ようこそ ノシロ語の ホームページ 13号へ

                   
平成 15年 (2003) 11月12日  (補訂、令和 3年 (2021)  9月 21日)
                                  


       () 平成21年8月から基本単語、約500語だけを掲載し、友好単語の掲載は終了しました。



今号は、ノシロ文法 Version 3.1 と一体化した ノシロ基本単語
記号」 の合計 約500語 の案内です。
ノシロ文を話し書きする時、この基本単語の使用は必須です。 基本単語以外は、ノシロ国際標準単語 や 英単語
や 日本語 の単語 (他の何語でも可) をいくらでも使うことができます (対話者同士でそのつど決めて下さい)。

ノシロ語は、正確で表現力に富む言語でありながら、非常に平易で合理的に作られています。 そのため、是非
とも暗記していただきたい単語は、ここにご紹介する 500語 だけです。 先ず、その中の 66語 (
◎ 印を付す)
を覚えましょう。 これで初級卒業です。  ノシロ語を話し書きするのが非常に楽しくなって来ます。 次は150語程
を覚えましょう。 150語も覚えてしまうと、中級も卒業して、ほぼ全てのノシロ文を書くことができます。



(最新ノシロ文法 Version 3.1  ---  2020. 10. 08. ) 

  品詞など ノシロ基本単語          意味、注意     対応する英語   同系のノシロ基本単語
疑問詞 ? 又は ESK
(? も ESK も
エスクと読む)
  ◎ 疑問文の文頭に置く。
会話では  ?  を [esk] ではなく
 [e] エ と発音してよい。
英語は ? を疑問文の
文末に置く
ENA エナ   反語 (文頭に ENA を置く)
ETOn エトン   付加疑問
(文末に ,ETOn. を置く)
HA  ハ   ◎ what
HI   ヒ   ◎  どちら which
HU  フー   ◎  誰 (フではなくフーと読む) who
HE  ヘ   ◎  何時 (いつ) when
HO  ホ   ◎  何処 (どこ) where
HyA  ヒャ   ◎ 何故 (なぜ)。語に掛る。疑問助詞 why
HyAA  ヒャー   何故 (なぜ)。文全体に掛かる。疑問助詞 why
Hy  ヒュ   どんな、どれ程
(状況、様子、程度)
how
HyE  ヒェ   ◎ どのように (方法) how
命令 YO  ヨ   ◎ 命令文 (文頭に置く)
YOI  ヨイ   強い命令文 (文頭に置く)
肯定 YUP  ユープ   ◎ はい Yes
YUPn ユープン   はい (強調) Yes, of course
否定 NAI  ナイ   ◎ 否定 No
NAIn  ナイン   否定 (強調) never
NAIJE
ナイジェ
  誰も〜ない no one
NAIT
ナイトゥ
  誰も、何も〜ない none
NAITIn
ナイティン
  何もない nothing
NAWEA
ナウェア
  何処にもない nowhere
NAIDE ナイデ   いずれでもない neither
NOA   ノア   いずれでもない nor
NAIPA ナイパ   部分否定専用  no 
NAIDLI
ナイドゥリ
  殆ど〜ない  hardly
NAISEL
ナイセル
  めったに 〜 しない seldom
NAIMOA
ナイモア
  もはや〜ない、これ以上は
〜ない
no more
挨拶 FIINA
フィーナ
  ◎  1類の挨拶 Hello/How are you ?
ALOO アロー   ◎ 2類の挨拶 Hello/How are you ? 
HAU ハウ   おはよう Good morning
BOnSOWAA
ボンソワー
  こんばんわ Good night
DAMIHI
ダミヒ
  ちょっと失礼 Excuse me (us).
IDyUTE 
イデューテ
  ちょっと待って Wait a minute. 
SEAn  セアン   なるほど (そうですか) I see. 
LASII
ラスィー
  はてな、さてどうしよう  Let's see.  
NA  ナ   はい、ほらね Here we are (go).
Here you are.
MABLUK 
マブルーク
  おめでとう Conglaturations !
ASAnTE  
アサンテ
  ◎ ありがとう Thank you.
KAMSA
カムサ
  ありがとう Thank you very much.
PARAKAALO
パラカーロ
  どういたしまして Not at all.
GUT グートゥ   良い、格好いい Fine !  Nice !
ALIn アリン   格好いい Nice !  Cool !
SMAKKLyANA 
スマックリャナ
  お大事に Take care of yourself.
