ようこそ ノシロ語のホームページ  14号へ

            平成15年 (2003)  11月15日 ( 補訂、令和 3年 (2021)  9月 21日 )




今号では、「ノシロ単語 」 (基本単語 500語+ 国際標準単語 19600の 計20100語) と 「部首」 について
ご案内します。
基本単語は文法と一体化した単語で 部首はありません。 国際標準単語には部首があります。


1) 先ず、ノシロ単語 の全体 (簡易辞書) をご案内しましょう。 以下の回転する丸い矢印をクリックしてご覧ください。


   日本語 == ノシロ語 は以下の青い丸矢印をクリックして下さい。
                 ()  やや大きなファイルなので 20100語 全てが表示されるまでに、かなり 時間がかかる ことがあります。

                              


   ノシロ語 == 日本語 は以下の緑の丸い矢印をクリックして下さい。
               ()  やや大きなファイルなので 20100語 が表示されるまでに、かなり 時間がかかる ことがあります。

                               



2) 続いて、ノシロ国際標準単語の 部首 についてご説明します(ノシロ国際標準単語を 単に標準単語 ということもある)。

標準単語は、原則として 「部首( = 語根 )」  と  「部首に続く部分」  とから成ります。 部首は語頭の 2 〜 4字 (殆どが
2字 か 3字) で、どの部首も一定の意味を表します。 同じ部首を持つ標準単語は、その部首が表す意味を共有するので、
部首の意味を覚えておくと、知らない標準単語に出くわしても、ある程度まで語意を推定できます。 特に物質名詞ではその
効果が大きい。 品詞ごとの部首の割り当てについては、下の手帳絵をクリックしてご覧下さい。

                               


2−1. 名詞の部首

名詞の部首は、AB から ZII  まで 269個ある (将来増える可能性あり)。 名詞は、物質名詞非物質名詞 に大別
される(英語の分け方とは少し異なるものもあるのでご注意下さい)。 物質名詞の部首は、原則として 子音字 (B, C,
...., X, Y, Z) で始まり、非物質名詞の部首は 母音字 (A, I, U, E ) で始まる。

物質名詞 は、力、熱、電磁気、光、振動、エネルギ、素粒子、星、山、土、波、流れ、川、雨、水、雲 (蒸気)、空気、ガス、
遺伝子、人体、毛髪、動植物、家、機械、車、本、パソコン ...等で、大体において物理学、化学、生物学の研究対象
になるもの、実験器具などで検出できるものや、手で触れるものと言ってよい。 尚、これ等物質の属性や作用は物質
そのものではないが、物質と関連付けて覚える方が覚え易いのと、部首の数を増やし過ぎないようにするために物質
名詞として扱ったものが多い。

非物質名詞 は、愛、教育、父母、伝播、理解、物理学、経済学、哲学、言語、文法、発音、悲惨、夢、嘘、政治、経剤、
組織、投資、仮定、家庭、犯罪、怒り、裁判、努力、知性、芸術、音楽、趣味、スポーツ ... 等である。

 ()  力 (LAA) や 熱 (NEnH) は手で触れないが物質扱いし、振動 (RIIVA)、伝播 (LEET) も物質名詞とした。
  運動 (EMyUL) のような語もどちらにも成り得るがこれは非物質名詞とした。 健康などのために体を動かす
  運動は動作動詞の部首 TyU を採って作った TyUMO の方が良い。 ついでに、電話機 (器) は FAATEL で、
  「新しい電話機 (器) を買った」 ではこの FAATEL を使う。 電話による通信や連絡は非物質名詞なのだが、
  そのために新たに部首を作ると部首の数がどんどん増えてしまうので情報機器の部首 FAA をそのまま利用
  して FAATE とした。 「留守中に君に電話があったよ」 という時は、この FAATE を使う。 「電話をかける」 は
  FAATELS でも FAATES でも良い。 ファックス機は FAAX (ファーシュ)、ファックスする FAAXS (ファーシュス)、
  ファックスによる通信や連絡はやはり FAA を利用して FAAXTE (ファーシュテ) とした。


名詞の部首は非常に多い (269個) ので以下に一部だけ示す。 全ての名詞部首を見るには
ここ をクリック
して下さい。
() ファイルが大きめなので、ブラウザで表示されるまで少し時間がかかることがあります (主に PC の速度に依ります)。

名詞 (大分類)      名詞の部首と意味       国際標準単語の例
  1 宇宙、意思、時、光、力、波など。
(大分類は 1〜17 まであるがここでは 1 だけを示す)
AH 宇宙、時、意志






UQ 宇宙
DOO 宇宙、物質宇宙、形成物質


WOO 受容物質、宇宙空間

IK 過去、現在、未来、生命



EQ 変化、差異、自己、確立、実存 






ID 意識
IB 誕生、死


ADy 輪廻


LII 光、光速

LAA 力
GAAn 重力



JOI 感応


PO 陽子、中性子、素粒子


WE 電子、元素、物質、水素、











NEn エネルギー、熱




AnBy 量
UBKLT 質
InZ 距離、寸法、面積、体積









LEE 電気、電圧、電流、電力






MAA 磁気、磁力

RII 波













IV 速度、加速度、度


AHn  元宇宙意思
UQU AHUL  今宇宙の意志
AHUL  意思
AHT  時
AHTA  時間
AHSA  時刻
AHA  神
UQU  宇宙 (やや哲学的)
DOOVA  宇宙
DOOS  物質宇宙
DOOF  形成物質
WOOM  受容物質
WOOS  宇宙空間
IKTA  過去
IKn  現在
IKRE  未来
IKLA  生命
EQEn  変化
EQEnZ  変化する
EQEnS  変える
EQII  差異
EQIIZ  違う
EQEL  自己
EQESTA  確立
EQILT  実存
IDEA  意識
IBAA  誕生
IBDE  死
IBDEZ  死ぬ
ADyUSA  輪廻
ADyUKE  因果
ADyURI  根因
LIIT  光
LIIT IVEL  光速
LAA  力
GAAn  重力
LEMA LAA  電磁力
EAAK LAA  弱い力
IEST LAA  強い力
JOI  感応
JOLn  感応素
JOIBL  感応性
PORT  陽子
PONIU  中性子
POEL  素粒子
WELn  電子
WELT  元素
WEM  物質
WEMAS  質量
WEIT  重量
hydrogen  水素
helium  ヘリウム
carbon  炭素
oxygen  酸素
nitrogen  窒素
iron  鉄
silicon  珪素
NEn  エネルギー
NEnH  熱
NEnH AnBy 熱量
NEnH IVRIIC 温度 (C)
NEnH IVRIIK 温度 (K)
AnBy  量
UBKLT 質
InZA 距離
InZEM 寸法
InZ サイズ
InZEL 長さ
InZH 高さ
InZWI 幅
InZII 奥行き
InZIIP 深さ
InZAR 面積
InZOL 体積
LEET 電気
LEEV 電圧
LEEV QAA 電圧計
Ampere アンペア
LEET LAA 電力
Watt ワット
LEET ATRU 磁場
MAAG LAA 磁力
MAAG ATRU 磁場
RIIV 波
RIIV IGRE 波形
RIIV EPSA 波面
RIIV InZEL 波長
RIIV InZWI 振幅
RIIPE 位相
RIIBA 振動
RIIBA AnBAA 振動数
RIIF 流れ
RIIFZ 流れる
RIIFS 流す
RIIF IVEL 流速
RIIF AnBy 流量
RIIMO 移動
IVEL 速度
IVAK 加速度
IVRII 度


  (注1)  ノシロ国際標準単語は名詞の比重が大きい。 名詞から動詞や形容詞等を自然に観念できる
  場合は、動詞や形容詞は成るべくその名詞から派生させて作るようにした。 この方法は無駄がなく、
  暗記する手間も最小限にできる。

 (注2) しかし常に名詞が最初に創られるという訳ではない。 形容詞に分類する方が自然ならば、まず
  形容詞が作られ(原生形容詞)、名詞等はその形容詞から派生させる。 動詞の場合は、
動作動詞 (目、
  耳、口、手足等が動く) のみを原生動詞とし、それ以外の動詞は名詞や形容詞から派生させる。

 (注3) 意味と部首の組合せに必然性などはない。 とにかく 一つの意味に一つの部首を割り当てなけ
  れば標準単語を作り出せないので、一応の割当て表を作って割り当てた。 尚、一つの意味と言っても、
  意味の幅が狭くて区別し易いものと、意味の幅が広くて区別が難しいものがある。



2−2. 
動詞の部首

動詞は下表の如く、7種に大分類される。 

1.  身体動作を表す動作動詞 
2.  状況観察を表す動詞
3.  判断、分類、記憶、思考、構想
4.  行為、行動、達成
5.  道具、制度、他者の使用や利用
6.  感情表現
7.  自然現象

