記念艦三笠とニミッツ提督

名越二荒之助著、展転社刊、
「世界に生きる日本の心」より


甦った三笠とその公園

 横須賀には、世界に誇るべき記念艦三笠があります。申すまでもなくこの記念艦は栄光の戦艦・三笠であります。日露風雲急を告げる頃、英国の西海岸にあるバーロー港のヴィッカース社で建造されたものです。進水は明治三十二年。 (写真:新装なった三笠記念艦と東郷元帥の銅像を前に−著者中央、高千穂商科大学のゼミ学生とともに)

 三笠は日露開戦と共に、連合艦隊司令長官・東郷平八郎大将の旗艦として、旅順要塞戦、黄海の海戦で活躍しました。特に、明治三十八年五月二十七日の日本海海戦では、三十八隻のバルチック艦隊のほとんどを撃破するという文字通り空前の大勝利を収めました。

 その後三笠は、大正十五年以来、横須賀の白浜海岸に、記念艦として永久保存されていました。記念艦三笠は、イギリスの「ビクトリー号」(トラファルガー海戦勝利の記念艦、ネルソンが艦上で戦死。現在英国海岸のポーツマス軍港内に保存)、アメリカの「コンスティテューション号」(仏革命、ナポレオン戦争、独立戦争で活躍。現在ボストン造船所に保存)と共に、世界三大記念艦の随一に数えられていました。(中にはこのほかに、ロシア革命の時、冬宮を砲撃したソ連のオーロラ号〈現在レニングラードのネヴァ川に保存〉を挙げる人もある)。

 横須賀市は市制八十年を記念して、三笠周辺の大改造を行い、「水と光と音の三笠公園」として再生させました。「三笠保存会」もその完成にあわせて、「日本海海戦八十周年記念行事」を挙行しました。

 昭和六十二年五月二十四日(日)、記念行事の当日は、海軍関係者をはじめ熱心な三笠ファンが全国から集まり、横須賀市民も多数参加し、盛沢山な記念行事が同時並行的に行われました。日本海海戦をテーマとした懸賞論文募集、大学生対象の弁論大会、書道展、絵画展、演奏会、儀使隊のドリル実演、東郷元帥銅像ヘの献花式、講演(豊田穣氏)等々。

 その中でもメインは、三笠艦内の講堂で挙行せられた記念式典でした。

 式典では海上幕僚長はじめ、アルゼンチン大使、トルコ大使、イギリス大使、駐日米海軍司令官の祝辞がありました。いずれも三笠の栄光を讃え、日露戦勝の歴史的意義を強調する内容でした。

 特に横山和夫横須賀市長が祝辞の中で、「今こそ日本はZ旗を掲げるべき時」と述べたことと、海軍長老・保科(ほしな)善四郎元参議院議員〈九十六歳〉が、「三笠は見事に復活した。しかし魂を入れなければ、三笠も形骸に過ぎない」と、激情をこめて訴えたのが、印象に残りました。

 保科長老〈元中将〉が、「三笠に魂を入れよ」と述べたのは、現在の我が国の教科書で、日露戦争を記述するに当って、反戦主義者ばかりを登場させ、東郷も三笠も載せない現状を憂えたものか、それとも戦後三笠が荒廃し、外国人が激怒し屈辱の時代を指したものか、恐らくその両方であったでありましょう。我々は過去の歴史を書くに当たって、栄光の記録ばかりを見るのではなく、屈辱の姿も描かなければ、生きた歴史とはいえません。栄光の史実には「喜び」を、失敗の事実には「涙」を、屈辱の経験には「憤激」をもって接することによって、生きた歴史となるのであります。この栄光の旗艦三笠に忘れてはならない屈辱の時代があったのです。この屈辱時代を、再び繰り返さぬよう、末代までも語り継がなければならないのであります。

