文 法 要 覧 V 3.1

                            (令和 3年  1月  1日)



  この要覧は、ノシロ語の講義をして下さる先生方の参考資料になるように、又、学生の皆さんが試験直前の整理
  をする際にも役立つものにしたい、と思って作りました。 2級に合格するのに十分な量です。 より良い内容にして
  行く為に、先生方や学生の皆さんのご批判、ご意見、ご希望をメール等でお知らせ頂ければ大変ありがたいです。
  尚、独習者の方は、先に 「2時間で速習」 をお読みになってから、この頁をお読み頂く方が解り易いでしょう。
    
     () 文中の斜体字 は標準単語 (国際標準単語)。 標準単語は英語や日本語等に置き換え可。



1) ノシロ語とは

SOV 文型 と SVO 文型 の双方を標準文型とする互換性二様式共立型の人工国際言語。 ノシロを使えば世界
の96%以上の人々が母国語の語順と同じかそれに近い語順で対話できる。 文法と一体化した 基本単語 意外は、
英単語、日本語の単語等をいくらでも取り込むことができるので、日常会話から最先端の学術論文や国際条約文
まで難なく処理できる 「21世紀の国際言語」 である。 VSO 文型も基本はほぼ完成。



2) ノシロ語の基本形 (モード)

 文の要素 と その配列 (5文型)

主語、動詞、補語、目的語を文の要素という。 主語、補語、目的語は、夫々、主節、補節、目的節 になることもある。
1類 と 2類 では主語以下の要素の語順が正反対 (幾何対称) になっている。 従い、文の要素の位置を機械的に
変えるだけで、 1類 の文は直ちに 2類 の文に、 2類 の文は 1類 の文に変わる。

1類:  SV,  SCV,  SOV,  S(O)V,  S(OC)V
2類:  SV,  SVC,  SVO,  SV(O),  SV(OC)


5文型の例文を見よう。

 SV   (1、2類同形)

私は走る。

1類: SE  RyU
2類: SE  RyU. 


 SCV   (2類は SVC)

その家は大きいです。

1類: BOI  BIIUS-W  AUB  (RI)。
2類: BOI  BIIUS-W  (RI)  AUB.

  ()  SCV 文型で RI 動詞 (英語の be 動詞) の時制が 現在 の場合は省略可 (過去や未来はダメ)。 


 SOV   (2類は SVO)

私はあなたを愛する。

1類: SE  ME-O  APLOS
2類: SE  APLOS  ME-O.


 S(Ob)V   (2類は SV(O))

私はその人化学の本をあげた。
   O   O

1類: SE  FE-O  EQMII  BEEK-O  APIS-T。
2類: SE  APIS-T  FE-O  EQMII  BEEK-O.

修飾詞 UT (UTL) を使えば、

1類: SE  FE  UT  EQMII  BEEK-O  APIS-T。 
2類: SE  APIS-T  EQMII  BEEK-O  UTL  FE. 

以下は、始点 (SE 私) と終着点 (FE-O その人) を、一まとめ (下線) にして前に出す表現。

1類: SE  FE  UT  EQMII  BEEK-O  APIS-T。
2類: SE  UTL FE  APIS-T  EQMII  BEEK-O.


 S(OC)V   (2類は SV(OC))

C が形容詞の場合

彼はその部屋をきれいに保つ。

1類: MAFE  BOI  room-O  clean-E  keep。
2類: MAFE  keep  BOI  room-O  clean-E.

room を原型 (-O を除いた形が原形) にすると、以下のように clean に付けた -E も要らなくなる。

1類: MAFE  BOI  room  clean  keep。
2類: MAFE  keep  BOI  room  clean.  

上例では、部屋、綺麗、保つ、に英単語 room, clean, keep を利用したが (これも完全なノシロ文)、国際標準単語なら、
それぞれ TOMAOBIUKEE となる。


C が名詞の場合

両親は彼らの娘を医者にする。

1類: Parent-W  FEI  daughter-O  doctor-E  BLE。
2類: Parent-W  BLE  FEI  daughter-O  doctor-E.

使役動詞の BLE を援用している。 以下の如く daughter を原型 (-O がない) にすれば、-E  も削除できる。 

1類: Parent-W  daughter  doctor  BLE。 
2類: Parent-W  BLE  daughter  doctor.  

C が動詞の場合

我々は彼が歌っているのを聞く。

1類: SEN  DAFE  sing-In  hear。
2類: SEN  hear  DAFE  sing-In.

先生は学生を立たせたままにしている。

1類: Teacher-W  student  stand-In  keep。
2類: Teacher-W  keep  student  stand-In.

以下の如く BLE を使うことも可。

1類: Teacher-W  student  stand-In  BLE。
2類: Teacher-W  BLE  student  stand-In.