この中、動詞独自の
部首 を持つのは、 1. 身体動作を表す動作動詞 (下表内の1) だけである。
その他の動詞 (2 〜 7 まで) は、全て名詞や形容詞等から派生させたもので、部首も元の名詞や
形容詞の部首をそのまま引き継ぐ。 

名詞や形容詞を動詞に変換 (派生) させるための変換助詞は、他動詞にする場合は S  ス か  P プ、 
自動詞にする場合は Z  ズ か  B ブ を元の名詞や形容詞の語尾に付ける。

 () これまでは、動詞に変換させるための変換助詞として、 S (他動詞に変換) と Z (自動詞に変換)
  の二つしか紹介してこなかった。  しかし、これだけでは一つの名詞や形容詞から、意味が異なる二つの
  動詞 (他動詞であれ自動詞であれ) を作る必要がある場合に対応できないので、 S  と  Z に加えて、
  P (他動詞に変換) と   B (自動詞に変換) も用いることにします。


動詞の大分類 と 部首の対応表 (下表の2 「状況観察」 の動詞以降は名詞等の元の語の部首を引継ぐ)。

 全ての動詞の
 大分類 1〜7
             部首と意味
   (動詞独自の部首を持つのは身体動作を表す動作動詞のみ)
       注意
 1 身体動作を表す
動作動詞
KU クー、GU グー、 SU、 ZU、 CU ツー、 RU .......... 口が動く
BU ブー、MU ムー、YU ユー .......... 目を使う
TU トゥー、 DU、 NU、 FU、 PU .......... 手が動く、手を使う
KyU キュー、GyU ギュー、XU シュー ......... 頭、顔、首が動く
JU  ジュー、QU チュー、RyU  リュー......... 足が動く、足を使う
TyU テュー、DyU デュー、NyU ニュー......... 体
FyU フュー、PyU   ピュー.......... 耳
ByU ビュー、MyU  ミュー.......... 鼻
左記の部首の意味と、その
部首をもつ単語の例は、
当表に続く別表、身体動作
を表す「
動作動詞」を見て
下さい。
 2  状況観察 形、位置、状況の変化、質や状態の変化、存在消滅、
浮遊継続、増減強弱を表す
名詞、形容詞等の部首を
引き継ぐ。
 3  判断、分類、
記憶、思考、
構想
評価、比較分類、記憶、因果の推定、計画、推論、哲学的な
考究、自己観察など
 同上
 4  行動、行為、
達成
開始、終了、中断、休止、得る、与える、継続、送る、受ける、
出る、入る、替える、変化する、調整する、作る、壊す、
育てる、虐める、優れる、劣る、解く、拘束する、楽にする、
苦しめる、合理整然する、複雑化する、戦う、護る、所有する、
契約する、交換する、諦める、達成する、等々
 同上
 5  道具、他者、
制度等の
利用や使用
道具、他者、使役、社会制度等に関する  同上
 6  感情の発現
や表現
喜怒哀楽、驚き、痛みなどの表現  同上
 7  自然現象、
自然の変化
など
   同上



身体動作を表す 「
動作動詞」 (略号は vb ) の 部首 と 例 を以下に示す。

  () 部首は 26個用意してあるが GU,  FU,  FyU  の三つは目下のところ未使用。

   動作動詞の
  部首と意味
                動作動詞の例 (国際標準単語 ISW)
KU, GU, SU, CU, RU
(以上は口に関する)
KU  クー (飲食する)、KUI  クーイ (食べる)、KUD (飲む)、KUA (飲み込む)、KUJ (味わう)、
KUTE (味見する)、KULI (舐める、ぺろぺろと)、KUMA (噛む)、KUBA (前歯で噛む)、
KUK(噛み付く)、KUVO (吐く)、KUVO (吐き出す)、KUHL (くわえる)、KUSA (つばを吐く)、
KUPE (鳥がつつく、ついばむ)、KUKI (刺す、虫などが)

SU (口で呼吸する)、SUTO (口で息を出す)、SUS (タバコを吸う)、SUK (咳をする)、
SUNE (口から吸込む)、SUGA (うがいをする)、SUF (肺から痰を吐く)、SUM (むせる)、
SUBII (吹き飛ばす)、SUPL (吹く、楽器やパイプ等を)、SULO (そっと吹く)、
SUYO (あくびする)、SUZA (くしゃみする)、SUBEL (げっぷする)

CU  ツー (歌う)、CUK  ツーク (口ずさむ)、CUWI (口笛を吹く)、
CUL (鳥や虫が鳴く、発声する)、CURO (吠える)、CUB (うなる、うめき声を出す)、
CURAS (合唱する)、CUPA (舌ではじく)

RU (話す、言う)、RUMES (述べる)、RULA (大声で話す)、RUXA (怒鳴る)、RUS (演説する)、
RUKI (キスする)、RUQA (おしゃべりする)、RUWI (ささやく)、RUR (うわさする)、
RUF (告白する)、RUGBEE (悪口を言う)、RUBAI (陰口を言う)、RUSA (礼を言う)、
RUM (口ごもる)、RUGA (どもる)、RUBO (わめく、怒鳴る)、RUVE (語る)、
RUYO (朗読する)、RUJOI (歓談する)、RUK (自白する)、RUKO (呼ぶ)、RUKL (〜と呼ぶ)、
RUKOM (不平を言う)、RUGLA (愚痴をこぼす)、RUHO (つぶやく)、
RUNE (告げる、告知する)、RUEL (独り言を言う)、DERU (黙る、黙秘する)、RUX (叫ぶ)、
RUFA (口論する)、RUB (罵る)、RUDO (罵倒する)
TU, DU, NU, FU, PU
(五つとも手に関する)
<持つ、持っている、取り込む、捕獲する>
TUV  トゥーヴ (持つ)、TUKI (保持する)、TUH (抱える、物や難問も)、
TUHL (抱く、赤ちゃん等を)、TUE (抱擁する)、TURE (受ける)、TUP (掴む)、TUK (捕まえる)、
TUO (着る)、TUOn (スイッチを入れる)、TUS (引く)、TUSE (引っ張る)、TUZ (抜く)、
TUDA (引き抜く)、TUDE (取り出す)、TUPI (拾う)、TUPA (取り上げる)、TUVO (持ち上げる)、
TUKOL (かき集める)、TUMA (手にぶら下げる、手に下げる)、TUHAn (狩る)、
TUFI (釣る、捕る (業として)、TUPAL (汲み上げる)、TUTIA (剥ぎ取る)、TUSNA (ひったくる)、
TUGA (ぶん捕る)、TUDAL (ダウンロードする)

<物の加工、その準備、次の動作への準備、攻撃、防御>
DUG  ドゥーグ (握る)、DUP (指でつまむ)、DUPOL (磨く)、DUX (擦る (こする))、
DUTOV (めくる)、DUIV (織る)、DUSPI (紡ぐ)、DUNI (編む)、DUn (縫う)、
DUKO (繋ぐ (つなぐ))、DUN (結ぶ)、DUWA (洗う)、DUKOn (締める)、DUPA (こぶしで殴る)、
DUS (ピシャリと叩く、平手で叩く)、DUTA (たたく)、DUHI (打つ)、DUKII (絞る、搾る)、
DUWI (ねじる)、DUBE (曲げる)、DUMO (揉む)、DUK (切る、非切断)、DUF (切る、切断)、
DUL (彫る)、DUDI (掘る)、DURA (剥がす)、DURO (剥く)、DUPE (削る)、DUES (払い落とす)、
DUKL (引っかく)、DUGI (ちぎる)、DUFO (折る)、DUGIS (割る)、DUGIA (裂く)、DUBR (壊す)、
DUPIS (刺す)、DUBI (破る)、DUMIS (きざむ)、DUY (置く、設置する)、
DUHA (吊るす、一端を持って)、DUNIH (吊るす、両端を持つ)、
DUKy (引っ掛ける、タオルを突起に)、DUGR (叩きつける)、DUXEI (揺らす)、DUTIR (かき回す)、
DUMIK (かき混ぜる)、DUSKU (掬う、すくう)、DUSKU (掬い取る)、DUNED (こねる)、DUGRE (おろす)、
DUQ (いじる)、DUGL (ほじくる)、DUGRA (挽く)、DUWAI (拭く)、DUWAG (拭き取る)、
DUER (消す)、DUWAI (ぬぐう)、DUZA (掻き出す)、DUSOK (浸す)、DUDRE (濡らす)、
DUSLO (賭殺する)、DUV (移す、移動させる)、DUKLO (着せる)、DUPOn (被せる、覆い被せる)、
DUFIK (取り付ける)、DUWR (着ける)、DUDAU (倒す)、DUVOS (ひっくり返す)、
DUWEI (手を振る/揺らす)、DUJIL (手を細かく揺らす(車のキーを振るように))、
DUMAX (加工する)、DUIM (手を加える)、DUKRA (押しつぶす)、DUOP (押し開く)、
DUBRE (押し破る)、DUNFA (ほぐす)、DUYA (ほどく、解く)、DUOR (漕ぐ、オールを)

