するという悲劇
     が起きたのだが、健次郎は年少のため城内に残されていて助
     かったのである。

      健次郎は明治元(1868)年11月13日、雪の降りしきる晩
     に、もう一人の少年と猪苗代を脱出した。翌々日、家族が身
     を寄せている水谷地村に立ち寄った。

     「健次郎ではないか」と母は絶句した。祖父が二人の姉たち
     に支えられて出てきて「健次郎か、健次郎か」と涙をこぼし
     た。

      これから越後に行って書生となることを語ると、二人の姉
     はたいそう喜び、「死にもの狂いで勉強し、かならずや会津
     のために役立つ人間になるのです」と言った。

      祖父は「爺いも年をとった。もうお前には会えないかも知
     れぬ。これが形見じゃ」と言って、いつも腰につけている愛
     刀を健次郎に手渡した。健次郎は刀を掴んで、泣いた。

      祖父は、籠城中でも「いずれ戦争は終わる。そうなれば学
     問が大事になるのじゃ」と言って、健次郎にフランス語の勉
     強を命じたような人物であった。

      健次郎は商人の小姓に扮し、刀はその荷物に隠して越後に
     向かった。途中、何度か詮議されたが、なんとか辿り着くこ
     とができた。
    
■3.恩人・奥平謙輔■
    
      健次郎らは奥平のいる佐渡に渡った。当時は賊軍の会津人
     は罪人であり、その罪人の子弟を堂々と書生に連れてきたの
     である。しかも「会津は立派に戦ったものよ」と開け広げに
     語っていた。

      奥平は時には健次郎らに、吉田松陰のことを話した。

          先生は身分差を一切無視した方であった。人間は皆、
         平等じゃと説かれた。ただし怒ると怖い人で、勉強をせ
         ぬと紙と筆を奪って庭に投げ捨て、死を恐れずに進むべ
         しと怒声をあげた。

      やがて、奥平は新潟に戻り、さらに翌明治2(1869)年夏に
     は健次郎らを連れて、東京に戻った。東京では健次郎は奥平
     とともに、長州藩江戸屋敷の一角に住んだ。

      しかし数ヶ月のうちに、奥平は明治政府内での権力争いに
     嫌気がさして、長州に戻ることになった。出発の朝、奥平は、
     数冊の漢籍と荻生徂徠(おぎゅうそらい)の本を健次郎らに
     贈った。健次郎は敵軍の子弟である自分たちにここまで面倒
     見てくれた奥平に心底、頭が下がった。
     
      奥平とはこれが最後の別れになった。奥平は明治9(1876)
     年に萩の乱の首謀者として捕らえられ、斬首される。その日
     以来、健次郎は恩人・奥平の書を自分の部屋に飾り続けた。
    
■4.「アメリカに留学せよ」■

      健次郎は奥平の言いつけにしたがって、越後の大庄屋の世
     話になり、その土蔵にある万巻の蔵書を読んで勉強に励んだ。
     明治3(1870)年春、会津藩の人々も罪を許されて、斗南藩
     (現在の青森県むつ市)3万石として再出発を許された。

      斗南藩の兄・大蔵から手紙が来たのは、その秋のことだっ
     た。「アメリカに留学せよ」と、夢のような事が書いてあっ
     た。

      北海道開拓使次官の黒田清隆は「おいどんが思うに若い者
     をアメリカに留学させ、そこで学んだ知識と体験を大いに活
     かして開拓に当たらせねばならん」と、強引に北海道開拓の
     ための留学生派遣を実現させた。そして「北海道は寒い、薩
     長の子弟だけではだめだ。賊軍である会津と庄内からも選ぶ
     べきだ。反対はおいどんが許さぬ」とぶちあげた。

      黒田の要請を受けて、兄・大蔵が健次郎の派遣を決めたの
     だった。健次郎は兄がいつも自分のことを考えてくれている
     ことに、いまさらながら頭が下がった。そして長州の奥平謙
     輔先生がこの事を知ったら、どんなに喜んでくれるだろうか、
     と思うと、涙が止まらなかった。

      先に長州人・奥平謙輔の恩を受け、今度は薩摩人・黒田清
     隆の英断で、米国留学の機会を与えられた。これらの人々に
     とって、国家有為の人材を育成するには、薩長も会津もなかっ
     たである。
    
■5.「山川、お前は勉強せねばいかんぞ」■

      明治4(1871)年正月元旦、黒田に引率された健次郎らを乗
     せた汽船「ジャパン号」は横浜港を出て、一路アメリカ西海
     岸を目指した。

      健次郎は片言の英語を使って外国人に話しかけ、何でも聞
     いた。船員たちはみな親切で、「ボーイ、ボーイ」と健次郎
     を呼んで、英語を教えてくれた。

      サンフランシスコからは大陸横断鉄道に乗った。煙を吐い
     て矢のように走る汽車には、腰が抜ける思いがした。

     「山川、お前は勉強せねばいかんぞ。会津人は苦労している
     んだ。分かってるな」と黒田は健次郎には特に目をかけてく
     れた。健次郎は黒田の言う意味が痛いほど分かっていた。

      日本のための留学ではあるが、極寒の斗南で苦労している
     会津の人々の期待を健次郎は一身に担っていた。石にかじり
     ついてでもアメリカの大学を卒業して日本に帰り、日本のた
     め会津のために、何事かをなさねばならなかった。

      問題は、何を勉強するか、だった。会津の武士道は立派だっ
     たが、兵備は西洋式の薩長に遅れをとった。「これは理学が
     足りなかったせいではないか」と健次郎は考えた。理学とは
     今日の科学技術のことである。

      会津だけではない。日本が西洋列強の武力・経済力に遅れ
     をとっているのも、理学が足りないせいである。蒸気船にし
     ろ汽車にしろ、すべて科学技術の所産だ。健次郎は決心した。