三笠の屈辱時代

 大東亜戦敗戦と共に、我が国は連合国の占領下に置かれました。米、英、ソ、中国等で結成された極東委員会で、三笠の保存をめぐって激論がかわされたことがありました。ソ連代表テレビヤンコ中将は、「ロシアを負かした三笠を保存するとは何事か。スクラップにして直ちに海中に投棄せよ」と主張しました。それに対して米・参謀部長・ウイロビー少将は、ソ連の記念艦オーロラ号や、ヴィクトリー号、コンスティテューション号の例を出し、日本国民の記念物を破壊して反感を買うことは避けるべきだと、主張しました。

 テレビヤンコはいきりたちましたが、横須賀占領の実権は米海軍にあり、三笠は廃棄を免れました。その後三笠は米軍監視下に置かれ、心ない米兵によって艦内の目ぼしい記念品は持ち去られました。やがて二十三年一月九日、米海軍基地の司令官は、(ソ連ヘの気兼ねもあってか)艦橋、マスト、砲塔、煙突を四月一日までに除去の上横須賀市による教育事業に転用することを許可しました。

 横須賀市は民間に払い下げて、文化的に経営することを考え、かねてから申請していた湘南振興会社(代表・橋本道淳)に、マスト等の撤去作業を請負わせました。湘南振興では撤去作業が終ると、艦内で米軍相手のキャバレー的な風俗営業を始めました。東郷長官室はキャバレー・トーゴーとなり、加藤友三郎や秋山真之参謀等のいた参謀長室は、カフェになったといいます。

 やがて昭和二十五年、朝鮮動乱が始まると、艦内の鉄、銅、真鍮等、目ぼしいものは殆んど売却して暴利をむさぼったと聞きます。当時はまだ敗戦による虚脱状態から抜けきれず、市も政府も、三笠の荒廃に目を向けようとはしませんでした。

中村虎猪(とらお)氏と英人ルービン氏

 日本人で最初に三笠復元にたちあがったのは中村虎猪氏(元海軍大佐)でした。氏は昭和三十年五月、復元を公約して市会議員に当選。湘南振興会社の駆逐を申し入れ、政府にも働きかけ、地元の日刊「南神新聞」にも記事を連載する等努力を重ねました。

 三笠保存の声は、外国人の間からも挙がりました。最初に口火を切ったのは、昭和三十年春、日本を訪れたジョン・S・ルービン氏でした。氏はイギリスの貿易商で、三笠がイギリスのバーロー・イン・ファーネス造船所で建造されていた時、現地で宝石商、時計商を営んでいた人でした。三笠の乗組員が、この人の店を訪れてから親しくなり、ルービン氏もまた自分の住む町で三笠が造られたことに愛着と誇りを持つようになりました。

 三笠が完成しバーロー港を出てから五十七年目の昭和三十年の夏、氏は商用があって、七十五歳の老体にもかかわらず、元気に来日しました。その時彼が再会のよろこびに胸をおどらせながら、まづ第一に訪れたのが、横須賀の三笠でした。しかしそこで見た三笠は前述の通りの無残な姿に荒れはてていたのでした。

 ルービン氏は憤然として帰り、直ちに一文を、ジャパン・タイムズ紙に寄稿しました。

「何という日本人は忘恩の国民なのだ。戦い敗れると、ツシマの英雄トーゴーとミカサのことも忘れてしまったのか。神聖なるミカサが丸裸となり、ダンス・ホールやアメリカ兵相手の映画館になったのを黙ってみているのか。何たる日本人は無自覚であることか」

 この原稿は同年の九月二十日の紙上にのり、たちまちアメリカ人、オーストラリア人から反響があり、彼らは「ミカサの復活こそ、日本国民の精神復興の試金石であるべきだ」と説きました。

米・二ミッツ元帥の激励

 やがて昭和三十一年になると、元情ロ報局総裁であった下村海南氏(当時八十二歳)が、三笠の荒廃ぶりを確かめて、『軍艦三笠」という小冊子を書き上げ、各方面に配布しました。これらを受けて軍事評論家の伊藤正徳氏が、「戦艦三笠の栄光と悲惨」を翌三十二年「文藝春秋」(八月号)に書き、これがその年の読者賞を獲得しました。