<手や体への接触、書く、情報伝達、挨拶>
NU  ヌー (手で触る)、 NUV  ヌーヴ (なでる)、NUQ (手を当てる)、NUMA (マッサージする)、
NUSA (さする)、NURAB (手をこする)、NUKRA (掻く、痒いところを)、NUPIS (つねる)、
NUTIKL (くすぐる)、NUFOL (腕を組む)、NUXOL (肩をすぼめる)、
NUO (手のひらを開く)、NUC (手のひらを閉じる)、NUXE (握手する)、NUFE (拍手する)、
NUFEL (拍手喝采する)、NULI (指を鳴らす)、NUKO (OK/YES の合図をする)、
NUNAI (NO の合図をする)、NUBEK (手招きする)、NUPO (指差す)、NUH (手話をする)、
NURI (書く)、NUn (書き留める)、NUE (描く)、NUESK (落書きする)、NURIKA (習字をする)、
NUTRE (トレースする)、NUKA (筆談する)、NURIO (なぞる)、
NUSA (敬礼する)、NUWE (手を振る)、NUP (挙手する)、
NUPREI (合掌する(祈り))、NUR (合掌する(挨拶))

<放つ、与える、引渡す、置く、自分の手から離れる>
PU (放つ)、PUS (送る)、PUSTyUDE (送り届ける)、PURO (投げる)、PUHA (渡す、手渡す)、
PUHI (引き渡す)、PUX (押す)、PUIS (押し込む)、PUXWAn (押し合う)、PUXDAU (押し倒す)、
PUGE (脱ぐ)、PUF (スイッチを切る)、PUPE (落とす)、PURA (捨てる)、PUSRA (投げ捨てる)、
PUGEL (脱ぎ捨てる)、PUDIS (配る)、PUPAS (投げ上げる、玉を投げ上げる、胴上げする)、
PUNE (埋める)、PUPI (こぼす)、PUGAL (振り切る)、PURII (振りほどく)、PUPO (振り落とす)、
PUPOL (振り払う)、PUE (入れる、挿入する)、DEPUE (取り出す、抜き取る)、PUEP (注ぐ)、
PUES (挿入する)、PUXAP (腕立て伏せする)、PUEDO (注入する)、PURBEE (浴びせる)、
PULO (積む)、PURBII (水などを引っかける)、PUSTA (逆立ちする)、PUPL (アップロードする)、
PUOS (貼る)、PULAS (張り出す)、PUWE (手で追い払う)、PUBA (返送する)、
PUSRU (派遣する)、PUMI (誤って落とす)、PUDA (下に置く)、PUC (置く)、PUSK (撒く(まく))、
PUXK (突く)、PUXKU (突き飛ばす)、PUYA (矢を射る、銃等を撃つ)、PUSKA (ばら撒く)、
PULO (乗せる)、PULK (はじく (おはじきの玉などをはじく))
BU, MU, YU
(目に関する)
BUR (涙を流す)、BUK(泣く)、BUBI (号泣する)、BUWI (ウィンクする)、BUBL (まばたきする)

MU  ムー (見る)、MUV (眺める)、MULOV (見渡す)、MUI (観察する)、MUP (観賞する)、
MUK (ざっと見る)、MUGE (注意深くじっと見る)、MUS (ジロジロ見る)、MUL (盗み見る)、
MUFA (発見する)、MUE (会う)、MUVIE (面接する)、MUDA (見とれる)、MUWAnS (一覧する)、
MUEV (面会する)、MUBA (見張る、監視する)、MUX (覗く)、MUPI (覗き見する)、
MUL (カンニングする)、MUYO (よそ見する)、MUOP (見上げる)、MUMA (見下ろす)、
MURA (秋波を送る)、MUSL (透視する)

YU  ユー (読む)、YUR (精読する)、YUK (ざっと読む)、YUPE (見抜く)、YUSAn (音読する)、
YUNAS (黙読する)
KyU, GyU, XU
(頭、顔、首)
KyUKA  キューカ (散髪する)、KyUR (整髪する)、KyUXE (ひげ等を剃る)

GyU  ギュー (笑う)、GyUL (大笑いする)、GyUHO (笑い転げる)、
GyUMI (微笑む、スマイルする)、GyUP (顔をしかめる)、GyUNE (苦笑いする)

XUP (首を下へまげて「はい」の返事をする)、XUNAI (首で「いいえ」の返事)
JU, QU, RyU  (足) JU  ジュー (ひざを曲げる)、JUE (椅子に座る)、JUS (正座する)、JUK (あぐらをかく)、
JUL (床に座る)、JUBE (しゃがむ <和式トイレ>)、JUNI (膝まづく)、 JUASR (またがる)、
JUP (履く (靴を))

QU  チュー (立っている)、QUP (立つ、立ち上がる)、QUA (気を付けをする)、QUWAn (片足で立つ)
QUR (休めの姿勢で立つ)

RyU  リュー (歩く)、RyUR (走る)、RyUS (スキップする)
RyUBAn (飛び跳ねる)
RyUP (飛び上がる)、
RyUHO (片足で跳ぶ)、RyUK (蹴る)、RyUQE (追いかける、追う)、
RyUPE (競走する)、RyUWA (散歩する)、RyUZEI (前に出る)、RyUSO (踏み出す)、
RyULO (徘徊する、うろつく)、RyUX (付きまとう)、RyUSTAn (つまずく)、RyURB (よろける)、
RyUDL (こぐ <ペダルを>)、RyUC (大股で歩く)、RyUn (踏む)、RyUMIS (踏み外す)
DyU, NyU, TyU (体)
<泳ぐ、飛ぶ、飛び越える、入浴する、浴びる、もがく、仰け反る、くぐりぬける、かがむ等>
DyUMI  デューミ (泳ぐ)、DEDyUMI (溺れる)、DyUC (潜る)、DyUVO (潜航する)、
DyUGO (もがく)、DyUTO (よろめく)、DyUBA (手足をばたばたさせる)、DyUBEn (仰け反る)、
DyUR (お辞儀する)、DyUPA (くぐる)、DyUPAL (くぐり抜ける)、DyUS (屈む かがむ、かがめる)、
DyUKRA (うずくまる)、DyUF (空を飛ぶ)、DyUSPE (宇宙遊泳する)、DyULO (浮く、浮かぶ)、
DyUSAP (浮上する)、DyUn (飛び越える)、DyUKL (塀などを乗り越える)、DyUFSKA (飛び散る)、
DyUB (風呂に入る)、DyUXA (シャワーを浴びる)、DyUNE (沐浴する)、DyUXEL (浴びる、被る)

<寝動作、出産、生理動作、転倒等>
NyU  ニュー (横になる、寝る)、NyUA (仰向けに寝る)、NyUB (うつ伏せに寝る)、
NyUVA (覆い被さる)、NyUWE (のしかかる)、NyURAI (右を下にして横寝する)、
NyULE (左を下にして横寝する)、NyUSRAI (寝たままで右自転する)、
NyUSLE (寝たままで左自転する)、NyURI (這う)、NyUDA (伏せる、床などに伏せる)、
DENyU (寝た状態から体を起こす)、
NyUDEL (子供を生む)、NyUKA (生まれる)、NyUBR (抱く(鳥等が卵を)、
NyUEK (排泄する)、NyUPI (小便する)、NyUME (排便する)、NyUGE (小便や唾をひっかける)、
NyUES (汗をかく)、NyUF (転ぶ)、NyUFO (倒れる)、NyUSO (倒れこむ)、
NyUTOV (ひっくりかえる)、NyUTEn (横転する)、NyUX (震える)、NyUKO (痙攣する)、
NyUFE (硬直する)