KWAHELI 
クワヘリ
  ◎ さようなら Goodby
ABIAnTO
アビアント
  ではまた See you soon.
BAIZA バイザ   ところで、話変わって  By the way,  Well ...... 
WELKAM 
ウェルカム
  ようこそ Welcome
IZVINII 
イズヴィニー
  ◎ ごめんなさい Sorry
IZVINIITIE
イズヴィニーティエ
  申し訳ありません I am sorry.
YEELA
イェーラ
  がんばれー Go!  Come on !  Stick it !
QAAMO  
チャーモ
  気楽に楽しんで Enjoy --.
QAAMO Japan !
日本を楽しんで。
QAAMO final exam !
期末試験を楽しんで。
GUTENAAS   あなたに幸運あれ Good Luck
GUTEPOOL   良くなりますように
AHA GATEE   神よ、お加護を
AHUL GATEE   宇宙の意志よ、救いを
POONA ポーナ   可愛そうに
SOO POONA   何と可愛そうな
APSIAALE   同情します
KOnDOLAATI   お悔やみ申し上げます
XPAADA 
シュパーダ
  さあ行くぞ、さあやるぞ
WAn NI SAM   一、二の三
REDII DAn   用意ドン
会話構文 ? PLII ME 〜
エスクプリーメ
  して頂けますか(最丁寧) Would you please do ?
PLII ME 〜   ◎ して頂けますか(丁寧) Will you do ?
LyPA 〜
リュパ
  して下さい Pls do something for me.
YAL SE 〜   〜してあげましょうか Shall I do ?
XAL SEN 〜 
シャル セヌ
  さあ一緒に〜しましょう Shall we do ?
LECC 〜
レッツ
  さあ一緒に〜しよう Let's --
ASPO SE 〜   〜すれば良いのですか Am I suppose to do ?
MAIT ME 〜   あなたは〜した方が良いですよ You had better do
WADO ME 〜   あなたは〜すればよいのに Why don't you do
ESTI 又は ESTII   〜はいかが(提案、勧め) How about --- ?
How about tea ?
YLE   a   b  
ユレ
  あなたは  a  が  b  するのを
承認して下さい(承認命令)。
(注) b は動詞
Let  a   b  
(a に b させて) 
YBL  a   b  
ユブル
  あなたは  a  に  b  させなさい
(使役命令)。
(注) b は動詞
Let  a   b 
(a に b させよ)
数、演算 0 XUNyA 
シューニャ
0
0 XUNA 
シューナ
0
1 WAn ワン 1 WAnTI (一体化)
WAnS (一体化させる)
WAnZ (一体化する)
WAnTIOS (10分の1)
2  NI 2
3  SAM 3
4  SII スィー 4
5  LIMA 5
6  ZEKS
   ゼクス
6
7  SABAA 7
8  WIT
    ウィトゥ
8
9 KOO コー 9
10  TIO
     ティオ
10
100  STO スト 100
1000  MILA
        ミラ
1000
10000  MAn
         マン
10000
10000 の 2乗
OK オク
  0 が 8個付く 100000000
10000 の 3乗 TERA テラ   0 が 12個 1000000000000
10000 の 4乗
JIn ジン
  0 が 16個 10000000000000000
DAI  ダイ   何番目 -- th
KARS  カルス   何倍 time
KRAn  クラン   何回 time
EI (EIL) 
エイ (ル)
  〜ごとの、ごとに 
(修飾詞)
every
ISBI   〜をこえる over
TISBI   以上 =<
INOL イノル   未満 <5
TINOL
ティノル
  以下 <=
TEn テン   点、小数点  .
FEn フェン   分数。  2/5 は NI FEn LIMA  /
KRn クルン   半分。 = 1/2 = 0.5 half
WAnNIS
ワンニス
  半分。 1/2 (KRn と同じ) 1/2
WAnSAMS   三分の一。 1/3 1/3
WAnSIIS   四分の一。 1/4  1/4 
WAnZ   一体化する
WAnS   一体化させる、一つにする
演算 JOO ジョー   べき、指数
PLS プルス   足す
MINS ミヌス   引く
KARS カルス   掛ける
FEn   割る、〜分の
TOOn  トーン   =  等号
DAn   >
DAnT
ダントゥ
  >=
XAn  シャン   <
XAnT
シャントゥ
  <=
HInTOOn   ≠ (≠ がないときは *=* )
YAKTOOn   ≒ (≒ がないときは /=/ )  
AHT アフトゥ   時 (変化することで実存を確保しようとする
意思、意欲)
time.  