 修飾語、修飾句、修飾節の位置

一般に、要素だけからなる文というのは少なく、大抵は要素に修飾語や修飾句や修飾節が掛って出来ている。
その修飾語、 修飾句、 修飾節  の位置は以下のとおり。   () 修飾語、句、節  に下線。

  ■ 修飾語の位置 ... 1, 2類 ともに被修飾語の前に置かれる (前から修飾)。

  1類: 修飾語 + 被修飾語    (例) 白い  家
  2類: 修飾語 + 被修飾語    (例) white  house


  ■ 修飾句の位置 ... 1類は前から 「箱」 を修飾、 2類は後ろから 「box」 を修飾する。

  1類: 修飾句 + 被修飾語    (例) リボン IZ 箱            (リボン付きの箱)
  2類: 被修飾語 + 修飾句    (例)       box IZL ribbon    (box with ribbon


  ■ 修飾節の位置 ... 1類は前から修飾、 2類は後ろから修飾する。

  1類: 修飾節 + 被修飾語
  2類: 被修飾語 + 修飾節

修飾節というのは 形容詞節 又は 副詞節 のいずれか。 被修飾語 (修飾される語) は、名詞、動詞、形容詞、
又は副詞だが、名詞や動詞であることが多い。 「2時間速習」 で用いた例文を以下に再掲します。

  1類: Personal computer−L EDIAS−In Ky REn   (パソコンを 勉強している ところの 人) 
  2類: REn Ky EDIAS−In personal computer−L   (person who is studying PC

     () EDIAS は「勉強する」。 斜体にしてあるのは標準単語 (国際標準単語) であることを示すためで、
         EDIAS の代わりに、英語の study や、日本語の 勉強する をあてても良い (他の何語でもよい)。



3) ノシロ語の品詞

ノシロ語には、名詞、代名詞、動詞、助動詞、準動詞、形容詞、副詞、修飾詞、構成詞、節理詞、助詞、自然詞がある。

  () 疑問詞は、形容詞、副詞、助詞などに属するが、説明の便宜上 「疑問詞」 として一まとめにして扱うことが多い。



4) 名詞

国際標準単語の一般名詞は殆どが部首を有するので、その部首から大凡の意味を推定できる (部首を持たない名詞の
代表は、1,2 ...等の数詞や、月、日、正午といった時に関するもの)。

非物質名詞は四つの母音字 (A, I, U, E のいずれか) で始まり、物質名詞は子音字で始まる。 単数も複数も同じ形。
数を明示したいときは数詞を名詞の前に置く。 複数であることを示したいときは  PLU (プルー、複数の) や  SOM
(ソム、幾つかの) や MUQ (ムーチュ、多数量の、多数の) を名詞の前に置く (名詞本体の形は変わらない)。
性による区別はない、つまり男性名詞、女性名詞、中性名詞などの区別は一切ない。 冠詞 (英語の a, the) もない。 
必要に応じて指示形容詞 TO (ト、この) や BOI (ボイ、その) 等を名詞の前に置く。

名詞が主語になるときは、名詞の語尾に −W  を付ける。 名詞が目的語になるときは語尾に  −O  を付ける。 但し、
修飾節 (形容詞節 か 副詞節) の中で目的語になるときは −L  を付ける。 名詞が補語になるときは −E を付ける。 
但し修飾節の中で補語になるときは  -Q  を付ける。 SCV  や  SVC 型の文で、時制が現在で、しかも簡単な文の
場合は −E  と  −Q  は省略可。


数の読み方は以下のとおり。

   数字      綴り    読み方     参考にした言語 
 0 XUNyA シューニャ サンスクリット語
 ヒンディー語
 1 WAn ワン 英語
 2 NI 日本
 3 SAM サム 朝鮮
 4 SII スィー タイ
 5 LIMA リマ マレーシア
 6 ZEKS ゼクス ドイツ
 7 SABAA サバー アラビア
 8 WIT ウィトゥ フランス
 9  KOO コー ビルマ
 10 TIO ティオ スウェーデン
 100 STO スト ロシア
 1000 MILA ミラ イタリア
 10000 MAn マン 日本
 億 OK オク 韓国
 兆 TERA テラ ギリシャ
 京 JIn ジン 中国

 () これまで 9 は英語の Nine を採用していましたが、否定語  NAI  の強調形  NAIn  と重なるので、
     ビルマ語の KOO  に置き替えます (2004.02.25)。
 () これまで 1 は中国語の 一 ( II イー ) をあてていましたが、 I,  II,  III .... と表記する場合に紛らわしく
     なるので英語の One (WAn  ワン) に換えます (2005.04.16)。
 () 兆 (ちょう) は韓国語 QO からギリシャ語 TERA に変え、京 (けい) も韓国語 KyOn から中国語 JIn に
     変えます。 韓国語が多過ぎるという批判を考慮しました。 (2010. 08. 31) 

例えば、

5.3  は、 リマ テン サム と読む。 
20.19  は、 ニティオ テン ワンコー
2/3  は、 ニ フェン サム

時 ... XI  シ (韓国語から)
分 ... NAATI  ナーティ (タイ語)
秒 ... MyO  ミョ  (中国語)
間 ... KAn  カン (日本語)

午前7時20分は、 7 XI 20 NAATI  サバー シ ニティオ ナーティ  と読む。
午後3時35分は、 15 XI 35 NAATI  ティオリマ シ サムティオリマ ナーティ
2時間10分40秒は、 2 XI KAn 10 NAATI 40 MyO  ニ シ カン ティオ ナーティ スィーティオ ミョ