<立ち動作、運搬、衝突、体全体の動き>
TyU  テュー (寄りかかる)、TyUA (体当りする)、TyUAF (撥ね飛ばす)、TyUVIO (暴れる、荒れ狂う)、
TyUWAT (体をねじる)、TyUWAn (体を前に折り曲げる)、TyUB (体を後ろにそらす)、
TyUn (振り返る)、TyUSA (逆立ちする)、TyURAI (立ったまま右に体を曲げる)、
TyULE (立ったまま左に体を曲げる)、TyUSRAI (立ったまま右自転する)、
TyUSLE (左自転する)、TyUMO (運動する)、TyUMA (体操する)、
TyUPRE (準備体操する、ウォームアップする)、TyUFA (逆上がりする)、TyUK (登る、木に登る)、
TyUFO (下りる、木から下りる。DETyUK も可)、TyUI (乗る、車、船、飛行機、馬など何でも)、
TyUFOL (車などから下りる。DETyUI も可)、TyUZ (体がすっぽり入る、収まる)、
TyUX (はみ出す)、TyUBAS (弾む)、TyURA (突っ込む)、TyUPL (飛び込む)、
TyUJA (飛び越す)、TyUGA (飛び出す)、TyUGI (突進する)、TyUGE (飛び移る)、
TyUGO (突撃する、敵に突っ込む)、TyUHI (ぶつける)、TyUD (避ける、身をかわす、ぬう)、
TyUKA (何かを運ぶ、材木等かついで)、TyUDA (配達する、荷物等を)、TyUDE (行って届ける)、
TyURI (連れて行く)、TyUBI (連れて来る)
FyU, PyU (耳) PyU  ピュー (聞く)、PyUBA (合法監聴する<警察などが>)、PyUL (盗み聞く、盗聴する)、
PyUO (漏れ聞く)、PyUMI (噂に聞く)
ByU, MyU (鼻) ByUB  ビューブ (息をする、呼吸する)、ByUn  ビューン (匂いをかぐ、良い匂いも悪い匂いも)、
ByUA (匂う、匂いを出す)、ByUZA (いびきをかぐ)

MyUn  ミューン (鼻をかむ)、MyUKn  ミュークン (鼻をくんくん動かす)

 () 眠る、は動作動詞には含めず、睡眠の意の名詞 EHyU から派生させて EHyUZ (vi.) とする。 部首 EHy は、
      睡眠、休息、麻酔、麻痺などを意味する。  GU、FU、FyU は当分の間使いません (紛らわしいので)。



2−3. 形容詞の部首


国際標準単語の 「一般形容詞」 の
部首29個を下表に示す (青色セルは全部で32個あるが、IO 等 3個は未使用)。
灰色のセルは使わない (即ち、 AA、 AAA、 II、 III ...... という部首はない)。


部首を持つのはこの一般形容詞だけで、基本単語 (ノシロ文法と一体化した単語) には 部首 はない。 このあと
学ぶ 「不定数量形容詞」 等 も 部首 を持たない。 数の多さからいえば一般形容詞が圧倒的に多い。

 

 A    

 I     

 U    

 E   

 O   

 AA   

 II    

 UU  

 EE   

OO   

A 

AI 

AU 

AE 

AO 

 

AII 

AUU 

AEE 

AOO 

I

IA 

 

IU 

IE 

IO 

IAA 

 

IUU 

IEE 

IOO

U

UA 

UI 

 

UE 

UO 

UAA 

UII 

 

UEE

UOO

E

EA 

EI 

EU 

 

EO 

EAA 

EII 

EUU

 

EOO



上記の部首を持つ一般形容詞の例を以下に示す。 

一般形容詞の部首は全部で 29個 あり、全て二つ又は三つの母音字の塊 (例えば EI や IOO) からなる。 これ等の部首を
持つのは、下表の 1 から 29 までの一般形容詞だけ
で、これ等以外の形容詞 (30 〜 36の灰色枠) は、名詞等の他品詞から
派生させたものやノシロ基本単語なので、部首はありません。

  (
) 基本単語 (文法を構成する機能語) は、部首とは無関係に作られている (即ち基本単語は部首を持たない)。

 部首と意味                     国際標準単語の例   注
  1  EI  色
EITA (白)、EIMA (赤)、EIS(青)、EISIS (マリーンブルー)、EILO (黄)、
EIKO (紺)、EIBLA (黒)、EIRIn(緑)、EIRE (オレンジ)、EIMIn (朱色)、EILAV (ラベンダー)、
EIPAA (紫)、EIPI (ピンク)、EIGI (灰色)、EIBRn (茶色)、EIMORIn (モスグリーン)、
EILORIn (黄緑)、EISRIn (青緑)、EILD (金色)、EIVA (銀色)、EIMTAA (からし色)、
EISPI (サピア色)、 EIPAL (パステル色)、EIHyU (色の)、IBn-EIHyU (無色の。
IBn は無、EIHyU は色。 IBn_HyU も可)。

白は以前の EIWA を EITA に変更 (2007.7.7)。 EIHyU は形容詞 (色の) であると共に
  名詞でもある (EIHyUTI としなくても良い)。 LIIKA (色) は物質名詞 LIIT (光) 由来の名詞。
EIHyU は
色全般を
表す形容
詞 (色の)、
かつ名詞
 2  IOO 明暗 IOOR (明るい)、IOODA (暗い)、IOOXA (光る)、IOOGL (まぶしい)、IOOLE (輝く)、
IOOTRA (透明な)、IOOKTRA (半透明な)、IOOK (澄んだ)、DEIOOK (濁った)、
AOT IOODA (真っ暗)、IBn-LIIT (無光の)
 3  UI  聴覚 UIK (静かな)、IBn_SAn (無音の。IBn-GASAn も可)、UINA (音が素敵な、快適な)、
UIPyA (音が澄んだ)、UILA (やかましい)、UIXA (叫ぶような)、UINOI (耳障りな)
 4  EA  嗅覚
EABA (悪臭の、悪臭がする)、EAF (良い香りの)、EAFLA (花の香りの)、EASME (臭いの
する。 良・悪どちらも)、IBn_SME (無臭の)。 香りは EASME 又は動作動詞由来の ByUnEn 
 5  IA  味覚、調理
IAS(甘い)、IALT(塩辛い)、IAHO (ピリ辛い)、IABI (苦い)、IAJEn(渋い)、IAWA (酸っぱい)、
IADEL(旨い、濃くのある)、IARO (生の)、IAFI (火を通した)、IAK (調理した)、IBn_TEI (無味の)

「味わう」 は動作動詞 KUJ、「味わうこと」 は KUJTI、「味」 は KUJEn 又は IATEI 。
 一般的に言う「おいしい」は AODEL、「まずい」は UIIBTE でよい。 「濃く」(名詞) は IADELTI。
 6  EU 触感
EUS (滑らかな)、EUSL (滑るような)、EUSLAn (滑りやすい<危険>)、EURA (ざらざらした)、
EUNII (棘っぽい)、EUT(湿った)、EUDA (乾いた)、EUREn (濡れた)、EULAS (弾力的な)

EUTIK (べたべたした)、EUVI (どろっとした)、 EULIT (さらさらした)

EUSER (ぎざぎさの、のこぎり状)、EUSMA (ヒリヒリする、肌や傷が)
熱以外
 7  UA 触感、体感
UAHI (暑い)、UAT (熱い)、UAM (暖かい)、UARA (適温の)、
UAPKL (涼しい)、UAKO (寒い)、UAKL (冷たい)、UAIS (氷のように冷たい)
熱感
(温度)
 8  AI 基礎、論理
AIPLS (正の)、AIMINS (負の)、AIPO (可能な)、DEAIPO (不可能な)、
AISE (同じ)、AISEI (同等の)、AISEI (対等の)、AISEVn (引き分けの)、
AIRE (関係ある)、DEAIRE (関係ない)、AIPROB (蓋然の)、AINEV (必然の)、
AIB (基本の、根本の)、AIBI (原初の)、AInD(独立した)、DEAInD (従属した)、
AITR (真の)、DEAITR(偽の)、AIRELA (相対の)、AIBSO (絶対の)、
AINESA (必須)、AIRI (実の)、AIME (虚の)、AIVA (真空の)、AIGA (逆の、反対の)、
AIDRn (直接の)、DEAIDRn (間接の)、AIMIL (似た)、DEAIMIL (似ていない)、
AIDI (異なる)、AIPEK (それぞに対応した)、AIMyU (相互の)、AISIM (相似)、AISEK (合同)

「全ての」 は OOL 、 「一部の」 は AnX や UOPA。 PAX は同じ意味だが接頭語。
 「絶対無」 は XUNA 、「ゼロ無」 は XUNyA。
正」、「負」 については PLS、MINS も可。
 「存在する」 は RIZ。 「存在している」 なら RIZ-In (進行形) の方が良い

 「総計、合計」は AITO、「合計する」 は AITOS。 「総〜」 は AITO、 AITONA どちらも可。
 9  IU 
時、新旧、
年齢、速さ
IUNI (新しい new)、IUNIF (先端の top)、 IUn (若い)、IUNIX (新鮮な)、
IUNIVA (革新的な)、IUNAS (最近の、最近)、IUNAST (直近の、極く最近の)、
IUQ (生まれたての)、IUQEB (幼少の)、IUQA (子供の)、IUQOn (幼稚な)、
IUYA (青年の) ........  IU  の後に N や Q や Y が続く