universal 'will' to survive
by creating changes (diifference)
TAIM タイム   時、時間 time period
SAMAE サマエ   時刻 time point
SAAL サール   year
YE イェ   month
NE ネ   date
WIIK ウィーク   week
WIIKEnD 
ウィーケンドゥ
  週末 weekend
DEI デイ   day
XI シ   hour
NAATI
ナーティ
  minute
MyO ミョ   second
KAn カン   〜間、期間 period
PROI   morning
PROIn   午前 morning
TIAn   正午 noon
AFTIAn   午後 afternoon
PROIDE   daytime
PROIDEST   真昼 center of daytime
AFTIAnSE   夕方、夕暮れ、黄昏 evening
EXTE エシュテ   late evening
Ny'I ニュイ   night
AUDI Ny'I   深夜 deep night
Ny'InT 
ニュイントゥ
  真夜中 mid-night
AAJI アージ   今日 today
BUKAS
ブーカス
  明日 tomorrow
2BUKAS   明後日 dat after tomorrow
HTES フテス   昨日 yesterday
2HTES
ニフテス
  おととい day before yesterday
IUNAS
イウナス
  最近 recently
IUNAST   直近 very recently
敬称 MR,  マール   MR,  ならノシロつづり
MR.  だと英語つづり
MR, MIZTA Sentaro
MR. MIZUTA Sentaro
DS,  ダース   DS,  ならノシロつづり
DS.  だと英語つづり
DS, DOE Susan
DS. DOE Susan
氏名、他 : DOE Jon :   氏名 (ジョン ドウ)
; New York ;   地名 (ニューヨーク)
: UN ;   組織名、会社名 (国際連合)
 |semiconductor|   専門用語 (半導体)
 _ SONY _   ブランド名 (ソニー)
人称代名詞 SE  セ   ◎ 私は I
ME  メ   ◎ あなたは You
FE  フェ   ◎ かの人は The person
MAFE マフェ   ◎ 彼は He
DAFE ダフェ   ◎ 彼女は She
JE  ジェ   ◎ 誰か One
TE  テ   ◎ それは It
SEI  セイ   ◎ 私の My (SEIの系列語) MEI/FEI/
MAFEI/DAFEI/JEI/TEI
SEN  セヌ   ◎ 我々は We MEN/FEN/MAFEN/
DAFEN/JEN/TEN
SENI  セニ   ◎ 我々の Our MENI/FENI/MAFENI/
DAFENI/JENI/TENI
SEL  セル   私自身 Myself MEL/FEL/MAFEL/
DAFEL/JEL/TEL
SELI  セリ   私自身の Myself's MELI/FELI/MAFELI/
DAFELI/JELI/TELI
SENL  セヌル   我々自信 Ourself MENL/FENL/MAFENL/
DAFENL/JENL/TENL
SENLI  セヌリ   我々自身の Ourself's MENLI/FENLI/MAFENLI/
DAFENLI/JENLI/TENLI
SEM  セム   私のもの Mine MEM/FEM/MAFEM/
DAFEM/JEM/TEM
SENM  セヌム   我々のもの Ours MENM/FENM/MAFENM/
DAFENM/JENM/TENM
指示代名詞、他 TO ト   ◎ これ (指示代名詞、指示形容詞) This
TON  トヌ   これ等 These
TOA  トア   此処、ここで、ここへ here
TOATDE 
トアトゥデ
  こちら側 this side
TOT  トトゥ   この時、この度 this time
TONE  トネ   この日 this day/today
TORA   この時代 this era
TOSA   この時刻 this time
TOTA   この時間 this time
TOEEL
トエール
  このまま as this is
BOI  ボイ   ◎ それ、あれ (指示代名詞、指示形容詞) That
BOIN  ボイヌ   それ等 Those
BOIATDE 
ボイアトゥデ
  そちら側、あちら側 that side
BOIE  ボイエ   そこ、そこで、そこへ there
BOIT
ボイトゥ
  あの時 that time
BOINE  ボイネ   あの日 that day
BOISA   あの時刻 that time
BOIRA   あの時代 that era
BOITA   あの時間 that time
BOIEEL    あのまま、そのまま as that is/as it is
SED  セドゥ   当該の (指示形容詞)  said/that/the 
LEST
レストゥ
  形容詞や副詞の意味を極めて弱める
LEE  レー   ◎  形容詞や副詞の意味を弱める
FAA  ファー   ◎ 形容詞や副詞の意味を強める
