Limited

「天翔ける風に」公演を終了、そのまま「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL」の稽古に入った吉野圭吾さんから、みなさんへのメッセージをお送りします。
ここ、または写真をクリックすると、圭吾さんの声を聴くことができます。
※音声をを聴くには「RealPlayer」が必要です。RealPlayerの入手とセットアップの方法についてはこちら)。
※RealPlayerでエラーとなる方、こちらをクリックすれば再生できる場合がありますのでお試し下さい。


クリックするとメッセージが聴けます!

T  A  M  A  R  I  M  I  Z  U
みなさんこんにちは、吉野圭吾です。
「天翔ける風に」無事、千秋楽を迎えることができました。
ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。
自分としては、この作品にめぐり逢えて幸せだなと。
心の底から、思っています。

溜水っていう、役の深さにですね。
今回かなり、てこずりまして。
でも、どんどん稽古を積み重ねていくうちにできていった
いろんな人たちの力を借りて、できていった
溜水でありました。
本当にこの役を、深く、愛することができたなと、思っています。

そしてこの「天翔ける風に」という作品に本当に
とても、愛情があります。
ぜひまた、再演できることを
心より、望んでおります。

そして。次は、シアタークリエのコンサートですね。
(7月)12日から始まりますけれども。
これは…ミュージカルファンなら、
嬉しいんじゃないですかね!
いろんなミュージカルのスペシャルなところを
ぽんぽんぽーんと!いろいろ観られて、
「ああ、あの人があんな役をやるのか!」と。
僕も、こんな役もやったりあんな役もやったりします。
ぜひ、お楽しみに。

そして、それが終わるとですね…
いよいよ!トークライブ "After summer vacation"
これはですね…夏休みの後の、なんていうか…

「ああ、夏休み、終わってしまうのか…!
 せつない…!
 …でも、もうちょっと楽しみたい…!!」

…っていうあなたに(笑)、ぜひお越しいただきたい。
自分自身も夏休みがとれていないので
みなさんとともに、最後の夏休みを
楽しめたらいいなと、思ってます。
ぜひ、いらしてください。東京會舘へ。

それでは皆さん。この夏もあと…二作品。
どうぞよろしくお付き合い下さい。

吉野圭吾でした!
  

最初のページにもどる