IUD (古い old)、IUDEL (昔の)、IUDIS (老年の)、IUDIM (中年の)、IUDMA (熟した)、
IUDPER (先験的な)、IUREM (元の、前の、昔の)、IUDANA (時代遅れの)、IUDSA (陳腐な)、
IURIA (既知の)、IURAn (既存の、従来の、これまでの (今なお有効))、
IUROn (以前の、昔の、これまでの)  .........  IU  の後に D や R が続く

IUE (早い early)、IUE (前もっての、準備のための)、IUET (未だ早い)、
IUEVAn (事前の in advance)、IUEMA (切迫した)、IUEB (前の)、IUEBT (直前の、駆け込みの)、
IUEH (先の)  .........  IU  の後に E が続く

IULA (遅い late)、IULAT (遅すぎる)、IULn (後の)、IULnT (直後の)、久々の (IULAG)、
........  IU  の後に L が続く

IUT(適時の in time)、DE-IUT(時期をはずした out of time)、
IUZER (時系列の)、DE-IUZER (逆時系列の)   ........  IU  の後に T や Z が続く

IUGA (次の)、IUMT (事後の)、IUMIn (先の、将来の)、DEIURIA (未知の)  
.......  IU  の後に  G や M が続く

IUFA (動作や速度が速い quick)、IUFE (速度が速い)、IUFK (迅速な、てきぱきした)、
IUFLO (急進する)、IUFLOT (急進派)、IUFLOOV (急進的な)、 IUFEL (拙速な)、
IUFAG (至急の)、IUFAG (急な。突然の意ではAOOS)、IUFRE (せかせかした)、
IUST (一気の、一気に)、IUFIn (はかない、直ぐ消える)  .......  IU  の後に F が続く