FAST
ファストゥ
  形容詞や副詞の意味を極めて強める
TU  トゥー   過ぎて (〜 には - - 過ぎる) too (ex. too small)
SEIM  セイム   同じ same
YAK  ヤク   約、おおよそ about/approximately
SOQI  ソチ   そんなもの such/that
OOL  オール   全て all
ANO  アノ   別の another
ANOn  アノン   別のもの another one
AZER   アゼル    他、他者、他のもの、他の  other 
IIQI  イーチ   各々、一つ each
IILA  イーラ   どちらか either
UUBO  ウーボ   両方 both
XAO  シャオ   少量 some/few
SOM  ソム   少量 some
MUQ
ムーチュ
  多量 many/much
MST ムストゥ   大部分、殆ど  most 
SGL スグル   単数 single
PLU プルー   複数 plural
ENII エニー   どんな、如何なる any
KALE カレ   常に、必ず always/ absolutely
コピュラ
動詞
RI リ   ◎ 〜です is/ are
準コピュラ
動詞
RIKOn  リコン   〜から成る、
〜で出来ている 
consist (vi) of  の  'of ' はAJ/AJL 
存在動詞 RIZ  リズ   存在する exist/be
容認動詞 LEEN  レーヌ   〜させる、〜させておく let
使役動詞 BLE  ブレ   ◎ 〜させる causative vb (have)
BLU  ブルー   〜させる (BLE より丁寧) causative vb (polite)
受身動詞 GH  グフ   〜される、〜してもらう get (have) + O + done
仮定動詞  IYXS 
イユシュス
  事実に反する事を望む  wish 
代動詞 DU  ドゥー   〜する (一般動詞でもある) verb (do)/proverb (do)
準動詞 M  (動詞-M) 
  ということ (動名詞)
D  (動詞-D) 
ドゥ
  かどうか (動名詞)
K  (動詞-K) 
  するところの (動形容詞。名詞を修飾する限定用法)
KE  (動詞-KE)
  という状態 (動形容詞。補語となる叙述用法) 
助動詞 GIKA  ギカ   〜してもよい (許可) may
GIKI   ギキ   〜した方が良い (強い勧め) had better do
GIK   ギク   〜するぞ (意思、決意) will (resolution)
GIKE   ギケ   今にも〜しそう be about to do
GIKO   ギコ   〜し終わったところ (完了) just completed
GILA    ギラ   〜したことがある (経験) experience
GILI   ギリ   〜に違いない must (sure)
GILU  ギルー   ずっと〜している (継続) continuity
GILE   喜んで〜する glad to do
GILO   思いきって〜する dare to do
GIMA  ギマ   ◎ 〜できる (可能) can
GIMI   〜すべき (義務、当然) should
GIM   ギム   〜せねばならない(強い義務) must (obligation)
GIME   ◎ 〜かも知れぬ may
GIMO   〜の筈 (当然、理論的に) should, naturally
GINA  ギナ   以前は逆だが though opposite before
GINI   以前は中立だが though nutral before
GISA  ギサ   業として、いつも occupation
GISE   ギセ   〜しがち、傾向的にし易い  likely to do 
GIVA  ギヴァ   いやいや〜する unwillingly do
GIVI  ギヴィ   〜せざるを得ない can't help doing
GIVLI キヴリ   動作が及ばない (蹴ったが相手に当たらなかった) action doesn't reach to the object
GIVn  ギヴン   空しく〜する (〜したが徒労に終わる) do in vain
GIVOI
ギヴォイ
  ひょっとしたら 〜 かも知れぬ  might (least probability) 
  GIUD ギウドゥ    謙遜、丁寧  would  
GITT ギットゥ  ◎ 帰結文中に置いて事実と反対の事を言う
(英語の仮定法過去・過去完了)
要素助詞 W (主語-W)
  名詞節 (主節と従属節) 及び修飾節 (形容詞節と
副詞節) 中の主語。 〜は、〜が (-W)
subject marker in main cl.
O  (目的語-O) オ   名詞節 (主節と従属節) 中の目的語。
〜を、〜に (-O)
object marker in main cl.
E  (補語-E) 
  名詞節 (主節と従属節) 中の補語 (-E)  
*
あまり使われない
comple. mark in main cl.
L  (目的語-L) 
オル
  修飾節 (形容詞節と副詞節)  中の目的語。
〜を、〜に (-L)
obj marker in modif. cl.