5) 代名詞

代名詞の中で最も重要なのは、人称代名詞 と 指示代名詞 である。 指示代名詞 は二つしかないので先ずその二つ、
TO (ト、これ) と BOI (ボイ、それ) を覚えてしまおう。 複数形は TON トヌ, BOIN ボイヌ。

  () TO (ト、これ、this)  と   BOI (ボイ、それ、that) は、指示代名詞であると共に、指示形容詞でもある。


次に 人称代名詞 を覚えよう。

単数形

 人称代名詞      主語       所有         補語        目的語
一人称(私) SE セ SEI セイ SE-E セエ 
(SE-Q セエチュ)
SE-O セオ 
(SE-L セオル)
二人称(あなた) ME メ MEI メイ ME-E メエ
(ME-Q)
 メエチュ
ME-O メオ
(ME-L)
 メオル
三人称(かの人)

  (彼)
  (彼女)
FE フェ

  DAFE
  MAFE
FEI フェイ

  DAFEI
  MAFEI
FE-E (FE-Q) フェエ

  DAFE-E (DAFE-Q)
  MAFE-E (MAFE-Q)
FE-O  (FE-L) フェオ

  DAFE-O (DAFE-L)
  MAFE-O (MAFE-L)
三人称(だれ) JE ジェ JEI ジェイ JE-E ジェエ
(JE-Q
 ジェエチュ)
JE-O ジェオ
(JE-L
 ジェオル)
三人称(それ) TE テ TEI テイ TE-E テエ
(TE-Q
 テエチュ)
TE-O テオ
(TE-L
 テオル)


 () ノシロ語では、名詞は常に単・複同形だが、人称代名詞は、単数、複数を区別する。
 () DAFE ダフェ は彼、MAFE マフェ は彼女。 FE は 「かの人」、「その人」 で性情報がない言い方。
     表中の ( ) は修飾節中での表記を示す。

 () 人称代名詞の主格には -W を付けない(名詞なら付けるが)。 -E  と -O  は名詞節の中でのみ
     使われ、-Q (チュではなく エチュ と読む) や -L (ルではなく オル と読む) は修飾節の中でのみ
     使われる。名詞節 は 主節 や 目的節 や 補節 になり、形容詞節 と 副詞節 は 修飾節 になる。
     目的語を示す -O オ (名詞節中で) と -L オル (修飾節中で) は省略されることはないが、補語
     を示す -E エ (名詞節中で) と  -Q エチュ (修飾節中で) は、長く複雑な文の中でしか付けない。
     これは以下に示す複数の場合も同じ。


複数形  単数形の後に N ヌ を付けると複数形になる (以下)。

 人称代名詞      主語       所有         補語           目的語
一人称(私達、我々) SEN セヌ SENI セニ SEN-E  セヌエ
(SEN-Q セヌエチュ)
SEN-O  セヌオ
(SEN-L セヌオル)
二人称(あなた達) MEN メヌ MENI メニ MEN-E  メヌエ
(MEN-Q メヌエチュ)
MEN-O メヌオ
(MEN-L メヌオル)
三人称(かの人達)
  (彼等)
  (彼女等)
FEN フェヌ

  DAFEN
  MAFEN
FENI フェニ

  DAFENI
  MAFEIN
FEN-E   フェヌエ 
(FEN-Q フェヌエチュ)
  DAFEN-E (DAFEN-Q)
  MAFEN-E (MAFEN-Q)
FEN-O  フェヌオ 
(FEN-L フェヌオル)
  DAFEN-O (DAFEN-L)
  MAFEN-O (MAFEN-L)
三人称(だれか達) JEN ジェヌ JENI ジェニ JEN-E ジェヌエ
(JEN-Q ジェヌエチュ)
JEN-O ジェヌオ
(JEN-L ジェヌオル)
三人称(それ等) TEN テヌ TENI テニ TEN-E テヌエ
(TEN-Q テヌエチュ)
TEN-O テヌオ
(TEN-L テヌオル)




6) 疑問詞

疑問詞は、疑問代名詞、疑問動詞、疑問形容詞、疑問副詞、疑問助詞等の総称 (この分類を一々覚える必要はない)。
疑問文には、真偽を問うだけの疑問文と、説明を求める疑問文とがある。 いずれの場合も先ず文頭に ? エスク を置く。
真偽を問う疑問文は、文頭に ? を置くだけで完成してしまうが、説明を求める疑問文では 「知りたいこと」 を以下の
疑問詞に置き換えたり、「知りたいこと」 を示す語の前に以下の疑問詞を置く必要がある。 会話では文末を少し上げる。
又、会話では文頭の ? を エスク ではなく、単に エ と発音しても良い (エスクは長いので)。

疑問代名詞

(主語)


(所有形)


(補語)