IUSL (動作や速度が遅い slow)、 IUSLO (ゆっくりした)、 IUSn (のんびりした) 
IUSA (時間稼ぎの) .......  IU  の後に S が続く
10  UE  形状
UEST(まっすぐ)、UESTAn (直立した)、UEK (連続の)、DEUEK (不連続の)、
UEK (繋がった)、UEKA (カーブの)、UERA (丸い)、UEPO (とがった)、UETEP (先細の)、
UEB (先太の)、UETWI (ねじれた)、
UEKEI (凹んだ)、UEVEK (凸の)、UEVEKE (でこぼこ)、
UEWA (反った)、UEDIO (ゆがんだ)、UEDIO (ひずんだ)、UEIn (傾いた)、UERII (もたれた)、
UEBn (曲がった)、UEFO (折れ曲がった)、UEVE (波打った)、UEn (磨り減った)、
UEPL (重なった)、UESP (螺旋状の)、UESLO (緩やかな、なだらかな)、UEXA (急峻な)、
UESKA (分散した)、UESAD (馬蹄形の)、UESER (ぎざぎさの、のこぎり状の)、
UESAI (三角関数状の、蛇の進み方のような)、UETER (奇形の)、UEHET (異形の)
11  EO 方位、位置 EOGA (右の)、EOLE (左の)、EOn (前の)、EOGAn (右前方)、EOLEn (左前方)、EODIS (遠い)、
EORIA (後ろの)、EOGARIA (右後方)、EOLERIA (左後方)、EOP (上の)、EOMA (下の)、
EOKAM (程良く離れた)、EONI (届く、手が届く)、EONIA (近い)   
東西南北は名詞から派生させる
12  AU  大、高、
  多、 重、濃
AUB (大きい)、AUBAU (巨大な)、AUTL (背が高い)、AUHI (高い)、AUWA (広い)、AULO (長い)、
AUFA (太い)、AUDI (深い)、AUSI (厚い)、AUFT (太った)、AUMAKA (過多の)、AUVER (多様な)、
AURIT (過半の)、AUMA (多い、豊富な)、AUWEL (圧倒的な)、AUSEn (集中的、強い)、AUMO (大概の)、
AUTAn (遠い)、AUTABI (以遠)、AUHE (濃い)、AUHEK (凝縮した、された)、AUVIn (重い)、
AUKOM (複雑な)、AUJIn (こじれた)、AUKRA (混雑した)、AUXO (追加の)、AUXOI (ついでの)、
AUMISL (雑多な、種々の)、AUMIS (種々の)、AUHIB (雑種の)、AUMIBLA (混血の)、AUKOn (複合の)、
AUXEI (高価な)、AUBOn (多産な)、AUTOK (多弁な)、AUDAB (重なった)、AURIDA (重複した)、
AUAK (伴われた)、AUHIR (高級な)、AUHI_KL (高級な)、EOP_KL (上等な)、AUSENI (上等な)、
AUJAR (大袈裟な)、AUJARE (誇張した)、AUME (でしゃばった)
13  IE  強、強欲、
   富、硬
IEST (強い)、IEPAW (強力な)、IEGRE (強大な)、IEHA (硬い)、IEGAn (頑固な)、IEVIO (猛烈な)、
IETA (丈夫な)、IEPRE (強圧の)、IEDOG (断固たる)、IERI (金持ちの)、IEWEL (裕福な)、IEGRI (欲張りな)、
IEXUL (贅沢な)、IERI (豊かな、富裕な)、IESPLA (ゆとりある)、IESPLI (余裕ある)、IEDEL (デラックスな)、
IELAV (気前の良い)、IEZUB (盛大な)、IEGOR (豪華な)、IEPARV (成り金)、IEnB (野心的な)、
IEDA (大胆な)、IESROU (徹底的な)、IEKL (執拗な)、IESKI (しつこい)、IEME (主要な)、IEG (重大な)、
IEPO(攻勢の)、IERAn (雄弁な)、IELEC (好色な)
14  UO 小、低、
   少、軽、淡
UOS (小さい)、UOIV (全体に対する小さい個々の)、UOLT (少い)、UOLO (低い)、UONA (狭い)、
UOX (短い)、UOSI (細い)、UOXA (浅)、UONIA (近い)、UOLA (淡い)、UOLP (あっさりした)、
UOF (倹約の、節約の)、UOSP (単純な)、UOWL (背が低い)、UOn (薄い)、
UOSIn (やせた)、UOLIT (軽い)、UOPAK (まとまった)、UOXPA (概〜)、UOLII (希少な)、
UOXAI (表面的、浅い)、UOLOI (安価な。DEAUXEI も可)、UOTEA (寡黙な)、
UOMOT (単調な)、UOLIKA (過少の)、UOP (純粋な)、UOINO (さりげない)、UOPL (飾り気のない)、
UOQA (純潔の)、UOBLA (純血の)、UOMI (細かい)、UOTRI (些細な) 、UONAV (素朴な)、
UORNA (すり減って小さい)、UOTIn (ちっぽけな)、UOXRI (しぼんだ)、UOLEM (初等の)
15  EAA 弱、寡欲、
     貧、柔
EAAK (弱い)、EAAFA (微弱な)、EAAP (貧しい)、EAAMO (寡欲な)、EAAN (守勢の)、
EAAS (柔らかい)
EAABE (従順な、従う)、EAAMI (非主要な)、EAAT (謙虚な)、
EAAX (内気な)、EAALIn (恥ずかしがりの)、EAAV (副〜)、EAADR (派生の)、EAALT (乏しい)、
EAANI (二次的な)、EAASAB (準〜)、EAANE (消極的な)、EAAH (不足の)、EAASPL (簡素な)
EAAD (つまらない)、EAASOL (孤独な、貧しくて孤独な)、EAAWIK (衰弱した<病気などで>)
16  AE  普通
AENO (正常の)、AENA (本来の)、AEOR(普通の)、AEJE (一般的な)、AEFA (慣れた)、
AESOB (しらふ)、AENI (普遍の)、AESE (正気の)、AEH(健康な)、AEAK (近づきやすい)、
AESTn (正順の)
AEP (昇順の 01234)、AEFT (しばしばの)、AEKOM (平凡な)、AESA (本気の)、
AEKOPL (ありふれた)、AEBIK (何処にでもある)、AEMID (中くらいの)、AEMED (中等の)
AEIn (有限の)、AEMIL (漸進的な)、AEKA (馴染んだ)
、AEF (合う、合った)、AENAF (正統な)
17  AOO 特別
AOOBNO (異常な)、AOOSPE (特別な)、AOOSID (懸命の)、AOODESP (必死の)、
AOOIn (重要な)、AOOPA (偏った)、AOOT (とんでもない)、AOOZA (逆順の)、
AOOPOS (倒置の)、AOOD (降順の 43210)、AOORE (稀な)、AOOST (珍しい)、
AOOPOS (逆の)、AOORI (オリジナルの)、AOONI (独特の)、AOOM (無限の)、
AOOH (熱心な)、AOORAD(過激な)、AOOGE (険しい)、AOOY (独自の)、AOOKL (奇跡の)、
AOOPE (奇異な)、AOOPE (奇妙な)、AOOGRO (奇怪な)、AOOSA (奇抜な)、AOOGy (神妙な)
AOOEM (緊急の)、AOOEK (極端な)、AOOSEB (過度の)、AOOXEL (意外な)、AOOSTIM (刺激の)、
AOOMIn (精緻な)、AOOMIn (緻密な)、AOOPRE (精密な)、AOOPRE (精巧な)、
AOODEL (繊細な)、AOOZK (正確な)、AOOPRA (驚きの、驚くべき)、AOOX (厳しい)、
AOOTAn (厳格な)、AOOSERI (深刻な)、AOOZOL (重篤な)、AOOKIL (危篤の)、
AOOPRI (優先の)、AOOS (突然の)、AOOPAX (熱烈な)、AOOFAn (ファナティックな)、
AOOLD (突飛な)、AOOPRO (突出した、突き出た)、AOOKA (目立つ)、AOOPOL (偏光した) 
18  UAA 開、解放
    公的
UAAP(開いた、開放的な)、UAAR (自由な)、UAAKS (受容の、受け入れる)、
UAANE (裸の)、UAAVO (自発的な)、UAAPA (公の)、UAAB (客観的な)、UAAT(外の)、
UAATA (外向きの)、UAAI (ばらばらの)、UAANAK (無秩序な)、UAALA (緩んだ)、UAAIV (個別の)、
UAADIL (独立した)、UAASOL (孤立した)、UAADE (絶縁された)、UAAH (ほどけた (紐などが))、
UAAX (離れた、離れている)、UAAEnT (疎遠な)、
UAAKOn (不連続な)、UAAF (ほどけた)、
UAAKONA (断続の)、UAAMO (まだらの)、UAAEP (中空の)、UAAVA (空きがある)、
UAASKA (散らばった)、UAASP (拡がった)、UAAF (暇な)、UAAKE (気ままな)
19  EII  閉、拘束
    私的
EIIKL (閉じた)、EIIHA (隠れた)、EIIXA (閉じこもった)、EIIT (窮屈な)、EIIDEn (引きこもった)、
EIIK (拘束された)、EIIX (遮断された)、EIIEK(排他的)、EIIFO (強制的)、EIIPRA (プラベート、私的)、
EIIS (秘密の)、EIISAB (主観の)、EIIN (内の)、EIINA (内向きの)、EIIPOL (従属した)、
EIIPOL (依存した)、EIIPARA (寄生的な)、EIIP (真似の)、EIITE (緊張した)、EIINE (埋まった)、
EIISKO (潜在的な)、EIIMI (おせっかいな)、EIIMO (独占の)、EIIRIG (寡占の)、EIIGE (一緒の)、
EIIRA (一斉の)、EIIMID (親密な、内縁の)、EIIZO (親しい)、EIISPO (甘えた)、EIIQO (詰った)、
EIIPRIM (未開の)、EIIAn (付着した、くっ付いた)、EIIANA (電子工学のアナログ)、EIIKO (繋がった)、
EIIKOn (連続の)、EIIQI (接触した)、EIITAn (接続した)、EIIXO (集まった)、EIIFL (満ちた、密の)
EIILT (緊密な)、EIIKLO (密着した)、EIIB (忙しい)
、EIIHK (引っ掛かった)、EIITAG (絡んだ、もつれた)、
EIInPL (暗黙の)、EIISLE (沈黙の)、EIIREV (黙示の)、EIIHO (挟まれた、サンドイッチのような状態)
20  AO 一般善、
    中性
AOBI (美しい)、AOG (良い)、AOT(真の)、AORA (正しい)、AORAI (正規の)、AOSE (セーフ)、
AOVA (尊い)、AORAX (合理的な)、AOPA (完全な)、AOFA (格好良い)、風流な (AOLEG)、
AOXA (お洒落な)、AOEK (卓越した)、AOFAI (素晴らしい)、AOIn (感動的な)、AODEL (美味しい)、
AOFIn (洗練された)、AOYU (役立つ)、AOBL (有能な)、AOIn (知的な)、AOFAM (精通した)、
AOHEL (健全な)、AOKL (清潔な)、AOGPI (安穏な)、AORE (安静な)、AOKOM(便利な)、
AOLA (幸運な)、AOBAL (バランスが取れた)、AOIS (上手な)、AOMAS (有名な)、AOSPL (荘厳な)、
AOPI (平和な)、AOSEIn (神聖な)、AOMI (懐かしい)、AOGRE (偉大な)、AOSK (セクシーな)、
AOn (晴れた、天候)
AOBIIL (スタイルの良い)、AOWEL (好調な)、AOPROS (繁栄した)、
AOWEL (元気な)、AOQA (陽気な)、AOQEL (快活な)、AOTEM (整然とした)、AOLOn (長持ちする)、
AOREX (貴重な)、AOSTA (立派な)、AORET (大切な)、AOPAA (適切な)、LIM_PAA (最適な)、
AOPOL (穏便な)、AOPOL (穏当な)、AOGEL (穏健な)、AOKOT(滑稽な)、AOZA (好きな)、
AOTOK (得意な)、AOVOLA (艶めかしい)、AODRI (夢のような)、AOZAI (気に入った)、
AORIIM (魅力の、魅力的な)、AOFOn (次善の)、AOSPE (優れた)、AORDI (用意できた)、
AOSA (満足した)、AOTR (本当の)、AOSAM (ハンサムな)、AORTI (美人の)、AOKy (可愛い)、
AOMU (可笑しい)、AOInTE (興味深い、面白い)、AOSRI (平静な、穏やかな)、
AOINO (無実の、無辜の)、AOF (合った、フィットしている)、AOKWA (大人しい)、
AONU (中立の、中性の)、AOMOD (中庸の)、AOSNI (衛生的な)
21  IAA 人格善、
     正常
IAAK (親切な)、IAAH (正直な)、IAADI (勤勉な)、IAAPE (忍耐強い)、
IAAKA (勇気ある)、IAAM (情け深い)、IAAI (博識な)、IAABL (有能な)、
IAAT(勘の良い)、IAAFL (公平な)、IAAKE (慎重な)、IAAR (入念な)、IAAHIL (上品な)、
IAAG (良い)、IAAGEn (善人)、IAASn (センスの良い)、IAARE (責任感に富む)、IAAPO (積極的な)、
IAAKO (協力的な)、IAALO (愛らしい)、IAAFRE (親しみやすい)
IAAMO (道徳的な)、
IAAJE (寛大な)、IAASDI (思慮深い)、IAAGy (優しい)、IAALAI (悟りの(宗教的))、
IAASOL (思いやりのある)、 IAAIn (頭の良い)、 IAANE (全知の)、IAAGR (偉い)、
IAAMT (全能の)、IAANEMT (全知全能の)、IAANAL (無罪の)
IAAKL (平等な)、
IAAVn (対等な)、IAAKAM (冷静な)、IAAV (清楚な)、IAASA (清廉な)、
IAASTL (誠実な)、IAAFE (公正な)、IAAFTA (能弁な)
IAANO (高貴な)、
IAAPRA (孤高の)、IAAGO (分かりやすい)、IAAGO (解りやすい)、
IAABRA (勇敢な、勇ましい)、IAASE (真剣な)、IAAGRE (偉大な)
22  UII  一般悪
UIIG (醜い)、UIIBA (悪い)、UIIF(偽りの)、UIIM (誤った)、UIIMA (狂った)、UIIL(卑しい)、
UIIRAX (不合理の)、UIIPA (不完全な)、UIIDIF (壊れやすい)、UIIFA (格好悪い)、
UIISn (センスが悪い)、UIILES (役立たない)、UIIBL (無能な)、UIIHEL (不健全な)、
UIIKOM (不便な)、UIIRIA (劣った)、UIILA (不運な)、UIIBAL (バランスがない)、
UIIDA (汚い)、 UIIDAM (泥で汚れた)、UIIKL (濁った)、UIISTAG (淀んだ)、
UIIBRO (壊れた)、UIIRO (腐った)、UIILIG (不法の)、UIIJA (不正な)、UIIFEn (中絶の)、
UIIMILA (悲惨な)、UIIGOL (ひどい)、UIIFRI (恐ろしい)、UIIO (アウト)、UIIXO (不足した)、
UIITRA (矛盾した)、UIIDE (危ない、危険な)、UIIDEKT (危篤の)、UIINy (邪魔な)、
UIIXEM (恥の)、UIIMALF (機能不全の)、UIIPE (混乱した)、UIIMO (雑然とした)、
UIIHAM (有害)、UIIGA (おんぼろの)、UIIZE (みすぼらしい)、UIIPI (哀れな)、UIIAD (疲れた)、
UIIFDA (没落した)、UIIPID (馬鹿げた)、UIIDAO (憎むべき)、UIINE (皮肉な)、UIIREL (無謀な)、
UIIWEI (もったいない)、UIIXK (無駄な)、UIIGRO (暗黒の)、UIIQE (退廃の)、UIIGRU (凄惨な)
UIIQEVOO (退廃的な)、UIIFOL (堕落した)、UIIFL (偽の)、UIIMIS (紛らわしい)、
UIINIK (パニックの、パニック)、UIIST (破局の、破局)、UIIXAS (不当な、不合理な)、
UIIPRO (厄介な)、UIIBLn (面倒な)、UIITAB (荒れた)、UIITA (退屈な)、UIIGLU (陰気な)、
UIIHAn (解かり難い)、UIIPOI (有毒な)、UIIVn (むなしい)、UIISL (杜撰な)、UIIX (浅ましい)、
UIIYA (安っぽい)、UIILOI (安ものの(軽蔑的、しかし UOLOI は中立的))、
UIIAn (安直な)、UIIPIK (安ピカの)、UIIREP (投げやりな)、UIIGAL (いい加減な)、
UIISTAG (淀んだ)、UIIBT(不味い)、UIINOG (まずい、具合悪い)、UIIPR (下手な)、
UIILD (猥褻な)、UIInD (如何わしい、厭らしい)、UIISAS (如何わしい、疑わしい)、
UIISTR (おかしい、何か変な)、UIIMEL (憂鬱な)、UIISTOM (海が荒れた)、
UIIWA (土地が荒れた)、UIIRAF (肌が荒れた)、UIIBAR (不毛の)、UIIKE (苦し紛れの)