Q (補語-Q) 
エチュ
  修飾節 (形容詞節と副詞節)  中の補語 (-Q)
* あまり使われない
comple. mark in modif. cl.
追加助詞 SLE  スレ   〜も (前置) also (pre positioned)
MO  モ   〜も (後置) also (post positioned)
省略助詞 -ui  ウイ 等 (主に、名、動に後置)。
閉鎖子音の後に -ui を置くと聞き易くなる。
etc./and so on ( = -mn )
-mn  ムン   等 (主に、名、動に後置)。
母音の後に -mn  を置くと聞き易くなる
etc./and so on ( = -ui ) 
先(後)行詞
助詞
An  アン   先行詞や後行詞の語頭に置くマーカー (1、2類共通)
区切り助詞 PA   パ   1類用 
ZA   ザ   2類用 
強調助詞 VI   ヴィ   強調 (語を強調するとき使う)
VII  ヴィー   強調 (句や節を強調するとき使う)
疑問助詞  HyA   ヒャ   なぜ (疑問詞として既出)
時制助詞 T   タ   ◎ 過去 (-T)
R   レ   ◎ 未来 (-R)
進行助詞 In  イン   ◎ 進行 (-In)
態助詞 ZE  ゼ   ◎ 受動態 (-ZE)
連結助詞 <   ン   1類用 (例、sing < want)
>   ン   2類用 (例、want > sing)
変換助詞 TI   ティ   名詞に変換
En  エン  
NA  ナ   形容詞に
BL  ブル  
ILU  イルー   (動詞を) 形容詞か副詞に
S  ス   他動詞に
P  プ  
Z  ズ   自動詞に
B  ブ  
譲歩助詞 HRA  フラ   どんな〜であろうと     
CRA  ツラ    〜次第 up to
NRA   ヌラ   〜だとしても 
VRA   ヴラ   〜さえ  even
尊敬助詞 JIA   ジア   尊敬、丁寧
LA   ラ   尊敬丁寧
放置助詞  BBU   ブブー   〜のままにする、のままになっている。動作の継続が不適切という気持ち
(動詞の語尾が B ならDDU に) 
regrettably  
接頭語 AAP-   超〜 super-, meta-, ultra-
BA-   〜しそこなう (〜しそこない)  fail to (do), failure to (do)
DE-   逆〜 de-, un-, non-
  DEP-   不可能  un-   
EL-   自己〜 self--
EQU-
エチュー
  有〜
GO-  ゴ   〜ごとに (の) 。

修飾詞の EL/EIL も可
every 〜 (GO-2NE で2日ごと、
つまり1日置きに)。
every 2days = every 2nd day = every other day 
HAn-  ハン   反〜、抗〜 un-, anti-
HI-   ヒ   被 (動作を受ける人)
HIn-  ヒン   非〜 de-, un-
HL-   フル   防〜 anti-。HAn より弱い
IBn-  イブン   無〜
IYNI-   イユニ   要〜、必要〜 形、名詞でもある 
KA-   カ   可能な〜、疑い possible-
KOI-  コイ   共〜 co- (共学、共分散)
KRn-  クルン   半〜、半分ほど、部分的
LEIT-
レイトゥ
  故〜
LIM-   リム   最〜、最も L-形容詞、でも良い
MI-    ミ   未〜、未だ(否定、肯定共に使う) not yet
MTO-  ムト   元〜 former-, ex-
NAn-  ナン   難〜 very hard-
OLE-  オレ   過 (小、少) less (=LEE)
OOL-  オール   全〜 all-
OVR-  オヴル   過 (多、大) over (=FAA)
PAX-  パシュ   部分的〜 partial-
POS-  ポス   以後の〜 post-
SAI-   サイ   再〜 re-
XIn-   シン   親〜 pro-
ZEn-   ゼン   前〜 pre-
接尾語 AT    アットゥ   場所、 〜場 place/large facility for
AA    アー   行為者 one who do (act)
II    イー   被行為者 one who was done
FAn  ファン   愛好家 mathematics fan
ILT  イルトゥ   専門家を目指す人 who aim to be mathe.
IST  イストゥ   専門家 profes. mathematician
ISM   イスム   〜主義  ex. socialism 
  IUE   イウエ   〜最初、優先    
  IULA  イウラ   〜最後    
JIn   ジン   〜主義者  ex. capitalist 
In   イン   〜中 (修飾詞も可) AKyRAKIn  under construction. 
