第3回  エクスクルーシブ入門

いよいよ、本命のお話に入りましたね。 そろそろ褌締めてかからないと・・・では、いきます! MIDIで演奏を入力する際に、音程以外にも色々と入力しますよね? 例えば、音色を指定したり、リバーブをかけたり、PANを入れたり・・・ 上記のように一般的に使われるのは「コントロール・チェンジ」と呼ばれるジャンルになります より、立ち入った内容は、「RPN(レジステード・パラメータ・ナンバー)」で入力します。 ここまでは、MIDI規格で保証されています。(RPNは拡張コントロール・チェンジ) 「RPN」を超えた内容をコントロールしたいときは「NRPN(ノン・レジステード・パラメータ・ナンバー)」 で入力します。んで、最高峰に「エクスクルーシブ」があるわけです。 ま、「NRPN」と「エクスクルーシブ」をひっくるめて「エクスクルーシブ・データ」と 呼んでいることが多いです。 <図解> 優しい--------------------------------------------------------------難しい 一般的な命令 ピッチベンド幅等 | フィルター・TVA等 ボイス予約・液晶制御等 コントロール・チェンジ RPN | NRPN エクスクルーシブ | (標準規格ではここまでをサポート)+ (独自仕様MIDIのコントロール) ※コントロール・チェンジ 一般的に使う命令セットです。音色変更や、モジュレーション・PAN・ エクスプレッション・ボリューム・ペダル・リバーブ・コーラス・ピッチベンド等が、 これに相当します。 普通のシーケンス・ソフトでは、当たり前のようにさわれるハズです。^^; ※RPN これに相当するものはピッチベンド幅の設定と、デチューニングの機能です 拡張された「コントロール・チェンジ」と考えてもらって結構です。 まぁ、あんまり深く考えなくてもいいでしょう(笑) ※NRPN これは、音色・音のエンベロープ変化・自動ビブラートの調整・ドラムの調整に 使われます。ま、[EXCLUSIVE]使ってもコントロールできますが、前述した内容の制御には この「NRPN」を使うのが一般的です。 ※エクスクルーシブ・データ よく「エクスクルーシブ」と呼ばれているこのデータは、 各楽器メーカーが独自に仕様・内容を決めたMIDI規格メッセージのことです。 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ これを使うことによってMIDI音源のあらゆる設定・コントロールがコンピュータ側から できるようになりますし、また音源の眠っている潜在能力を引き出すことが 可能になります。 本来は、以下の様な16進数ダンプで記述します。 (一応、ローランドのGS音源を基準にお話しします) 例:[ F0 41 10 42 12 40 00 7F 00 41 F7 ] <- GS_RESET_コマンド 1:エクスクルーシブ・ステータス (F0) :これから始まる 2:ローランドID (41) :ローランド系の音源はこれ。他機種は調べてね ^^; 3:デバイスID (10) : 4:モデルID (42) :場合によっては(45)を使うこともある 5:コマンドID (12) :場合によっては(11)を使うこともある 6:データ本体 (40 00 7F 00 41) :命令のアドレス&データをかく 7:エンド・オブ・エクスクルーシブ (F7) :こんで、EXCLUSIVEはおしまい 編集ソフトによっては、10進数で入力する場合がありますので注意して下さい。 例:RolDev,RolBase,RolPara等の入力 (だから、MIDI屋さんは 16進<->10進 がイヤでも得意になる(笑)) なおこれらの仕様は、ふつうは音源に付属のマニュアルの後ろに書いてあります。 (この仕様を「インプリメント・チャート」といいます。) BY ちょっちレベルが高いかもしんない・・・ プリQ 次回予告:「RPN」・「NRPN」を掘り下げていきたいと思います PS:「秋葉原・Laoxにて激論(笑)」 東京の「秋葉原・Laox・楽器館」に立ち寄った時に、 その時に店の人&客といろいろ談笑してしまいました(笑) シーケンスソフトについてはいろいろ激論が交わされ、1つの結論に達しました。 「Vision」 :DTM初心者で楽器演奏ができる人には最適 「Logic」 :これからドンドン伸びてくる(伸びている)注目ソフト 「バラード」 :DTM初心者向き。ただし細かいところとSMFコンバートが(爆) 「レコポ for WIN」:テンポ管理が甘く(DOS版に較べれば)使いにくい(笑) 「レコポ for 95」 :「レコポ for WIN」と一緒。32ビットアプリなので若干軽い。 「レコポ Dos版」 :ステップ入力では史上最強。ただしリアル入力と複数音源制御に難 ・・・どうりで、音源をしゃぶり尽くす連中は、Dos版レコポを使うわけだ(笑)