DE を語頭に付けて反対語を作っても良い。
23  EUU 人格悪、
     異常、
     未熟
EUUK (不親切な)、EUUL (嘘つきな)、EUUM (怠けた)、EUUMAD (狂人)、
EUUPE (忍耐のない)、EUUSK(臆病な)、EUUKL (冷たい)、EUUI (無知の)、
EUUBL (無能な)、EUUQA (油断の)、EUUDA (勘の悪い)、EUUFE (不公平な)、
EUUKE (不注意な)、EUUX (野暮な)、EUURE (責任感のない)、EUUOF (馴れ馴れしい)、
EUUDOn (へりくだった)、EUUSKE (逃げ腰の)、EUUKOL (冷酷な)、EUUKRA (残酷な)、
EUUGAn (傲慢な)、EUURO (威張る)、EUUMA (けちな)、EUUT (不良の)、EUUTWI (ひねくれた)、
EUUSEL (身勝手な)、EUUVA (悪徳の)、EUURAS (短慮な)、EUUKO (思いやりのない)、
EUUSLO (だらしない)、EUUD (不甲斐ない)、EUURA (軽率な)、EUUGIL (有罪の)、EUULEC (助平な)、
EUUBy (意地悪な)、EUUXTE (短気な)、EUUKRU (えげつない)、EUUDEn (あつかましい)、
EUUJA (無礼な)、EUUVIO (乱暴な)、EUUMI (下品な)、EUUBA (悪い、悪人)、EUUSAV (野蛮な)、
EUUBAST (極悪の、極悪人)、EUURID (ずるい)、EUURIX (卑劣な)、EUUBAn (罪深い)、
EUUZE (冷徹な)、EUUBIT (辛らつな)、EUUKL (冷淡な、冷たい)、EUUZOL (自惚れの強い)、
EUURIA (稚劣な)、EUUHA (せっかちな)、EUUNAM (偏狭な)、EUUKAL (おっちょこちょい)、
EUUFIK (飽きっぽい)、EUUPRZA (僭越な)、EUUPRZAOTT(僭越ながら)、EUUG (おたくの)

DE を用いて反対語を作っても良いが単語が長くなる。
24  AII 心や体の快
AIIHA (幸せな)、AIIL(幸運な)、AIIKA (快適な)、AIIPI (平安な)、AIIZ (安心な)、AIISE (安全な)、
AIIF (充実した)、AIIPL (快楽の)、AIIBE (快方の)、AIIM (意欲的な)、AIIn (楽しい、喜ばしい)、
AIIOP (楽観的、呑気な)、AIIVO (愉快な)、AIIGAL (痛快な)、AIIKOM (慰める、の)、
25  IUU 心の快
IUUS (気力に満ちた)、IUUK (想像力のある)、IUULD (精神的に充実した)、IUULAH (気楽な)、
IUUFRE (気さくな)、IUUMA (達成感に満ちた)
、IUUPRA (得意満面な)、IUURA (有頂天)、
IUUDRI (夢見心地の)
26  UEE 主に体の
    苦
UEEP (痛い)、UEEI (痒い)、UEERE (圧迫的)、UEENA (しびれた)、UEETIK (くすぐったい)
UEEVO (吐き気のする)、UEESL (眠い)、UEESO(軟便の)、UEEHA(硬便の)、
UEEST(しみて痛い)、UEEQIL (悪寒がする)、UEEHAn (空腹の)、UEESA (のどが渇い
た)、UEEB (息苦しい)、UEEMA (ヒリヒリする)、UEETA (疲れた)
UEELD (老化した、
老いた)、UEEKA (違和感のある <心にも使う> )
XOPP UEEVO (船酔いした)、
ITVIIK UEEVO (乗り物酔いの)、CEERS UEEVO (酒に酔った)、UEEDI (酔った、ふらふらする)
27  EOO 主に心の
     苦
EOOSK (怖い)、EOOSA (悲しい)、EOOPA (同情した)、EOOPOR (可哀想)、EOOMIZ (悲痛な)、
EOOn (怒った)、EOORE (赤面した)、EOOR (心配な、不安な)、EOOE (嫌な、気にする)、
EOOST(ストレスの)、EOOJE (妬ましい)、EOOLA (挫折感の)、EOOT (飽きた)、EOOPI (不憫な)、
EOOIn (劣等感の)、EOONA (虚無感の)、EOOPL (無力感の)、EOOL (寂しい)、
EOODA (加害者感の)、EOOVI (被害者感情の怒り、恨み)、EOOSn (罪悪感の)、
EOOM (狂った)、EOOPE (悲観的な)、EOOC (ボケた)、EOOGL (嫉妬の)、EOOLO (途方に暮れた)、

EOOJA (苦悩の)、EOOBE (苦慮の)、EOOXI (恥ずかしい、赤面した)、EOOGRI (嘆きの)、
EOORI (いらいらした)、EOOXA (やきもきした)、EOOGA (激怒した)、EOOBI (懲り懲り)
28  IEE   安定、
         確実、
           明解、


      静的

IEESTA (安定した)、IEETAn (有体の)、IEEI (平易な)、IEELAH (気軽な)、
EESKL (簡明な)、IEEA(確かな)、IEERI (信頼のおける)、IEER (実質の、内実の)、
IEELOI (忠実な)、IEEK(具体的な)、IEEF (平らな)、IEESTA (静的な)、
IEEKT(不活発な)、IEEKL (明示の)、IEEL (明らかな、はっきりした)、
IEELK (明確な、明瞭な)、IEELn (明解な)、IEESA(適した)、IEENES (必然の)、
IEENAC (当然の)、IEEBAL (バランスのとれた)、IEEME (几帳面な)、IEETBS
(念の為の、念を入れた)

IEEVKO (勿論の)、IEETO (自動的な)、IEELO (遅い)
IEESL (鈍い)、IEEKOV (保守的な)
IEEPA (受動的)、IEELAK (まとまった)、IEEBRI (均衡した)、IEEKO (固定的な)、
IEEFI (一定の)、
IEED (死んでいる、死んだ。反意語は AUUL 生きている)、
IEEDA (鈍感な)、IEESED (鎮静の)、IEEST (停止した、止まっている)、
IEEIRA (中断した、不通の)
29 AUU 不安定、
      不確実、
     曖昧


     動的

AUUSTE (不安定な)、AUUVAL (壊れやすい)、AUUXEL (傷つきやすい)、
AUUTEM (仮の、一時的な)、AUUHAR (臨時の)、AUUSn(不確かな)、
AUUTA(無体の)、AUUM (曖昧な、漠然とした)、AUUG (不明な)、AUUSP(怪しい)、
AUUSO(疑わしい)、AUUTRA(信頼おけない)、AUUB(抽象的な)、AUUHA (し難い)、
AUUSA(不適な)、AUUDEL (微妙な)、AUURZO (優柔不断な)、AUUGE (暗示の)、
AUUSK (有耶無耶な)、AUUn (すれすれの、ぎりぎりの、やっとの)、AUUFL (影響されやすい)、