(目的語)
疑問動詞
疑問形容詞
 疑問副詞
 疑問助詞
 節理詞
    English  
HA
何が
HAI
what
HA-E
What
HA-O
What
HAS
do what
HANA
What
what
HI
どちら
HII
which
HI-E
Which
HI-O
Which
HIS
do which
HINA
Which
HILI
Which
which
HU
誰(だれ)が
HUI
whom
HU-E
Whom
HU-O
Whom
who
HE
何時(いつ)が
HEI
when
HE-E
When
HE-O
When
HENA
何時の
HELI
何時に
EEA when
HO
何処(どこ)が
HOI
where
HO-E
Where
HO-O
Where
HONA
何処の
HOLI
何処で
AAT where
HyAA
Why (なぜ)
 HyA
why  (なぜ)
IID why (理由)
Hy
どれ程が
HyI
How much
Hy-E
How much
Hy-O
How much
HyNA
どれ程の
HyLI
どれ程に
how
(状況、程度)
HyE
どのようにが
HyEI
How
HyE-E
How
HyE-O
How
HyELI
どのように
how (方法)


 () 人称代名詞と疑問詞が主語になる場合は、主語に要素詞 (要素助詞) −W を付けない。
 ()  HANA ハナ の守備範囲は広い。 HyA ヒャ は、 ピンポイントで理由を尋ねることができる便利な
      疑問助詞である。 文全体を修飾したいときは、HyA は使わず、文頭に HyAA ヒャー を置く。
       HyE ヒェ は、方法を尋ねるもので、「どのように」、「どんな手順で」 の意。



7) 動詞 (時制、進行形、受動態)

代動詞の  DU  ドゥー (英語の do に相当) を例にして、時制、進行、態、をまとめてみよう。

          過去          現在           未来
基本形 DU−T    ドゥータ
        した
DU     ドゥー
       する
DU−R     ドゥーレ
         するだろう
進行形 DU−TIn  ドゥータイン
        していた
DU−In  ドゥーイン
       している
DU−RIn   ドゥーレイン
         しているだろう
受動態 DU−TZE   ドゥータゼ
        された
DU−ZE     ドゥーゼ
         される
DU−RZE    ドゥーレゼ
         されるだろう
進行受動態 DU−TInZE ドゥータインゼ
         されていた
DU−InZE ドゥーインゼ
        されている
DU−RInZE ドゥーレインゼ
         されているだろう


使役動詞には、 BLE  ブレ ( ... に 〜 させる) と 丁寧な使役の BLU  ブルー ( ...に 〜 して頂く、 〜してもらう )
がある。 LEEN  レーヌ は、「そのまま認める、 自由にさせておく」 意で、使役動詞ではない (英語では leave、let に近い)。
ノシロ文法 V2.5 では 「受け身動詞 GH グフ」 が加わった(英語では get + O + done で使役扱いだが意味は受け身)。 


BLE や GH を使う文を復習しておこう。

例文: 先生は生徒に勉強させた(能動文)。

1類: 先生-W  生徒 勉強する BLE-T。
2類: Teacher-W  BLE-T  student  study.
      (S)    (V)   (O)   (C)

<注> SOCV (SVOC) 文型で、OC が 意味上 S2V2 になっているから、O に -O を
     付けなくてよい (即ち、生徒-O としなくてよい)。

これを受け身にすると、(ついでに受け身の復習もしちゃおう)

例文: 生徒は先生に勉強させられた。 

1類: 生徒-W 先生 AY  勉強する BLE-TZE。
2類: Student-W  BLE-TZE  study  AYL  teacher.

<注> 1類で、「先生 AY」 を  BLE-TZE  の直前に置くことも可能。

続いて、数学という目的語を含む文。

例文: 先生は生徒に数学を勉強させた(能動文)。 

1類: 例文: 先生-W  生徒  数学-O  勉強する BLE-T。 
2類: Teacher-W  BLE-T  student  study  mathematics-O.
      (S)    (V)   (O)      (C)

<注> math は study の目的語なので、目的語を示すための -O は落とせない。


例文: 私はカメラを強奪された。

1類:  SE  camera 強奪する-ZE  GH-T。  私はカメラを強奪された。
          (S)(O)    (C)   (V)
2類:  SE  GH-T  camera  rob-ZE.     I had my camera robbed.
    (S)(V) (O) (C)

例文: 私はパスポートを更新してもらった。

1類: SE  passport  更新する-ZE  GH-T。
2類: SE  GH-T  passport  renew-ZE.

 <注> この場合は、他者の悪意などではなく自分で望んでいる。 即ち、この文は
    受け身と使役が半々だから、使役動詞 BLE  を使って書くこともできる。



8) 助動詞

動詞の直前に来て動詞を修飾する。 英語の can、 may、 must 等にあたるものだが、ノシロ語の助動詞は英語
よりも種類が少し多い。 主な助動詞18語を以下に示す (ホームページ10号には全26語が出ている)。

      助動詞         読み方         意味            相当する英語
GIKA ギカ 〜してもよい may
GIKI ギキ 〜した方が良い had better do
GIK ギク 〜するぞ(意思、決意) sure to do, will
GIKE ギケ 今にも〜しそう be about to do
GIKO ギコ 〜し終わったところ(完了) have done
GILA ギラ 〜したことがある(経験) have ever done
GILI ギリ 〜に違いない must
GILU ギルー ずっと 〜 している(継続) have done
GILE ギレ 喜んで〜する glad to do
GILO ギロ 思いきって〜する dare to do
GIMA ギマ 〜できる can
GIMI ギミ 〜すべき should 
GIM ギム 〜せねばならない must
GIME ギメ 〜かも知れぬ may
GIMO ギモ 〜の筈 should
GIVA ギ[va] いやいや〜する unwillingly do
GIVI ギ[vi] 〜せざるを得ない can’t help doing
GITT ギットゥ 〜している(た)筈 仮定法の帰結文で使用

