旧国鉄 蛇松線(沼津港線) その1




鉄の廃路 トップページへ戻る


このテキストの文責:どら



路線図 左図をご覧ください。JR沼津駅の東方から緩いカーブを描きながら、沼津港方面へ南下する道路(赤点線)があります。
このいかにもな道路が、今回探索した旧国鉄 蛇松(じゃまつ)線です。

この蛇松線、明治21年に東海道線の建設資材を運搬する目的で、当時は狩野川の河口付近にあった沼津港と、現在のJR沼津駅との間に敷設されました。
その後、沼津港の移転とともに線路は新沼津港方向へと付け替えられ、昭和49年までのおよそ90年間、建設資材・農水産物・石油等の貨物輸送に活躍したそうです。
また、この貨物線の名前の由来は、狩野川河口付近に生えていた「蛇のように曲がりくねった松=蛇松」にちなんでいるそうです。(沼津市 蛇松緑道案内板より)

現在この貨物線跡は、沼津市により遊歩道として整備・管理されており、ほぼ全線に渡って地元の方達の生活道路として今も現役で活躍しています。
通運会社構内 蛇松線の起点は沼津駅東方の側線から分岐します。
この通運会社の倉庫には、未だJRと接続するレールが残っています。
緑道看板 通運会社と道を挟んだ軌道跡側に設置されている「蛇松緑道」の看板。

ここから狩野川河口までのおよそ2.4kmが、遊歩道として整備された蛇松線跡となります。
新たに架けられた歩道橋 途中、片側2車線の道路を渡る区間には、新たに歩道橋が架設されています。
この歩道橋の下に何か遺構は残っていないかと、迂回しつつ眺め回しましたが、残念ながら何も痕跡は残っていませんでした。
埋設線というか、単に埋められてしまったレール ほどなく現れる交差点では、足下にこのようなレールを見つけることができました。

アスファルトから顔を出しているのは、間違いなく本線レールとその護輪軌条。
しかし、なぜか片側しか残っておらず、きっと撤去し忘れてそのまま舗装工事を行った…な、わきゃないか。
よって、この片側だけ残されたレールの意図は不明です。




その2へ