VIL  ヴィル   〜化 Finlandization
NAE   ナエ   〜無し  -less
構成詞 OnD  オンドゥ   ◎ そして、及び Composer: and
OnP  オンプ   そして、及び
OnS  オンス   そして、及び
OA   オア   ◎ 又は or
OAP  オアプ   又は
OAS  オアス   又は
OI   オイ   又は
OIP  オイプ   又は
OIS  オイス   又は
OU   オウ   又は
OUP   又は
OUS   又は
NOA   ノア   いずれでもない nor
OENI   オエニ   それゆえ therefore
OERA  オエラ   しかし他方では
OKyLI
オキュリ
  その結果
ONEVI
オネヴィ
  それにも拘わらず
On  オン   〜 対 −− (交換。 1米ドルにつき107円)
OnJ
オンジュ 
  〜しながら -- する  while S + do (ing) and do 
OOZ  オーズ   何故ならば because
ORIE  オリエ   加えて、更に
OST オストゥ   そして(複数の行為が同時にスタート)
O2ST
オニストゥ
  そして(同時にスタートし同時に終わる)
OTO  オト   〜 と −− の対称 (例: 美と愛の対称)
OTT
オットゥ
  ◎ しかし
OV   オヴ   〜 対 −−   (試合など。 巨人対阪神)
OZK  オズク   その場合には(前文を受けて次の文に繋ぐ)
OZn   オズン   それから、その後、すると
OZUn
オズーン
  その後しばらくして
修飾詞
(名詞、代名詞、動名詞と結合)
AB / ABL 
アブ/アブル
  ◎ 〜について   about
AC / ACL  
アツ/アツル
  〜の代わりに instead of
AD / ADL   〜に拠れば according to
AE / AEL     ◎ 〜を除いて except for
AF / AFL   ◎ 〜の後の、後で (時) after
AG / AGL   ◎ 〜に対抗して against
AI / AIL   〜までには (期日、期限) by 
AJ / AJL 
アジュ/アジュル
  〜から (成る)、
〜で (出来ている) 
consist of の 'of ' に相当
AK / AKL   〜を横切って across
AL / ALL   〜があれば、〜が居れば with (by existance of)
AM / AML   〜の間の、間で among, between
AN / ANL
アヌ/アヌル
  〜と比べて compared to
AO / AOL   〜の上の、上で above
AP / APL   〜の向かい側の、向かい側に opposite
ARP / ARPL
アルプ/アルプル
  〜の周りの、周りに around
AS / ASL   〜以来の、以来 since
AT / ATL   ◎ 〜で(場所) at, in
AU / AUL   〜を通る、通りぬけて through
AX / AXL
アシュ/アシュル
  〜の割りには considering
AY / AYL
アユ/アユル
  ◎ 〜による、〜によって(手段) by, with
(受動態で頻出する)
AZ / AZL   〜としての(同格候補、可能性) as
IA / IAL   〜を経由した、〜を経由して via
IB / IBL   〜の側(そば)の、〜の側で by
IC / ICL 
イツ/イツル
 ◎ 〜までの、〜まで (或る時点までの動作・状態
の継続)
until, upto
ID / IDL   〜のせいの、〜のせいで、なので because of / due to
IE / IEL   〜という単語中の文字や音声
IF / IFL   〜に関する限り(他はともかく) as far as concerned
IG / IGL   〜上手な、〜上手に good in
IK / IKL   〜の前の、前で in front of
IL / ILL
イル/イッル
  ◎ 〜に似た、〜のような、〜のように like, as
IM / IML   〜からの、〜から from
IN / INL
イヌ/イヌル
  〜の中の、の中で in, inside
IO / IOL   〜の利益の為の、為に for, for the sake of
IP / IPL   〜に並行した、〜に並行して parallel to
IRP / IRPL
イルプ/イルプル
  〜の後ろの、後ろで behind, back of
IS / ISL   〜の外の、の外で outside
IT / ITL   〜の中へ into
IU / IUL   〜の最中の、〜の最中で in the midst of
IX / IXL
イシュ/イシュル
  〜への途中の、〜への途中で via (at the way of N.Y.)
IY / IYL
イユ/イユル
  〜に加えての、〜に加えて in addition to
IZ / IZL   ◎ 〜と共に、〜付きの、〜と一緒の with
UA / UAL   〜にとって (例、彼にとって難) to
ex. good (bad) news UAL him.