 () 助動詞を二つ重ねたいときは  GIME−MA ギメマ のように短縮してよい (英語の may be able to do)。



9) 準動詞

動名詞 (動詞−M ム、 動詞−D ドゥ) と 動形容詞 (動詞−K ク、 −KE ケ)  の二つだけ。 動名詞 はあまりにも
簡単なので省略。 小粒ながら働き者の動形容詞 −K だけ見ておこう。 −K は名詞の前に置かれたり、日本語の
連体形のように名詞を修飾する。 つまり限定用法 (attributive use) です。 これに対して、−KE は叙述用法、つまり、
SCV (2類は SVC) や SOCV (2類は SVOC) の文中の C (補語) になる。 −KE は余り使われないだろう。

MyUS (ミュース、立ち上がる) を例にして使い方を見よう。 - を 「〜するところの」 と訳した。 

MyUS REn      ミュースク レン       立ち上がる (ところの) 人       () REn は 「人」
MyUS−In REn    ミュースインク レン       立ち上がっている (ところの) 人
MyUS−T REn     ミュースタク レン      立ち上がった (ところの) 人
MyUS−TIn REn   ミュースタインク レン      立ち上がっていた (ところの) 人
MyUS−R REn     ミュースレク レン     立ち上がるだろう (ところの) 人
MyUS−RIn REn  ミュースレインク レン  立ち上がっているだろう (ところの) 人

「今まさに立とうとしている人」 は、 8) で学習した助動詞 GIKE  ギケ を使い、GIKE  MyUS-K  REn 
ギケ ミュースク レン とすればよい。 MyUS  は自動詞 (最後の S は stand up の頭文字をとったもので
他動詞の S ではない) だが、IMS (イムス、尋ねる) のような他動詞の場合は目的語を取るかどうかで、
1類と、2類で語順が違ってくる。 即ち、1類では修飾句は 被修飾語である  REn  を前から修飾し、2類では 
REn  を後ろから修飾することになる。 

         1類         2類
TE−O IMS−K REn
テオ  イムスク  レン
それを尋ねる人
REn IMS−K TE−O

TE−O IMS−InK REn
テオ  イムスインク レン
それを尋ねている人
REn IMS−InK TE−O

TE−O IMS−TK REn
テオ   イムスタク  レン
それを尋ねた人
REn IMS−TK TE−O

TE−O IMS−RK REn
テオ   イムスレク レン
それを尋ねるだろうところの人
REn IMS−RK TE−O




10) 形容詞

名詞の前に位置して、名詞を修飾する。 英語とは異なり、ノシロ語の形容詞は、全く形を変えない。 元級 (普通の文) でも、
比較級でも、最上級でも形は全く同じ。 比較級は、形容詞の前に LEE レー (形容詞の意味を弱める) や FAA ファー 
(意味を強める) を置き、最上級は、形容詞の前に LEST レストゥ (形容詞の意味を非常に弱める) や FAST ファストゥ 
(意味を非常に強める) を置いて表現する。 詳しくは、ホームページ11号を参照。



11) 副詞

動詞、形容詞、副詞、或いは文の前に位置して、これ等を修飾する。 形容詞と同様、副詞は形を変えることはない。
比較級、最上級の作り方は形容詞と同じ。 詳しくはホームページ11号を参照。



12) 構成詞

「2時間速習」 で紹介したものに少し加えておきます。 NOA 以外はどれも O オ で始まる。

       構成詞            意味            英語
OnD オンドゥ そして、及び and
OnP オンプ そして、及び and
OnS オンス そして、及び and
OA  オア 又は or
OAP オアプ 又は or
OAS オアス 又は or
OI   オイ 又は exclusive or
On   オン 〜対−−(交換、取引) per
OU  オウ 又は and/or
NOA ノア いずれでもない nor
OENI オエニ それゆえ therefore
OKyLI オキュリ 結果として consequently
OOZ オーズ 何故なら because
OTT オットゥ しかし but
OZn オズン それから、その後 and then
OZUn オズーン  それからしばらくして and then 




13) 修飾詞

「2時間速習」 にあるものに少し追加しよう。 詳しくはホームページ12号 を参照。

修飾詞は、名詞 (代名詞、動名詞) と結合するものと、動詞 と結合するものの二種類ある。
1類の修飾詞の語尾に L ル を付けたものが2類の修飾詞になる。

修飾詞は、1類では、「名詞(代名詞、動名詞) + 修飾詞」 又は 「動詞 + 修飾詞」 という形で、2類は、
「修飾詞 + 名詞(代名詞、動名詞)」 又は 「修飾詞 + 動詞」 という形で用いられる。 名詞、代名詞、
動名詞に形容詞や副詞が付いて、名詞、代名詞、動名詞が省略される場合もある。 その場合は、名詞、
代名詞、動名詞は姿を現さないから、1類は、「形容詞(副詞) + 修飾詞」 という形になり、2類は、
「修飾詞 + 形容詞(副詞)」 という形になる。


先ず 名詞と結合する修飾詞 を見よう(使用頻度が高い、又はやや高そうなものだけ 計35語)。

  () 下表でピンク色のセルにはいっている EF/EFL,  EG/EGL,  EN/ENL の三つは名詞の他、
      形容詞副詞動詞 とも結び付くことができる。 これは、仮定、譲歩表現をより簡単に作れる
      ように機能強化したものです (Version 3.0 .... 2016.10.02.)

