[トップページ][平成21年一覧][070.14 報道と政治宣伝]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

                   筑紫哲也の民族差別

                                                   伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1528 ■ H21.03.02 ■ 9,365 部 ■■■■■■■


■1.「白い煙が見えます。温泉のようです」■

     TBS『NEWS23』のニュース・キャスターだった筑紫
    哲也氏の偏向報道ぶりは国際派日本人養成講座451号「筑紫哲
    也の描く異界」 [a]で紹介したが、この人の「異界人」ぶりは、
    際立っている。

     阪神・淡路大震災の際には、ヘリコプターで現地に飛び、あ
    ちこちで火災が起こっている様に、「白い煙が見えます。温泉
    のようです」と口走った。白い煙の下で多くの人が焼け死んで
    いるかも知れないなどとは、考えもしないようだ。

     ヘリコプターが地上に降りると、スーパーマーケットに並ぶ
    被災者の長蛇の列に近づいて「社会主義の国みたいですね」。

     その後、都市災害の専門家と並んで歩いている際には、右手
    の人差し指と薬指に煙草を挟んでいる様子が映し出された。瓦
    礫の中には生存者もいる可能性があり、ガス漏れの恐れもある
    中を煙草片手に歩いている姿をテレビで見た女性は、こう語っ
    ている。

         友人と三人でテレビを見ていて、タバコがハッキリ映し
        出されたとき、なにコレ、ふざけるんじゃない! と思わ
        ず叫んでしまった。その後TBSに抗議の電話をいれたけ
        どぜんぜん繋がらなかった。[1,p81]

     TBSに繋がらなかったのは、抗議の電話が殺到していたか
    らだろう。しかし、これでも懲りないのが、筑紫氏の本領のよ
    うだ。

     異様な発言ぶりは、北朝鮮の拉致事件の際にも発揮された。
    平成14(2002)年9月に小泉首相が電撃的な北朝鮮訪問を行い、
    金正日が拉致の事実を認めた後で、一月ほど経った『多事争論』
    の中で、こう発言したのである。

         拉致された人、そして亡くなった人たちに何らかの過失
        があったとすれば、それは「日本人」に生まれたというこ
        とでしょう。[1,36]

     日本人に生まれたことを「過失」と言い、拉致され殺された
    人たちにも責任があったとする思考は、常軌を逸している。拉
    致被害者の家族の気持ちを逆なでする発言である。

     筑紫哲也氏は、普通の日本国民に対しては、一片の同情心も
    持たない人間のようだ。

■2.犯罪報道における民族差別■

     筑紫哲也氏はオウムや北朝鮮拉致の被害者、大震災の被災者
    など一般国民には、一片の同情も見せないが、逆に深い同情心
    を寄せる人々がいる。北朝鮮、韓国、中国などの近隣諸国、お
    よび、国内では同和団体などの「弱者」である。

     平成18(2006)年5月12日に各局が一斉に報じた在日韓国
    人・禹時允(ウ・シユン)による過去最大級の覚醒剤密輸事件
    も、『NEWS23』のみは報じなかった。ところが、その4
    日後に日本人共犯者2人が逮捕されたニュースは報じている。
    この時はさすがにナレーションで禹時允の名は紹介されたもの
    の、彼が在日韓国人であるという事実は伝えられなかった。

     平成17(2005)年4月に、韓国籍の牧師・金保(通称:永田
    保)が信者の少女に性的暴行を加えたとして逮捕された事件に
    関しても、『NEWS23』は「『神の祝福』牧師が少女に暴
    行 逮捕(婦女暴行容疑)永田こと金保容疑者」(4月6日)
    と報じたのみで、金保が韓国籍である事実を全く伝えていない。

     ところが、同年11月30日に、ペルー人が女児殺害した時
    には、「広島女児殺害事件 ペルー人の男を逮捕」と、名前で
    なく国籍を暴露している。

     同様な配慮は北朝鮮に対しても見られる。平成15(2003)年
    5月におきた在日朝鮮人系商社「明伸」による北朝鮮へのミサ
    イル部品不正輸出事件では各局が大きく報道しているにも関わ
    らず、『NEWS23』は「部品供給をしているのは日本でし
    た」などとナレーションを入れ、「明伸」が在日朝鮮人系企業
    であることは伏せたままだった。

     平成17(2005)年10月に、拉致被害者を監禁したとされる
    朝鮮総連系病院に捜査のメスが入った時には、『NEWS23』
    は拉致との関連を伏せ、単なる薬事法違反事件であるかのよう
    に報じた。おまけに、在日朝鮮人たちが捜査にあたる警官を取
    り囲んで罵り暴力を振るう映像も、他局が報じて日本社会を騒
    然とさせたのだが、『NEWS23』は報道しなかった。

     犯罪者・犯罪企業が韓国籍や北朝鮮籍の場合だけ、その国籍
    を隠したり、犯罪そのものを報じないというのは、あからさま
    な民族差別である。

■リンク■
a. JOG(451) 筑紫哲也の描く異界
    筑紫哲也のNEWS23の描く世界は、なぜこんなに 他のメディア
   とは異なっているのか?

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 『TBS「報道テロ」全記録』★★、晋遊舎MOOK、H19

© 平成20年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.