(彼にとって良い (悪い) 知らせ)
UB / UBL   ◎ 〜の(所属) of
UC / UCL
ウツ/ウツル
  ◎ 〜無しの、無しで without
UD / UDL   〜下の、下で(数量、程度、位置) under
ex. 5 UD 自然数 = 4,3, ...
 (5 より小さい自然数は)
ex. 机 UD 猫 (机の下のねこ)
UE / UEL   〜に (驚く、怒る、喜ぶ) at, with (喜怒哀楽の原因)
UF / UFL   〜から離れた、離れて off
UG / UGL   方位角度で at
UJ / UJL 
ウジュ/ウジュル
  〜の姿で、〜の状態で  in 
ex. 素足で(歩く)、制服で(通う)
UK / UKL
ウク/ウクル
  〜という、〜としての、〜である as / of
ex. シカゴ市長 UK
   (シカゴ市長として) 
UL / ULL 
ウル/ウッル
  〜に似ず、とは異なり unlike
UM / UML   〜以内の、以内で within
UN / UNL
ウヌ/ウヌル
  〜に接する、接して、の上に on
ex. 天井 UN ハチ
  (天井にとまっている蜂)
UO / UOL   ◎ 〜以前の、〜以前に (時) bofore 
UP / UPL   〜に基づいた、〜に基づいて upon
URP / URPL 
ウルプ/ウルプル
  〜の間の、〜の間に(期間) during
US / USL   〜だけど、〜に反して despite
UT / UTL   ◎ 〜の方向の、〜の方向へ to
UU / UUL
ウー/ウール
  〜に続く、〜に続いて next to
UX / UXL 
ウシュ/ウシュル
  〜になりすまして  in the disguise of 
UY / UYL   〜の先の、〜の先に beyond
UZ / UZL   〜の他の、〜の他に besides       
EA / EAL   ◎ 〜の時の、時に at  (書き出さなくて良い場合も)
EB / EBL   〜ほどの as / to不定詞
EC / ECL
エツ/エツル
  〜には for / to不定詞
ED / EDL   〜のための、〜を求めて for / seeking
EE / EEL   〜を相手の、〜を相手に
(名詞の他、動、形、副とも結合) EF / EFL
動、形、副とも結合(V 3.0 で強化)
  ◎ もし 〜 ならば if
(名詞の他、動、形、副とも結合) EG / EGL
動、形、副とも結合(V3.0 で強化)
  もし 〜 ならば if and only if  (= iff)
(名詞、代名詞、動名詞と結合) EI / EIL   〜ごとに、〜の度に every 〜。
助詞 (接頭語) の GO- も可)
EJ / EJL 
エジュ/エジュル
  〜の行為と共に、他の行為 with, as, while
EK / EKL   〜 と仮定しての、 〜と仮定して suppose 〜
EL / ELL
エル/エッル
  〜 の限り、〜する限り as long as
EM / EML   あたかも 〜 のような (に) as if 
(名詞の他、動、形、副とも結合) EN / ENL
動、形、副とも結合 (V3.0 で強化)
  たとえ 〜 でも、 〜としても even if
(名詞、代名詞、動名詞と結合) EO / EOL   〜にあたる、〜に対応する for, to
EP / EPL   〜に応えて (の)、〜に反応して reply to
ERP / ERPL
エルプ/エルプル
  〜と別に、〜に関係無く regardless of
ES / ESL   〜へ行く途中の、〜への途中で
ET / ETL   〜を棚上げした、して、脇に置いて
EU / EUL   〜に沿った、に沿って、に順じて  in accordance with
EX / EXL 
エシュ/エシュル
  〜のもとで
EY / EYL
エユ/エユル
  〜を含めた、〜を含めて  including
EZ / EZL   〜の場合の、〜の場合に
修飾詞
(動詞 と結合)
BI / BIL  
ビ / ビル
  〜するほどの、するほど。
形、副、二つの用法
 so + 形容詞 + as + infinitive
CI / CIL 
ツィ / ツィル
  ◎ 〜するには、〜するのは  to不定詞
DI / DIL 
ディ / ディル
  ◎ 〜するための、するために。 
形、副、二つの用法
 to不定詞
FI / FIL
フィ / フィル
   もし〜なら  if
GI / GIL
ギ / ギル 
   もし〜なら (排他的)  iff  (only if)
JI / JIL
ジ / ジル 
   〜しながら、別の〜する  while, as
節理詞 (修飾詞に由来しない) My ミュ   ◎ ということ
名詞節を導く
 that
Dy デュ   かどうか
名詞節を導く
 whether