    1類        2類                    意味           英語
AB アブ ABL アブル 〜についての、〜について about
AE AEL 〜を除いた、〜を除いて except for
AF AFL 〜の後の、〜の後で after
AI  AIL  〜までの、までに (期日)  by  (期日までに返済する)
AN アヌ ANL アヌル 〜と比べて (比較文で頻出する) compared to
AT ATL 〜での、〜で (場所。場所の大小は関係なし) at
AY アユ AYL アユル 〜による、〜によって (受動態の文に頻出) by
IC イツ ICL イツル  〜までの、までに  untill  (期日まで動作を継続する) 
ID IDL  〜のせいで (風邪のせいで-- 風邪 ID) because of 
IG  IGL  〜が上手 (私は数学が得意-- SE 数学 IG RI。)  good in 〜  (SE RI IGL math.)
IK  IKL  〜の前で (駅の前で-- 駅 IK) in front of  (IKL station)
IL イル ILL イッル 〜に似た、のような、のように (彼のように-- 彼 IL) like,  as
IM IML 〜からの、〜から from
IN  イヌ INL イヌル 〜の中の、〜の中で in
IO イオ IOL イオル 〜の利益のための、ために for
IT イトゥ ITL イトゥル 〜の中へ (外から中へ) into 
IY  イユ IYL イユル  〜に加えて  in addition to 
IZ イズ IZL イズル 〜と一緒の、一緒に、〜付きの with
UA UAL 〜にとって to
UB  UBL  〜の (所属) of 
UD UDL  〜の下の、下で  under 
UE  UEL  〜が原因で (訃報に驚く、悲しむ、怒る-- 訃報 UE)  with 〜 (with BOI sad news)
UL ウル ULL ウッル 〜に似ず、〜とは異なり (彼とは異なり-- FE UL) unlike
UN ウヌ UNL ウヌル  〜の上の(に)、〜に接した on 
UO UOL 〜の前の、前に before  (期日よりも前の動作)
UT UTL 〜へ (方向) to
UY  ウユ UYL ウユル  〜の先  (この線から先に入るな) beyond 〜  
UZ ウズ UZL ウズル 〜の他の、〜の他に besides
EA EAL 〜の時の、〜の時に at  (time)
ED EDL 〜のための、ために、〜を求める、〜を求めて for/seeking
EF EFL  もし 〜 ならば if
EG EGL  もし 〜 ならば (排他的な if ) iff (exclusive if)
EN エヌ ENL エヌル   たとえ 〜 でも、 〜 としても  even if 
ET ETL  〜をわきに置いて、棚上げして  putting the thing side
EU EUL 〜に順じて、〜に従って、〜に沿った(て) in accordance with



続いて 動詞 と結合する修飾詞 (以下の6語だけ)。

 1類    2類  意 味   English  
 BI   ビ  BIL  ビル  〜する程の、する程に   to不定詞
 CI   ツィ  CIL  ツィル  〜するには、〜するのは   to不定詞
 DI   ディ  DIL  ディル  〜するための、するために    to不定詞
 FI  フィ  FIL  フィル  〜するなら  if 
 GI  ギ  GIL  ギル  〜するなら   iff (only if )
 JI  ジ  JIL  ジル  〜しながら、〜しつつ  while,  as


 ()BI (BIL) と DI (DIL) には形容詞用法と副詞用法の双方あるが、CI (CIL) には
    副詞用法しかない。 FI (FIL) と JI (JIL) は Version 2.7 で追加され、その後  
            GI (GIL) も追加されて計6語となった。

 (参考) ホームページ10号の最後にある相関表もご利用ください。 この相関表は、並べ
      方が異なります。 ホームページ12号の 1.3 にもあります。



14) 節理詞

「2時間速習」 でご紹介したものに少し追加しておきます。

 名詞節を導く節理詞 (1、2類同形)

    1類      2類     意味       参考(英語の接続詞)
My ミュ My ミュ 〜ということ 英語の名詞節を導く that  に相当
Dy デュ Dy デュ 〜かどうか whether  に相当


 形容詞節を導く節理詞 (修飾詞由来の節理詞 (下側の三つ) は、1、2類で形が異なる)

    1類     2類      意味           参考 (英語の接続詞)
Ky キュ Ky キュ 〜ところの  who,  which,  that を一つにまとめたもの
XU シュー XU シュー 〜するところのもの  先行詞を含む関係代名詞  what
UUK ウーク UUKL ウークル 〜する、〜である  同格の that
EEA エーア EEAL エーアル 〜する時の  when
EED エードゥ EEDL エードゥル 〜するための  to do that