 翌三十三年になると、「文藝春秋」〈二月号〉の随筆欄に、「三笠と私」と題するニミッツ元帥の文章が載りました。ニミッツは、日露戦争直後東郷提督と会ったことがあり、以来東郷元帥を尊敬し、東郷戦法によって日本帝国海軍を全滅させたといわれる米・大平洋艦隊司令長官であります。そして日本敗戦後の九月二日、アメリカ合衆国の全権の一人としてミズーリ艦上で、日本降伏受託書に署名した人物でもあります。

 彼は調印式が行われる前日、三笠が、どんな様子になっているか、気になって自分自身でそれを確かめるため、横須賀に赴きました。その時のことを元帥はこう述べています。

「---管理人の話では、真鍮や銅の付属品は戦争中に軍需資材として、全部取り除かれたとのことだった。そのほかに歴史的価値ある部分がどさくさに持ち去られた跡もみられた。東郷元帥を尊敬するものの一人として、昔から有名なこの軍艦が、これ以上荒らさるべきでないと思い、私は米海兵隊に命じて歩哨(営門などの警戒・監視に任ずる兵)を立て、三笠を破損したり、歴史的な物品を持ち去ることを防ぐことにした…」

「この有名な軍艦がダンスホールに使用されたとは嘆かわしい…」

「どういう処置をとれと差出がましいことはいえないが、日本国民と政府が全世界の海軍々人に賞賛されている東郷提督の思い出をながらえるため、適切な方法を講ずることを希望する…」

「この一文が原稿料に価するならば、その全額を東郷元帥記念保存基金に私の名で寄付させてほしい…」〈「文藝春秋」昭和三十三年二月号)

 これ等に刺激されて、日本人の間にも三笠保存の動きが急速に盛りあがり、昭和三十三年十一月三笠保存会設立準備委員会の創立となりました。ニミッツは米海軍を督励して、横須賀にあった廃艦一隻を日本に譲渡し、スクラップにして得た全約三千万円を三笠の復元に充てさせました。かくして三十六年五月、復元は実を結びました。これが今見る「記念艦三笠」の姿であります。

 以上の事実関係の中から、我々は重大なことを学ばなければなりません。たしかに戦後三笠復元について努力した日本人はありました。しかし恥かしながら、外国人から指摘されなかったら、こんなに早く、見事に復元することはなかったかも知れません。

 ともかく現在三笠とその周辺は、戦前以上に立派なものに再建されました。しかし小中高校の教科書(「新編日本史」を除く)には、相変らず三笠も東郷も出てきません。日本人は公平な目で見ることができなくなり、自らの力で、自分を処理する能力を欠いていたのでしょうか。日本人の意識を正常化するためには、外圧に頼るよりほかないのでしょうか。例えばイギリスあたりに頼んで

「栄光の戦艦三笠は、イギリスで作ったものである。東郷元帥もイギリスで七年間学んだ。このようにイギリスと関係が深く、世界的に評価されているものを教科書で教えないとは何事か。教科書を書き直せ」

 と、サッチャー首相あたりに柳眉を逆だてて貰わなければならないのでしょうか。

 あるいはニミッツ元帥を墓場から呼び出して、もう一度「文藝春秋」に次のような一文を寄せて貰うのがよいかも知れません。

「日本に対して内政干渉がましいことはいえないが、全世界の人々に賞讃されている東郷元帥や三笠が、日本の教科書で教えられないとは嘆かわしい。現在の教科書が書かないのなら、新しい教科書会社を設立されたらどうであろうか。拙著『太平洋海戦史』の印税はささやかだが、会社設立に役立ててほしい…」


nimitz.htm 最終更新日: 2005/05/04 .
Copyright 1997 [名越二荒之助]. All rights reserved.

出典「世界に生きる日本の心 二十一世紀へのメッセージ」、定価2884円(本体2800円)
昭和62年・初版、平成6年・再版第5刷

展転社 〒113 東京都文京区本郷1ー28ー36ー301
Tel 03-3815-0721  Fax 03-3815-0786