■6.「いい加減なことをしたら国辱ものだ」■

      健次郎が移り住んだのは、ニューヨークから150キロほ
     ども北西に入った人口1万人の田舎町ノールウィッチで、そ
     この中学校に入学した。日本人は一人もいなかった。

     「ケンジロウ、なにも心配することはない」 ハチソン校長
     は東洋の島国から来た18歳の留学生を温かく迎えてくれた。
     合衆国の地理や歴史、ラテン語、算術などをすべて英語で勉
     強するのだから、大変である。健次郎は無我夢中で勉強した。
     3カ月もすると相手の言葉を聞き分けられるようになり、半
     年が過ぎると会話にも不自由しなくなった。

      そんな健次郎をハチソン校長は支え続け、健次郎の個人指
     導も買って出てくれた。

      1年後の1872(明治5)年夏、健次郎はエール大学付属の
     シェフィールド理学校に見事合格した。ハチソン校長は我が
     事のように喜んでくれた。

      この年の晩秋、わずか12歳の妹の捨松が、日本人初の女
     子留学生の一人として健次郎の元にやってきた。女子留学生
     の派遣も、黒田清隆の発案だった。捨松はアメリカ人牧師の
     家に下宿し、そこの娘と仲良しとなって、元気一杯のおてん
     ば娘に育っていった。捨松は11年後に帰国し、薩摩出身の
     参議陸軍卿・大山巌の夫人となる。

      エール大学には何人かの日本人留学生がいたが、皆、日本
     の将来は我々が築く、という意気込みで勉強していた。そん
     な中でも健次郎は「いい加減なことをしたら国辱ものだ」と、
     謹厳な先輩格になっていった。

      そんな中で斗南に移住した人々が開墾に失敗し、全国にち
     りぢりになっていった事を知ると、健次郎は涙が止まらなかっ
     た。

■7.「証文を書きなさい」■

      日本政府は多くの留学生をアメリカに送り込んでいたが、
     遊び半分の学生もかなりいて、国費の無駄使いであると、日
     本国内で問題になっていた。なかなか実態も分からないため、
     留学生は成績に関係なく、いったん帰国させる、という乱暴
     な結論が出された。

      健次郎は窮地に立たされた。学業半ばで帰国するわけには
     いかない。そんな時、同級生が「ケンジロウ、私の叔母に会っ
     てくれ」と声をかけてくれた。叔母・ハルドマン夫人は大富
     豪だという。

      夫人は健次郎の身の上を聞くと、「オーケイ、心配しない
     で下さい。ただし条件があります」と言った。「どのような
     ことでしょうか」と健次郎が緊張した面持ちで聞くと、ハル
     ドマン夫人は「証文を書きなさい」と言う。
     
     「はい、どのような証文でしょうか」

     「学業を終えて帰国したならば、心を込めて国のために尽く
     すことを誓うのです。ケンジロウ、そう書くことが出来ます
     か。」

      もちろんである。自分は会津のため、祖国のために役に立
     ちたいからこそ、必死で勉強しているのである。夫人は、健
     次郎の書いた証文を読んで、ニッコリ笑い、健次郎の手を握っ
     て「頑張りなさい」と言った。

      ハルドマン夫人の援助によって、健次郎はシェフィールド
     理学校を優秀な成績で卒業し、さらにエール大学に進んで学
     士号を得た。「ケンジロウ、おめでとう」とハルドマン夫人
     は誰よりも喜んでくれた。
     
■8.「死ぬ気で頑張ったな」■

      健次郎がアメリカ留学を終えたのは、明治8(1875)年5月
     であった。22歳の青年になっていた。わずか4年半で中学
     校からエール大学の卒業までこぎつけたわけで、健次郎がい
     かに努力したか、がよく分かる。

      洋服姿の健次郎を見て母は絶句した。「なんと立派になっ
     たこと」と涙ぐんだ。「死ぬ気で頑張ったな」と兄も賞めて
     くれた。祖父の位牌に帰国の報告をした。

      米国の名門大学の学士号を携えての帰国だったので、就職
     先はすぐに決まった。本来は北海道開拓のための留学だった
     が、物理学を学んだことで、東京大学の前身・東京開成学校
     の教授補に任ぜられた。

■9.健次郎を導き、助けてくれた人々■

      健次郎は15歳の白虎隊士から、22歳にしてエール大学
     学士となったのだが、それは何人もの人々に導かれ、支えら
     れてきたお陰だった。

      まずは書生として勉学の機会を与えるよう頼んでくれた秋
     月悌次郎、それに応えて長州人ながら賊軍の子弟を世話して
     くれた奥平謙輔、会津人にも留学の機会を与えてくれた薩摩
     人・黒田清隆。米国に渡った後、健次郎を支えてくれたハチ
     ソン校長やハルドマン夫人。

      まるで、健次郎の一身に期待を寄せる会津の人々の執念が、
     こうした人々を操りでもしたように、次々とタイミング良く
     現れては、健次郎を助けてくれたのである。

      あるいは、会津の人々の期待になんとか応えようと必死に
     勉強する健次郎の姿勢が、そうした人々の助けを引き寄せた
     のか。

      いずれにせよ、ここから健次郎の教育者としての長い人生
     が始まる。健次郎は我が身に受けた恩を何倍にもして、郷里
     と国家のために返していくのである。
                             (次号に続く、文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(539) 国作りは人作り 〜 山川健次郎(上)
 健次郎はいくつもの大学の基礎を作り、明治・大正の日本の発展
を支える人作りに貢献した。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 星亮一『山川健次郎の生涯』★★★、ちくま文庫、H19

 

© 平成20年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.