 主に副詞節を導く節理詞 (飾詞由来のもの (AAB/AABL  から EEL/EELL  まで) は、1、2類で形が異なる) 

            1類       2類          意味          参照 (英語の接続詞)
AAB アーブ AABL アーブル 〜について  about that 〜,  concerning that 〜
AAE  AAEL  〜を除いて  except that 〜
AAF AAFL 〜の後 (時)  after
AAI AAIL  〜までの、までには   by the time  
AAS AASL  〜以来   since 
AAT アートゥ AATL アートゥル  〜で (場所)  where
IIC イーツ IICL イーツル  〜まで (動作の継続)  until 
IID  IIDL  〜という理由で   because of  
IIL イール IILL イーッル  〜のように   as like
UUC ウーツ UUCL ウーツル 〜無しで  without that 〜
UUO UUOL 〜の前に (時)  before
UURP ウールプ UURPL ウールプル  〜する間に  while 
UUS ウース UUSL ウースル 〜だけれども  although
EEA  EEAL  〜する時に   when 
EED EEDL -- が 〜すめために
-- が 〜するように
-- が 〜できるように
 in order to do that
 so that -- do
 so that -- can do
EEF EEFL もし 〜 ならば  if
EEG EEGL もし 〜 ならば (排他的)  iff (if and only if)
EEK  EEKL  と仮定して   suppose that 〜
EEL エール EELL エーッル 〜する限り  as long as
EEN エーヌ EENL エーヌル  たとえ 〜 であるとしても  even if
ALES アレス ALES アレス  もし 〜 しないなら   if --- not  
NVAL ヌヴァル  NVAL ヌヴァル 〜しないように  lest
PLO プロ PLO プロ 〜するにつれて
〜に応じて 
 as
YUD ユードゥ YUD ユードゥ  〜するように  so that one do
例) 子供が勉強するように、
例) 子供達が火傷をしないように
  (動詞の前に NAI が必要)
YUM ユーム YUM ユーム 〜できるように   so that one can do
例) 老人達が体操出来るように

 () 最後の五つ、ALES, NVAL, PLO, YUD, YUM は修飾詞由来ではないから、1、2類が同形となる。 



15) 助詞

何種類もの助詞がある。 主なものを簡単に紹介します。助詞は小粒ですがその威力は大変大きい。 
詳しくはホームページ11号の 「助詞」 を参照して下さい。

 要素助詞

人称代名詞と疑問詞以外のものが主語になるときは、その主語に −W ワ を付ける。
名詞節中の目的語には −O オ を付け、修飾節 (形容詞節 と 副詞節) 中の目的語には −L オル を付ける。
名詞節中の補語には −E エ を付け、修飾節中の補語には −Q エチュ を付ける。
これらの −W,−O,−L,−E,−Q を要素助詞という。    ()  −E と −Q はしばしば省略される。


 時制助詞

動詞の後に付けられる −T タ と −R レ を時制助詞という。 −T は過去時制、−R は未来時制を表す。


 進行助詞

動詞の後に付けられる −In イン を進行助詞という。 英語の現在進行形と同じ。


 態助詞

動詞の後に付けられる −ZE ゼ を態助詞という。 時制助詞、進行助詞、態助詞が重なる時の順序は、
動詞−TInZE  タインゼ や、 動詞−RInZE レインゼ のようになる。


 譲歩助詞

「2時間速習」 では紙数制限が厳しいので割愛しました。 ノシロ語の譲歩助詞は、 HRA フラ, CRA ツラ,
NRA ヌラ, VRA ヴラ の四つ。 以前は三つだったが、改良強化して四つに (これにより、最新ノシロ文法は
Version 3.1upgrade された)。 語呂合わせ (頭文字を取って) して、 フツーノヴラ  などと覚えましょう。

HRA フラ を名詞や動詞や形容詞や副詞の前に置くと、「名詞等の内容がどうであれ」 という意味になる。 英語の
whatever (何であれ) や  whichever (どちらであれ) のようなもの。

HRA HA    フラ ハ        何であれ
HRA HI     フラヒ         どちらであれ
HRA HU    フラ フー       誰であれ
HRA HE    フラヘ         何時であれ
HRA HO    フラホ         何処であれ

HRA HUM     フラ フーム      誰のものであれ
HRA XU     フラシュー        〜ところのものは何であれ (XU は関係代名詞で英語の what )
HRA ME       フラ メ          あなたがどんな人であれ (職業、振る舞い、性格等々)
HRA IYUS     フラ イユース      どのように欲しようとも (むさぼる、丁寧に求める等々)
HRA EILO     フラ エイロ        どのような黄色であろうとも (レモン色、からし色等々)

 () 欲する IYUS、 黄色 EILO が斜体になっているのは標準単語 (国際標準単語) であることを示すため。
     標準単語は、英語や日本語等の単語で置き換えても良い (want, 欲する, yellow, 黄色)。