Ky キュ   ◎ ところの
形容詞節を導く
 that/who/which
XU シュー   ◎ ところのもの
形容詞節を導く
 what
節理詞 (修飾詞に由来する) UUK/UUKL   という (同格)
形容詞節を導く
 that
      - 同 - AAB/AABL   〜ということについて
AAC/AACL
アーツ/アーツル
  〜ということの代わりに
AAE/AAEL   〜ということを除いて
AAF/AAFL   〜の後で、に
AAG/AAGL   〜に対抗して
AAI /AAIL   〜までには (期日)  by the time
AAN/AANL
アーヌ/アーヌル
  〜ということと比べて
AAS/AASL   〜以来 since/since then
AAT/AATL   〜で (場所)
AATTI/AATLTI   〜する場所
AAU/AAUL   〜によって
IIC/IICL
イーツ/イーツル
  〜まで(将来時(点)までの動作継続)  until
IID/IIDL   〜という理由で、〜なので because/since
IIE/IIEL   〜に関する限り
IIF/IIFL   〜については
IIL/IILL    〜のような、〜のように  like, as
IIM/IIML   〜から
IIN/IINL
イーヌ/イーヌル
  〜ということの中に
IIRP/IIRPL
イールプ/
イールプル
  〜の後ろに
IIY/IIYL
イーユ/イーユル
  〜に加えて
IIZ/IIZL   〜と一緒に  with
UUC/UUCL
ウーツ/ウーツル
  ◎ 〜無しで without that S+V
UUO/UUOL   〜の前に  before
UUP/UUPL   〜に基づいて
UURP/UURPL   〜する間に
UUS/UUSL   〜だけれども
UUY/UUYL
ウーユ/ウーユル
  〜以遠に
UUZ/UUZL   〜の他に
EEA/EEAL   〜する時の、時に
EEATI/EEALTI
エーアティ/
エーアルティ
  〜する時
EEB/EEBL   〜する程の、する程に
EEC/EECL
エーツ/エーツル
  〜するには
EED/EEDL   〜するための、するために
EEF/EEFL   ◎ もし〜なら  if
EEG/EEGL   もし〜なら (排他的)  if and only if  ( = iff )
EEJ/EEJL    〜しながら、別の〜する   while, as
EEK/EEKL   〜と仮定して
EEL/EELL   〜する限り
EEM/EEML   あたかも〜のような (に)
EEN/EENL   たとえ〜でも、仮に〜としても even if
EEP/EEPL   〜するにつれて、に呼応して
EERP/EERPL
エールプ/
エールプル
  〜に拘わりなく
EET/EETL   〜を棚上げして
EEY/EEYL
エーユ/エーユル
  〜を含めて
EEZ/EEZL   〜する場合に
EEZTI/EEZLTI   〜する場合
節理詞 (修飾詞に由来しない) ALES アレス   もし〜しないなら、
〜 でないなら 
 unless
NVAL
ヌヴァル
  〜しないように  so that one do not 
NVEE
ヌヴェー
  〜出来ないように   so that one can not do
PLA  プラ   〜するために
PLI  プリ   〜する程に
PLP  プルプ   〜するには
PLE  プレ   〜する時に
PLO  プロ   〜するにつれて、に反応して
PEECA
ペーツァ
  〜して初めて--する
PEEN  ペーヌ   〜を棚上げして
SZA    スザ   〜から見て、〜からすると  Seeing that 〜
TWA  トゥワ   〜を含めて
TWI  トゥウィ   〜する場合に
YUD  ユードゥ   〜するように  so that one do 
YUM ユーム   ◎ 〜出来るように  so that one can do
副/助詞  AnC 〜  
アンツ
  〜よりも
AnC 〜 RAAZA -- 構文用の助詞 (〜よりも--を)
 than/compared to
副/助詞 RAAZA 〜 
ラーザ
  むしろ 〜
AnC 〜 RAAZA -- 構文用の助詞 (〜よりも--を)
 rather/would rather
自然詞 AA  アー   あー  Ah
OO  オー   おー  Oh
SOO  ソー   それ程、そんなに、非常に  so

 () ALES から YUM までは、修飾詞由来の節理詞ではないので、1,2類が同形となる。
     約500語の基本単語は、将来、幾らか増減されるかも知れません (5〜10語か)。


ホームページ13号は以上で終りです。 皆様、お読み下さって本当に有難うございました。 
引き続き、14号 (辞書と部首の解説です) へお進みください。  水田扇太郎