AUUVI (活発な)、AUUK (てきぱきした、素早い)、AUUEK (臨機応変の)、AUUSM (機敏な)、
AUUKI (目覚めた)、AUUZE (敏感な)、AUUL(生きている)、AUUPO (能動的な)、
AUUQA(偶然の)、AUUDA (動的な)、AUULOn (流動的な、動きやすい)、
AUUGA (揮発的な)、AUUQO (気まぐれな)、AUUSEn (多感な)、
30 名詞等から派生 派生させる場合は名詞の語尾に NA や BL を付ける。 物質名詞では NA
を付けなくても、そのままで形容詞の働きをさせることが出来る。
31 不定数量形容詞
MUQ (多くの)、PLU (複数の)、XAO (少しの)、SOM (幾つかの)、
SGL (単数の)
名詞と
同形
32 数詞
WAn (1)、NI (2)、SAM (3)、SII (4)、LIMA (5)、ZEKS (6)、....... TIO (10)、........
STO (100)、1DAI (1番目の)、2DAI (2番目の)、3DAI (3番目の)、
4DAI (4番目の) ...KRn (半分の)、WAnNIS (半分の。=KRn)、
WAnSAMS (1/3 の)、WAnTIOS (1/10 の) ...

DAI は形容詞、副詞兼用だが、必要なら、形容詞を 3DAINA (3番目の)、
 副詞を 3DAILI (3番目に) と書き分けても良い。
基数は
名詞と
同形。
序数は
形、副
と同形
33 代名形容詞
SEI (私の)、SENI (私達の)、MEI (あなたの)、FENI (かの人達の)、
DAFEI (彼女の)、DAFENI (彼女等の)、MAFEI (彼の)、MAFENI (彼等の)
34 指示形容詞
TO (この)、BOI (その)TON (トヌ。これ等の)、BOIN (ボイヌ。それ等の)、
SOQI (そんな、そのような)、

SOQI は基本単語で形容詞にも代名詞にもなる (英語なら such )。
名詞と
同形
35 絶対形容詞
OOL (全ての)XUNA (無の)

XUNyA は主に外部に顕現しない無 (-3 と +3 が系の内部に混在して無に見える)
 を表す。 XUNA は絶対無 (-3 も +3 もない)
を表す。
36 疑問形容詞
HANA (何〜、どんな)、HINA (どちらの) ...

  () 昔使っていた国際友好単語は各国の自然言語から単語をそのまま採用、又は、少し変えたもの だから
      部首は元々存在しない。 しかし、この友好単語は廃止されている (ファンによる懐古的使用はあるかも)。



2−4. 副詞の部首

国際標準単語の原生副詞 (派生ではなく、初めから副詞として作られたもの) の
部首 を下表 (二つとも) に示す。

しかし実は、国際標準単語の原生副詞というのは案外少ない。 何故なら副詞は、形容詞や 名詞の語尾に L I を付けて
副詞に変換させた派生副詞の方がずっと多いからである (LI は部首ではなく、他の品詞を副詞へ変換する為の変換助詞
で語尾に付ける)。 そして、「元々、基本単語として作られた副詞」 や 「友好単語の副詞を国際標準単語の副詞として扱う
ことにした副詞」 については本来的に部首と無縁である (部首を持たない)。 従い、副詞の部首については、構えてそれを
勉強したり暗記したりする必要は殆どないと言ってよいだろう。

  () 下表の 緑色 のセルに入った ANy,  ABY,  INy, ....., EBy は副詞ではなく、非物質名詞の部首として使い、
      GA、DA、FA、PA、MA も副詞ではなく、物質名詞の部首として使う。 副詞は派生副詞 (形容詞や名詞の
      語尾に LI を付けるだけで副詞 に変えられる) が多いので、以下の副詞用部首には未使用となっている
      ものがかなりある。

   Ny   Fy   Vy   Py   By   My   n 
 A   ANy  AFy   AVy   APy   ABy   AMy   An 
 I  INy  IFy  IVy  IPy  IBy  IMy  In
 U  UNy  UFy  UVy  UPy  UBy  UMy  Un
 E  ENy  EFy  EVy  EPy  EBy  EMy  En


   A
 K   KA
 G  GA
 S  SA
 Z  ZA
 C  CA
 R  RA
 L  
 T  TA
 D  DA
 N  NA
 F  FA
 V  
 P  PA
 B  BA
 M  MA
 Y  YA
 W  WA
 Hy  
 Ky  KyA
 Gy  GyA
 X  XA
 J  JA
 Q  QA
 Ry  RyA
 Ly  
 Ty  TyA
 Dy  DyA
 Ny  NyA
 Vy  
 Py  PyA
 By  ByA
 My  MyA
 n  


  () 灰色になっているところは部首として用いない (即ち、LA や VA や HyA  という部首はない)。



副詞について復習しておこう。     () よく使う副詞 の一覧表は、ホームページ11号にあります。

● 一般副詞 .... 下表の1 (濃い黄色)

原生副詞 (初めから副詞として作られたもの) は少なく、形容詞や名詞等の語尾に LI を付けて副詞に変換させたものが
多い。 変換させた作った副詞は、副詞の部首ではなく、元の品詞 (例えば形容詞や名詞) の部首を引き継ぐことになる。 

例)  AOBILI (美しく)、 IASLI (甘く)、 1DAILI (一番目に)       () 語尾の LI は部首ではなく 「副詞への変換助詞」。


● 元々基本単語として作られたり、後で基本単語に組み込まれた副詞 ....下表の 2 (肯定) 〜 16 (比較) まで。

これ等は古参の副詞で、その後に決められた国際標準単語の部首のルールに従わない (つまり部首を持たない)。

例)  FIINA (1類のこんにちわ)、 ALOO (2類のこんにちわ)、 YUP (はい)、 NAIn (いいえ)、 YO (〜しなさい)、
    ? 又は ESK (疑問符)、LEST (最少)、LEE (少)、FAA (多)、FAST (最多)等。 XAO (ちょっとだけ)、MUQ (大いに) 等。


● 友好単語の副詞を 国際標準単語の副詞に横滑りさせたもの ....下表の17 (濃い黄色)


         副詞の種類                     例  
  1 一般副詞 (形容詞、動詞、名詞等から自然に作られた副詞 )
AOBILI (美しく)、IASLI (甘く)、UIKLI (静かに)、IULALI (遅く)、
UESTLI (真っ直ぐに)、AOOSPELI (特別に)、IAAHLI (正直に)
★ ホームページ11号の 「副詞」 に例が沢山出ています。
  2 肯定 YUP (はい)、 YUPn (YUP の強調形)
  3 否定 NAI (いいえ)、NAIn (NAI の強調形)
NAIDLI (殆どない)、
NAIDE (A でもなく B でもない)
  4 疑問 ESK (疑問)、HILI (どちらに)、HELI(どこに)、
ENA (反語)、 ETOn (付加疑問)
  5 命令 YO (〜しなさい)、YOI (絶対に〜せよ)
  6 丁寧な依頼 ESK PLII (ESK PLII ME 〜 の形で、丁寧な依頼)
  7 普通の依頼 PLII  (PLII ME 〜 の形で、依頼)
  8 申し出 YAL  (YAL SE 〜の形で、〜してあげましょうか)
  9 誘い、催促 XAL  (XAL SE 〜の形で、一緒に〜しましょうよ)
 10 誘い WADO  (WADO ME 〜 の形で、あなたは〜すれば
良いのに)
 11 確認を求める ASPO  (ASPO SE 〜 の形で、
私は〜すればよいのですか)
 12 提案 ESTI  (ESTI 〜 で、 〜 はいかが)
 13 親切な忠告 MAIT  (MAIT ME 〜 で、あなたは〜する方が良い
ですよ)
 14 手紙、会話の中で HAIKEI (拝啓)、KEIG (敬具)、
DS. (女性への敬称)、
MR. (男性への敬称)
 15 挨拶挨拶挨拶拶 FIINA (1類のこんにちわ)、
ALOO (2類のこんにちわ)
 16 比較 LEST (最下級)、 LEE (下級)、 FAA (上級)、 FAST (最上級)、
SEIMLI (等級)、 TOOn (等級)
 
 17  友好単語の副詞を 国際標準単語
に横滑りさせて使用しているもの 
 ZO (非常に。ベトナム語を参考にした)。

() 今では ZAO という国際標準単語が作られているので、
   ZO よりも ZAO を使うようにしましょう。


 ) 国際標準単語は今後も少しづつ増やしていきます。 一部の単語は将来変更される可能性があります。


ホームページ14号 は以上で終りです。 最後までお読み下さってどうも有難うございました。

水田扇太郎