例文: 何が起ころうと私は驚かない。   () 起こる IBAAn、 驚く IHSAZ

1類: HRA HA IBAAn、 SE NAI IHSAZ
2類: HRAL HA IBAAn, SE NAI IHSAZ

例文: あなたが言う (RU) ことは何であろうと正しい。   () 言う RU、 正しい AORA

1類: ME RU HRA XU−W AORA RI。
2類: HRAL XU−W ME RU RI AORA


CRA ツラ は、「〜次第」 で、「あなた次第 (CRA ME)」、「価格次第 (CRA 価格)」 のごとく使う。 英語の 
It's up to you.  (それはあなた次第ですよ、あなたが自由に決めること)  に於ける up to と同じ。 


NRA ヌラ は、 「 〜 だとしても」、 「 〜 するとしても」 で、以下のように使う。

NRA SOW             ヌラ ソウ                  そうだとしても
NRA NAI SOW         ヌラ ナイ ソウ               そうでないとしても
NRA IRMA OA IRDA     ジュラ イルマ オア イルダ       男だろうと、女だろうと
NRA EILO OA NAI      ヌラ エイロ オア ナイ           黄色 (EILO) であろうと、なかろうと
NRA ME              ヌラ メ                    あなただとしても
NRA ME OA NAI (ME)  ヌラ メ オア ナイ (メ)         あなただろうと、なかろうと
NRA ITU OA NAI (ITU)  ヌラ イトゥー オア ナイ (イトゥー) 行こうと、行くまいと       

例文を見よう。

例文: その数は、自然数だとしても、1000 以上だろう。    () 以上、は TISBI。

1: TE NRA 自然数 1000 TISBI (RI)。
2: TE (RI) NRA natural number 1000 TISBI.

例文: 彼女は行くとしても、私は行かない。    () 行く、は ITU

1: DAFE NRA ITU、 SE NAI ITU
2: DAFE NRA ITU, SE NAI ITU

NRA、 HRA、 EF  の使い方を比較しておこう。    () EF は修飾詞 (ホームページ12号)

NRA 雨   雨だとしても     (例: 雨だとしても直ぐ止むだろう、雨だとしても小雨だろう)  ()修飾詞 EN も可。
HRA 雨   どんな雨だろうと  (例: 霧雨でも、強い雨でも、酸性雨でも、このレインコートは水を通さない)
雨 EF    もし雨なら       (例: もし雨ならロケット発射は中止だ)   () 2類は  EFL rain。


VRA  ヴラ  「 〜 でも」、 「 〜 さえも」 (英語の even  〜でさえ)

以下のように使う。

例文: 私でも写せます (写真を撮れます)。   (昔の或るメーカーの TV コマーシャル)

1: VRA SE 写真−O GIMA 撮る。
2: VRA SE GIMA take picture−O.

   () わたしは機械に弱いけれど、そんな私でさえ、この全自動カメラなら大丈夫という意。

例文: 敵は (我々に) 近づくことさえできない。 

1: 敵-W (SEN-O) NAI GIME VRA  近づく。
2: Enemy-W  NAI  GIME  VRA  near  (SEN-O).

   (注意) 譲歩詞は、令和2年10月1日に上述の如く変更されました (結果、最新ノシロ文法は V 3.1 に)。


 変換助詞

品詞を変換するための助詞。 元の単語に、 TI ティ や En エン を付けると名詞にすることができる。 
S ス や P プ を付ければ他動詞に、 Z ズ や B ブ ならば自動詞に、 NA ナ や ILU イルー や 
BL ブル を付ければ形容詞に、 ILU イルー や LI リ を付けると副詞に変換することが出来る。
ILU は動詞を形容詞や副詞に変換させる変換助詞 ( ILU は平成22年に追加 )。


 後行詞や先行詞を示すための助詞

後行詞 (1類) や 先行詞 (2類) を示すには、 An アン を後行詞や先行詞の直前に置く。 短くて簡単な文なら
使う必要はない


 区切りを示す助詞

一般に修飾節がある文は、その修飾節の始まりや終わりが分かりにくいものである。 1類の文では、修飾節の始まり
PA パ を置き、 2類の文では修飾節の終わりに ZA ザ を置いて、修飾節と他の部分との区切りを分かり易くする。
長文や複雑な文では必須に近い。 特にノシロ語の初学者に優しい助詞である。


 強調したい語、句、節を示すための助詞

語を強調したいときは VI ヴィ を前に置く。 句や節を強調したいときは、それらの前に VII ヴィー を置く。 範囲を
はっきりさせたい場合は句や節を、 VII と -VII で囲む。 ノシロ語では強調表現を行っても語順が変わることはない。
 
 () 英語では、強調語が文頭に来ると、 S  と  V  の語順がひっくり返ることが多いが、ノシロ語では起こらない。
     ノシロで語順が変わるのは、1、 2類間の語順の変換だけである。


 疑問(理由)助詞

HyA  (ヒャ)  ....    英語の why と比べて ピンポイント で理由を尋ねることができる便利な助詞。
HyAA, (ヒャー)  .... HyA と意味は同じだが常に文頭に置かれて文全体を修飾する。 HyAA  の後にカンマが必要。



16) 自然詞

これは簡単過ぎて申し訳ないくらいのものです。 人が感動するときに発する音声、動植物の出す音声、宇宙から届く
音等をまとめて自然詞と呼ぶ。 例えば、 AA アー、 OO オー、 SOO ソー。


完 水田扇太郎